対象者について~該当するのは?~ 当院は、平成13年8月に兵庫県より「地域周産期母子医療センター」の指定を受けました。 「周産期医療」とは、ハイリスク妊産婦の妊娠・分娩管理などの産科医療や、ハイリスク新生児の集中管理などの新生児医療を総合的に提供する体制を指します。 この事例は、医療保険と母子家庭等医療との2者併用外来の請求です。 患者負担は、1保険医療機関当たり1日800円(低所得者は400円)を限度に月2回までと されており、3回目以降の患者負担はありません。(県助成制度の場合) ’に子育て支援の輪を広げていきませんか~, 放課後児童クラブ(学童保育)について, 母子家庭等医療費助成事業リンク先一覧(エクセル:45KB), 福祉医療費助成事業の現物助成拡大に伴う対応について(令和元年5月31日事務連絡)(PDF:105KB), 福祉医療費助成事業の助成方法に係るフローチャート(加入保険別)(PDF:37KB), 福祉医療費助成事業の助成方法に係るフローチャート(年齢別)(PDF:24KB). 母子家庭等である方が、病気やけがをして医療機関等を受診した場合に、医療保険における自己負担の一部を公費負担します。 助成を受けるための申請等、母子家庭等医療費給付事業についての手続きは、お住まいの市(区)役所・町役場で行います。 母子家庭等医療費助成制度とは、母子家庭等医療費受給者証の交付を受けた方の健康保険が適用される医療費について、市が自己負担の一部を助成し、受給者の費用負担を軽減する制度です。 目次. ひとり親家庭等医療費助成受給者の方へは、毎年5月に『ひとり親家庭等医療費受給者証更新申請書兼資格喪失届』の提出をお願いしています。 『ひとり親家庭等医療費受給者証更新申請書兼資格喪失届』は受給者の方がいらっしゃる世帯に対し、5月14日ごろ各区の区役所・支所よりお送りしています。 … 1.