ここでは、2つの方法を紹介していきます。 テーマ有効化時、エラーコード(Fatal error: Can’t use function return value in write context in)が表示されてJINが適用できない場合は、該当サイトのPHPのバージョンをご確認ください。 JINの動作環境はPHP7.0以上となっております。それよりも古いバージョンの場合は新しいバージョンに切り替えてい … 「編集画面」に直接書き込む場合は、「文字パレット」を使うと便利です。 編集画面内の編集する文字範囲を選択し、文字パ … ここでは、2つの方法を紹介していきます。 レンタルサーバーロリポップの、割り当てられたロリポップドメインをウェブ上で表示させないようにし、独自ドメインだけを表示するようにして、検索エンジンがらの重複を避ける対策の方法です。 表示された画像はこちらです。 この画像は、WordPressのテーマであるCocoonの公式画像です。 本サイトはこの画像を利用はしていないのですが、内部的に呼び出しているようです。 サーバー側に画像ファイルとディレクトリをアップしましたが表示されない現象。赤丸 画像1 ソフトとサーバー側のコマンド処理は正常にできています。赤矢印 この場合、対処方法としては以下を試してみ … ロリポップFTPに直接「index.html」「style.scss」「imageファイル」をアップロードしました。 URLからサイトを確認してみると、CSSが全く効いていないようです。 イメージファイルはちゃんと反映されているようで、画像は表示されています。 ロリポップサーバーの『ユーザー専用ページ』を開きます。すると、メッセージが表示されています。(2018年7月下旬現在) 独自SSLが設定されていない独自ドメインがあります。 Google Chromeでは、独自SSLが設定されていないページ全てに警告が表示されます。 FTPとは? FTPの使い方を説明する前に、FTPとはいったい何なのかをご説明します。. (※)ロリポップの無料sslは、一度設定すると解除できませんのでご注意ください。 設定には5〜10分程度かかり、ssl設定作業中と表示されます。しばらく待ちましょう。 5〜10分後に更新ボタンを押してssl保護有効と表示されれば設定完了です。 ffftpにて 2つのエラー を修正したら 問題が解決しました。 まずはログインできているか確認 TinyMCE5で画像アップロード機能を追加するのに躓いたので、その解決策メモを残します。こちらのnoteはすでにTinyMCE5を導入済みで、更に画像アップロード機能を実装したい人向けです。 僕が作りたかったのは、まさにWordPressのようなWYSIWYG(見たままに編集)エディタです。 検索結果にファビコンを表示する方法私の使っているサイトはレンタルサーバーロリポップで契約したもので、wordpressをインストールして使ってます。テーマはsimplicity2。ほとんど使用していないサイトを含めると8個ほどサイトがありま この場合ロリポップ運営側へ連絡し、サーバー移転を依頼する必要があります。 ロリポップFTPに直接「index.html」「style.scss」「imageファイル」をアップロードしました。 URLからサイトを確認してみると、CSSが全く効いていないようです。 イメージファイルはちゃんと反映されているようで、画像は表示されています。 FTPとは、File Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル)の頭文字をとったものを指します。 『File』は、名前の通りファイルのことです。文書やHTMLファイル、CSSファイルなどはもちろん画像の … 独自SSL(https)化していないサイトは危険サイトとして認定されます。 本記事ではロリポップで無料独自SSL化をトラブルなく行う手順を紹介しますので、あなたのサイトも無料独自SSL化してみましょう php7.1が表示されていない。 ロリポップのサーバーでphp7.1モジュール版に対応するより前に立ち上げたサイトの場合、選択肢として表示されません。. ロリポップで作成したメールアドレスの受信設定の方法を、画像付きでわかりやすく紹介しています。メールアドレスを作成しても受信設定をしなければ、メールを受信することはできません。メールアドレスごとに設定する必要があります。 なぜ表示されないか、原因を知ることが先だったとわかりました。一番初めに「Card validator」で表示を見た時に、画像がないのは見てすぐに気づきましたが、デスクリプションは気にかけていませんでし … このブログですが、2017年11月まではライブドアブログを使って書いていました。 2017年11月、より自由に管理がしたくなりロリポップという会社のサーバーを借りて、ワードプレスというブログ構築ソフト(CMS)を使って運営するかたちに移行しました。 その際に独自ドメイン(yukinoblog.site)を取得し、ブログURLがhttp://yukinoblog.site/になりました。 その後2018年10月、ブログをSSL化しました。 … FTPとは、File Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル)の頭文字をとったものを指します。 『File』は、名前の通りファイルのことです。文書やHTMLファイル、CSSファイルなどはもちろん画像の … ブログの画像が「壊れた絵」になって表示されるのは画像のURLが変わったのが原因なんですね。CSSやHTML(投稿画面のテキストモードやphpファイルなど)に書いてるパスと一致してないからそうなります。画像のリンクを踏むと404NotFoun 「ファイル名」、「文字コード」、「ファイルの属性(パーミッション)」を入力します。「編集画面」に直接書き込むことができます。 2. サイトが表示されない時はパーマリンクを再設定したら解決!ロリポップのサポートが手厚い さすがにそろそろURLを『https』にしなきゃ。でも、難しそう…。そんな中、ロリポップが無料で独自ドメインのSSL化に対応。ぜひこの機会にチェレンジしましょう。「SSL証明書」「wordpress設定」「リダイレクト設定」まで実践しながら分かりやすく紹介。 ロリポップで独自ドメイン設定を1度もしたことがないweb知識ゼロの初心者の人でも、本記事を読めば簡単に出来るロリポップの独自ドメイン設定を各手順画像付きで紹介します。 ロリポップからカラフルボックスへ、All-in-One WP Migrationを使って、レンタルサーバーを移行(引越し)したら表示されない画像がありました。ロリポップからカラフルボックスへの移行方法と、表示されない画像を復活させる方法について書いています。 これで画像がアップロードできるようになっています。 そもそもアクセス権限がない. WordPress 403エラー|ロリポップ対処法について. ロリポップでサーバー利用、ムームードメインでドメインを取得したものの、新サーチコンソールの機能に翻弄され、dnsレコードでのドメイン所有権の確認ができず、四苦八苦しました。その対処法を分かりやすく画面を用いて解説させていただきました! ロリポップで独自ドメイン設定を1度もしたことがないweb知識ゼロの初心者の人でも、本記事を読めば簡単に出来るロリポップの独自ドメイン設定を各手順画像付きで紹介します。 ブモード(PASSIVE)を使う必要がありますか?, FTP接続中に転送速度が遅くなる、または転送が止まります。, FTPパスワードは変更できますか?, FTPソフトで『ホスト(転送先)のディレクトリ』の設定入力欄はなんと入力すればいいですか?, FTPソフトで接続ができません。, FTP接続中にセキュリティソフトの警告が表示されました。, ファイル数の制限はありますか?, ロリポップ!FTPで「アップロードを行うには、Adobe Flash Playerが必要です。」と表示されました。, FTPアカウントはいくつ利用できますか?, ※ 表示価格は税抜・初期費用別。. 独自SSL(https)化していないサイトは危険サイトとして認定されます。 本記事ではロリポップで無料独自SSL化をトラブルなく行う手順を紹介しますので、あなたのサイトも無料独自SSL化してみましょう WordPressの更新中に、以下のエラーメッセージが表示されたり、保存ボタンを押したのにグルグル回り続け一向に保存されないことがあります。 ロリポップはサーバーの稼働状況を、24時間有人監視しています。 負荷により表示が遅くなる傾向が見られたときは、すぐに要因調査と対策を行い、あなたのホームページの表示速度に影響がでないよう努めます。 ドメインは無料ですか?有料ですか? さすがにそろそろURLを『https』にしなきゃ。でも、難しそう…。そんな中、ロリポップが無料で独自ドメインのSSL化に対応。ぜひこの機会にチェレンジしましょう。「SSL証明書」「wordpress設定」「リダイレクト設定」まで実践しながら分かりやすく紹介。 ロリポップからカラフルボックスへ、All-in-One WP Migrationを使って、レンタルサーバーを移行(引越し)したら表示されない画像がありました。ロリポップからカラフルボックスへの移行方法と、表示されない画像を復活させる方法について書いています。 画像がアップロードサイズ上限を超えて、HTTP500内部サーバーエラー・Internal Server.pngが表示された場合 httpサイトを表示しただけで「保護されていない通信」と警告が出ます。 更に、2018年10月からは、非SSL化サイトで入力フォームに文字を入れようとすると、「保護されていません」の文字が赤字で表示される仕様になりました。 画像がアップロードサイズ上限を超えて、HTTP500内部サーバーエラー・Internal Server.pngが表示された場合 ワードプレスを設置して、初めから画像がアップロードできない場合はこちらの方が多いと思います。 自分が管理者ではない場合、投稿者以上の権限が必要です。 サイトが表示されない時はパーマリンクを再設定したら解決!ロリポップのサポートが手厚い TinyMCE5で画像アップロード機能を追加するのに躓いたので、その解決策メモを残します。こちらのnoteはすでにTinyMCE5を導入済みで、更に画像アップロード機能を実装したい人向けです。 