最後までお読み頂き、ありがとうございました。. 自分から辞めることになれば、企業側は個人の自由を尊重し、それを止める権利はありません。, 昔は「窓際族」を呼ばれ、部屋の片隅に追いやられ、仕事を与えられずに1日を過ごし、徐々に退職に追いやられるやり方がありました。 この「リストラ部屋(追い出し部屋)」とは、いったいどの様な場所なのでしょうか? リストラを行う企業は、どこもリストラ面談を進めるためのリストラマニュアルを作成しています。リストラで無用のトラブルを発生させないために、マニュアルを用意する必要があるのです。ここでは、リストラ面談のための裏マニュアルを3つのポイントで解説します。 もし面談が3回以上を超えるようであれば、それはすでに「相談」ではなく「誘導」であり、自分がリストラにたいして”イエス”と答えない限り、続いていく可能性が高いと考えられます。, 勤務態度不良、他社員とのコミュニケーション能力の不備、成績不良など、会社を辞めて欲しいと思わず願ってしまう問題社員という存在を耳にすることがあります。 「退職勧奨」とは、「退職しませんか?」という、いわゆる会社からの”お願い”です。 では、中小企業はリストラの方法が大企業とは異なるのでしょうか? 募集対象者は、年齢であったり、部署内で何名であったり、企業や業績により様々です。, 企業側からリストラの時に提示される条件は、主には退職金の上乗せます。 リストラ部屋に集められた人物達、とある者は1日中文章ファイルをPDFに変換する作業を延々と続けたと言います。 そして、リストラを行う前に、新卒者の採用見送り・派遣や契約社員の契約更新をしない等の対処を考えます。 その上で初めて、社内人員整理によるリストラ対象を考えていくのです。 自分が勤めている会社がリストラを実行することになったときにどのように対処すべきなのか。 ... 私と同じように早期退職した社員は3桁ほどいました。その人たちはどうなったのでしょうか。特定の地域で3... 長年勤めていた会社が業績不振からとうとう人員削減に踏み切ろうとしています。 全社説... 早期退職って単語が一般的になったのはいつ頃からでしょうか。最近ではシャープの早期退職が大きく取り上げ... 「あの後、色々と社内の状況が耳に入ってきました。ウチの部署では結構な人数が退職対象になっているようですね?」, 「私が知った限りでは、人員が元の半分以下と大幅に削減されるようですね。ウチの部署ってそんなに人員が余剰していたと考えておられたのでしょうか?」, 「人員がこれだけ減るという事は単純に残った社員の業務量が倍以上になるという事になりませんか。, 現在の業務から考えてそれで問題ないとお考えでしょうか?そのことについての具体的な対応策は考えておられるのでしょうか?」, 「ということは、具体策は何も考えていないと。これは出るも地獄、残るも地獄で難しい問題ですね。, ただ、今のお話を聞く限りでは人減らしありきで先の見通しが立っていないように思います。この状況なら希望退職に応募することを前向きに考えざるを得ない様に思いますが。」, 「判りました。こうして面談を引き延ばしても仕方ないので、次回には結論を出したいと思います。」. endstream endobj 229 0 obj <>/Metadata 23 0 R/Pages 226 0 R/StructTreeRoot 57 0 R/Type/Catalog>> endobj 230 0 obj <>/MediaBox[0 0 595.36 842.05]/Parent 226 0 R/Resources<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI]>>/Rotate 0/StructParents 0/Tabs/S/Type/Page>> endobj 231 0 obj <>stream 実際にリストラ勧告を受けた人の体験談を読むと、何回にも及ぶ面談が行われているようです。 実に10回以上におよぶ面談を行ったという人もいます。 実に10回以上におよぶ面談を行ったという人もいます。 そして、この部屋で1年が過ぎ、昇給のための査定の際には「実績が無い・業績を悪化させた」として、年収を何十万単位で下げていったのです。 この部署に移動になる前に「もっとやりがいのある仕事を!」と希望したところ、逆にこの部署への移動を命じられたという人もいます。 Copyright © Laibo Inc. All Rights Reserved. 2019年のリストラによる退職者数が6年ぶりに1万人を超えた。東京商工リサーチの調査によると、2019年1月~9月に希望退職や早期退職者を募集した上場企業は27社で対象人員は1万342人。2018年の人員を大幅に上回るだけではなく、6年ぶりに1万人を超えた。, さらに10~11月にはキリンホールディングス(以下、キリンHD)と傘下のキリンビールなども希望退職者募集を実施しており、リーマンショック後の2010年の1万2232人を超えるのは確実と見られる。, リストラ自体は退職費用など当期だけの“特損”(特別損失)で処理すれば、来期以降に人件費削減分の短期的利益を生み出すための常套手段として一般化しているが、それでも業績不振を名目に実施する企業が多かった。, ところが近年では業績好調にもかかわらず、リストラに踏み切る企業が目立ち、とくに今年は顕著だ。, 例えばキリンHDは2018年度決算ではビール類が全体を牽引し、大幅増収を達成。2019年度上半期も売り上げ、収益ともに好調が続いている。