12. ■膵臓がん専門病院(外科症例数の多い病院のことをハイボリュームセンターと呼びます), 外科手術の症例数が多い病院ほど治療成績はいい傾向にあるという調査結果がでています。厚生労働省では、2002年4月から年間症例数、医師の経験年数等、一定の基準を導入し施設の診療報酬に格差をつけることにしました。この施設基準では膵臓がんの外科症例数が年間6~10例以上を目安としていますが、なかには年間50例以上の切除例を報告するハイボリュームセンタ-といわれる専門病院もあります。近年の膵がん患者の増加に伴い、国内では年間100症例を超える膵臓がんの手術を行う病院もふえてきました。, また、膵臓の手術は難易度が高いことから、日本肝胆膵外科学会では、その高難度の手術をより安全かつ確実に行うことができる外科医を育てるために、肝胆膵外科専門医制度を発足させました。この制度では、高度技能をもつ指導医のもとで外科医は経験を積み、認定基準に定められた手術実績以上の経験を積むことが要求されます。日本肝胆膵外科学会の定めるハイボリュームセンターのリスト(肝臓・胆のう・膵臓を含む50症例以上)は 2)を参照してください。, 下記は膵臓がんの外科手術が多いとされている病院のリストです。2) 手術数のデータを公開する病院は毎年増える傾向にありますので、近隣の病院について調べてみてください。(☆=約10症例), ハイボリュームセンターはあくまでも手術数が多い施設を指しますが、膵臓がんの場合、手術を受ける患者は全体の約20%と言われ、抗がん剤治療を受ける患者数はその約3~4倍と推定されます。, 膵臓がんの化学療法は外科・内科・各担当科の現場の医師により行われていますが、欧米では化学療法の専門家としての腫瘍内科医(オンコロジスト:Oncologist)が独立して治療にあたり、良績をあげています。そうした現状を受け、国内でも日本臨床腫瘍学会が中心となり2006年より臨床腫瘍医(腫瘍内科医)専門認定制度が開始されました。, 膵がん専門病院のなかで認定を受けた化学療法専門医のいる施設は◎で示しました。現段階で認定を受けた消化器内科医の数も増えてきており、オンコロジストは1200名を超えるまでになりました。, 【宮城県】    東北大学病院がんセンター(☆☆☆☆☆) ◎ 仙台医療センター(☆☆☆) ◎, 国立がんセンター東病院(☆☆☆) ◎   ※最新※2013年度膵腫瘍切除 年間88例(膵癌切除年間65例), 【東京都】 国立がんセンター中央病院(☆☆☆☆☆☆☆) ◎ 東京女子医科大学病院(☆☆☆☆☆☆)  帝京大学病院(☆☆☆☆☆), 【静岡県】 静岡県立静岡がんセンター(☆☆☆☆☆☆☆☆) ◎ 静岡県立総合病院(☆☆)  ◎, 【京都府】 京都大学医学部付属病院( ☆☆☆☆☆☆)  ◎ 京都府立医科大学病院(☆☆)  ◎, 【岡山県】 岡山大学病院(☆☆☆☆)  ◎ 岡山済生会総合病院(☆☆☆)  ◎ 倉敷中央病院(☆☆), 『がん薬物療法専門医』とは質の高いがん薬物療法を実現するために、幅広い臓器のがん薬物療法の知識と技術を持った専門医です。それぞれの専門医やメディカルスタッフと連携しながらがん治療を行います。全国のがん診療連携拠点病院・大学病院やがんセンターなどに在籍しており、1,233名(2017年4月1日現在)が専門医認定を受けています。 専門医をお探しの方は専門医名簿をご覧ください。, 1)内科医:日本臨床腫瘍学会(JSMO)「科学的根拠に基づいた抗がん剤治療ができる専門医の養成について」, 『がん薬物療法専門医』とは質の高いがん薬物療法を実現するために、幅広い臓器のがん薬物療法の知識と技術を持った専門医です。, それぞれの専門医やメディカルスタッフと連携しながらがん治療を行います。全国のがん診療連携拠点病院・大学病院やがんセンターなどに在籍しており、1,233名(2017年4月1日現在)が専門医認定を受けています。, 2)外科医:日本肝胆膵外科学会:修錬施設検索(都道府県別) (A…50例以上、B…30例以上), 肝胆膵外科手術は、消化器外科手術の中で、特に難易度が高いため、難しい手術を安全に、かつ確実に行うことのできる外科医を育てるために日本肝胆膵外科学会は、高度技能専門医制度を2008年より始めました。, 高度技能専門医の資格を得るには、まず、消化器外科専門医の資格を持っていること、日本肝胆膵外科学会が認定した修練施設(*1)で3年以上の修練期間を有すること、そこで高度技能指導医(*2)に直接指導を受け、高難度肝胆膵外科手術の経験を積み、基準以上の手術実績数を持つ必要があります。書類審査と高難度手術のビデオ審査を受け、通過した医師だけが高度技能専門医になれます。, (*1)修練施設とは?日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設に認定されており、かつ高度技能指導医あるいは高度技能専門医が1名以上常勤している病院のうち、1年間に高難度肝胆膵外科手術を50例以上行っている施設を修練施設(A)、30例以上行っている施設を修練施設(B)としています。2016年12月現在、日本全国に修練施設(A)が111施設、修練施設(B)が106施設存在します。