関連記事をチェック!2743view銀行のプロパー融資と保証付き融資(マル保融資)の違い銀行から事業資金を借りる場合には、信用保証協会付き融資とプロパー融資と言う融資があります。 会社が事業活動をしていくうえで資金は必要です。手元資金だけで会社を経営していくことは難しく、多くの会社は借入をしています。, 金融機関で借り入れをするには連帯保証人や担保が必要ですが、用意できない中小企業の場合は信用保証協会に信用保証してもらい借入することがあります。その信用保証に対する手数料を信用保証料といいます。通常は「保証料」と簡略していわれます。, 保証料は信用保証をしてもらった借入時に一括で支払います。借入期間が5年・10年であっても一括払いです。そのため、すべてを借入時に費用計上せず長期前払費用として償却していくのが一般的です。, この記事では長年経理を担当した筆者が、保証料と処理方法について仕訳もふくめ詳しく解説します。, 保証料といえば、経理関係では「信用保証料」をさします。信用保証料は金融機関から借入する場合に、連帯保証人や担保の代わりに信用保証協会から信用保証をうけるために支払う手数料です。運転資金や設備投資のための借入金が対象となります。, 借入期間の返済について保証してもらうため保証料は一律ではありません。数カ月の短期借入から最長15年の長期借入までを対象としており、その期間の長短や借入額、返済方法により保証料は算出されます。, 保証料を考えるうえで信用保証を知らなければなりません。信用保証は47都道府県と横浜市・川崎市・名古屋市・岐阜市にある公的機関である信用保証協会の制度です。, 信用保証制度は中小企業・小規模事業者が金融機関から事業資金を調達する際に、本来は連帯保証人や担保で保証すべき信用を信用保証協会が保証するものです。事業者の資金調達をサポートすることを目的としています。, 借入時の信用を担保するだけでなく、返済が滞った場合は信用保証協会が金融機関に対し代位弁済します。ただし、協会が弁済した金額は会社が信用保証協会に返済しなければなりません。, 保証料は基本的に借入時に一括で信用保証協会に支払います。借入金の返済方法により料金の計算方法がことなりますので計算方法を確認しましょう。, 例えば、借入金1,000万、保証料率1.15%、保証期間12カ月の一括返済の場合は 「毎月、借金の返済が大変」と資金繰りに苦労している経営者も多いのではないでしょうか? お金にまつわるここだけの話を動画で紹介していく予定です。良かったら登録お願いします。, LINE@限定記事・セミナー告知・プレゼント企画のお知らせ等はLINEから配信いたします。 お金の悩み相談もLINEからお受けしていますのでご連絡ください。. " 銀行からの融資、繰り上げ返済をしたときの仕訳はどうするの? "ふだんなじみがない取引は難しいですよね。そこで、銀行融資の「繰り上げ返済・借り換え」の仕訳・勘定科目についてお話を … Copyright (C) 2020 借入のすべて All Rights Reserved. 借入金10,000,000円×保証期間48カ月÷12カ月×保証料率1.15%×分割返済係数0.55=253,000円, 保証料は原則として借入した時点で期間分を一括で支払いますが、処理方法は返戻条件により異なります。, 保証料は借入時点で未経過期間分の保証を予定通りうけるかは未定です。繰上げ返済して保証期間が短縮した場合に、短縮期間の保証料を返金されるか否かが処理方法の判断ポイントとなります。, まずは保証料が将来返金される可能性のある契約の処理方法について説明します。保証期間によって仕訳もかわりますので注意してください。, 保証期間が当期期間内の場合は支払手数料として借入時に一括計上します。月次決算で正しい数字を把握したい場合は前払費用として毎月振替する場合もあります。, 決算日の翌日から1年以内に期限がくる短期のものは流動資産として前払費用で処理します。当期の期間に該当する分は支払時に費用計上します。期がかわれば、前払費用を当期費用に振替します。, 決算日の翌日から1年を超えて期限がくる長期のものは投資その他の資産として長期前払費用で処理します。一括で保証期間60カ月分の保証料を支払う場合は期間ごとに該当する勘定科目に振分けします。, 実務的には「長期前払費用」でまとめて計上している会社もあると思います。また、会社の会計方針で「長期前払費用償却」の勘定を用いる場合もありますので自社の勘定科目一覧を確認して処理するようにしましょう。