, キリンHDだけではなく、2019年にリストラを実施したアステラス製薬、中外製薬、カシオ計算機などの有名企業も業績は堅調だ。2019年にリストラを実施した27社のうち、前期決算の最終赤字は12社、減収減益が6社、残りは業績が好調の企業だ。, なぜ業績が悪くないのに大量のリストラに踏み切るのか。理由や背景として以下の3つが考えられる。, 1については、多くの企業が応募対象社員を45歳以上と中高年に限定していることでもわかる。とくに1986年から1991年のバブル期入社組は今年50~55歳になるが、他の世代に比べて社員数が突出している。一定程度、削ることで社員構成を適正化できる。, また、比較的好業績の今こそ通常退職金にプラスされる割増退職金を増額できるし、再就職環境も悪くないので応募してもらえるのではないかという思惑もある。数年前から毎年小規模のリストラを実施している建設関連会社の人事部長はこう語る。, 「数年前から“人員適正化プラン”という2020年度を最終目標としたプロジェクトを推進しています。45歳以上の社員を対象に毎年20人前後の社員に退職金割増プランを提示し、退職勧奨します。各部署から候補に挙がった戦力と見なされない社員と面談し、社内での活躍の場が減ること、今後の昇格・昇進の可能性がないことを伝え、そして社外で活躍する道を選んではどうかと提案します」, 「決して無理強いはしませんし、本人も職場で期待されていないことは自覚していますし、割増退職金がもらえるならと比較的すんなりと承諾してくれます。その一方で新卒を減らすことなく採用し、社員数が少ない30代半ばの中途採用にも力を入れています。今では中高年社員も減り、平均年齢も以前の52歳から40代前半にまで下がり、だいぶスリム化してきています」, 最終期限がなぜ2020年度までなのか。人事部長は「好調な業績を維持できるのは東京オリンピックまでじゃないかという一応の目安を設定し、それまでに業績が悪化しても強固な人材基盤を築いておきたいから」と言う。, 「2.人材の放出」と「3.人事制度改革」は、連動していることが多い。既存のビジネスから新規事業領域にシフトする事業構造改革を実施する場合、能力的に追いついていけない、あるいは職務の転換に消極的な人が発生する。そうした人をターゲットにリストラに踏み切るケースだ。, 例えばリーマンショック以降、コンピュータなどハード機器の製造・販売からソリューション事業に転換するIT・電機メーカーが相次いだが、機器の営業や保守業務を担当する社員を中心にリストラが実施された。, ただし、当時は業績不振で構造改革を実施した企業が多かったが、近年は業績好調のときに実施する企業も増えている。例えばキリンHDもビール中心から食領域と医療部門の「医と食をつなぐ事業」を第3の柱に据える改革を実施しているが、今回のリストラもその一環といえるかもしれない。, 「経営が好転すると経費の使い方もゆるんでしまうが、本来、組織構造改革は経営が順調なときに先を見据えて、不良部署、不良人員を精査して筋肉質の経営を維持するために改革を継続してやることが必要です。, ただし、先が見えている経営者はそんなにいませんし、また先を見越して改革する経営者は反発を招きます。社員の信頼も相当に厚く、人望のある経営者でなければ支持されません」, 同社は構造改革の一環として「3.人事制度改革」にも着手した。従来の年功型の賃金・昇進制度から職務・職責重視の職務給制度に転換した。同時にリストラも実施している。, 「経営幹部の納得を得た上で職務ベースの賃金制度に変えました。従来の給与の年功的部分を廃止し、担っている職務で給与が決まり、職務を果たせなければ降格も発生する仕組みです。同時に部下を持つライン管理職コースだけではなく、社内専門家コースの2つを設けました。, 若手社員からはある程度の支持を得ましたが、ライン管理職や専門家にもなれない年輩の社員は明らかに不満がくすぶっていました。給与が減ることや管理職を外されることに対する不満や反発が社内にはびこることは避けたい。それを防止するために社外への転籍や希望退職募集を実施しました」, 年輩社員の不満分子が滞留すれば若手のモチベーションにも悪影響を与える。構造改革と連動した人事制度改革に伴うリストラである。「1.人員構成の適正化」「2.人材の放出」と「3.人事制度改革」——。これら3つに加えて、リストラに踏み切る新たな要因となりつつあるのが「高齢者雇用対策リストラ」である。, 政府は現在、70歳までの就業を目指した高年齢者雇用安定法(高齢法)の法改正を検討中だ。来年の通常国会に企業に努力義務を課す法案を提出し、いずれは義務化も視野に入れている。今は法定定年年齢の60歳以降は、(1)定年の引き上げ(2)定年の廃止(3)継続雇用制度の導入——のいずれかを選択することを求め、希望者全員の65歳までの雇用確保を義務づけている。政府はさらに66歳から70歳まで引き上げようとしている。, 企業の約8割が、定年後の給与は半額程度とする1年契約更新の継続雇用制度を導入している。65歳までならともかく、それが70歳まで延長されると、当然人件費負担が増える。できれば避けたいと思っている企業が大半だ。, しかし、希望者全員の65歳までの継続雇用制度の導入を企業に義務付けている高齢法では、現役世代以上に(60歳以上65歳未満の人を)解雇することが難しい。例えば60歳以上に限定した「早期退職募集」は困難とされている。, そうであるなら40~50歳代にリストラに踏み切るほうが得策と考えても不思議ではない。