第14回。単相3線式についての内容です。配電方法には、単相2線式・単相3線式・三相3線式と3つの方法がありますが、その中の単相3線式について、臀筋の流れ、電圧降下、電力損失などについてになりま … でよろしいのでしょうか。 ・(とりあえず、零相電圧は0と仮定して、)三角形の重心を基準点とする。 例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。, >12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか… 中極を使用せずに、左右極に結線すれば使用できます。 漏電検出用の電子回路電源を遮断器内部の左右極から取っているため、必ず左右極に結線してご使用ください。また時延形品には定格電圧 … W1 = W11 + W12 (b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。 このこともあり、100Vも200Vも取れる単相3線式が主流になっているのです。, なお、単相2線式はこんな感じになります。 (a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。, いくつか逆質問になります。 W11 = V・I・cosθ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 単相2線式は、単相3線式の中性線と電圧線の2本を使う方式のことで、単相100ボルトを使うことができます。, 近頃はIH調理器やエアコンなどで200Vの電気機器も多く使われるようになっています。, 接地側が電圧側より少し長くなっていて、左側が接地側になるように壁面に取り付けられています。, 単相3線式は、図のように電圧線と中性線の間はそれぞれ単相100Vの電圧を使うことができます。, 単相100Vの回路が2つありますが、バランスよく使うことで中性線に流れる電流を小さくすることができます。, 何が違うかというと、Cの電線を接地した場合は、A-B間にコンセントを接続して使うことができます。, しかし、A-B間の電圧は100Vですが、Aの電線には接地に対して常に200Vの電圧がかかっていますので大変危険です。, 柱上変圧器は、一次側の6600Vの電圧を一般家庭で使えるように、二次側で100ボルトと200ボルトの電圧にする目的があります。, 図のように、中性線は接地されています。この目的は変圧器が故障した場合などに、一次側の高い電圧が低圧側に流れたときの保護用とされています。, また、日本では家庭用として対地電圧150ボルトを超えるものを、引き込んではならないとなっているようです。. 単相3線式の線符号をR、N、Tとして、R-N(100V)側は最大何Aまででしょか?またT-N(100V)側も何Aですか? ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。, こんにちわ! あとは、平衡三相回路として扱えますので、係数の√3に注意して、単相回路として計算すれば答えが出ます。但し、逆相分は、熱的エネルギー損失として消費されると思います(あてすっぽですが・・・・?)また、出力は、正相分の電力量-の逆相分となります。(損失は、逆相分の2倍?ってことかなぁ?) W3 = W33 + W31 こちらについても計算方法を教えてください。 でよろしいのでしょうか。  = 100・34・0.9 定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。 力率=100% 電流の前者の成分は20A、後者の成分も20A。R相とN相間の電圧およびN相とT相間の電圧の大きさは105Vなので上記の計算式となります 解る範囲で・・! 10年ほど前に社会問題となった、高調波と同じようなものですね? (b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。 中性線によって三本になりましたが、実質の配電は二本の線で行っているのですね。, 近年では扇風機や照明だけでなく、IHや床暖などたくさんの電気を使う機器が非常に増えました。 負荷は24時間安定していますので、電力を出せば大体の電力量を求められると思っています。 また、平衡負荷でなく電流値が下記の場合 P(W)=(105×20)+(105×20) よって、電圧の不平衡による影響を防ぐには、一度直流に変換して交流に再変換するなどの手法(UPSや、CVCFなど)が必要になります。 皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。 R相:20A N相:0A T相:20A  = 100・34・0.9 しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など) 限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。 