科目一覧で確認できなければ、試算表を残高なしの科目も含め出力してみると全科目が載っていますので、わかりやすいかもしれませんね。, 繰上げ返済して保証期間が短縮した場合の返戻金は、全額返済が完了した時点で信用保証協会に届出して手続きする場合と返済期間中の返戻があります。繰上げ返済にかかる保証料の全額ではなく一部が返金されることが一般的です。1,000円未満は返金しないと規定されている場合もあります。, 保証料が将来返金される可能性のない契約場合は繰延資産と認識します。借入期間で繰延資産償却していきます。決算時に当期分を償却する場合もありますが、月次決算を重視する場合や、4半期決算を行っている会社では毎月振替している会社もあります。, ただし、20万未満の保証料は一括費用処理することが認められていますので支払時に処理します。, 信用保証は資金を借りるときに金融機関に対して連帯保証人や担保を用意できない場合に、信用保証協会が保証するものですが、会社は信用保証協会に対して連帯保証人や担保を用意しなければなりません。, また、保証料を支払えば借入の返済不能リスクがなくなるわけではありません。協会が弁済した分は協会に支払うことが前提です。, 保証料は金融機関への支払利息に加えて保証料という名目の手数料を上乗せして支払っていると認識しておきましょう。, 経理では通常「保証料」といえば信用保証料ですが、最近はそれ以外にも保証料と名の付く支払を目にします。いくつかご紹介します。, 賃貸保証料は不動産を借りる場合に家賃保証会社に支払う保証金のことです。事務所や店舗、社宅を借りる場合にオーナーから加入を求められます。社宅で法人契約なら加入しなくてよい場合もありますが、オーナー次第で借りる会社に選択権がないのが実状です。, 賃料の未払いが発生した場合に家賃保証会社が立替払いするもので1年単位や2年契約なら期間単位で契約する場合など色々なパターンがあります。保証期間によっては前払費用や長期前払費用に該当することもあります。, 連帯保証料は会社が役員個人に連帯保証人となってもらう代わりに支払う料金です。信用保証について説明してきましたが、協会に支払う保証料を役員に支払うイメージです。, 役員が連帯保証しているにも関わらず保証料を設定していない会社もあると思いますが、節税対策として実施している会社もあるのではないでしょうか。, 連帯保証料は自由に決められるわけではありませんが、判例から信用保証協会の最高保証料率を適用して算出される額が上限として認められています。, 会社の費用はすべてが発生時に費用計上できるものばかりではありません。その内容により長期にわたり償却していくものもあります。, 今回ご説明した保証料以外にも、保証金なども長期前払費用として償却していく場合があるため、実務で長期前払費用の償却処理をする機会は多くあります。, 民間企業のバックオフィス担当です。経理担当として日常の経理処理や債権債務の管理から決算や税金納付、人事担当として給与計算や社会保険手続の実務経験を有します。フリーFPとしても活動しています。, DX(デジタルトランスフォーメーション)で経理業務の効率化し、変革する。 ペーパーレス化するだけではなく、業務に「変革」, 2020年度(令和2年度)の電子帳簿保存法改正によって、経費精算の在り方が大きく変わります。 経費精算のペーパーレス化が, 「経費精算・交通費精算の業務が面倒で、システムを導入したい!経費精算を自動化・効率化したい」 「経費精算システムの数が多, 「請求書の書き方、どうすればいいのかな。」 このように思っている人向けに、請求書の書き方を見本付きで解説します。 ✅ こ, 近年話題の『電子帳簿保存法』に密接に関わる、『スキャナ保存』。実は法改正が行われるたびにスキャナ保存制度の要件は緩和され, 【厳選比較】クラウド経費精算システムおすすめ3社を解説!47社から選ぶおすすめシステムは?. 借入金10,000,000円×保証期間12カ月÷12カ月×保証料率1.15%=115,000円, 仮に月々返済として48回の均等分割返済の場合は 関連記事をチェック!15656view借入金の返済の仕訳。なぜ損益計算書に計上されないのか?借入金を返済すると、当たり前ですがその分現金が会社から流出していきます。 ※信用保証料の1ヶ月分は、30,000円÷60月=500円 =======(引用ここまで)==== (2)にある数字の4500円は、9ヶ月ぶんの信用保証料だとわかるのですが、下にある6000円は12ヶ月(一年分)ということでしょうか? また、プロパー融資のメリットとデメリットはどの... 