先輩としては悪い部分を指摘するのは当然ですが、やはり自分で気づかないとなかなか直すこともできません。 後輩にやる気を持ってもらうには、良い部分を伸ばしてあげるように指導することた大切です。 税理士として、税金面からはもちろん、資金調達や経営判断のアドバイスなど、 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); なので本来なら、「仕事がうまく進まない」ということに対して、素直に反省する態度が大切なのですが、謝るどころか、言い訳をされたりすると、先輩のイライラは加速します。, 特に、聞いてもいないのに、謝罪よりも先に、長々とした言い訳を続けると、先輩から確実に嫌われる原因になります。, 「なかなかできない仕事」に対しては、自分の未熟さを素直に認め、謝罪する姿勢が大切ですね。, 言い訳を並べ立てて、「自分は悪くない」という主張をすると、指導する側はイライラします。, しかし、それを怠って、先輩の指示を最後まで聞いていないためにミスを連発したり、「わからなけらば、また質問すればいいや」という態度が見え見えだった場合、先輩の逆鱗に触れることを覚悟しておきたいものです。, 忙しい時に同じことを何度も指示しなければならないということは、言う側の人間にとっては、他人が思っている以上にストレスになるのです。, 指示は1回で理解できるように集中する習慣を付けることが大切です。そして、ミスが許されるのは1~2回まで。3度目はないものと心得ましょう。, 自分1人が全面的に悪いわけではなかったとしても、まずは謝罪することが社会人にとっては必要です。, しかし「自分は悪くない」と人のせいにしたり、「経験が浅いのだから、ミスをしてもしょうがない」と開き直って、謝罪を拒む態度は、先輩を最もイライラさせる態度です。, 自分が担当した以上は、最後まで自分の仕事です。仮に自分1人の責任ではなかったとしても、「ミッションをコンプリートできなかったために、周りに迷惑をかけた」というコトに対しては、素直に謝ることが大切です。, 社会人になったら、どんなに親しくなっても先輩・後輩の上下関係はわきまえるべきことです。, しかし、学生時代の延長線上の感覚なのか、先輩に対しての口のきき方を知らない後輩を指導する時、イライラする先輩は多いようです。, 敬語がきちんと使えていなかったら、もっとひどい場合は、先輩に対して「タメ口」でしゃべり続ける後輩もいます。, 先輩から口のきき方を注意された場合は、今後のための勉強と思って、すみやかに改めましょう。, それを理解せず、にわかで得た自己流の知識で知ったかぶりをし、自己流のやり方で仕事を進めようとする後輩も、指導役の先輩を大いにイラつかせます。, 知識や教養があるとどうしてもそれを発揮したくなる気持ちはわかりますが、仕事において後輩というのは、「まだ未経験者」なのです。, 自分勝手な行動が、会社の大きな損害に繋がるということをわからない「自称・デキる人」の後輩は、先輩はもちろん、その上の上司までもイライラさせるということを肝に銘じなければなりません。, 先輩が、後輩の悩みを聞いてあげることは大切なことですが、先輩に対して、仕事や会社の愚痴ばかりこぼす後輩は、確実に嫌われます。, 特に、自分の経験不足・実力不足を棚に上げて、仕事や会社の文句ばかりをこぼし、泣き言を連発する後輩は、先輩にイラつかれるばかりか、信用まで失います。, 愚痴や泣き言は、社会人に鳴ったらある程度は我慢するしかありません。それよりも、目の前のやるべきことを覚える方が大切です。, もちろん、新入社員と言っても中途採用で社員が入った場合は、後輩といえどども、年上だったり非常にやりにくい場合がありますが、会社に慣れるまでは、上下関係はシッカリとしておきたいものです。, 新入社員が持つべき意識としては、先輩より早く出社して、掃除や仕事の準備をする事が大事です。, 先輩をイライラさせる後輩の行動で、始業ギリギリに出社したり遅刻して、言い訳ばかりする態度です。, 先輩や上司に仕事を頼まれた時に、先行している仕事があった場合、それを終わらせてから取り掛かかる後輩の行動に先輩はイライラします。, 複数の業務を抱えた場合は、どれを優先するべきか、頼まれた上司や先輩にしっかりと確認する行動は、社会人として大切なことです。, 仕事を頼む側が曖昧に「急いでね」というかもしれません。そんな時は「いついつまで終らせたらよいですか」といった確認事項をシッカリと聞きましょう。, 新しい仕事を頼まれた場合、仕事のやり方が分からずに先輩から指導を受ける事は、多々あるものですよね。, 誰にだって初めての仕事は必ずあります。しかし、メモも取らずに、同じ事を何度も聞く後輩に、先輩は怒りを覚えるでしょう。, こうする事によって、その後に分からなくなった時に、同じ事を先輩に聞くといった行動を回避できます。