ニートになってしまったきっかけについて探っていきたいと思います。, ニートになった理由には様々なものがありますが、共通して言えることは『失敗→自信を無くす』『自分はダメな人間だと思い込む』マイナス思考であることです。, 誰にでも失敗した経験は一つや二つ‥いや、それ以上あるはずです。 これでは仕事で結果を出すことはできませんし、仕事場の環境に馴染むこともできません。 結局、すぐに放り出してしまい職を転々とする生活に陥ってしまうわけです。 しかし、すべての原因がその性格にあるかと言われればそういうわけでもありません。 仮にその職場へ入職してなくても、その職場がどういうところなのか知ったうえで諦められれば次の転職にいかせられます。, 先ほど紹介した求人サイト経由であれば、事情を説明すればそれに合わせて転職の手助けをしてくれるでしょう。, 介護の職場をすぐに辞めてしまうことは後々のことを考えるとあまり良いとはいえません。. やっと入った会社ですが、すぐに辞めても大丈夫ですか?よく、3年は居ろと言われますが・・・最近の社会はサイクルが速いので、3年にこだわる必要はありません。会社を半年で辞めてはいけないと言われますが、辞めたらどうやって盛り返すのかの情報はありま 自分ひとりを養っていくだけの働き先を見つけることもできず、養ってくれる人を見つけることもできず、孤独に金銭的な苦労をしていく羽目になります。, 日本では15~34歳までを「ニート=若年無業者」と呼称していますが、35歳以上の中高年ニートも多くなってきています。 30代フリーターの末路は悲惨だ。 この記事を読んでいる人はもしかすると今もフリーター生活を送っていて、「このままじゃ人生が詰む」という焦りと恐怖に毎晩震えながらも、かといってどう動けばいいのかも分からないし動く勇気もない。 結婚できる・出来ない、同級生との格差などを気にしている場合ではなくなってしまいます。, 生活保護を受けようと思い手続きを取っても、ニートに支払われる保護金はありません。 誰でも新しいことへのチャレンジや環境の変化には不安を感じるものです。, でも勇気を持って一歩を踏み出すことで自分のこれからを良くも悪くも変えていけます。 ネット上では「ハローワークの求人はウソばかり」「ハローワークで転職すると失敗する」という意見もあふれています。 私自身、そういった情報をうのみにしてハローワークを使わなかった過去があります。 結論から言っておきますが、以下のよう... ども!転職マニアのイツキです! 転職活動を始めるなら11月は今年最後のチャンスです。 12月は師も走るほど忙しい師走で、年末年始で慌ただしい12月~1月から、決算期に入る2月・3月は、単純に仕事が忙しかったり、求人や採用に余裕の... この記事で入社7年目で仕事を辞める際の判断ポイントや転職する際の注意について解説していく記事です。年齢を踏まえた上での転職、より自分が活躍できる職場を見つけるためのアドバイスもご紹介しております。, 宗教みたいな会社/軍隊みたいな職場では、朝の朝礼で企業理念を叫ばせるなど、非合理な社員研修を好むもの。そのような会社が苦手な方も多いのでは?当記事では宗教/軍隊じみた会社の特徴を踏まえた上で、そのような会社に向いていない人のキャリアに関する情報を紹介していきます。, 携帯ショップ(キャリア代理店)の仕事は接客/クレーム対応/売上アップなど精神面で非常に負荷のかかる仕事です。中にはうつ病寸前になる人までいるぐらいで辞めたいと感じる人もいるはず。当記事では携帯販売の仕事から転職を成功させるためのキャリア情報をまとめてお届けしていきます。, 上司が嫌いという理由の転職はあり?なし?上司が原因で退職するなら知っておきたいこととは?. 仕事が長く続かない場合、本人の性格や考え方に問題があるケースもあれば、職場環境に恵まれないで転々とするケースもあります。 自分を責め過ぎず、かと言って職場だけの問題にし過ぎず、両者の状況をしっかりと整理しなければ、問題の本質は見えて来ません。 「ソシャゲ業界がブラック過ぎて辞めたい…」 「ゲーム会社が辛いので辞めたい…」 意外と多い、ソシャゲ業界やゲーム会社を辞めたいという悩み。 ゲーム業界の中でもソシャゲ会社はとくに有名で、夢のある仕事として入社するも、過酷な制作... 仕事で他人に迷惑をかけてしまうと気が重くなってしまうもの。中には迷惑をかけすぎて辞めたいと悩んだり、できるだけ他人に迷惑をかけない仕事を選びたい人もいると思います。当記事では迷惑をかけたくない心理や迷惑をかけずに済む仕事の仕方/選ぶ方について紹介していきます。. ジョブホッパーになるとこの循環に飲み込まれ、抜け出すことができなくなります。