Groucho. You know kilo, mega, and giga. 記号. 単位の接頭語の意味を特に理解しないで使用している人が多い です。 なので単位の接頭語をしっかりと理解していればすぐに分かるようになります。 上のような覚え方は単位がg(グラム)でなかったとし … 10 24. Y. Yotta. 技術者の皆さん今日は、下の表(単位・数の接頭語)は何かの役に立つのではないかと思い作ってみました。 ... 接頭語. 接頭辞 10 n 記号 漢数字表記(命数法) 十進数表記; ヨタ (yotta) 10 24: Y: 一秭: 1 000 000 000 000 000 000 000 000: ゼタ (zetta) 10 21: Z: 十垓 10 30. 「単位の接頭辞って色々あるけれど、いつも混乱してしまう。誰かわかりやすく解説してくれないかなぁ」, 今回は単位接頭辞について紹介します。単位接頭辞とはキロとかミリとか、単位の前につける記号のことです。, ちなみに僕はおたれといいます。理系の道に進んで13年で今は研究者として生計をたてています。信頼性も担保されるかと思います。, 数は無限に続くため単位接頭辞はたくさんあります。しかし、科学技術を扱う上で登場する単位接頭辞は10個程度です。そのため、一度覚えてしまえば、様々なものの大きさなどが味わえるようになります。, まず、大きい方ですが、コンピュータのメモリが大きくなってきたことを思い出すと身近だと思います。昔、フロッピーデスクはキロ(k)バイトやメガ(M)バイトでした。いつの間にか、メモリはギガ(G)バイトやテラ(T)バイトまで進みました。, ギガ(G)といえば、通信キャリアのソフトバンクに”ウルトラギガモンスター”があるように、かなり親しみがありますね。ちなみに、バックトゥーザフーチャでは、間違えてG(ギガ)を「ジゴ」と読んだので、ジゴワットといっているという面白いエピソードもあります。昔はこんな大きい接頭辞は身近なものではなかったみたいです。, 10^3刻みではなくなるので少し覚えづらいが、小学生の頃から親しんでいる単位接頭辞です。ヘクト(h)は、小学生の頃、「ヘクタール」という単位を覚えたでしょう。あれはヘクト(h)とアール(are = 100 m$^2$)ことであります。なんで、areなんて非SI単位を覚えたのでしょう。農業や建築会社では今でも使われたりするのでしょうか。デシ(d)は、デシベル(dB)やデシリットル(dL)などで使ったことがあるでしょう。センチ(c)は、一番身近な単位接頭辞の一つですね。例えば身長はセンチメートル(cm)で表すことが多いですね。, 大きな数字や小さな数字、0が連なると分かりにくくなってしまいます。そこで、こういった単位接頭辞を用いると、分かりやすくなりますね。, 89000000000、9100000000と書くよりも、89 G、9.1 Gと書いた方がわかりやすいですね。, 理科の学び直しのためのサイトです。各記事は3分で読み切れる程度の内容にまとめています。これは、真剣になりすぎず、楽しんでもらいたいからです。, 学び直し・リカレント教育・STEAM人材などなど、大人になっても勉強が求められている時代ですね。, 理科の面白さを共有できればいいなと思っています。そう信じて「おとな理科」をつくりました。. ハーポ? ’PˆÊ‰^“]–`Œ¯’c–hÐ@–ÚŽŸÈƒGƒl@‰Ä“~ƒOƒbƒY—ÕŠC@–ÚŽŸŽq‚Ç‚àƒŠƒ“ƒNŒ’NEH‚¨‚Ý‚­‚¶. ゼッタ. 10-24 (=0.000000000000000000000001) * 技術分野で扱う数値には,非常に小さなものや大きなものがあり,計算しやすくしたり,見やすくしたりするために接頭語を用いて表現される. 記号. 単位変換は楽勝でできるようになっていますか?しょっちゅう登場するわけじゃないけどできていないと解けない計算も結構あります。学校ではわかりにくく習っていると思うので、ここで簡単な考え方とコツを学んでいってください! 名称. 接頭語 単位の前につく接頭語 最近はナノテクノロジーや高速回線などで、そら恐ろしい単位を使うようになりました。 M(メガ)やG(ギガ)は本来の単位に0を省略するために用いられています。 SI接頭語を「SI単位の10進の倍量及び分量」というのは、接頭語の基本的な考え方から導かれる表現で、「SI単位の10の整数乗倍」というのは、実際に利用する時に便利な表現方法だと思っています。私の中では、前者を「正確な定義」、後者を「現実的な表現」と解釈しています。 名称. 例題2では、多くの受験生は「小数点を右に3つ移動するだけだから3000m2です」と答えます。しかし、これはまちがいです。, 面積の単位は、「m(メートル)」の右上に小さな「2(平方)」が付いています。これは、同じものを2回かける目印です。