前出の建設関連会社の人事部長もこう語る。, 「正直言って希望者全員を60歳から70歳まで10年間も会社で面倒を見るのは、企業にとって荷が重い。その前に例えば45歳あたりから評価制度を厳格にして、55歳までの評価結果を見る。その上で、60歳以降も残す人と辞めてもらう人を見極めたいと思っています」, 実はそれに近い動きも始まっている。近年、50歳前後の社員を対象にしたキャリア開発研修を実施する企業が増えている。その目的は、65歳まで働くことを見据え、これまでの経験・技能の棚卸しと今後のキャリアどう築いていくのかを考えさせて働く意欲を高めることにある。, しかし、本気で人生後半戦も今の会社で活躍してほしいと考える企業ばかりではない。中には研修を通じて社外での活躍を促す企業もある。, しかも今、退職すれば退職割増金が多くもらえることもアピールする。企業によっては「活き活きチャレンジ制度」「セカンドキャリア実現制度」「キャリアチャレンジ制度」といった華々しい名称をつけているところもある。こうした政府の高齢者雇用対策回避のリストラを含め、2020年の企業によるリストラは、2019年以上に加速する可能性もある。, 溝上憲文:人事ジャーナリスト。明治大学卒。月刊誌、週刊誌記者などを経て独立。人事、雇用、賃金、年金問題を中心テーマに執筆。『非情の常時リストラ』で2013年度日本労働ペンクラブ賞受賞。主な著書に『隣りの成果主義』『超・学歴社会』『「いらない社員」はこう決まる』『マタニティハラスメント』『人事部はここを見ている!』『人事評価の裏ルール』など。, FOXニュースへの復讐? トランプ大統領、ホワイトハウスを去った後はデジタルメディアを立ち上げか, 火星にいる宇宙飛行士とチャットするのは難しい…よくわかる動画をJAXAの惑星科学者が作成, 韓国「辛ラーメン」は「カップヌードル」「マルちゃん」を駆逐するのか。コロナ禍で見えてきた世界市場の行く先, 障害者福祉の実力者が10年超にわたりセクハラ・性暴力。 レイプ未遂や暴言に女性職員ら提訴, 発売開始の「iPhone 12 mini」がProとの“差”をほぼ感じない3つの理由…日常性能は十分高い, 【月曜朝に延期】野口さんも搭乗、イーロン・マスクの「民間宇宙船」が世界の期待を集める理由…そのあまりに苦闘の道のり, “第2のTikTok”はどれか。世界で過熱する「短尺動画アプリ」最新事情を深掘り…YouTube新機能からトリラーまで, 「ありがとう」からはじめる組織改善。ポジティブ・フィードバックでカルチャーを変える, 東大合格を目指すAI「東ロボくん」主導者が持つ危機感とは——現代人は「読解力」が足りない, アクセンチュアが考える「コンサルタントに必要な能力」──全ての本部にデジタル人材を再配置した理由, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. 労働法を熟知し、抜け道を無くしジリジリと社員を追い込んでいくのです。, 実際にリストラ勧告を受けた人の体験談を読むと、何回にも及ぶ面談が行われているようです。 この2っの方法によるリストラは、誰に辞めてもらうかが分かりやすいため、これからの社内体制の見直しが立てやすいという点があります。, 中小企業のリストラ部屋とは、大企業のリストラ部屋とは異なり、個別面談を行う部屋を「リストラ部屋」と呼んでいます。 これ以上の面談は退職強要 です。どうしても面談すると言うのであれば、労働組合に言います。」 解説 : 認識にギャップがあるのが当然です。それは面談を繰り返す理由にはなりません。 【その他の注意点】 ①面談は早く終わるに越したことはない。 Copyright © 2019-2020 さりな All Rights Reserved. また、別の者は「社内外を含めて、新しい仕事を探す事」と言われたそうです。 リストラ面談は誠実な姿勢で臨んでいたらだめ! リストラ宣告第4のウソ | 1分59秒でわかる! なぜ転職回数が多くても転職が成功するのか? 問題社員を辞めさせる・・・のでは無く、正しくは”辞めてもらう”のです。 会社側は明確に退社を告げることはできませんが、このように何回も重圧を加えることで対象者を追い込み、実際に退職に追いやられた人は少なくありません。, リストラのやり方・実態についてまとめました。 h�b```���B ��ea�����p�5C����"���&00L��Tq��О�������0��5��(��b>� c"�R�O��`�`��`� �yCT���`��,�a`�r�42��$$X�.��G �)� これ以上の面談は退職強要 です。どうしても面談すると言うのであれば、労働組合に言います。」 解説 : 認識にギャップがあるのが当然です。それは面談を繰り返す理由にはなりません。 【その他の注意点】 ①面談は早く終わるに越したことはない。 リストラによって希望退職を募集している我が勤務先。 会社側との1回目の個人面談を終え、私は少し混乱していたのは事実です。 何しろ会社の将来を担う若手に退職勧奨をしているような状況です。(しかも今回のリストラでは退職勧奨はしないという約束は完全に反故にされています), そんな理不尽な状況に憤っていた私ですが、自分の将来もかかっていますので感情的になっていても仕方ありません。 そんな状況でしたが、2回目の面談までの1週間の間に家族との相談などを通じて少し冷静になることができました。, そして、最悪の場合には退職ということも視野に入れながら2回目の面談に臨もうとしています。