, 転職を一度経験することで「転職の甘い汁」を舐めてしまい、その結果、転職を繰り返してしまうことはよくあります。, 市場環境にも問題があって、「転職は当たり前だとする風潮」「第二新卒を筆頭とした人材ニーズの過熱」「転職すれば未来が開けるといった人材業界の誇張広告」など、転職への誘惑が多いのもジョブホッパーを生み出す要因です。, ジョブホッパーは、より年齢が高く給料の高いジョブホッパーを利食いして生きているだけです。つまり、ジョブホッパーとなって行き着くところまで行ったところで終わりではなく、より若くて年収の安い人間が、あなたを「利食い」しにくるのです。, こうした社会の現実をしっかりと理解して転職に臨んで下さい。自らの手でキャリアを汚し、人生を崩壊させてはいけません。, ジョブホッパーをプラスの目線で捉えれば、「多くの職に就き、様々な経験を持つ人」となります。これはこれで素晴らしい要素であることは確かです。その経験が後の人生に役立つなんてことも大いにあります。, しかし、転職市場では全く評価されません。何故なら、「ジョブホッパー = 仕事が続かない、逃げ癖がある、中途半端な経験・スキルしか持っていない、雇ってもどうせすぐ辞める」と捉えられるからです。, だから、今後の人生でも「他人が作った会社という組織」で働いていこうと考えているのであれば、決してジョブホッパーになってはいけないのです。, でも、逃げの転職を繰り返して「ジョブホッパー」になることは問題です。理想郷があると信じて転職を繰り返し「ジョブホッパーに」なることも問題です。何とかなるだろうと甘い考えを持ち、転職を繰り返すことも問題です。, 一度ジョブホッパーの烙印を押されてしまうと、それを消すことは絶対にできないですから…。, その答えは「転職回数が多いようですが…に対する適切な回答とは?」にて解説しています。 Copyright © 2018-2020 介護士リクルート All Rights Reserved. ですから、尚更たちが悪いのです。, 自分は家事をこなして働いている親を支えている存在だ、働いていると出会いがないから将来主婦になるためにも無職で婚活期間を設けているんだと自分を正当化してしまっている人が多くいます。, 20代のうちは若い女性ということで重宝されるため、職歴が無くても事務職や受付など働き先は見つかります。 働きたいと思っても”職歴なし” ”ニート歴○○年”の40代を採用したいと思う企業は殆どないでしょう。 限られた選択肢を選んでも競争に勝てない! 世間体を気にする引きこもりニートは馬鹿にされるどころか、話題にすら挙がることもなくなり完全に孤立してしまいます。, 家庭内、友人間共に居場所がなくなり、常に将来や現在に対する不安がつきまとうでしょう。, 30代はこれまでまじめにキャリアを積み重ねてきたという人でさえ、転職が難しくなってしまう年齢です。 受給できたとしても世間の目が厳しかったり、様々な制限もあるため安易に「生活保護を受ければいいや‥」と考えているくらいであれば真剣に仕事を探してみるべきです。, 生活保護も受けられない。両親が亡くなり家にも住めなくなった。他に頼れる人もいない。 ニート歴が長ければ長い程これらの感情を抱くケースが多く見られます。, 自分が出来そうだと思えることから少しずつでも行動に移してみてはどうでしょうか? 転職回数や短期職歴なんかを問わない会社(業界)に行くしかなくなるのです。, この答えは単純明快で、そうせざるを得ない状況に追い込まれた「ジョブホッパー」が社会にはうじゃうじゃいるからです。残念ながら、社会はこうして上手く循環しています。, 転職を繰り返してしまった結果「厳しい会社(仕事)」に行きついたとしても、過去の自分の行動を反省して一発奮起してやっていければ問題ありません。, でも、ジョブホッパーになると、転職を繰り返してきた「癖」が付いているので、結局はまた逃げます。で、また転職活動することになるのですが、負の経歴を更に上塗りした状態です。, これが転職における「負の循環」です! 最近は、生活保護の不正受給が問題となったこともあり、年々審査が厳しくなっています。, 働く能力はあるのに実行に移せていないだけのニートは、生活保護を受給することもできず、家事も満足にこなすこともできず、金銭面・生活面共に苦労することになります。, 両親が歳をとり今まで通り養ってもらえない、生活保護を受けることもできない、働こうとしても働かせてくれる所などない、そうなって初めてニートとして生活してきたことを悔いることになります。, 20代、30代で頑張れなかったツケが回ってきたんだ、自分たちの生活だけでも手いっぱいだと、当然周りの人たちは助けてくれません。 3.5 対処法5:理想と現実で悩まないために; 4 介護の職場をすぐに辞める(転々とする)ことはいけない? 