おはようございます 今日は勤労感謝の日。 連休を読書でお楽しみの方もおられると思いますが、 この記事も読書の話題です。 以前このブログでご紹介し… 【新グッズ】「ハリポタ」icパスケース、ワイヤレス充電器、薄型モバイルバッテリーなど発売 new! 【トワイライト】『ミッドナイト・サン』が大ベストセラーに new! ミッドナイトサン エドワードの物語 原文の第一章は原作者ステファニー・メイヤーのホームページ上に公開されている。 それに伴い、日本語訳をヴィレッジブックスのホームページに2007年11月20日から2008年3月30日まで期間限定で公開された。 ステファニー・メイヤーさんの「トワイライト」の番外編の 「ミッドナイトサン エドワードの物語」を読みました。 第3部の発売してから少ししてネットで公開されたのかな? 最初はなんせネット環境がよ … 『トワイライト』(Twilight)は、ステファニー・メイヤー著のティーン向け小説シリーズ。小原亜美訳、ゴツボ×リュウジ絵。原書は全4巻だが翻訳版は全10巻(原書の1冊を数冊に分けて刊行)で、ヴィレッジブックスより刊行されている。, 雨と霧の町、アメリカワシントン州フォークスへ引っ越してきた少女ベラと、そこで彼女が出会った完璧な容姿を持つヴァンパイア・エドワードとの許されない恋を描く。本国アメリカではハリー・ポッターシリーズに次ぐ大ベストセラーで、10代の少女を中心に絶大な人気を誇る。, 17歳のベラは、雨と霧の町フォークスへやってきた。フェニックスで一緒に暮らしていた母親が再婚することになり、離れて暮らしていた父のもとで新しい生活を始めることにしたのだ。人付き合いが苦手なベラは転校のことを考え憂鬱になっていたが、意外なことに転校先の男の子たちはベラの気を引こうとしてくる。そんな中ベラは、一際特別な雰囲気を放つ美青年エドワードに出会う。だが彼はなぜかあからさまにベラを避け、敵意の視線を向けるのだった。初対面の自分になぜそのような敵意を向けるのか理解できないベラだったが、あるときエドワードに命を助けられる。そこでベラは、エドワードの人間離れした力を目撃し、彼の正体を探り始める。, ※ジェイコブ曰く、「狼の遺伝子にスイッチが入ると何年分の成長が数カ月で完了するんだ。ちょうど、植物みたいににょきにょき育つ感じだよ」, 人狼の仇敵。冷人族や血を飲む者、冷人とも呼ばれる。空腹時の目は暗赤色で、渇きが満たされた時は鮮やかな赤色をしている。これは人間の血を飲んだときの変化である。また肌は一様に白く、目の下にはクマがある。とてつもないスピードとパワー、大理石のように固い皮膚、食虫植物のように人間を引きつける外見や体から出る芳香、毒のある鋭い牙がある。毒は人間や動物に対しては激痛で体を麻痺させ動けなくするように働き、人狼にとっては命を取るものとなる。人間へ毒を注入し血を吸って毒を抜かず放置すれば、その人間はヴァンパイアになる可能性が高い(条件としてその苦痛に肉体的に耐えられる体を持った人間と、血を完全に吸わずに耐えうる尋常でない忍耐力を持ったヴァンパイアの間でのみ成功する)。不老不死の存在である。人間だったときの特性が強化され、それが能力となると考えられている。吸血鬼の存在はヴォルトゥーリ一族によってはるか昔から守られてきた。カレン一族とデナリの家族は人間の血を飲まない「菜食主義者」なので、渇飢時は黒い瞳、飢えが満たされた時は明るいゴールドの瞳をしている。聖水や十字架、ニンニクなどを弱点とする古典的吸血鬼は存在しない。日光に当たると、体はダイヤモンドのように光輝く。これは吸血鬼の細胞が水晶体だからである。, 幼い子供の吸血鬼の事を指す。心身共に未熟な上吸血鬼なので成長もしないので、血の渇望の自制や人前での能力の秘匿といったことを実行、または理解出来ない。, 過去に本能のままに大勢の人間を殺したため、吸血鬼の存在を明るみにしたとしてヴォルトゥーリ一族に処刑された。, それ以来、不滅の子を生み出すことは吸血鬼の存在の秘匿を脅かす脅威として禁忌とされた。, 人狼にとっての「運命の人」に出会い惹きつけられることで、「運命の相手」に会うことを「刻印される」という。, 刻印のある相手は一目惚れや好意どころではなく強烈なもので、サム・ウーレイは刻印の相手であるエミリーに会うと、たちまち自分を抑えられなくなり、当時愛していたリア・クリアウォーターを捨ててエミリーを選んだ。刻印に相手の年齢は関係ない。また、人狼全員には起こらない。, 刻印は狼の血を残すためにより確実に子孫を作れそうな人を選ぶために起こるという。また刻印の相手は人狼だけとは限らず、刻印に選ばれた者を殺す事は掟によって禁じられている。, The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2, トワイライト〜初恋〜 公式ファンサイト 「Twilighter's SQUARE」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=トワイライト_(小説)&oldid=71238821, この項目では、ステファニー・メイヤーの小説シリーズについて説明しています。重松清の小説「トワイライト」については「, 原文の第一章は原作者ステファニー・メイヤーのホームページ上に公開されている。それに伴い、日本語訳をヴィレッジブックスのホームページに2007年11月20日から2008年3月30日まで期間限定で公開された。本編のトワイライトが主にベラの視点で描かれているのに対し、ミッドナイトサンではエドワードの視点でベラとの出会いが描かれた。. 【正式契約】ハリポタ「スタジオツアー東京」としまえん跡地に2023年前半オープン決定 new!