, (*2) 高度技能指導医とは?消化器外科専門医または指導医の資格をもち、肝胆膵外科診療に指導的立場で従事し、高難度肝胆膵外科手術を100例以上行った経験を持っています。2016年12月現在、日本全国に640名の高度技能指導医がおります。, 治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています. 一般社団法人日本専門医機構は、国民および社会に信頼される専門医制度を確立し、専門医の育成・認定およびその生涯教育を通じて、良質かつ適切な医療を提供することを目指しています。 미국 본사의 주관 하에 진행되는 연구 프로그램으로 의대 교수가 관심 분야 및 예상연구비 등을 기재한 제안서를 제출하면 원고가 심사하여 연구비 지급을 결정하며 연구비는 미국 본 사 또는 원고가 부담한다. 25. 의약품 제조품목 허가 취 소, 판매금지 및 회수명령 관련 청문통지 처분에 처하여졌다가, 2007. 6.1.3 계획중의 국제 공동치험의 실시 기간, 의료 기관수 및 증례수 6.1.4 계획중의 국제 공동치험에 있어서의 대상 질환 영역 6.1.5 국제 공동치험의 실시를 계획하고 있는 이유 따라서 원고의 위와 같은 행위가 공정거래법 제23조 제1항 제5호, 같은 법 시행령 제36조 제1항 [별표1] 8항 라목에서 정한 `기타의 사업활동방해'에 해당한다고 할 수 없으므로, 이와 다른 전제에 선 피고의 이 부분 시정명령은 위법하여 취소되어야 할 것이다. 9. 9. 피고가 원고에 대하여 한 과징금 납부명령은 적법하므로, 이와 다른 전제에 선 원고의 주장은 모두 받아들일 수 없다. 1 年目~2 年目末を目途) 上記の1において、日々の研修において、適宜病歴要約を作成し、これを担当指導医. 7) 대학병원의 총 진료과 수 x 30만 원(KRPIA 공정경쟁규약 제7조 제1호). 2020.10.27 第50 回日本IVR学会総会について掲載しました 2020.10.27 2020年度Bayer国際交流促進制度のご案内を掲載しました 2020.10.27 第20回優秀論文賞のお知らせを掲載しました 2020.10.21 26.경 탈모치료제 시장에 진입하여 2006. 선고 2009누15557 판결 [시정명령등 취소청구]. 서울고등법원 2011. 여러분의 의견은 케이스노트를 개선하는데 큰 도움이 됩니다! 이 경우 부당성의 유무는 당해행위의 의도와 목적, 당해시장의 특성, 관련 법령, 통상적인 업계 관행 등을 종합적으로 고려하여 그 행위가 공정하고 자유로운 거래를 저해할 우려가 있는지 여부에 따라 판단하여야 하고, 다른 사업자의 사업활동이 심히 곤란하게 되는지 여부는 단순히 매출액이 감소되었다는 사정만으로는 부족하고 부도발생 우려, 매출액의 상당한 감소 등으로 인해 현재 또는 미래의 사업활동이 현저히 곤란하게 되거나 될 가능성이 있어야 한다. 12. 14. 7.말 현재 알로피아의 매출액이 10억 원 미만이라는 사실만으로는 원고의 위와 같은 부당한 행위로 인해 알로피아의 제조, 판매사인 DP의 사업활동이 심히 곤란하게 되었다고 인정하기에 부족하고, 달리 그 매출액이 상당히 감소하는 등으로 DP의 사업활동이 심히 곤란하게 되었다고 인정할 증거가 없다. 1.경 원고의 탈모치료제인 프로페시아 대비 5.5%의 시장점유율을 보인 이후 서서히 증가하여 같은 해 8.경에는 11.32%의 시장점유율을 보였다는 것이므로, 2006. 이호영, “공정거래법상 사업활동방해의 공정거래저해성 - 공정거래위원회 의결 제2013-142호(2013.7.11. ), 21-49. 코자 계열 약품의 처방을 증대시키기 위해 영등포구 내과개원의 세미나의 MD Faculty 강연료 및 참석자 식대 등으로 1,665,000원을 지원하였다. 6. 4. θ¸ ½Åû°¡´É)--------------50,000å÷. 26.경 탈모치료제인 알로피아를 시판하자 알로피아의 원료 일부가 인도에서 수입됨을 기화로 2006. 内科専門研修の目標と修了要件 主担当医として160症例以上、内科領域56疾患群以上を受け持つ. 到達目標は200症例以上,内科領域70疾患群 そして専門研修3年目に29の病歴要約の提出と受理 ※受け持ち症例には外来症例を全体の1割含めることを認める. 의약품제조품목허가 취소 및 회수 후 폐기명령을 받았다. 7.말 현재 원고의 탈모치료제인 프로페시아는 100억 원 이상을 판매한 반면, 알로피아는 10억 원 미만을 판매하기는 하였으나, 다른 한편, 알로피아는 2005. 2. 内科基本領域の新専門医資格を取得した医師が、併せて総合診療領域の新専門医資格を取得しようとする際には、改めてすべての過程・症例を学び・症例を経験する必要はなく、救急医療の一部や小児医療の一部などを履修すれば、総合診療専門医の資格取得を可能とする―。