僕が作りたかったのは、まさにWordPressのようなWYSIWYG(見たままに編集)エディタです。 ロリポップでアップロードができないのですが。 ロリポップのFTPでindex.phpというファイルをアップロードしたんですが※指定されたページ(URL)へのアクセスは禁止されています。というエラーが出 … FTPとは? FTPの使い方を説明する前に、FTPとはいったい何なのかをご説明します。. ロリポップ契約のレンタルサーバにて ftp接続しても サーバー側のファイルが表示されない場合. Wordpressで運営しているサイトで、ある日突然PDFのサムネイルが表示されなくなって困った!という声がかかりました。 もともとそのサイトはPDFファイルをアイキャッチ画像にも設定するために、PDF Image Generator(PDFイメージジェネレーター)というプラグインを使っていました。 ロリポップでURLをwwwあり・wwwなしで統一する方法を解説しています。ロリポップでURLをwwwあり・wwwなしで統一するには、少しコツがいります。この記事では、初めての方でもうまく設定できるように、画像を交えながら詳しく解説しています。 ロリポップでURLをwwwあり・wwwなしで統一する方法を解説しています。ロリポップでURLをwwwあり・wwwなしで統一するには、少しコツがいります。この記事では、初めての方でもうまく設定できるように、画像を交えながら詳しく解説しています。 1. トップページや投稿ページに鍵アイコンが表示されないのは、内部リンクや画像URLが『http』のままになっているのが原因。 投稿ページ数が少ない場合は1つひとつ手動で修正してもOKですが、プラグインを利用して一括置換を行うとスムーズに作業が進みます。 では、読み取られないようにするにはどうすれば良いかというと、それは、ウェブサイトに「SSL」を設定することです。 SSLは「独自SSL」や「SSLサーバ証明」と言ったりしますが、これを設定すると、今まで「http://」だったウェブサイトの頭文字が「https://」というふうに、「s」が加わるようになります。 つまり、あなたのウェブサイトに、独自SSLを加えることで「保護されていません」と表示されていなものが「保 … 属性(パーミッション)について 3. このサイトは基本的にWordPressの管理画面から記事を作成したりするわけですが、たまにFTPツールを使ってファイルをアップロードしたりする機会があります。 最たる例として、サイトマップ(sitemap.xml)をアップロードする時とかです。 その時接続完了したはずなのにサーバー先のファイルが1つも表示されない!というバグみたいな現象が起こることがあります。 原因を知っていたら「あぁアレ変更しないと…」で済むのですが、知らなかった頃は「FFFTPはもう使えないのかな」とか、「 … ロリポップで作成したメールアドレスの受信設定の方法を、画像付きでわかりやすく紹介しています。メールアドレスを作成しても受信設定をしなければ、メールを受信することはできません。メールアドレスごとに設定する必要があります。 サーバーはロリポップ、topicsをインデックスのお知らせコーナーにしています。 画像をアップすることは出来るのですが、アップした画像が表示されません。 レンタルサーバーロリポップの、割り当てられたロリポップドメインをウェブ上で表示させないようにし、独自ドメインだけを表示するようにして、検索エンジンがらの重複を避ける対策の方法です。 ロリポップ!(lolipop)レンタルサーバー、ホームページが表示されない、メールが送受信できない少し前まではホームページが表示された、メールが送れていた、メールの受信できていた場合は情報の確認(1)メンテナンス情報を見る(2)障害情報見る サーバーはロリポップ、topicsをインデックスのお知らせコーナーにしています。 画像をアップすることは出来るのですが、アップした画像が表示されません。 検索結果にファビコンを表示する方法私の使っているサイトはレンタルサーバーロリポップで契約したもので、wordpressをインストールして使ってます。テーマはsimplicity2。ほとんど使用していないサイトを含めると8個ほどサイトがありま 便利なサービス 2018.04.16 2019.06.13 hakase. ロリポップ!ftpへのログインは、2通りあります。 1つ目は一旦ロリポップ!ユーザー専用ページにログインしてからロリポップftpにログインする方法 で、 2つ目はロリポップ! ftpログイン画面でログインする方法 です。. ロリポップ運営にサーバーアップデート. 遊己(ゆうき)のブログ。南の島グアムに住む遊己の海外生活、旅行、ゲイライフなどなどをつづるブログです。, 長々と書いてきましたブログSSL化にともなう古い画像のエラーですが、やっと全てが解消しました!, 2017年11月、より自由に管理がしたくなりロリポップという会社のサーバーを借りて、ワードプレスというブログ構築ソフト(CMS)を使って運営するかたちに移行しました。, その際に独自ドメイン(yukinoblog.site)を取得し、ブログURLがhttp://yukinoblog.site/になりました。, その後2018年10月、ブログをSSL化しました。