4.1 そもそも理想的な職場ってあるの? 4.2 正社員よりも心身ともにラクな立場とは; 5 介護の派遣会社に登録する. 職を転々としている人はかなり多いことに気付いたのでそれについて書いていく。 職を転々とする人の特徴5つ. サラリーマン時代の先輩で、社内で周りから浮くのを気にせずにマイペースで行動する人が2人いた。1人は私の部署で唯一の40歳目前の社員で、仕事を徹底的に放棄していた。彼はミスが多いために周囲も … 1.自己主張が強すぎる; 2.人間関係が苦手; 3.嫌なことがあったらすぐに逃げる このままでは悲惨な末路が待っているかもしれません。, ニートでいることに少しでも不安を感じているのであれば、手遅れとなる前に就職することを考えてみましょう。 しかし、30・40代となると状況は一変してしまいます。 フリーターの末路2.一生、アルバイトを転々とする 仕事内容や、お給料など、たくさんの条件をつけなければ、アルバイトできるようなところはたくさんあるでしょう。 しかし、そこから「次は頑張ろう!」「なんとかなる!」「人生これだけじゃない」「他にも楽しいことはある」などポジティブに思考を転換させることができれば自分の殻に閉じこもることなく、次へと進んでいけるのであろうと思います。, 上手く気持ちを切り替えることが出来なかったため、社会から逃げ自宅に引きこもったり、仕事もせずにだらだらと生活を送ることとなってしまったのではないでしょうか。 年金をやりくりして家族で生活をしていくため、生活苦に陥る場合も。両親が亡くなってしまった場合どうにもならなくなる。, 生活保護は働くことができず生活に困窮した人が受ける制度であるため、単に働きたくないから、仕事が見つからないからでは受給することは出来ません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フリーターと言っても、まだ若くて、やる気もあり、仕事の能力もある人ならば、アルバイト先で、社員にならないか?と声がかかるかもしれません。, 今までアルバイトとして働いてきたうえで声をかけてくれているのですから、とりあえずは安泰でしょう。, 仕事内容や、お給料など、たくさんの条件をつけなければ、アルバイトできるようなところはたくさんあるでしょう。, どこかの会社に就職して、昼も夜もとにかく働く、というよりは、気楽でいい、と若いうちは思うかもしれません。, でも、特に男性であれば、結婚などを考えた時、あるいは子供ができた時、一生アルバイトというわけにはいかないと気付いても遅いのです。, とりあえず、と就職しても、長続きせず、一生アルバイトを転々とする、というパターンが多いのかもしれません。, 親がまだ働けていたり、持ち家があったりして、経済的に余裕がある場合、こうなることが多いです。, 「定職につけ。」と言ってはいるのでしょうが、フリーターの子供を家から追い出すような親はめったにいません。, そんな甘やかされた状態に付け込んで、いい歳になっても親に養ってもらおうとするフリーターも多いです。, フリーターは社会的には、立場が低いので、そのストレスもあってか、家では横柄なふるまいをする場合もあります。, 今までフリーターでもいいや、と考えていた人でも、結婚したい人ができた時や、今まで一緒に暮らしていた親がなくなった時など、自分の人生を見つめなおすことがあります。, そんな時に、「このままじゃいけない。きちんと働こう。」と考えるきっかけになります。, 先ほどは、アルバイト先で社員になると、お伝えしましたが、そのような道を進むことができる人はごくわずかです。, 若いうち、特に20代のうちはアルバイトをしながら夢を追いかけるということも素敵です。, いくらアルバイトで経験を積んでいたとしても、そんなものをキャリアとして認めてくれる会社はほとんどありません。, 30代のおじさん、おばさんがイチから仕事を教えてくれるほど、会社には時間も暇もないのです。, 女性なら昔は実家にいて、特になにもしていなくても、家事手伝いからでも結婚することができました。, 収入は少ない、不安定、おそらく保険、年金もない、こんな男と結婚したら苦労するのは目に見えています。, まれに会社が厚生年金に加入してくれることもありますが、そんなことは本当に奇跡です。, 年金がなければ生活保護だけが頼りになりますが、今の若い人が老後を迎えるころには確実に生活保護も破綻しています。, 例えば「開店前のパチンコ屋に並ぶ毎日を送っている・一日中パソコンでオンラインゲームをしている」等、フリーターで時間がある人しか過ごす事が出来ない「特別」な時間を過ごしているかも知れません。