, 効率的に仕事を進めるためには、仕事の段取りや方法についてメモを取って、その業務に対しての理解を深め、さらに成長していくための努力を惜しまない事が大切です。, 後輩を指導する時のポイントとして、先輩面して上から何でも物を言わないようにしましょう。, 先輩というのは年齢が上だったり、先に会社に入社した順番など、少しだけ相手よりも経験が多いというだけです。, 先輩だからと言って上から目線で指導していると、後輩からは尊敬されることはないでしょう。, 人間として能力が高い訳でも、仕事の能力が優れている訳でもないことに気をつけましょう。, 昔のタイプで多かったのは、俺の言うことを聞けというワンマンタイプの先輩が多かったかもしれません。, 見て覚えたり、言われたことだけをやるのが後輩で、何とか必死でついて行く時代もありました。, しかし時代も変わり情報化社会になると、後輩として入ってくる人もかなり情報を仕入れたり、自分なりに勉強してくるものです。, そんな後輩たちのやる気や姿勢を無視して、先輩の言うことだけを聞けと言っても、なかなか納得してはくれないでしょう。, 後輩がやる気を持って覚えようとしなければ、いくら先輩が必死で教えても効果は薄いものです。, 後輩の意見や考えを聞いてから、こうした方が良いというアドバイスを送るくらいの指導がいいかもしれません。, 後輩のやる気を無くすようなやり方よりも、しっかりと意見を聞いてやる気を出してあげることがポイントです。, これはいつの時代でも同じで、自分ではちゃんとやっているつもりでも、上のレベルの人からするとまだまだだと思うのと同じです。, 後輩がまだ社会人として一般常識を理解していなかったりすると、自分は頑張っていると勘違いすることも多いものです。, 先輩としては悪い部分を指摘するのは当然ですが、やはり自分で気づかないとなかなか直すこともできません。, 後輩にやる気を持ってもらうには、良い部分を伸ばしてあげるように指導することた大切です。, 良い部分が伸びてくると自分に自信が持てるようになりますが、逆に自分ができないと思う部分も自覚するようになります。, さらに自分を良くするために自ら悪い部分を直そうと努力するようになるので、社会人として成長することができるのです。, 後輩の悪い部分をあえて指摘せず、良い部分を伸ばすことで自ら気づかせる指導方法もあります。, 社会人として自覚がまだ足りない後輩にとって、たまには思いがけない行動をすることあるかもしれません。, しかし仕事が厳しすぎることで、後輩として逃げ道が無くなってしまい、ストレスが溜まる一方になってしまうでしょう。, 昔は飲みに誘って愚痴を聞いたりすることもできましたが、今はなかなかそうはいきません。, 社会人としてはあるまじき行為として遅刻がありますが、怒鳴りつけるのではなく、どうやって注意して大事さを気づかせるか考えましょう。, 怒鳴って後輩が委縮してしまうと、朝起きれるか不安でストレスになってしまうかもしれません。, 怒鳴って怒るのは簡単ですが、後輩自ら自分で事の重大さを考えさせて、対策を講じるように導いてあげるように指導しましょう。, 考え方も価値観も違う人間を指導するのは難しくて当たり前ですよね。だから多くの先輩は後輩を指導することを苦手としているのです。, 後輩に上手く指導できない人は、まずはあなた受け入れてもらうこと、そのうえで相手に伝えることを意識してみましょう。, また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。, きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。. ベンチャーサポートでは「起業支援」に特化してきました。会社設立では検討すべきポイントがたくさんあり、 しかし、結構な人数が明るさと軽さをはき違えて仲良しごっこでなれ合いをしている会社が組織があります。, しかし、本当に仕事に真摯に取り組める仲の良い組織なら良いですが大体は友達ごっこ仲良しごっこの馴れ合い組織です。, そういった組織は雑談など滅茶苦茶どうでもいいことは確かにみんな話しますが、会社をこれからどうしていこうかということや、このプロジェクトをどう良いものにしていこうかという生産性のある意見は出なくなります。, 友達ごっこをやって馴れ合っているので本当に仕事上大事なこと言うと大体耳に痛い発言であるので不快に思われます。, だから、会議ではどうでもいいことを声高に叫ぶ人間と何も発言せずじっとしているだけの人間が増えまくるのです。, 組織として意見が言えない人間が増えるようになったら進歩しなくなるので確実に崩壊していきます。, 飲み会をたくさんやっていれば仲が良いように思いこむことが出来るので飲み会ばかりを必死にやります。, 実際飲み会をやってしっかりと円滑な関係が構築できれば良いのですが本当は仲が悪いので悪口ばかりです。