, さて、あっという間に最初の面談から1週間という期間が過ぎ2回目の面談日がやってきました。 自分の中では「退職」という選択肢が徐々に大きくなってきているのですが、一方で残れるに越したことはないという考えも残っています。, やはりこんな重たい結論を出すには情報不足です。 そういう訳で面談では会社側の考えをもう少し聞いてみたいとは思っています。, この一週間でリストラの候補(例外はなし)となっている全社員の面談は一通り終わったようです。 その面談を経て社内の様子がどのように変わるのか気にかかっていましたので、様子を見ていました。, すると既に事実上の「退職勧奨」の通告を受けた社員の中には早々に会社に残ることを諦め、2回目の面談で早期退職に応募すると回答をした人も結構いるようです。 その様子を眺めていると、この理不尽な状況について何も言わなくていいのか?という気持ちになってきました。, せめて一矢報いてやりたい。 何の役にも立たないことは判っています。何しろ一番の味方のはずの労働組合が何も言わないのですから。 そんな怒りと残念さが、混ざった状況で2回目の面談に臨みました。, 私  「あの後、色々と社内の状況が耳に入ってきました。ウチの部署では結構な人数が退職対象になっているようですね?」, 私  「私が知った限りでは、人員が元の半分以下と大幅に削減されるようですね。ウチの部署ってそんなに人員が余剰していたと考えておられたのでしょうか?」, 私  「人員がこれだけ減るという事は単純に残った社員の業務量が倍以上になるという事になりませんか。現在の業務から考えてそれで問題ないとお考えでしょうか?そのことについての具体的な対応策は考えておられるのでしょうか?」, 上司 「それは…残った社員で分担・協力しながら、こなして行くしかないと思っています。」, 私  「ということは、具体策は何も考えていないと。これは出るも地獄、残るも地獄で難しい問題ですね。この情報では直ぐに決断はできません。結論を出すまでもう少し時間を頂いていいでしょうか。ただ、今のお話を聞く限りでは人減らしありきで先の見通しが立っていないように思います。この状況なら希望退職に応募することを前向きに考えざるを得ない様に思いますが。」, 上司 「会社としてはあなたに残っていただきたいというのは前回も申しあげた通りです。確かに考える時間は必要と思いますので、また1週間後に面談したいと思います。よろしいですか?」, 私  「判りました。こうして面談を引き延ばしても仕方ないので、次回には結論を出したいと思います。」, こうして、あまり得るもののない2回目の面談が終わりました。 今思えば私としてはこの時点でほぼ、早期退職に応募することは決めていたように思います。 それにしても、今あらためて思い出しながら、文章にしているのですが、「リストラを行う会社vsリストラ対象の社員」の1対1の攻防としては結構強気な方だったなと思います。, それだけ今回のリストラに対しての会社側の対応に落胆していたのだと思います。 本当にこれで会社は良しとしているのか?大いに疑問を抱かせる対応でした。 そして、3回目の面談にむけ、私の身の振り方を決断することになります。, 50代サラリーマン。 50歳目前でコネなし転職をする。 その後転職先の中小企業でえらいさんになる。 双子の父、持病は橋本病です。. 256 0 obj <>stream 会社不況によるリストラ回数3回は、転職先の面接ではかなり不利になりやすいですか? ①7ヶ月で会社都合によるリストラ ②1年で会社都合によるリストラ ③10年で会社都合によるリストラ 全て正社員で、何回も面接を受けましたが、面接官から「何故3回もリストラされるんですかね? 243 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<78382A1E57CAD24D9005433FB175AF8F>]/Index[228 29]/Info 227 0 R/Length 75/Prev 274328/Root 229 0 R/Size 257/Type/XRef/W[1 2 1]>>stream 中小企業におけるリストラの方法についても、調べていきたいと思います。, 中小企業では、先にご紹介した「退職勧奨」と「希望早期退職の募集」を行う企業が一般的のようです。 企業側からの提案以外にも、退職勧奨を受けた本人から、退職条件として有給休暇の買い上げや、未払い残業代を退職金に上乗せするなど、条件を交渉することは可能です。, 最近のリストラの手口はとても巧妙になってきていると言います。 法律的にも、個人の生活を守るためにも勤労者の権限は固く守られています。 都内にある中小企業で働いているものです。中小企業から大手企業への転職って可能なのでしょうか?. 自分から退職願を提出するのを待っているのです。, けっして全ての大企業という訳ではありませんが、実際にあった大企業によるリストラの方法をご紹介しました。 現在の大企業によるリストラの方法とは、どのような方法なのでしょうか?, 現在は「リストラ部屋(追い出し部屋)」というものが存在していると言います。 0 リストラ面談の回数. 「ある日、会社からリストラの宣告を受けた…」まさか自分が、と思っていた人が、リストラや退職勧告を受けるケースが増えています。その背景としては、近年において経営破綻や事業縮小に伴う企業側の「人員整理」が行われるケースが増えてきたことが挙げられるでしょう。 この記事が、少しでもあなたのお役に立てたなら、幸いです。 