したがって、小数点の移動も2回行う必要があります。, 3km2の単位をm2に変える場合、小数点を右に3つ移動×2回です。したがって、3の後ろに0が6つくっついて、3km2=3000000m2が正解です。, 同じように考えて、3km3の単位をm3に変える場合、小数点を右に3つ移動×3回で3km3=3000000000m3となります。, 例題3ではこのままでは小数点の移動を使えません。そこで必要となるのが次の4つのルールです。, まず、4つのルールにcm3はありますが、dLはありません。ルールを使うため、小数点の移動でdLをmLに変えます。小数点を右に2つ移動して0.5dL=50mLです。, 次に、ルールを使って、mLをcm3にそのまま書きかえます。したがって、50mL=50cm3なので 0.5dL=50cm3が答です。, □が2つある計算問題を比と線分図を使って解きます。「割り算→分数→比」という流れを理解できれば、簡単に線分図で表せます。また、比と比の値の関係から比例式を作ることもできます。計算が得意な中学受験生は比例式にも挑戦してみましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, なお、記事中に間違いを発見された場合は、「お問い合わせ」ページ、もしくはコメント欄からご連絡ください。明らかな間違いは修正します。, 足し算・引き算・かけ算・わり算の四則計算を線分図や面積図で表すと、逆算がなぜ成り立つのかを理解できるはずです。また、方程式の考え方をふまえて、等式の変形について解説します。逆算は中学受験算数を得意にするための第一歩です。. 英語. 10 30. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). SI接頭辞(エスアイせっとうじ、英語: SI prefix )は、国際単位系 (SI) において、SI単位の十進の倍量・分量単位を作成するために、単一記号で表記するSI単位(ただし、質量の単位は例外であってSI基本単位でない「g(グラム)」に適用する。 )の前につけられる接頭辞である。 SI接頭辞(エスアイせっとうじ、英語: SI prefix)は、国際単位系 (SI) において、SI単位の十進の倍量・分量単位を作成するために、単一記号で表記するSI単位(ただし、質量の単位は例外であってSI基本単位でない「g(グラム)」に適用する。)の前につけられる接頭辞である。, 国際単位系 (SI) 国際文書第9版(2019年)日本語版[1]や理科年表、日本産業規格(JIS Z 8000-1、他多数)ではSI接頭語(エスアイせっとうご)と言う[2]。また、計量単位令第4条、別表第4[3](政令)や計量単位規則第2条、別表第3[4](省令)においては単に接頭語と言う。, SI接頭辞は、SIの構成要素として国際度量衡総会 (CGPM) によって決定されている。, 各物理量にメートル、秒、ワットなど基準となる1つの単位だけを定義し、それに10の累乗倍の数を示す接頭辞を付けることで、大きな量や小さな量を表す。例えば、接頭辞「キロ」は1000倍を表すので、「キロ」メートルは1000メートルに、「キロ」ワットは1000ワットになる。接頭辞「ミリ」は1000分の1を表すので、「ミリ」メートルは1000分の1メートルに(すなわち1メートルは1000ミリメートル)、「ミリ」リットルは1000分の1リットルになる。, 「SI接頭辞」となっているが、SIにしか使えないということではない。名前の異なる多くの単位を使う代わりに1つの単位にさまざまな接頭辞をつけるという発想は、SIの導入よりも早くフランスでメートル法が施行された1793年にまでさかのぼるものであり、慣例としてSI接頭辞は多くのSIに属さない単位にも使用される。, なお日本の計量法では、SI接頭辞を付けることを禁止する単位を明示している(後述)。, 一方、SI単位にSI接頭辞をつけた単位は、1以外の比例定数を伴う単位であるため、SI単位ではあるが「一貫性のあるSI単位」ではない[5]。, ただし、メートル法の初期に作られた、10±3までの接頭辞は、このルールに従っていない。, 記号はほぼ全てラテン文字1文字だが、デカ (da) とマイクロ (µ) だけが例外である。ただし ギリシャ文字が使えない場合にマイクロを u で表すことが ISO 2955 で認められている。, ある物理量について1種類の単位(例えば長さについてのメートル)しかなかったら、非常に大きな数字や小さな数字を扱わなければならなくなる。尺貫法、ヤード・ポンド法などの伝統的な単位系では、異なる値の複数の単位(例えば里、尺、寸)を用意し、それらを組み合わせて値を表現していた。これで、扱う数字を小さくするという目的は達せられたが、色々な単位を覚えなければならない。