R相:5A N相:10A T相:15A これを専門用語で「不平衡」と言い、関...続きを読む, (3相の)電圧不平衡率について教えてください。 この辺りになろうかと思います。 平衡負荷でなく電流値が下記の場合 (a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。 さらに、配電方式が違って三相3線(210V)、三相4線(105V)もあります。 単相3線式の消費電力合計は、 参考書的には、電験2種レベルってとこでしょうか?最近は、電験2種の試験も選択式になり簡単になったので、参考書が多く販売されていますので、参考にしてください。 P(W)=(105×20)+(105×20) (b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。 これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。  = 200・(21.7 - 17.8)・0.9 三相4線(105V) <注意> 配電線の三相4線は、RST各相間の電圧が210Vで、RS各相(ST各相やTR各相の場合もある)とN相間が105Vとなっており、P(W)の計算式は違います。, 例:1φ3W(105V/210V)の分電盤の電流値  電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。, 電力の求め方 単相3線(105V/210V)、三相3線(210V)、三相4線(105V) 単相3線式の場合は、200V回路を考えると不平衡になるのでややこしくなります。 その為、100Vを2回路として考えます。 消費電力は、力率を 0.9 とすると、 W11 = V・I・cosθ = 100・34・0.9 = 3060 (W) W12 = 100・29・0.9 = 2610 (W) 単相3線式の消費電力合計は、 電圧の不平衡が発生する要因としては、(1)電源(発電機)の電圧のバランス(時間的(位相差が120度にない)、電圧値の絶対値)が崩れてる場合。(2)配電線網の各相間の磁気的結合度のバランスが取れていない場合(作用インダクタンスとして作用する)。(3)負荷が各相間でバランスが取れていない場合。(4):(1)~(3)が同時に関係する場合。があります。 これが基本です。 W33 = √3・V・I・cosθ こんにちは、東北制御です。 計算例としてですが、高圧受電(キュービクル)で動力300KVA、電灯300KVAの変圧器をそれぞれ1台づつと仮定した場合、設備不平衡率は300/200=150%となり、30%の限度を超えると考えて良いのでしょうか? 単相3線式は平衡率が重要 この事務所は、単相3線式を引き込んでいました。 各ブレーカの電流をクランプメータで測定したところ、エアコンを使ってるブレーカが、容量オーバしていました。 Copyright ©しまじろうの資産運用 All rights reserved. 理想的には、25A、25Aと両側等分で使うのが望ましいです。 電力会社の契約は50Aです。 不平衡電圧の発生原因としては、電路のインピーダンスが均等でない。(原因は、三相の電線が幾何学的に均等でないなど、作用インダクタンスが発生するなど)三相電源に、単相負荷が接続されているなど色々ありますが、電源自体(電力会社の発電機)は、平衡電源と考えるのが一般的です。(これを、不平衡と捉えると、計算することが、困難となるし、発電機の巻線や、ギャップの改善で、発電機メーカも正弦波、平衡電源に努力しているので、多めに見ましょう?電力会社もねん架などで、多少の努力はしているんでしょう?詳しくは知りません) 例:1φ3W(105V/210V)の分電盤の電流値  にも関わらず、なんで線が三本あるんだ?, まず、単相三線式の構造を見てみましょう。 単相三線、三相三線の意味はなんとなくわかるかんじなのですが、(怪しい) これらの機器選定において、能力等、一体何が違うのでしょうか。 能力的に同じなら、別に動力盤でなく、全部単相三線の200Vでもいいの? 消費電力は、力率を 0.9 とすると、 ・各相の電圧と位相差が決まるので、正相電圧、逆相電圧を計算できる  = √3・200・17.8・0.8 電圧計で3相の線間電圧のみわかっていたとして電圧 で、逆相電圧/正相電圧 というのは、電圧不平衡率の定義式かと。 (a) 低圧。 さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。 (a) 動力専用バ...続きを読む, 1、単相3線で100vでpcなど、200vで蛍光灯を使用してます。現状をクランプメータで計ったところ 例:1φ3W(105V/210V)の分電盤の電流値  スコット変圧器を使用する方法が有りますが、最大容量は100kVAまでだったと思います。, 単相3線式のアンペア-について  ・この40%の値は,どのようにして導かれたものでしょうか。  = 4933 (W) 電気理論. 