業務改善を考えて行ったリストラが、逆効果となり得ません。 Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. 最終的な決定権は、退職勧奨を受けた本人にあります。 リストラとは大企業や中小企業に勤めている社会人ならば聞いたことがある言葉でしょう。リストラの手順とは、手順とは、大企業のリストラ方法、中小企業のリストラ方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。, 不当なリストラは、対象となった人物だけではなく、その行為を知った社員全員の不信感につながってしまいます。 228 0 obj <> endobj リストラ面談その1 ※場合によっていろいろ違うかもしれません。以下のケースは実際に最近(2019年)行われた方々にアンケートしたものを基に記載しています。 1回目の面談は、 リストラ対象者全員 に対して行われます。 次の「希望退職者の募集」です。 大企業と中小企業では、そのやり方も異なることが多いようですが、基本的には精神的に自ら退職する方向に向かうようにするという共通点が見受けられました。 『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、 より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。, 「ある日、会社からリストラの宣告を受けた…」 まさか自分が、と思っていた人が、リストラや退職勧告を受けるケースが増えています。 その背景としては、近年において経営破綻や事業縮小に伴う企業側の「人員整理」が行われるケースが増えてきたことが挙げられるでしょう。 リストラや退職勧告は、どの年代の人にも起こり得る「会社員として働く上でのリスク」になりつつあるのです。 ──実際に、今現在そのことで悩まれている方もいらっしゃることでしょう。, 毎日勤めてきた会社からの「リストラ」「退職勧告」を言い渡された時、私たちはどのようにそのことを受けとめ、そして行動すればよいのでしょうか。 この記事では、企業からリストラや退職勧告を受けた際の、適切な対処法と「次のステップ」に前向きに進んでいけるためのポイントをご紹介します。, とても参考になりました。知り合いでリストラになった人がいて読んでいてとても参考になりました。もし自分が同じ立場になった場合は応用させていただきたいとおもいます。ありがとうございます, 凄く、気が楽になりました。次は自分に合った仕事を見つけたい。前向きな姿勢になりました。ありがとうございます。, 現在、新型コロナウィルスの感染拡大防止に向けて、都市部の多くの企業また転職エージェントサービスにて電話面談、またはオンライン面談の利用を促しています。 在宅においても転職活動は可能ですので、「なるべく早く転職活動を進めたい」という方は、以下転職エージェントサービスへの電話相談をされることをおすすめします。 <電話相談が可能な、全国対応のおすすめ転職エージェントサービス> ・doda ・マイナビエージェント ・リクルートエージェント ・Spring転職 ・パソナキャリア ・JACリクルートメント ・ワークポート 登録後、それぞれの転職サービスから連絡が来ますので、電話で状況を伝えアドバイスをもらいます。 また、登録の際はなるべく複数のサービスに登録をして、あなたにとって一番「相性が良さそう」と感じた転職サービスを見極めて利用されることをおすすめします。, 会社で働くということは、労働力を提供する対価として報酬を受け取る、ギブアンドテイクの関係です。 会社のことを信頼しているからこそ、安心して働くことができるという面もあることでしょう。 だからこそ、誠心誠意勤めてきた会社から突然の退職勧告を受けた場合、大変なショックを受け、怒りや戸惑いが湧き上がってくるものです。 職場から退職勧告を受けたとき、「もう何をやってもうまくいかないのではないか」「自分に価値などないのではないか」と、自分の存在を否定されてしまった感覚に陥る人は少なくありません。 また、リストラされた方のコメントで多いのが、「リストラされてしまった時の気持ちは、実際に経験された人でないと絶対にわからない」ということ。 リストラを経験したことのない人から「今回はたまたま運が悪かっただけだよ」などと簡単に言われてしまうと、「何も分かっていない」と憤りを覚えることもあるでしょう。 ──では、実際にリストラや退職勧告といった窮地に立たされた人は、どのような考えや行動で乗り切ったのでしょうか。 実際に、リストラを受けて乗り切った人たち(もしくは、乗り越えようとまさにされている人たち)の体験談をいくつか見てみましょう。, 退職後しばらく経って、「ようやく転職活動を始めなくては」と思えるようになったきっかけは、友人の言葉でした。 何もせずにふさぎ込んでいる私の姿を見かねた友人は、「──あのさ、リストラされてさらに腐ってたんじゃ、人生もったいないんじゃないの」と、言ってくれたのです。 それでようやく、私も「このまま腐ったまま人生終わらせたくない!」と思えるようになりました。 なんとか自分を奮い立たせ、(少なくともリストラされた会社よりいい会社に再就職しよう・・・!)という気持ちを抱くようにしていきました。 ハローワーク、転職サイト、転職エージェント、利用できるものは何でも利用しました。 転職サイトは、「doda」「リクナビNEXT」、転職エージェントは、「マイナビエージェント」に登録しました。 