, 本当は鬱憤がたまっているので飲み会をやっては悪口。悪口を言うために飲み会をやっているようなものです。, そこで少しはスッキリしてしまうのが冗談抜きで悪い所です。何一つ生産性がなくひたすらストレスばかり溜まっていくだけなので良いことなんか一つもありません。, 公私混同をするようになると仕事が適当になっていくのはもちろんですが、恐ろしいのはプライベートの詮索と人の過去や秘密を知りたがり噂話ばかりする低俗な人間が増えるからです。, 仲が良いと思いこむとプライベートの仕事と全く関係が無いことまで根掘り葉掘りに聞いてくるような鬱陶しい人間出てきます。, なぜなら、みんながみんな自分のことを悪く言われていないのか気になって気になってしょうがなくなります。, そうなると、情報収集のために頻繁に集まるようになりちょっとした人のミスでも逐一報告するようになります。, すると、会社の内部事情や普通だったら知り得ない過去のミスや人間関係のあれこれまで暴露するようになります。, ここまで来ると会社の人間の内部事情を探ってひたすらお互いに陰で罵り合うだけの低俗で下劣な組織になります。, でも、表面上は仲良くしているし仕事のことについて何か挑戦して失敗すれば悪口のネタにされるので何もしなくなります。, で、経費だけは仲良しだからと飲み会を乱発したり社員旅行に行こうとするのでわけがわからなくなります。, でも、仕事が出来ない人間は誰かに助けてもらわないと仕事なんか出来ないし失敗ばかりして叱責されます。, 普通なら叱責されて反省して成長しようと思うのですが仕事が出来ない奴は仕事が出来るように努力するより怒られにくいように努力するのです。, 馴れ合って怒りにくいような雰囲気に持っていったり、言い訳が出来るような環境を作ろうとするのです。, で、この無能たちが幅を利かせるようになると友達ごっこ馴れ合いをする組織となるのです。, だから、馴れ合っている組織だと感じる時点でその組織は無能が実行権を持っている無能組織というわけです。, 無能が組織運営を怒られないようにというくだらない理由で行っているのでそんな組織は危ない組織であり崩壊してしまうのです。, 転職活動というと何故か絶対に転職しないといけないと思いがちですが現職に残ることも含めて転職活動です。, 良い所が無ければ残れば良いし、転職活動したうえで残るとある程度折り合いというか諦めがつくのでストレスが減りますよ。, 仲良しごっこが気持ち悪いと思えている時点で今いる職場の中ではかなり仕事が出来る人のはずです。, そんなめんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。, また、会社の内情も教えてくれるので適当な仲良しごっこをするような会社なのかどうかまでしっかりと教えてくれます。, 個人的な感想としては優良な地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。, 見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。, 初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。, 履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。, 20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。, 20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。, 仲良しごっこをしているだけの緊張感のない適当に居心地のいい環境を作って偉そうにしている職場に将来性はありません。, 実体験から大なり小なり社会人なら経験する、会社に対する合理的でないモヤモヤと鬱憤、それに対する解決策を中心に記事を書いています。, たまにCFP取得経験から節税や趣味のゲーム、漫画、B’z中心に自分の好きを追求していこうと考える雑記ブログとして運営しています。. 起業は人生の中でも大きな挑戦です。私たちは、その大事な出発点を共有させていただくことを何よりも幸せに思っています。, ベンチャーサポート社労士法人 社会保険労務士。 そもそも、男性から好意を持たれて「気持ち悪い」と思ったことのある女性はどれくらいいるのでしょうか? 一般女性にアンケートを実施し、調べてみ … 無料相談では、本当に何でも聞いて頂きたいと思っています。, 「設立時期が決まっていないが、気になっていることがある」 「どのような会社にするか?」というルールづくりは完全にケースバイケースです。今までの 「資本金の決め方、役員の決め方の基本は?」 会社は当然ですが友達を作りに行くような場所ではありません。仕事をする場所です。 