, メートル法はこれに対し、同じ接頭辞を様々な単位につけるだけで単位を様々な大きさにすることができ、伝統的な単位系のような大きさによって全く別の単位を覚える必要がない。, また、十進法なので計算のための換算も簡単にできる(尺貫法のように接頭辞を使わずとも部分的に十進法を採用していた度量衡もあるが、全面的に採用することは難しい)。これはメートル法の大きな利点の1つである。, 単位名称が長くなりがちである。加えてそれらはしばしば接頭辞だけで呼称されることがあるために紛れることがある。例えば、キロメートル、キログラム、キロパスカルのように、様々な「キロ○○」が単に「キロ」と呼ばれると、誤解を生む元になる。, 体積など次元に高い次数(体積では3)を持つ物理量の単位では、桁が開きすぎてしまう。たとえば、キロは1000倍なので、立方キロメートルは10億 (109) 立方メートルになる。このため、1万立方メートル - 1億立方メートル程度の体積が、立方メートル単位では桁が大きくなりすぎて、使いづらいという問題が起こる。, 従来の度量衡に比べれば広い範囲の値を表せるが、それでも原子・素粒子や宇宙についての物理定数に関しては接頭辞が足りない。そのため、これらの分野では指数表記や特別な単位が使われることが多い。そういった単位のいくつかはSI併用単位に指定されている。, これらの分野で特別な単位が使われるのには、桁が違いすぎるという理由のほか、その物理量が特定の分野の計量の基準として使われてきたという事情がある。例えば、天文単位、太陽質量、地球質量は天文学の分野での距離や質量の基準となっている。統一原子質量単位は物理学における質量の基準となっている。, 「デカ」の英語表記は、SI公式文書によれば、decaのみである[6]。しかし、アメリカ合衆国においてはNISTがその表記をdekaに定めており[7]、同国においてのみ用いられている表記である。, 日本の計量法は、以下に列挙する計量単位にSI接頭辞をつけることを禁止している(計量法 第5条第1項[8]、計量単位令 第4条第1号[9])[10]。, 接頭辞は常に累乗に優先する。例えば “km2” は「平方キロメートル」であって「キロ平方メートル」ではない。3 km2 は 3 000 000 m2 であって 3000 m2 ではないし、もちろん 9 000 000 m2 ではない。SI接頭辞は通常は1000倍ごとのステップとなるが、2の累乗を伴う場合は 1 000 000(100万)倍ごと、3の累乗を伴う場合は 1 000 000 000(10億)倍ごとのステップとなる。そのため、このような場合には、大きな数字を使わなければならなくなる。, SI接頭辞は103毎の倍数となっているものを使用することが推奨される。したがって 1 hm(ヘクトメートル)よりも 100 m とする方がよい。この原則の例外として実用的に使われている単位にはセンチメートル、立方センチメートル(これはミリリットルと等しい)、ヘクトパスカル、ヘクタール (hect-are)、デシリットル、デシベル、立方デシメートル(これはリットルと等しい)がある。, 日本では上記の例以外でヘクト・デシ・センチの接頭辞を使うことは科学や技術の分野を含めてほとんどないが、国によってはデシメートル・センチリットルなどがよく使用されている。, かつては二重接頭辞、すなわち複数の接頭辞を同時に使用する(「合成接頭語」という。)ことが行われていた。しかしSI導入の際に廃止されたため現在では二重以上の接頭辞の使用は禁止されており[11]、それらの接頭辞を単独で用いなければならないようになった。かつての使用例に次のものがある。1番右のものが現在使われる単位である。, キログラムはSI基本単位の中で唯一接頭辞がついており、グラムはその質量の1000分の1として定義されている。しかし、SIでは二重接頭辞(合成接頭語)は認めていないので、接頭辞はキログラムではなくグラムに対して付けられる。, かつて使われていた接頭辞に「ミリア」(myria, 104) があったが、SIが導入される以前の1935年に廃止された(さらにミリオ (myrio, 10−4) があったとも言われる)。それは、これらの接頭辞が3の倍数の累乗のパターンに入っていないことや、これらの接頭辞に割り当てられる記号がない(m は既に使われており、のちに M, µ も使われた)こと、そしてあまり用いられていなかったことのためである。, CIPMの下部委員会であるCCU(単位諮問委員会)は、2019年10月8-9日の第24回会議において、NPLから提案された1030、1027、10-27、10-30の接頭辞について議論を行った[12]。早ければ、2022年に予定されている次回のCGPMにおいて提案される可能性がある[13][14]。, 1793年に制定された最初のメートル法では、10倍刻みで10±3までのデカ、デシ、ヘクト、センチ、キロ、ミリの6つの接頭辞が定められた。