転職エージェントの担当者でもあるキャリアアドバイザーの方は、とても熱心に私が求める求人を探してくださいました。 いつも親身に相談にのってくれたこともよく覚えています。 4か月後、無事に再就職できました。 かつ、法学部の出身だったため、「法律関係の仕事に携わることができたらいいな」と以前から持っていた夢が叶えられる職場だったのです。 マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの方からの紹介でした。 自分では見つけられないような求人でした。──とても、ありがたかったです。 私の転職体験談:退職勧告を受け、そして転職活動──「暗くて長いトンネルを潜り抜けるような日々」, 結局、私は転職活動を、退職してから更に1ヶ月経った後に始めました。 何しろ退職したときは完全燃焼状態で、身も心も疲れ果てていましたので。 無論、家族もおりますので、あまり悠長な事は言ってられなかったのですが、妻はあえて何も言わず、私に余計なプレッシャーをかけることなく気を遣ってくれました。 一か月間何をしていたのかというと、「自分自身としっかり向き合う」時間を持ちました。 ──というと、なんとなく聞こえは良いかもしれませんね。 ですが傍目から見たら、「平日の昼間から喫茶店や公園のベンチでぼうっとした表情で長居している、うだつのあがらなそうな中年男性」でしたから笑。 でも、この時間がとても大切だったと思います。 少しずつ心の奥から「また再開しよう」というエネルギーが沸いて、それがゆっくりと溜まっていき、今後のキャリアプランを考える時間やインターネットで求人情報を見る時間が少しずつ増えていって。 一ヶ月後、私は転職サイトdodaに登録しました。 そして、私はdoda経由でいくつかこれはと思う企業の求人に応募し、そのうちの一社から、内定をいただきました。 私の転職体験談:事業部長から、業績不振でリストラを受け、システムエンジニアでReスタート!, 退職したものの、次の職場のあてなどありません。どのようにして就職活動をすればいいのかさえわからなかったのです。 友人に相談してみると、「まずは転職サイトに登録した方がいい」と言われたので、その通りにしました。 活用したのは「リクナビNEXT」です。驚いたことに求人数が豊富にありました。職種別に検索することもでき、いくつか私の希望条件にあった求人を見つけることができました。 その友人も私と同じようにリストラを経験していました。きちんと再就職先が見つかるか不安な私を何度もはげましてくれました。 同様に妻の応援もありがたかったです。 妻の、「絶対、次の仕事が見つかるよ」という言葉には随分と勇気付けられました。 周りの優しさに助けられたからこそ、就職活動は頑張れたと思います。不採用を受けた会社もありましたが、それでもめげずに入社試験を受け続け、そして数か月後、なんとか採用を勝ち取ることができたのです。 私の転職体験談:不動産勤務。上司から「退職してほしい」と言われて──, 今回の退職は、会社都合による退職でしたので、私はすぐに失業保険の給付を受けることができました。──でも、それが良くなかったのかもしれません。 「失業保険の給付もあるし、焦らずゆっくり活動をしよう」と思いながら転職活動をしていたところ、いつまで経っても転職先が決まらず、気付いたら失業保険の給付期間もリミットになってしまって。 リストラのショックから少しずつ立ち直りつつあったと思ったら、また失意のどん底に逆戻りです。 (もう、どうにでもなれ…)と半ばやけくそな気持ちになりました。 そんな際に、ハローワークの方から失業保険の給付が終わる少し前に「職業訓練」の講座をいくつかを紹介してくれて。 私も知らなかったのですが、職業訓練を受けることによって失業保険の給付期間を延長できるんですよね。 そこで私は、失業保険の給付中を受けながら、会計やCADの講座を受けました。 この制度は、とてもありがたかったですね。 多少なりともスキルアップすることができましたし、その後ようやく、とある一社から内定を頂き、私は再就職することができたのですから。 私の転職体験談:「私は大丈夫──」と思っていた矢先、リストラを受けたとき、そしてその後の話。, ◇◇◇◇◇ ビジネスの世界では、よく原因究明の重要性が説かれることがあります。失敗を失敗で終わらせることなく次へとつなげていくためにも、原因をしっかりと分析して生かすべきだ、というわけです。 ところが、リストラや退職勧告に関しては、「なぜリストラされたのか」「なぜ退職勧告を受けることになったのか」と自問自答していると、どうしてもネガティブな考えに向かってしまいがちです。 企業の人事戦略は、必ずしも従業員個人に原因があることばかりではないため、原因の追及が必ずしも次のステップにつながらないことがあるのです。 体験談にも出てきたように、リストラや退職勧告によって一時的に心のダメージを受けたとしても、結果的に良い転職先にめぐり会うことができれば、ビジネスパーソンとして活躍を続けることは十分に可能です。, 「他人と過去は変えられない。でも、自分と未来は変えられる。」──社会人を数年やっていれば、誰もが1度は耳にする、有名な言葉ですよね。 リストラを受けた場合も、同じことが言えるでしょう。リストラを受けた事実や、宣告した企業を私たちが「変えよう」と思ってもそれはできません。ですが、自分自身とこれから先の未来は変えていくことが出来るはずです。 今後、求職活動を行っていく中で、もし「自分はリストラされた」と負い目に感じてしまうようなことがあるとすれば、思ったように自分をアピールできなくなってしまうかもしれません。