, 一般企業に就職してる人達は、毎日決まった時間に会社に向かい、決められた時間勤務して、夜遅くに自宅に帰っています。, 働いてる人達は仕事にやりがいを持っていたり、大切な家族を養う為に一生懸命働いています。, また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。, きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。. 「仕事が長く続かない…」 「職場を転々としている…」 「仕事をコロコロ変えている…」, そうした経験もあって、仕事が長く続かない人には、共通する特徴や原因があると考えております。, 仕事が長く続かない場合、本人の性格や考え方に問題があるケースもあれば、職場環境に恵まれないで転々とするケースもあります。, 自分を責め過ぎず、かと言って職場だけの問題にし過ぎず、両者の状況をしっかりと整理しなければ、問題の本質は見えて来ません。, そこで当記事では、仕事が長く続かない原因を踏まえた上で、長く続けるにはどうすればいいかを解説していきます。, 自分が仕事が続かない原因を知っておくことで、長く働ける職場に出会えるヒントになるかもしれません。, これらの選び方は、比較的楽に入社しやすい会社である分、辞めたくなるような仕事も多めだからです。, 逆に、採用ハードルが高い会社であればあるほど、その分入社した後に長く働ける可能性が高まる傾向にあります。, ですので、今まで仕事が長く続かないかった人は、無意識に楽な仕事の選び方をしていないかどうか見直しておくべきでしょう。, 仕事が長く続かない人は、単純に長く働けるような会社を選んでいない可能性があります。, 「長く働けないような会社=人が辞めていく会社」とも言え、職場の構造自体が長く続けられるものでないことも非常に多いです。, 仕事が長く続かない人は、転職先が決まらないうちに退職を繰り返し、生活やお金に困ってから初めて転職活動を繰り返す…という負のループに陥りがちです。, 以下の記事にも書いておりますが、転職先が決まらないうちに退職してしまうのは、次に良い職場を見つけ出すつもりがあるなら、あまりいい選択ではありません。, そこに生活の不安やお金の不安が重なると「働ければどこでもいいや…」と、仕事選びで妥協してしまうわけです。, 事実、空白期間が半年以上あったり、無職期間中の人は、採用ハードルが上がりがちな傾向にあるので、次も長く働けない職場に就いてしまう可能性が高くなります。, ですので、仮に読者の方がまだ在職中であれば、退職前に転職活動を始めておき、次は長く働けそうな職場をしっかり見つけ出すべきでしょう。, 以下の記事では、筆者の知識や経験をもとに「失敗しないための転職活動」についてまとめていますので、ぜひご参考ください。, 派遣社員・アルバイトなどの非正規雇用形態を転々としている場合も、仕事が長く続かない傾向にあります。, その理由は単純で、派遣社員やアルバイトは誰でも替えが利くような仕事を任せられがちで、その分採用ハードルが下がり、人が辞めていきやすい職場になりやすいからです。, フリーターという生き方が悪いとは思いませんが、長く仕事が続かないことに不安があるなら、この機会にキャリアを見直すきっかけにしてみるといいでしょう。, また、派遣社員も多くの現場では正社員との確執が強く、人材使い捨てになりがちで、長く続かない原因になることが考えられます。, 派遣社員も悪いこととは思いませんが、派遣会社の性質や派遣先の事情を踏まえておかなければ、長く続かない事態になりがちですので、以下の記事で非正規雇用の問題点を把握しておくといいでしょう。, 仕事が長く続かない人の中には、占いやスピリチュアルで次の職場を決めてしまう人もいます。, ひとつの判断基準程度に占いやスピリチュアルを使うのは構いませんが、すべてを占い・スピリチュアルで決めてしまうのはあまりに危険です。, 以下の記事などにも書いてますが、占いやスピリチュアルで仕事を決めるぐらいなら、転職エージェントなどでプロに相談するなど、しっかりとした情報を集めた方が間違ないです。, ここからは具体的に「長く働ける仕事を見つけるにはどうするべきか?」を紹介していきます。, もし、今まで行ってなかったことや、考えもしないことが含まれていたら、それが今まで長く続けられなかった原因かもしれませんので、出来る限り今後のご自身のキャリアに取り入れてみて、より良い転職につなげてみてください。, 仕事を長く続けるためには、まずはしっかりとした転職情報・求人情報を集めることを意識しておくべきでしょう。, キャリアに関しては、ネット上はともかく、ハローワークや人材会社によっても様々な情報が入り混じるため、どれが正しいか判断するにも、非常に判断を要されます。