額にあてている手を上側にやさしく引っ張り、目が開いたら、点眼薬の先が目に触れないようにさす。なるべく目の上部分を狙い、一滴垂らせば終了。 普段、家にいない方はどのようにこの目薬を使ってますか?, 仕事などで留守にしているときはつけられないから、朝つけてあとは帰宅後ですね。 消炎、殺菌作用があるので、涙目や目やに過多のわんこに効果ありとの口コミも多数!, (株)ウィズペティが販売している「犬用 毎日愛眼ブルーベリー&ルテイン」は6種類の目に有効な成分を配合されているサプリメントです。愛犬の目を観察しながら「濁ってる??」「目が合わない??」「最近寝たきりだな・・・」と思ったら、サプリメントをプラスして早めのサポートをしてあげてくださいね。, 目に被毛やホコリが入ってしまった、など原因がはっきりしている場合は市販の目薬で様子をみても良いですね。, ただし、原因がわからない目の腫れや出血など「おかしいな?いつもと様子が違うな?」という事があれば、まずは動物病院を受診し、獣医師の判断を仰ぐことをおすすめします。, また、人間用の目薬を飼い主さんの判断でわんこに使用することも避けた方が良いでしょう。 目薬の容器が見えてしまうと、気になってしまうわんこも多いものです。, わんこの正面から点眼しようとするより、後ろ側から目薬を点眼すると案外うまく行く事もあります。 コットンなどで優しく拭き取りましょう。, 上手に点眼できたら、最後にきちんとほめてあげる事も大事です。 ですので、猫の目に異常があった時にはすぐに目薬を購入するのではなく、まずは獣医師の診断を仰ぎ、その猫に合った目薬を処方してもらい、正しく使用するようにしましょう。 4. 因みに、人間の白内障にも同じ目薬が処方されているそうですね。 ●できる限り素早くさす また、猫に対して人間用の目薬は効果があるのかという疑問を持つ飼い主もいるかもしれません。 動物病院では人用の目薬を猫に処方することもありますが、それは猫でも安全に使用できると獣医師が … 軟膏タイプの目薬です。人間用の半固体タイプの目薬はあまり見ることがありませんが、動物用の眼軟膏は、獣医でも処方されることのある目薬です。 こちらのタイプの目薬は、愛犬を拘束する時間がかなり短くなるのが有用な点といえます。 毎回同じ反応で、むしろ眼を瞑っている時間が長くなっているようです。 今のところ、注して直ぐに嫌がったり、気にする様子は有りません。 http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se13/se1319812.html, 現在ライトクリーンを使用しています。 細菌や真菌、ダニによる皮膚病が原因だったり、アレルギーや他の目の病気が原因だったりします。ケンカや目をこすってできた傷が原因となることもあります。症状は、目のまわりが赤く腫れる、目のまわりの毛が抜ける、瞬きや涙が多くなる、かゆみ、膿が出るなどです。抗菌目薬(点眼薬、眼軟膏)を使って治療します。細菌、真菌、ダニが原因の場合は、抗生物質や抗真菌薬、駆虫薬を使って治療をします。, 人間用の抗菌目薬というものがありますが自己判断で使用せず、猫が眼瞼炎になった原因に合わせた治療を受けましょう。, 猫の歯についた歯垢が歯石となり、歯肉に炎症が起こります。炎症が進むと、歯を支える部分にまで影響し、歯が抜けてしまうこともあります。, また、歯周病は歯だけではなく全身に悪影響を与える病気で、骨を溶かし目にも症状が出ることがあるのです。目やにや、涙目、充血なども歯周病が原因となっている可能性があります。歯周病の治療と、目の症状に合わせて目薬が処方されることがあります。, 猫に目薬をさすときは、できれば2人で行った方が安心です。猫の体を押さえ、頭を上向きにします。, 猫の上まぶたを上に引くようにして目を開けます。目薬の容器が猫の視界に入らないように、少し後ろから目薬をさします。目を閉じ、かるくもみ、コットンなどで目のまわりを優しく拭きます。, 眼軟膏は目尻の縁に入れ、目を閉じてしばらくなじませます。人間用の目薬と同じように、目薬の容器の先端が目に触れないようにしましょう。, もしも、猫の目に異変が起きても、人間用の市販の目薬は使わずに動物病院を受診する、もしくは、市販されている動物用の目薬を使用しましょう。, 目薬で治療する病気は、傷やウイルス感染や細菌感染などによるものが多いですが、歯周病の様に直接関係がないような病気が原因となることもあります。治療が遅れると慢性化してしまうこともあるので、異変に気がついたら早めに受診した方が安心でしょう。, 処方された目薬は猫が嫌がってしまうこともありますので、なるべく容器を見せないようにして使用するのがポイントです。, あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。, この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 猫のために、猫の気持ちを知り、猫と共に暮らす。ねこちゃんホンポは、あなたと愛猫の共同生活に色付けをする猫専門の情報サイトです。, 保護した2匹の猫と暮らしています。2匹との出会いがきっかけで猫の魅力にどっぷりはまってしまいました!猫のかわいさや、健康についてなどを猫初心者の方にもわかりやすくお伝えします!. 我が家では、年齢的な事も有り、今後白内障での手術はしないと決めたので、とにかく少しでも進行を留めておくべく、最近はメニわんEyeというサプリと併用しています。 白内障の愛犬に点している目薬は人間用のものを動物病院から処方されています。 中には人間用でも犬にとって特に問題がない薬もあるので、目薬だけではなく内服薬などでも人間用が処方されることがあ …