それこそが損失であり、避けなくてはならない事態と考えるべきでしょう。 重要なのは、未来に目を向けて一歩ずつ前へ進むことです。「これまで自分はこうだった」ということではなく、「これから自分はこうしたい」のほうに軸足を移し、エネルギーを集中投下させていくようにしましょう。, リストラを受けて、人は「すぐに転職しよう」という気持ちにはなかなかなりにくいものです。 一方で、上に挙げた3名の方の体験談においてリクナビNEXTなどの「転職サイトの求人情報を眺める・確認する」ことによって、少なからず転職に向けて前向きな意思を持ち出したことに気付かれた方もいらっしゃったことでしょう。 今現在、多くの企業が新しい人材を求めています。 つまり、あなたにリストラを提示した企業はあくまで、その企業の業績や財政の問題等でそうなっただけであって、世の中全体で見たときには「新しい社員が欲しい」と思っている企業の方が圧倒的に多いのです。 それら求人情報を見ることによって、多くの企業が持つ人材への熱意を感じ取り、気持ちを前向きにしていることもできるでしょうし、もしかしたらそのなかで「ここで働いてみたい」という求人企業を見つけられるかもしれません。 求人情報をどの転職サイトで見るかについては、以下におすすめの転職サイトを3つほどピックアップしましたので、よりご自身にフィットするものから登録して見ると良いでしょう。, 転職サイトの求人情報を参照することはできても、「前向きに、『転職しよう』という気になれない」という方は、併せてサポートの厚い転職サービスを利用されることをおすすめします。 以下に紹介する転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職者の状況やペースに合わせてのフォロー・サポートをしてくれる、いわば「寄り添い型」の転職支援サービスを強みとしています。 今後の働き方、キャリア形成について第三者の助言・アドバイスが欲しいという方は特に、ご利用を検討されると良いでしょう。, 前の体験談でも紹介されていましたが、リストラ後に会社の上司や同僚から次の転職先を斡旋されるケースは多いです。 すぐに紹介されるケースもあれば、しばらく経ってから声を掛けられることもあったりと、「転職活動は人の繋がりで形成される」というのは、リストラでの転職の場合も同様ということでしょう。 ですが、リストラを受けて自暴自棄になってしまったり、周囲を完全にシャットアウトしてしまえば、その可能性はどうしても低くなります。 リストラを受けた苦しみ、持って行きようのない感情の辛さは決して簡単に対処できるものではないでしょう。ですが、その矛先をその企業やそこにいる人々に向けても、得することは何もありません。 変にこじらせることなく、スムーズな退職をしていけることを意識しておくと良いでしょう。, リストラによる退職には、大きく分けて「自己都合」と「会社都合」の2つのパターンがあります。, どちらが退職理由となるかによって、退職後に受け取る失業給付の受給条件や転職時の意味合いが大きく変わってくるため、注意が必要です。突然の退職勧告で気が動転してしまったとしても、この点だけは気を留めておき、のちのち「こんなはずではなかった」と思うことがないように備えておきたいものです。 一般的に「会社を退職する」という場合、ほとんどが自己都合による退職と考えていいでしょう。転職、病気など健康上の理由、家庭の都合…といった理由で会社を辞める場合は、自己都合となります。 それでは、会社都合による退職とはどのようなケースかというと、例えばリストラや倒産、解雇のように、会社側から従業員に退職するよう告げる場合、会社都合による退職が「会社都合」となります。 また、会社が早期退職希望者を募り、これに応じる形で退職する場合も会社都合による退職となります。 会社都合による退職は従業員にとって生活を脅かす重大な事態であるため、仮に会社都合で退職せざるを得なくなった場合、自己都合による退職よりも社会保障関係が有利に働く仕組みになっています。 具体的には次の節で述べますが、代表的なものとしては失業手当の給付を自己都合よりも早く開始するといった措置が取られます。 反対に、会社都合による退職は退職後の求職活動時にネックとなる可能性があります。退職に至った理由はさまざまであるにせよ、選考時には「なぜ前の職場をリストラされたのか」「何か問題を起こして解雇されたのではないのか」といったように警戒されることもあるからです。, 会社都合で退職する場合、自己都合に比べて失業手当を「早く」「長く」受け取ることができます。従業員の意思に関わらず行われる退職勧告では、突然の離職に備えることができないケースも多いと考えられることから、このような仕組みになっているのです。 自己都合による退職では、ハローワークに離職票を提出後、待機期間の7日間と3ヶ月の間は失業給付を受け取れません。これに対して、会社都合による退職では最短で7日後から失業給付を受け取ることができます。 また、会社から一方的に退職勧告を受けたようなケースでは、会社から解雇予告手当を受け取れることもあります。 本来、会社は従業員を突然解雇することは禁じられており、30日間の猶予をもって解雇を予告することが義務づけられています。しかし、やむを得ず30日未満で解雇する場合、離職日までの賃金を解雇予告手当として支払う義務があるのです。 他にも、早期退職希望による退職では退職金が上乗せされることもあります。 