しかし、結構な人数が明るさと軽さをはき違えて仲良しごっこでなれ合いをしている会社が組織があります。 そんな組織は崩壊します。職場で仲良くする必要性はありません。 そこで今回は後輩の指導中にイライラしてしまう瞬間をご紹介しますので、ぜひあなたがイライラするときと同じかどうか確認しながら最後までごらんください。. 有名なのは1983年に刊行された『エクセレント・カンパニー』(トム・ピーターズ、ロバート・ウォーターマン著)です。, 当時、超優良企業であった世界的な国際企業に共通する8項目がこの書籍で発表されました。, しかし、この書籍で研究対象となった超優良企業の多くがその後、深刻な苦境に陥ったことはよく知られています。, つまり、「良い会社」になれても、「良い会社」であり続けることは極めて難しいということです。, 経営者は「良い会社」になる条件を知ると同時に、「良い会社」ではなくなる原因を知る必要があります。, しかし、最低限「収益性や成長性が高いこと」、そして「事業が長く継続すること」、および「従業員のモラルが高く働き甲斐のある組織であること」が必要です。, ここでは、古野庸一氏らの著書(『「いい会社」とは何か』)を手がかりに、「良い会社」になるための条件を考えてみます。, そのためには、常日頃から危機感を抱き、組織も変化していかなければならないという意識を持つことが大事です。, 何らかの変化を起こそうとする時には、その変化について、新たに学習する必要があります。, 常に顧客の動向に注意を払っていれば、些細な変化にも対応し、ニーズを先取りすることができるはずです。, 成功した事業にはしがみつきたくなるものですが、顧客のニーズとずれていることに気づければ、その事業を大胆に切り捨てるという選択も見えてくるでしょう。, 事業を行っていくには、時としてリスクに立ち向かわなければならないこともありますが、従業員1人1人が自己変革の意識を持ち、風通しの良いチャレンジ精神に溢れた組織であれば、多くの問題を乗り越えることができるでしょう。, これは、事業を継続させ、従業員のモラルを高めるために必要な、経営者に求められるリーダーシップの一つです。, 短期的に結果を出せる経営者は多くいますが、長期的な展望を持ち、それに向かって邁進しながら、時代の変化に即応し続けられる経営者は稀少です。, 社会貢献を強く意識することは、顧客を理解し、従業員のモラルを上げ、企業の存在意義が高まり、事業(企業)の継続につながります。, もちろん、起業してすぐの会社や業績の上がらない会社が、社会貢献に取り組むというのは難しいでしょうが、必ず意識はしておくべきです。, また、今では企業とNOP法人の連携など、社会貢献によって利益を上げるという考え方も浸透してきていますので、貢献の方法も広がっています。, これらは、昔から言われていることで特に目新しいものではありませんが、実行するのはなまやさしいことではありません。, 行動できるレベルにブレークダウンするとともに、経営トップの強いリーダーシップが必要となります。, しかしそれと同時に、従業員を始めとして、会社に関連する全ての人のために、堅実に会社経営を行う者でもあります。, このことを常に念頭に置き、実践できてこそ、強力なリーダーシップは発揮されるものです。, 上記5つの条件を備えていれば、経営トップのリーダーシップのもと、全ての従業員が1つの方向に向かって進むことにより、組織として大きな力が生み出されます。, 通常リーダーシップは、目的を達成するための指導力や統率力と認識されていますが、会社経営におけるリーダーシップの要素として最も重要なのは、従業員の自発性を引き出すことです。, 経営者は、従業員の自発性を引き出すために、以下のようなことを心がけなければなりません。, 給料をもらうためだけに、与えられた仕事をただ何となくこなしているような状態では、自発性は生まれません。, 自分が日々行っている業務にどれほどの意義があるのか、どれだけ社会に貢献しているのかを、従業員にはっきりと認識させましょう。, それができれば、従業員の仕事に対する意識は高まり、自発性が出てくるようになります。, 従業員が仕事や経営者について、どのように考えているのかを理解することは非常に重要です。, もし、何か問題があると感じているのであれば、従業員のモチベーション低下につながりかねません。, 逆に、経営者が従業員とのコミュニケーションを密にして、十分な信頼を得ていれば、従業員の仕事に対するやる気は大いに増し、自発性も出てきます。, 経営者が思い描く将来のビジョンを共有できた従業員は、積極的に仕事に取り組んでくれるようになりますし、他の従業員にも良い影響を与える存在になります。, 「良い会社」になった会社が、時代が変わると赤字で青息吐息となり、人員整理を余儀なくされて普通の会社になってしまう事例が多く見られます。