ブログURLがhttps://yukinoblog.site/になりました。, ロリポップFTPから.htaccessにアクセスしてリダイレクト用の設定を追記し、俺のブログ上ではhttpにアクセスされてもhttpsにリダイレクトされるようにしました。, 上記の作業後、2017年11月より後に投稿したブログは何も問題なかったのですが、それ以前の投稿は画像が表示されなくなりました。, 原因を調べてみると、それらの画像は独自ドメインのアドレスで表示されないことが原因だと思われました。, 例えばある画像をアップロードすると、https://yukinoblog.site/wp-content/uploads/media/1/001みたいなアドレスが割り当てられ、投稿上にこのアドレスを書くことでその画像が表示されるわけですね。(この画像アドレスはテキトーです), ちなみに、ロリポップでは独自ドメインではなく、ロリポップ自体のドメインも存在しています。, 例えば、http://123456789.main.jp/というドメインだとしましょう。, 画像はまずロリポップドメインに基づきhttp://123456789.main.jp/wp-content/uploads/media/1/001ってアドレスが割り当てられますが、独自ドメインの設定によりその画像がhttp://yukinoblog.site/wp-content/uploads/media/1/001でも表示されるようになります。, SSL化しているので、https://yukinoblog.site/wp-content/uploads/media/1/001でも同じ画像が表示されます。, 先ほどの設定でhttpへのアクセスはhttpsにリダイレクトされるようになっているので、http://yukinoblog.site/wp-content/uploads/media/1/001で画像を表示しようとしても強制的にhttps://yukinoblog.site/wp-content/uploads/media/1/001に飛びます。, 本来はhttps://yukinoblog.site/wp-content/uoploads/media/OLD001で表示されるはずなのに、されない。, リダイレクト設定をはずしてhttp://yukinoblog.site/wp-content/uploads/media/OLD001で試して見てもダメ。, なので俺は、なにかサーバー側の問題で、これらの古い画像にだけ独自ドメインが適用されていないのかな?と疑いました。素人考えで。, これまで表示されていた古い画像が表示されなくなったのは、全てのhttpアクセスをhttpsに飛ばすよう設定したからです。, この時点ではあくまで推察でしたが、古い画像はロリポップドメインのアドレスでは表示できていたはずです。, つまり、http://123456789.main.jp/wp-content/uploads/media/OLD001のままなら問題なく表示されていたはずです。, しかしリダイレクト設定によりそのアドレスで画像を表示しようとしても強制的にhttps://123456789.main.jp/wp-content/uoploads/media/OLD001に飛ばされてしまう。, しかしhttps://123456789.main.jp/というアドレスは存在していない。, 最終的にはSSL化した独自ドメインのアドレスで表示されるようになってくれないと困るのですが、とりあえずはすぐに画像を表示してくれないと困るので、古い画像が入っているフォルダにもうひとつ.htaccessを作成しそのフォルダの中だけはリダイレクトを禁止しました。, つまり、古い画像だけはもともとのhttp://123456789.main.jp/wp-content/uploads/media/OLD001というアドレスで表示され続けるようにしました。, 投稿の中では見れるようになった画像ですが、その画像を右クリックで新たなページで開こうとすると、また404エラーが出るのです。, 素人ではお手上げになり、ロリポップのサポートに問い合わせたところ、ライブドアブログから画像をインポートした際の設定の問題だと思われるので、一度それらの画像をすべて削除して再度アップロードするようアドバイスを受けました。, しかし素人も捨てたもんではありません。どうしたもんかとサーバーのFTP上でアップロードしたファイルやフォルダを見ていて気がつきました。, ライブドアブログからエクスポートした画像ファイルは10000個あったのに、いまアップロードしたファイルは5000個しかないことに。, これ、原因ははっきり追及していないのですが、実はオリジナルの画像はアップロードされず、小さくリサイズした画像のみがアップロードされていました。, ライブドアブログからエクスポートした10000個の画像のうち半分は、オリジナルの画像です。残りの半分は、オリジナルの画像をウェブでの表示に適した大きさにリサイズした画像でした。, オリジナルの画像がOLD001って名前だとすると、リサイズされたほうはOLD001-sって名前になっていました。