このように、会社都合による退職は自己都合に比べて従業員側にとってメリットが大きくなる仕組みになっています。 よって、会社側は一般的に会社都合による退職をできるだけ回避し、自己都合による退職として処理したがる傾向があります。リストラのようなケースでは、本人の力不足と思わせることで自主的な退職を促そうとすることもないとは言えません。, 会社都合による退職は、自己都合よりも退職者にとってメリットが多いことが分かりました。では、たとえ会社側からは自己都合による退職を勧められたとしても、会社都合にしてもらうよう主張すべきなのでしょうか。 先々のキャリアを考えた場合、会社都合で退職することのデメリットがメリットを上回ることも考えられます。 求職活動をする際、自己都合退職であれば「一身上の都合により退職」とすれば問題ありませんが、会社都合による退職の場合、選考時に必ずと言っていいほど退職理由に注意が向けられます。仕事の能力や取り組み方、人間性に問題があるのではないか、といった疑いの目を向けられる可能性があるのです。 倒産などやむを得ない事情の場合を除いて、できる限り円満に退職するほうが、長い目で見たときメリットが得られることが多いのです。, リストラが直接のきっかけとなって転職活動を行う場合、採用面接でリストラの事実をどう伝えればいいのか、そもそもリストラの事実について伝える必要があるのかどうか、迷ってしまうかもしれません。 ただし、実は退職理由そのものが採用可否を決定する上で最も重要なわけではありません。リストラという過去を変えることはできない分、今後のキャリアへの前向きな姿勢や熱意をアピールできるかどうかがポイントとなります。, リストラを受けた人が面談に来たときに、採用面接担当としては、 その人の印象・考え方 :4 情熱・モチベーション:3 経験・スキル:2 リストラの経緯:1 くらいの割合で観ていきますね。 当社では、リストラを受けたどうかで採用の可否が決まることはまずありません。あまりご自身を卑下せずに、これまでの自分とこれから先のやる気を存分に発揮して面談に臨んでほしいですね。, 上記採用担当Aさんのコメントであるように、「リストラの事実が採用の可否に関わる」ということは、あまりケースとしては多くないでしょう。 それよりも、「リストラをどう受け止めていて、今どのような状況(精神的、意欲的に)なのか」のほうが注意して見られます。 つまり、「過去は過去として受け止め、これから先を力強く歩んでいける」ことを意識していくことが大切なのです。, そうは言っても、転職時の面接では、応募書類に記載された退職理由や志望動機については、より詳しく質問されることになります。 リストラが原因で前職を辞め、転職活動をするケースでは、退職理由や志望動機を述べる際にリストラのことに全く触れないわけにはいかないはずです。変に取り繕ったりせず、リストラにあったという事実は伝えて問題ありません。 注意しておきたいこととして、退職理由を述べる際、リストラした会社への恨み節や不満を長々と話さないようにしましょう。真面目に精一杯働いていたにも関わらずリストラされてしまったとなれば、以前の職場に良い印象を持てないのは仕方ない部分もあります。 しかし、リストラされたことについて採用担当者が「気の毒だ」といった同情を寄せることはあっても、それが直接的に採用する理由にはつながらないと認識しておきましょう。 リストラされたという事実を伝える際、たとえば会社の業績悪化が原因だったとしても、業績悪化について他人事のように話すのは好ましくありません。業績に貢献するために最大限努力し、ベストを尽くしたことをしっかりと伝える必要があります。 また、転職のきっかけがリストラだったとは言え、今後のキャリアについて前向きなビジョンを持っていること、将来に向けたポジティブな思いを持っていることを、熱意をもって語ることが非常に重要です。, ここまでお読みになられて、如何でしたでしょうか。 昨今の時代状勢の中、絶対的な安定企業はもはや存在しないとさえ言えます。リストラされたために転職せざるを得なくなるという事態は、誰にでも起こり得ることなのです。 リストラされたという事実を変えることはできませんが、ネガティブな思いに埋もれていってしまうのではなく、「これからどうしていくか」を前向きに、かつ具体的に考えていくことが大切です。 リストラという逆境であっても前向きさを失わず、果敢に次のステップへと進もうとする姿を、評価してくれる企業は、きっと沢山あるはずです。 この記事をお読みになられた方々が、今後の社会人生活をより充実した有意義なものにしていける上での一助となることを、心より願っています。, アーティエンス株式会社(メディア事業・研修事業を営む会社)所属。 メディア事業部では、「サービスに携わる人たちの、”心揺さぶる瞬間”を創出していくこと」をモットーに、企画・運用活動を行っています。, 「今の仕事、辞めるべき?続けるべき?」で悩んでいる人に是非持ってほしい「3つの判断軸」!!, ネガティブな転職理由でも、結果OK!?後ろ向きな理由から始まって、前向きな理由に終わらせる方法, 転職回数が多くても不利じゃない?ジョブホッパー、転職回数の多さを人材価値に変えるには, 【必見】大手転職エージェント徹底比較!リクルート、doda、en、マイナビ、パソナ、JACリクルートメント, テレワークへの移行で、私たちの働き方はどう変わった?288人のアンケートとその考察, 30代女性の「悩み多き転職」を成功させる為に。ポイントと、おすすめエージェント10選.