, 以前は、一旦、「良い会社」となって高いシェアを取り、業界のリーディングカンパニーとなった会社は、半世紀はリーディングカンパニーであり続けられたと言われています。, 矛盾した表現ですが、人間で言えば、健康に良いことを全て実践して健康になった人が、自分のやり方や身体を過信して、身体が不調になっても医者に診てもらわないで、重大な病気になるようなものと言い換えることができます。, 「良い会社」が「良い会社」でなくなる理由は、表面的には競争力の低下や他社の新しい製品に置き換えられるなどの理由によりますが、本質的には「良い会社」であったがために「悪い会社」になる原因が芽生えるためだと言われています。, その結果、数字を疎かにするようになり、会社の経営について客観的な評価ができず、業績が低迷することになります。, このような状態は、明らかな経営力の低下と言え、会社としては非常に深刻な状態でありますが、予算管理などを行うことによって、業績回復の可能性はあります。, 優良企業であるという自負で変化が起きていても、それを無視し顧客に自社製品を押しつけることとなります。, 顧客の声や従業員の意見が経営陣に届かなくなり、業績が良かった時の方法論に固執してしまうという、まさしく自己変革能力の欠乏という状態になってしまいます。, 起業当時は、経営陣同士や従業員と経営陣との意思疎通も十分に計れていたものが、業績の良化・安定にともなって、各人の作業がルーティン化し、縦割りの構造が生み出される可能性も出てきます。, そうなると、変化が必要な際にも、組織としての意思決定が追いつかず、対応ができなくなってしまうでしょう。, 近づくべき理想像を持たない会社は、従業員の士気が下がると同時に、会社の活力を失ってしまいます。, 掲げた目標が達成できたのであれば、そこで満足するのではなく、さらなる目標を見出し、常に進取の気性を忘れずに事業に専心することこそが、長期的に成長を続ける企業の特徴といえます。, 従業員の給与を低く抑えるため、売上や利益を隠蔽するようになると、従業員の経営陣に対する不信感は増し、モチベーションが低下してしまいます。, 利益が上がったときこそ、それを従業員に還元し、会社に対する忠誠心を持たせるようにできれば、会社はなお一層繁栄を享受できるでしょう。, 業績が良いと人材を確保しやすくなるため、個々の従業員の価値を低く見るということが起こり得ます。, 従業員は会社の根幹であることを肝に銘じ、従業員を物心両面で幸福にすることこそが、経営者のなすべき仕事であると心得るべきでしょう。, 特に、成功した経営者が、ビジネスの能力とは無関係に、会社の経営陣に家族を据える行為は、会社業務にとって非合理的なだけではなく、従業員のモチベーションにも悪影響を与える、会社にとって致命的とも言えます。, このように、「良い会社」の業績が悪化し「悪い会社」になる場合には、利益水準の低下や収支バランスの変化など、会社経営の至る所に予兆があります。, 会社の経営は全て数字で表れますので、数字を注視して、もし些細な異常でも認められれば、放置することなく、原因を追及しなければなりません。, 「良い会社」であるための条件は分かりやすいので、いかに実行するかが経営者に問われます。, 一方、「良い会社」である続けることは、「良い会社」である条件を常に追及しつつ、「良い会社」であることを自己否定して常にマーケットの声に耳を傾ける姿勢を持つことが必要です。, 節税を徹底して税金を安くします!「顧問料以上の節税」を目指し、少しでも税金が安くなるように徹底します。, 金融機関との提携で融資に強い!節税と同様、特に強みとしているのが融資です。日本政策金融公庫と連携し、メガバンクや地元有力地銀・信金とも深くつながりを持つことで、他社が知らない裏ノウハウも数多く持っています。, 年間100件以上の税務調査ノウハウベンチャーサポートでは毎年100件以上の税務調査を通じて、最新ノウハウを蓄積しています。社内全体で情報共有し、業界トップクラスの税務調査対策であなたの会社を守ります。(元国税局の税務調査特別顧問のバックアップにより、追徴金なしの実績も多数あります), 20000社の実績による経営分析国内最多クラスの20000社の会社設立、毎年2000社の顧問先増で、あらゆる業種・業態の経営情報や成功ノウハウが非常に豊富です。 毎月の業績を「納税予定表」や「オリジナルの月次レポート」にまとめて報告し、会計分析から経営上の問題を一緒に考えていきます。, 1つの窓口で、すべての5士業に対応税理士・社労士・司法書士・行政書士・弁護士の5士業が同じグループ内に揃っています。提携ではなく同法人で集まるからこそ、社会保険、助成金、許認可申請、法律トラブルなどどんな問題でもスムーズに対応できます。, ベンチャーサポート税理士法人は、「初めて会社設立する人、税理士を探している人を、どこよりも優しくサポートする」を企業理念としています。