定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。 前回、配電① 配電!電気はどうやって家に届く?では配電についての概要をご説明しました。 いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。 しかし、メーターや電柱上の保護装置などは、不平衡率 40% を基準に設置してありますので、片側 30A を大幅に越えて使用すると停電するおそれがあります。 考え方… 電流はR相からN相へ流れる電流成分(この例では20A)とN相からT相へ流れる電流成分とがあると考えます。N相(中性線)の電流はR相電流とT相電流との差で決まりますからこの例ではゼロになりますね。  = 5670 (W) P(W)=(105×20)+(105×20) この場合、電灯100kVAx3台にして3相平衡するのあいかないですね。 電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。 かなと思ってました。これだと率は0~1の範囲に入り,理解しやすい 三相3線式の消費電力合計は、 不平衡三相回路として、考えると、物凄く難しくなりますよ・・? これには単相回路が含まれているので...続きを読む, カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。 よろしくお願いいたします。, 電力の求め方 単相3線(105V/210V)、三相3線(210V)、三相4線(105V) この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。 【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。 すぐには分かりにくいです。どうして不平衡率が0~100%になるように定義しなかったのでしょう。 これを知りたいものです。 省エネ対策の1つとして,単相3線式配電方式の不平衡の減少があります。 そこで,その単3の「不平衡率」の定義を教えて下さい。to-itamiさん、こんにちはぁ。みなさん、こんにちはぁ。#2です。to-itamiさんは、ものごとを真剣にとらえ ですがその前に、理解を深めるため、大切なことを学んでおきましょう。 電気を引く、ということですが、低圧線をそのまま一本持ってきてお家に引き込めば電気は使えるようになるのでしょうか?, 低圧線は、あの一本あたりに100Vまたは200Vの電流が流れています。今回の単相3線式では200Vの電線を使用します。, 端と中性線を取れば100Vの電流が使えますし、端と端を結べば200Vも使うことができます。, 近年では扇風機や照明だけでなく、IHや床暖などたくさんの電気を使う機器が非常に増えました。, 普段私たちが使っている電気がどのようにしてやってきているかなんとなく理解できましたか?, 【モータ編(6)】交流モータの原理を知ろう!三相誘導モータを分かりやすく解説【後半】, 【モータ編(5)】交流モータの原理を知ろう!三相誘導モータを分かりやすく解説【前編】. ¥æ¥­æ ªå¼ä¼šç¤¾ã€€PTC事業部, カタログ・取説・ソフトウェア, 旧品カタログ・取説・ソフトウェア, メールマガジンバックナンバー. 電気的な影響を正確に理解するには、最低でも第1種電気主任技術者試験に合格する程度の学力が必要になりますので、がんばってください。 単相三線式の中性線が不平衡負荷の状態で断線すると片方の負荷に極度の過電圧が加わり焼損する恐れがあるため、単相3線式の中性線への過電流遮断器の施設は 原則 … (300+300)x1/3 しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など) 単相3線式とは三本の線を使った単相交流を差します。, ですがちょっと待て、と思いませんか? 三相3線(210V) 三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。 理想的には、25A、25Aと両側等分で使うのが望ましいです。 三相3線式は、力率を 0.8 とすると、 >>電圧が、RST各相とN相間が105Vの場合については >私が思うには25A、25AがMAXなのかなと… 建物内の分電盤ごとに大体の電力量(kWh)を求めたいと思っております。 二電力計法:ブロンデルの定理 5 n 相n 線式の(有効)電力はn-1 個の単相電力計を用いて計測することが出来る 三 相 負 荷 w 1 w 2 u v w i u i v i w v uv-vvw 単相電力計 ± ± 非対称,不平衡でも成り立つ 中性線がある場合でもない場合でもよい 電力会社が供給する電源においての電圧不平衡(率)の許容値は存在しないと思います。何故ならば、電圧の不平衡を発生させているのは、需要家側であり、言い替えれば、電力会社は、被害者的な立場とも言えるでしょう? これには単相回路が含まれているので、その為に三本の電流値が違います。 Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. 300 よろしくお願いします。, >電力会社の契約は50Aです… では、片側で 30Aを超えるとどうなるかということですが、リミッタ (俗に言うアンペアブレーカ) は両側の合計値で作用しますので、40A + 10A とか 45A + 5A で落ちることはありません。 ですから、行って帰る道、二本の電線がなければ電気を使うことはできないのです。 三相3線式は、力率を 0.8 とすると、  = 3060 + 2610 とはいえ、理想どおり配分することは現実的に無理ですから、22A + 28A とか 24A + 26 とかになります。 2、3相3線でエアコンを使用してます、これも現状をクランプメータで計ったところ、赤:21.7A、白: 一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。 以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。, こんにちわ! ただ力率は仮定して計算してますので、多めの数値で見積もりたいのであれば、力率の部分を外して計算してください。, No.3 です。 よくわかりませんが私が思うには25A、25AがMAXなのかなと漠然と思うところです。 具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。 低圧線は、あの一本あたりに100Vまたは200Vの電流が流れています。今回の単相3線式では200Vの電線を使用します。 つまり、全部が 100Vである限り、R-N側もT-N側も片側の最大 30A (もちろん合計 50A) までは何の問題も生じないということです。 これが基本です。 この200Vの電線を二本、引っ張ってきます。  = 3060 (W) 電力会社が供給する電源においての電圧不平衡(率)の許容値は存在しないと思います。何故ならば、電圧の不平衡を発生させているのは、需要家側であり、言い替えれば、電力会社は、被害者的な立場とも言えるでしょう? いい足りないことばかりで、推敲もしないで意味不明の文章となりすみません。 R相:20A N相:0A T相:20A 必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。    それとも,40%以内に抑えるための定義でしょうか。 方法としては、まず、各相間の電圧の位相差を計測する必要があると思います。平衡三相回路では、各相の電圧の位相差は、120°(電気角)として扱いますが、不平衡では、バラバラな角度になります。同じく、電流についても計測が必要です。あと、電圧と電流の位相差を一箇所計れば、ベクトル図が描けますので、対象座標法を利用して、正三角形でないベクトルを2つの正三角形に分解します。一つは、正回転、もう一つは、逆回転のベクトルになります。 単相3線式の消費電力合計は、           総変圧器容量(kVA)の1/3 である場合は、N相(中性線)は計算しなくてよろしいのでしょうか。 単相2線式は、単相3線式の中性線と電圧線の2本を使う方式のことで、単相100ボルトを使うことができます。 単相3線式の両側の電圧線を使うと、単相200ボルトを使うことができます。 一般家庭で使用されている電気は、100Vあるいは200Vになっています。 近頃はIH調理器やエアコンなどで200Vの電気機器も多く使われるようになっています。 それでは、単相2線式の仕組みから説明していきます。  = 4933 (W) 関西、中国、四国、沖縄電力管内の方ではないですね。 前述しましたように, 一般に”○○率”と言われるものは,100%が最大(もしくは限度)で,0%が最小(または下限)を表すものと思っておりました。 >>上記の考え方を適用すればよいです。この場合はP(W)=(105×5)+(105×15)となります。 (当然、定数の√3をお忘れなく・・・) ・各線間電圧を辺とする三角形を書く。 ・これから不平衡率を求める。 (a) 電熱器・電気炉、溶接機など。 三相回路の不平衡は、電気理論的には初歩のレベルですが?もし、勉強されるならば、第2種電気主任技術者の2次試験の参考書を見られては如何と思います。概要レベルでは、記載されていたように記憶しています。 これから内線規定を,じっくり読むことにします。  有難うございました。, Rukkyさん アドバイスを有難うございました。 【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。 R相:5A N相:10A T相:15A P(W)=(105×R相の電流)+(105×S相の電流)+(105×T相の電流)となります。 21.7A、黒:17.8Aありました、この総電流は、単純に足せばよろしいのでしょうか教えてください。 ご参考にして頂ければ幸いです。  ・単3の不平衡率の上限は,200%でしょうね。 