, 俺がワードプレスに入れているプラグインの影響だと思うのですが、このリサイズされたほうの画像だけがアップロードされ、オリジナルの画像はアップロードされていなかったのです。, 大きすぎる画像をアップロードすると自動でリサイズするようなプラグインを入れているので、それが原因かもしれません。, とりあえず、そのプラグインと、念のためセキュリティ関係のプラグインもいったん全て停止し、改めて10000個の画像をアップロードし直しました。, 投稿内では全ての画像がリサイズされた-sファイルで表示され、別ページで開こうとするとオリジナルの大きなファイルが開くような設定で画像を投稿していたので、応急処置後は投稿内でだけ画像が見れていたのです。, なのでこんなエラーも起こるわけですが、、、ここに書いた内容ももしかしたら誤記、誤解、誤説明があるかもしれません。, 詳しい人からみたらトンチンカンなこと書いてるかもしれません。うん。十中八九書いてると思います。, 自分のための備忘録というか、こんだけ苦労したから記録に残しておきたい、というテンションだけで書いてますので、その点、何とぞご容赦ください。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). ファイル名が表示されて「アップロード待ちです」となったら、「アップロードする」を選択します。 画像の場合は、時間がかかるので少し待ちましょう。 アップロードが完了したらブラウザを更新してみましょう。画像が表示されれば完了です。 ファイル名が表示されて「アップロード待ちです」となったら、「アップロードする」を選択します。 画像の場合は、時間がかかるので少し待ちましょう。 アップロードが完了したらブラウザを更新してみましょう。画像が表示されれば完了です。 “繰り返さないように“が目的ならば、変更できない現状のままの方が目的に合っていると思います。 ssl化に関してロリポップ側で十分に説明がなされていました。にもかかわらずssl設定を行ってしまったのは、説明を読まなかったからではないでしょうか? ロリポップ!ftpへのログイン. サーバー側のファイルが表示されない. ブログの画像が「壊れた絵」になって表示されるのは画像のURLが変わったのが原因なんですね。CSSやHTML(投稿画面のテキストモードやphpファイルなど)に書いてるパスと一致してないからそうなります。画像のリンクを踏むと404NotFoun ロリポップでアップロードができないのですが。 ロリポップのFTPでindex.phpというファイルをアップロードしたんですが※指定されたページ(URL)へのアクセスは禁止されています。というエラーが出 … 便利なサービス 2018.04.16 2019.06.13 hakase. トップページや投稿ページに鍵アイコンが表示されないのは、内部リンクや画像URLが『http』のままになっているのが原因。 投稿ページ数が少ない場合は1つひとつ手動で修正してもOKですが、プラグインを利用して一括置換を行うとスムーズに作業が進みます。 便利なサービス 2018.4.16 サイトが表示されない時はパーマリンクを再設定したら解決!ロリポップのサポ… 便利なサービス 2018.5.6 6億円をゴミ箱に捨てる前に楽天銀行の無料口座を開設しよう では、読み取られないようにするにはどうすれば良いかというと、それは、ウェブサイトに「SSL」を設定することです。 SSLは「独自SSL」や「SSLサーバ証明」と言ったりしますが、これを設定すると、今まで「http://」だったウェブサイトの頭文字が「https://」というふうに、「s」が加わるようになります。 つまり、あなたのウェブサイトに、独自SSLを加えることで「保護されていません」と表示されていなものが「保 … “繰り返さないように“が目的ならば、変更できない現状のままの方が目的に合っていると思います。 ssl化に関してロリポップ側で十分に説明がなされていました。にもかかわらずssl設定を行ってしまったのは、説明を読まなかったからではないでしょうか? ロリポップ!ftpへのログイン. 拡張子が表示可能な画像ファイルの形式ではない ロリポップ!で表示可能な画像ファイルは『.gif』『.jpeg』『.jpg』『.bmp』『.png』です。 それ以外の拡張子になっていると表示ができません。 表示された画像はこちらです。 この画像は、WordPressのテーマであるCocoonの公式画像です。 本サイトはこの画像を利用はしていないのですが、内部的に呼び出しているようです。 便利なサービス 2018.4.16 サイトが表示されない時はパーマリンクを再設定したら解決!ロリポップのサポ… 便利なサービス 2018.5.6 6億円をゴミ箱に捨てる前に楽天銀行の無料口座を開設しよう ロリポップでは、2017年7月から全プランで無料の独自SSLが利用できるようになりました。今回は、レンタルサーバーロリポップで、常時SSLを設定する方法をご説明します。 SSLというセキ ロリポップ!ftpへのログインは、2通りあります。 1つ目は一旦ロリポップ!ユーザー専用ページにログインしてからロリポップftpにログインする方法 で、 2つ目はロリポップ! ftpログイン画面でログインする方法 です。.