名称は、倍量接頭辞はギリシャ語の「10」「100」「1000」、分量接頭辞はラテン語の「0.1(10とも)」「100」「1000」から作られた。, 1795年、ミリア (104) が導入された。ミリアはギリシャ語の「10000」から作られた。しかしそれ以上の接頭辞は作られず、デシミリ (dm = 10−4)、ヘクトキロ (hk = 105)、センチミリ (cm = 10−5) などの二重接頭辞が使われた。なおミリアと同時にミリオ (10−4) が導入されたとも言われるがはっきりしない。, 1873–1874年、英国科学振興協会 (BAAS) はCGS単位系に、接頭辞としてミリアを含む7つに加え、10±6を表すメガとマイクロを導入した。ただしメガとマイクロはMKS単位系やMKSA単位系ではなかなか使われなかった。メガとマイクロは、ギリシャ語の「大きい」「小さい」から作られた。なお、この後に作られる接頭辞は、メガとマイクロのように、倍量接頭辞は‐a、分量接頭辞は‐oで終わるようになる。, 1935年、国際度量衡委員会 (CIPM) はメガを採用し、代わりにミリアを廃止した。, 1960年の第11回国際度量衡総会 (CGPM) でSIが定められたときには、メガ・マイクロまでの8つの接頭辞(ミリアは除く)に加え、さらに新しく10±9のギガとナノ、10±12のテラとピコを加えた12の接頭辞を導入した。ギガ、ナノ、テラはギリシャ語の「巨人」「小人」「怪物」、ピコはイタリア語の「小さい」から作られた。また同時に、二重接頭辞が廃止された。, 1964年の第12回CGPMで10−15のフェムトと10−18のアト、75年の第15回CGPMで1015のペタと1018のエクサが導入された。ペタとエクサはギリシャ語の「5」と「6」(10005・10006なので)、フェムトとアトはデンマーク語・ノルウェー語の「15」と「18」から作られた。, 1991年の第19回CGPMで10±21のゼタとゼプト、10±24のヨタとヨクトが導入された。ゼタとヨタはイタリア語の「7」と「8」、ゼプトとヨクトはギリシャ語の「7」と「8」から作られた。元は同系の語であるため、10nと10−nは語形が似ており、記号は大文字・小文字の違いのみになった。なおこのとき初めて、「倍量接頭辞はギリシャ語」という慣習が崩れた。, 10±6までの接頭辞はSI以前からあり、当然、SI以外の単位に対しても普通に使われる(ヘクタール、ミリリットル、ミリダイン、ミリバールなど)。, SI以降にできた10±9以上の接頭辞が使われることは希であるが、従来の二重接頭辞を1つのSI接頭辞に置き換える場合もある(ピコキュリーなど)。, 特殊な分野でSI単位に代わって使われる、パーセク (pc)、電子ボルト (eV)、ダルトン (Da)、年 (a)、塩基対 (bp) 等には、倍量接頭辞がよく使われる。しかし、分量接頭辞がよく使われる単位は少ない。, ビット (b) とバイト (B) にも倍量接頭辞がよく使われる。2進接頭辞 (1000の代わりに1024の冪) の意味で使われていることもある。SIでは、例えばキロ(k)を1024倍として用いることを厳しく禁じているので、キビ (Ki = 1024) の意味の「キロ」の記号は大文字の K を使う。, 尺貫法など伝統的な度量衡の単位に使用されることはない。ただし、ヤード・ポンド法の単位にはごく希に使われる(マイクロインチ、キロフィートなど)。, 冗談で使用される単位(英語版)にマイクロフォートナイト(2週間の100万分の1、1.2096秒)やアトパーセク(パーセクの1018分の1。約3.1センチメートル)などがある。また、SFの未来社会の設定などで、地球に依拠した分や時といった単位を使わず、キロ秒やメガ秒を使っている、といったものがある(ヴァーナー・ヴィンジ『最果ての銀河船団』、1キロ秒は約17分弱、1メガ秒は約11.6日程度)。メートル時間を参照。, 「キロ」を表す記号 “k” は、しばしば物理単位以外の単位についても上記のように1000倍の意味で用いられる。例えば40000円を40k円のように表現したり、2000年問題を “Y2k” と略記したりする。, このような場合、kは大文字で “K” と書かれることもあるが、メートル法の単位について使用する場合は大文字のKを使うことは間違った表記である(キロ#小文字を使う理由を参考のこと)。, http://www.bipm.org/utils/common/pdf/si_brochure_8.pdf, http://www.bipm.org/utils/common/pdf/si_brochure_8_en.pdf, Consultative Committee for Units (CCU) Report of the 24th meeting.