銀行から事業資金を借りる場合には、信用保証協会付き融資とプロパー融資と言う融資があります。 そのような人が素朴に疑問に思うことは... 借入金を返済すると、当たり前ですがその分現金が会社から流出していきます。 保証料の支払いでお金が足りなくなってしまった人は、事業者向けのカードローンで一時的にお金の工面もできますのでご安心ください!. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ふだんなじみがない取引は難しいですよね。そこで、銀行融資の「繰り上げ返済・借り換え」の仕訳・勘定科目についてお話をしていきます。, というわけで、銀行融資の「繰り上げ返済・借り換え」の仕訳・勘定科目についてお話をしていきます ↓, 当初の返済の約束とは別に、融資残高の一部または全部を返済することを「繰り上げ返済」と呼びます。, この「繰り上げ返済」の仕訳・勘定科目について、次の3つのパターンに分けて見ていきましょう。, 上記の仕訳について、1つめのポイントは借方(左側)の「〇〇借入金」という勘定科目をなににするかです。, これは、借入時・その後の返済時の仕訳で、どのような勘定科目を使ってきたかによるところです。次のような使い分けをするとよいでしょう ↓, 2つめのポイントは借方(左側)の「支払利息」です(個人事業者の場合には「利子割引料」の勘定科目を推奨)。, 上記例のように、繰り上げ返済時に追加で支払う利息があるのとは反対に、利息が戻ってくる場合もあります。その場合の仕訳は次のとおりです ↓, 「支払利息」は本来、費用として借方(左側)の勘定科目ですから、貸方(右側)にくることで「費用の反対」、つまり、収入をあらわすことになります。, 前述のノーマルなパターンのポイントに加えて、もうひとつ。信用保証料の戻りについて、試算表(貸借対照表)との差額処理、にポイントがあります。, 繰り上げ返済の対象になる融資が、信用保証協会付きであった場合には、この処理が必要になります。, 上記例のように、「戻り金の金額<長期前払費用の金額」であれば、差額は借方(左側)に「支払利息」として処理します。, 逆に、「戻り金の金額>長期前払費用の金額」であれば、差額は貸方(右側)に「支払利息」として処理します。, 融資時・その後の信用保証料についての仕訳・勘定科目について、詳しくはこちらの記事もどうぞ ↓, 銀行融資の仕訳・勘定科目まとめ『保証料・印紙・手数料・団信・出資金・借入金元金・利息』, 銀行との契約(金銭消費貸借契約)のなかで、繰り上げ返済をした場合には「違約金」の支払いが定めらていることがあります。, この場合の「違約金」は、「期限前返済違約金」など内容がわかる勘定科目をつけて、損益計算書の特別損失に計上するのがよいでしょう。, ただし、違約金の金額が小さい(利益に与えるインパクトが小さい)ようであれば、「支払利息」に含めて処理をするのも、ひとつの方法です。, 銀行に支払う違約金は「損害賠償金」としての性格を持ち、消費税はかかりません。会計ソフトで消費税を設定する際には注意しましょう。, この「借り換え」の仕訳・勘定科目について、次の3つのパターンに分けて見ていきましょう。, 上記仕訳のポイントとして。借方(左側)の「〇〇借入金」は、既存の融資残高の返済に関する部分です。, これに対して、貸方(右側)の「〇〇借入金」は、新規融資に関する部分です。この新規融資の区分については、「繰り上げ返済」のところでも掲載したとおり、次のようになります ↓, また、新規融資にともない、融資事務手数料、収入印紙などの支払いが生じた際には、次のような勘定科目で対応しましょう ↓, 前述のノーマルなパターンのポイントに加えて、もうひとつ。既存融資と新規融資それぞれの信用保証料の処理、にポイントがあります。, まず、既存融資の信用保証料については、「戻り金の金額>長期前払費用の金額」であれば、差額は貸方(右側)に「支払利息」として処理します。, 「戻り金の金額<長期前払費用の金額」であれば、差額は借方(左側)に「支払利息」として処理します。, 新規融資の信用保証料は、借方(左側)に支払った金額を「長期前払費用」として計上するだけです。, なお、既存融資分の信用保証料の戻り金と、新規融資分の信用保証料の支払額は相殺されている(差額を支払う)ケースもありますが、上記のように分けて考えれば同じことです。, 繰り上げ返済・借り換えもケースバイケースですから、それぞれのケースを本記事の内容に当てはめてみて、仕訳・勘定科目を考えてみましょう。, ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。, 「銀行融資」と「税理士レス経理」支援を得意にする、横浜在住・ひとり税理士ブロガーです。ブログ・メルマガ毎日執筆、セミナー毎月開催中。ランニング、ディズニーリゾート好きです。 ブログは 間 毎日更新中!メルマガは 間 毎日配信中!, 銀行融資専門、税理士レス経理の導入支援をする横浜の税理士です。ブログは毎日更新中!#税理士 #横浜 #セミナー開催 #銀行融資 #クラウド会計. ふたつの融資制度の違いはどのような点にあるのでしょうか? 融資の支払保証料の処理は? 事業用資金を借り入れる際に、信用保証協会や保証会社に保証していただく代わりに対価を支払う。この対価が信用保証料である。 信用保証料の仕訳 ・支払い時の処理 信用保証料60万円を支払うとする。 例えば、保証期間5年の信用保証料が30万円だった場合、1年間で経費にする金額は6万円(=30万円÷5年)となります。 保証を受けた時点から期末までの期間が残り6ヵ月なら、3万円(=30万円×6ヵ月÷60ヵ月)となります。 ふたつの融資制度の違いはどのような点にあるのでしょうか? また、プロパー融資のメリットとデメリットはどの... 基本的には融資によって資金調達するときに必要となるコストのことで、会計的には利息と同義だと思って差し支えありません。, しかし、経営上では保証料と利息は支払先や金額の設定方法が大きく異なるので、まずは保証料の基礎知識から確認して行きましょう。, しかし、保証料は銀行などの借入先ではなく、保証を行ってもらえる保証協会や保証会社へと行います。, もしも融資金の返済が焦げ付いた場合には、不良債権となってしまうため、返済が焦げ付いた場合に、第三者に融資金の残金を保証してもらう保証会社をつけることが今や一般的です。, 冒頭で述べたように、信用保証協会はタダで保証を行うわけではないため、保証協会の保証を受けるには保証協会へ保証料を支払う必要があります。, つまり、銀行へ払う費用が利息であるのに対して、信用保証協会へ支払う費用が保証料となります。, 信用保証協会は誰にでも保証を行うわけではなく、保証を受けるには保証協会の審査に通過しなければなりません。, 信用保証協会が「この会社はリスクが低い」と判断した会社には低い保証料が適用されますし、リスクが高いと判断した会社には高い保証料が設定されます。, やはり銀行が貸付時に利息を決定するときと同じように、信用保証協会も審査によって保証料を決定しているのです。, 銀行に払う費用か、信用保証協会へ支払う費用なのかの違いだけで、どちらも借入時に必要になる費用であることには変わりありません。, したがって、保証を受けて保証料を支払ったときの仕訳には一般的に「支払利息」と言う勘定科目を使用します。, 予定通り返済が完了した場合と、繰上返済を行った場合に保証料が返ってくるかどうかの違いによって仕訳の方法も異なりますので、それぞれの経理処理について詳しく見て行きましょう。, 融資実行時に一括で保証料の支払いを行い、たとえ繰上返済を行っても保証料の返金がない場合の仕訳は以下のようになります。, 例)500万円を期間5年で融資受け、融資実行時に10万円の保証料を信用保証協会へ支払った。, 繰上返済を行おうが行うまいが、借り入れには同じだけの費用が発生するため、借入時に「支払利息」と言う勘定科目を使用して一括で費用化してしまうのです。, なお、一般的に、融資金は保証料と、印紙代が差し引かれて口座に入金となりますので、このときの仕訳は以下のようになります。, 例)500万円を期間5年で融資受け、融資実行時に10万円の保証料を信用保証協会へ支払い、銀行へ収入印紙代2,000円を支払った。, 500万円の借入金から保証料と税金を控除した金額が口座へ入金になることが一般的です。, このため、もしも借入期間より前に融資金の繰上返済を行った場合には、未経過の部分の保証料は戻ってくることになり、戻りにあたるお金を返戻金と呼びます。, このような契約の保証料の場合、期間5年の借入であれば、その5年分の保証料を前もって支払っていると考えられるため、その期間に応じて保証料を按分(あんぶん)して費用計上しなければなりません。, 例)4月1日に500万円を期間5年で融資受け、融資実行時に10万円の保証料を信用保証協会へ支払い、銀行へ収入印紙代2,000円を支払った。, この資産を期末になったら、経過した期間に応じて按分し、費用計上していくことになります。