, 実際に企業の中で働く人に近ければ近いほど、あるいは情報を通す人が少なければ少ないほど、しっかりと転職情報・求人情報になりやすいと言えます。, 最近の転職サイトの傾向としては、より情報の精度や質などにこだわったサイトが増えてきているので、気になる方は以下の記事などで確認しておくといいでしょう。, 逆に、ハローワークや登録なしで使える求人サイトなどは、情報の質や精度が落ちがちなので、最終手段と考えておきましょう。, 仕事を長く続けるためには、他人に仕事の悩みや転職に関して、相談して色々な意見を聞いておくのも手です。, 相談相手の仕事観や仕事の選び方を知っておくだけで、自分が長く働ける職場を見つけ出すきっかけになるかもしれません。, 他人から深い仕事の話を聞くことで、自分自身のキャリアや仕事観を見直すきっかけになるかもしれないので、一度他人に相談してみることも大事でしょう。, 仕事が長く続かない人は、適職診断や性格診断などを使って、自分の適性を見直してみるべきかもしれません。, 最近の適性診断はそれなりに精度が高くなっているので、それなりに参考になるようには出来ております。, 適職診断を使うことで、実はまったく向いていない仕事ばかりを選んでいることが分かれば、他の職種や業種に興味を持つきっかけになり、より自分に合った仕事を選びきっかけになるかもしれません。, 筆者がとくに適職診断として精度が高いと感じている「ミイダス」の適性チェックツールは、非常に優れたツールですので、気になる方はチェックしてみてください。, 仕事が長く続かない人は、優良企業を紹介してくれる人材サービスを活用しておくのが、一番確実な手段と言えるでしょう。, 人材サービスは会社がビジネスとして手がけており、紹介先企業が採用に関する費用を負担しているため、無料で求人の出せるハローワークや広告費負担の求人誌・求人サイトと比べて、長く働ける優良企業が見つけやすいと言えます。, また、人材会社のサービスでは、求人紹介だけではなく、以下のようなサポートも無料で行っております。, 人材サービスでこうしたサポートを受けておき、しっかりと転職活動することで、結果として長く働ける職場が見つけられるはずですので、ぜひとも活用してみてください。, 20代の方で、仕事が長く続かずに経歴に不安がある方は、20代(既卒・第二新卒)向けの就職支援サービスの利用をオススメしておきます。, どこを使うべきか迷っている方は、業界最大手で実績の長い「いい就職ドットコム」が一番のオススメです。, 以下の記事でも紹介していますが、筆者自身が業者の方と営業で話した上で内情なども確認済みですので、安心して利用してください。, 利用者の年齢・経歴などの状況次第では、転職エージェントの方がより良い求人を紹介してもらえるかもしれませんので、どちらも使っておくに越したことはないでしょう。, これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。, 転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。, しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。, 転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。, むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。, 転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。, 転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。, ・転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?, 転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。, とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。, ※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。, 転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。, 登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。, 面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。.