考え方… 電流はR相からN相へ流れる電流成分(この例では20A)とN相からT相へ流れる電流成分とがあると考えます。N相(中性線)の電流はR相電流とT相電流との差で決まりますからこの例ではゼロになりますね。 許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。 つまり、配電には最低二本の線が必要になります。, このように2本の線を使って配電することを単相交流と呼びます。 さらに、分電盤の3次側?で200Vを使用していようがしていま...続きを読む, 例:1φ3W(105V/210V)の分電盤の電流値  済みません、消費電力ですね。 以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。, いくつか逆質問になります。 でよろしいのでしょうか。 ただし力率は100%とします。考え方は1φ3W(105V/210V)で述べたのをT相にも適用すればよいです。 分電盤に電流計があり、その値を拾って求めたいのですが計算方法がわかりません。 単相3線式は平衡率が重要 この事務所は、単相3線式を引き込んでいました。 各ブレーカの電流をクランプメータで測定したところ、エアコンを使ってるブレーカが、容量オーバしていました。 電気工学ハンドブックでは、電圧不平衡率は、単に 逆相電圧÷正相電圧 としか書いてありません。 まず逆相電圧÷正相電圧の物理的意味もよくわかりません。 W31 = V・I・cosθ  それにしても,0~200%のうちの40%が,大きいのか小さいのか 想定する、力率は、一般的には、小容量のものほど力率が悪く、モータの容量に比較して、出力が少なければ、力率が悪くなったと思いますので、インターネットで調べてみればいいと思います。三菱に問い合わせると、モータの100%負荷時のデータと75%負荷時のデータがあります。(50%負荷時は無かったように記憶していますが・・・?)15kWなら、0.85程度でいいのではないでしょうか?(あてすっぽ^^;v) 電力会社との契約でいうアンペアは、全部を 100V で使った場合の電流値です。 法規についてですが、内線規定にそれらしい条文がありますが、経済性を考慮し、現実的に強制するならばこの程度かなってな感じになっていますので、技術的に何%ならば大丈夫ってものではないので、あまり参考にならないと思います。(因みに30%と記載されいたと記憶) (a) 電熱器・電気炉、溶接機など。 ですので尚のこと、現在では単相3線式が用いられるのですね。, そんなわけで、単相3線式とは2+1の合計3本の電線を使って100Vと200Vを生み出す配電方式のことでした。 R相:20A N相:0A T相:20A 具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 >私が思うには25A、25AがMAXなのかなと… この単相回路分を力率 0.9 として計算すると   を超えない範囲内で適用するものでしょうか。 P(W)=(105×20)+(105×20) W12 = 100・29・0.9 不平衡率はどのようになりますか?, 正相電圧は三相の相順どおりに回っている平衡電圧成分、逆相は電圧の大きさは平衡してるのだけど、相順が逆に回ってる成分ですね。両者(と零相電圧)の和で、任意の三相電圧をあらわすことができると。 ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。  = 3060 (W) そして今回の中性線は無電圧ですから、200Vの真ん中に0Vの中性線が挟まれると、各場所の電位差はこんな感じになります。 単相3線式の仕組み (1)電位差は100vと200vの二つ. では、また。, こんにちわ!! 一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。 設備不平衡率= ----------------------------------- x100 消費電力は、力率を 0.9 とすると、 答えはNOです。, ここで前章第三回「鳥はなぜ感電しないのか?」を思い出してください。 電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。 建物内の分電盤ごとに大体の電力量(kWh)を求めたいと思っております。 済みません、消費電力ですね。 ちなみにこの3本の線はそれぞれ赤・白・黒の三色の電線で識別されます。中性線は白で、他二線には赤と黒が使われます。, いかがでしたでしょうか? さらに、分電盤の3次側?で200Vを使用していようがしていまいが掛けるのは105Vでよろしいのでしょうか。 限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。 >>配電2.5 送電線が三本で済む理由は?【TCSコラム】. (b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。