, この場合、期間5年で10万円の保証料ですので、1年分の費用は10万円÷5年=2万円となります。, 期末になって、1年分の利息である2万円の費用が発生し、その分借入時に積み立てておいた「長期前払費用」と言う資産を取り崩していくことになります。, このように、毎年期間に応じた支払利息を計上し、前払費用を取り崩すという仕訳を行うことによって、最終的には前払費用は0円になり、借入時に払った保証料と、累計の「支払利息」の金額が同じになるのです。, また、繰上返済を行い、返済期間を短縮した分の保証料の返戻金がある場合には、以下の様に仕訳をします。 例)支払完了時の長期前払費用が20,000円で、10,000円の返戻金が発生した場合, 借り換えを行ったときに、借り換え前の信用保証料の返戻金がある場合には、先ほどの仕訳方法で記帳ます。, さらに、借り換え後にも信用保証料が発生した場合には、別途信用保証料の仕訳を行ってください。, 例)借り換え前の支払完了時の長期前払費用が20,000円で、10,000円の返戻金が発生して、借り換え後の保証料が100,000円だった場合, 決して難しく考えることなく、借り換え前の保証料の仕訳と借り換え後の保証料の仕訳を、別々に行えば問題ありません。, 金融機関からお金を借りたときの保証料の仕訳について解説してきましたが、他にも賃貸契約や社債など保証料が必要となる場面がいくつかあります。, そこで、金融機関からお金を借りるとき以外に必要となる保証料の仕訳について解説します。, 店舗などの不動産の賃貸契約をして、保証金を支払ったときの仕訳は、「保証金/現金」です。, 年に何%と言うように、徐々に償却されてしまうものがあり、賃貸契約を解約しても保証金が幾らか償却されてしまっていれば、残額の保証金しか返ってきません。, このような保証金の償却を毎年すると、帳簿上もそのように仕訳をしなくてはなりません。, 整理すると「保証金」は資産となっていますが、「保証金償却」「保証料」は費用であると言うことです。, なお、前払費用は資産ですので、両者は呼び名が似ていても内容は正反対であり、その仕訳も大きく異なったものとなっています。, 社債の保証料の仕訳方法は、その保証料が発生した目的によって異なる処理が行われます。, 例えば、銀行から信用保証協会の保証を受けることを条件に、社債の発行を許可されている場合には、社債発行の目的に保証料があるため「社債発行費」として取り扱います。, 「社債発行費/現金」として仕訳をして構いませんが、他のケースでは保証料を前払費用として計上することもあるのです。, 例えば、銀行が請求している保証料の場合、社債の発行ではなく社債利息を低く設定するための目的であるケースが考えられます。, このようなケースでは、前払費用として計上して社債残高によって費用として処理します。, 手形借入は銀行融資からの短期借入金と同じ扱いとなるため、保証料が発生した場合の仕訳は「支払利息/手形借入金」となります。, パソコンの延長保証を行った場合などの保証料は、金額が高額でなければパソコンの取得費に合わせて仕訳をしても、別の勘定科目として計上しても問題ありません。, もしも別々に計上する場合には、「保証料」や「支払手数料」などの勘定科目で経理処理をすれば良いでしょう。, ただし、パソコンの取得費用に保証料を入れる場合には、固定資産として計上されるため毎年の残価償却費用に含まなければなりませんので、金額を間違えないように気を付けましょう。, 信用保証協会付の保証付融資は、借入期間の全期間を保証しているため、もしも期日前に一括返済をした場合には、前払分の保証料との差額が戻ってくることになります。, 融資を受けたときに長期前払費用と言う資産勘定を使用していた場合には、長期前払費用残高から返済分を取り崩せばよいだけです。, 例)信用保証協会保証付の借入金300万円の繰上返済を行い、保証協会から保証料6万円が返金された。, 繰上返済によって費用は発生しなかったため、この資産と現金と言う資産を交換するだけの仕訳になります。, また、返戻金が長期前払費用よりも少ない場合には、不足金分を支払利息として費用化しましょう。, 借入時に「支払利息」もしくは「支払手数料」と言う勘定科目を使用していた場合には以下のような仕訳になります。, 借入時に費用として計上している場合には、戻ってきた返戻保証料は収益として計上します。, 金額が少額の場合には「雑収入」として処理しますが、金額が大きい場合には「前期損益修正益」という勘定科目を使用します。.