ボルボ・カー・ジャパンは2020年11月6日、セダン「S60」とワゴン「V60」、SUV「XC60」の各モデルに限定車「T8ポールスターエンジニアード」を設定。同日、購入申し込みの受け付けを開始した。, T8ポールスターエンジニアードは、従来のプラグインハイブリッドシステムに専用チューニングを施し動力性能を高めたモデル。システム最高出力420PSを発生する。さらに「ポールスターエンジニアード」モードを選択することで、アクセル、ステアリング、トランスミッションそれぞれのレスポンスを向上させ、ESCはスポーツモードにスイッチ、リアモーターの出力特性をスポーツドライビングに適した設定とすることができる。, 足まわりには、前後とも22段階で減衰力調整ができるオーリンズ製ショックアブソーバーや、専用ストラットタワーバーを採用。S60およびV60のT8ポールスターエンジニアードにはブレンボ製6ピストンフロントブレーキキャリパーとスリット入りベンチレーテッドディスク(フロント:371mm径)が、XC60 T8ポールスターエンジニアードにはドリルドベンチレーテッドタイプのブレーキローター(フロント:400mm径)とアケボノ製6ピストンフロントブレーキキャリパーが装着される。, エクステリアについては専用のバンパーやグリル、鍛造アルミホイールを装着。ゴールドに塗られたブレーキキャリパーや、「Polestar Engineered」ロゴをあしらったブラッククローム仕上げのステンレススチール製エキゾーストパイプも特徴となっている。一方インテリアは、専用のゴールドカラーシートベルトやテキスタイル×ファインナッパレザーのコンビスポーツシート、パドルシフト等が備わる。, PM2.5粒子を最大95%車外に排出できる空調システムや最新のB&Wプレミアムサウンドオーディオシステム、車速を制限することで安全性を高めるケアキー、充実した先進運転支援システムなどもセリングポイントとなっている。, 関連キーワード: .sp{display:none;} XC60, B‚æ‚萳Šm‚ȏî•ñ‚̓[ƒJ[‚̃z[ƒ€ƒy[ƒW‚âƒJƒ^ƒƒOA”Ì”„“X‚É‚Ä‚²Šm”F‚­‚¾‚³‚¢B, T6 Twin Engine AWD Momentum‚̉¿ŠiE«”\E‘•”õEƒIƒvƒVƒ‡ƒ“. Copyright webCG Inc. All rights reserved. 俳優・高橋克典もその仕上がりに驚嘆! ソフト99最新カーコーティングの実力を体感した。, [webCG x Dplayプレミアムプラン]webCGの記事とディスカバリーの番組がすべて見放題!. .pc{display:none;} .spImg{display:none;} .pc{display:block;} h2{font-size:30px!important;} v60とxc60を比較検討する上で、気になる車両価格ですが、それぞれの最廉価グレードであるモメンタムは、v60が499万円に対して、xc60では599万円。この価格差は、xc60が駆動方式 (ff とawd) 、ボディ形状 (エステートと suv) などから 生じています。 v60 いる状態ならあわせて被害軽減ブレーキを作動させ、2次被害の衝突を防ぎます。, 全車速追従機能付ACCを設定して高速道路などを走行中にパイロット・アシストを作動させると、車線を維持するためにステアリングを穏やかに自動修正するステアリング・アシストが働き、わずかなステアリング操作で車線の中央を保持できるよう支援します。この機能は渋滞中でも車線を維持するようにステアリング操作をアシストし、前走車や隣接車線の他車と接触するリスクを低減させてドライバーの疲労を軽減。単独走行中でも作動させることができます。, 設定した速度を上限として、前方車両との車間距離を自動的に調整しながら加速、巡航、減速を交通の流れに合わせて自動で行い、長距離ドライブの疲労を軽減。停止した場合は、ブレーキ作動状態を維持します。車速70km/hを超えて先行車に追従している際にウインカーを操作して追い越す意思を示すと、車両を一時的に加速させてスムーズな追い越しを支援する「追い越しアシスト」機能も備えています。, 対向車両や先行車両への眩惑を防ぐように、ハイビームの配光エリアを自動調節する機能です。ハイビームで走行中に対向車が来たとき、または前走車に追いついたときに、相手車両のドライバーに向けられる部分のみを遮光します。ハロゲンライトの2倍以上の明るさを誇るLEDヘッドライトは照射エリアを最大限に確保できます。その高い視認性で、対向車や先行車が存在する状況でも、夜間走行時の安全性向上に寄与します。, 車両の周囲に装備されている4個のカメラを使用して真上から見下ろしている映像を作成し、センターディスプレイに表示。自車と周囲との位置関係をひと目で確認することができ、障害物の有無などの周辺状況を把握しやすくなります。リバースギアにシフトすることで、センターディスプレイに360°ビューの映像を表示できるほか、ステアリングホイールの操作に応じて自車の予想進路をガイドラインで案内するリアビューカメラの映像を表示することも可能です。, 車速25km/hから50km/hで走行中に、フロントバンパーに取り付けられた5つの加速度センサーが歩行者との衝突を検知すると作動します。エンジンルーム後部に装着されたパイロテクニックピストンがボンネットの後ろ側を持ち上げ、ボンネットとエンジンの間に空間を作ります。この空間がボンネットに加わった衝撃を吸収する役割を果たし、歩行者の頭部への衝撃を低減することで負傷の程度を緩和します。, 道路逸脱を回避できないと判断された場合、衝撃に備えてシートベルトを締めつけて安全な着座姿勢を確保するとともに、エアバッグや衝突時ブレーキペダルリリース機能などと連携し、乗員が負傷するリスクを低減します。道路からの転落などによる強い衝撃に対しては、衝撃吸収機構付フロントシートが衝撃を緩和して、乗員の脊椎を保護します。, 彫刻を思わせる造形のフロントシートは、美しさだけを求めてデザインされているわけではありません。道路からの逸脱などによる落下の際に乗員の脊柱を保護するための、垂直方向の衝撃を吸収する独自の構造が取り入れられているのです。あなたの安全を守るために私たちが積み重ねてきた努力を示す、好例のひとつといえるでしょう。, 正面衝突が発生した際に、ブレーキペダルを踏む右足の負傷するリスクを低減する機能が備えられています。ブレーキペダルの可動範囲を制限している機構を火薬点火装置によって瞬時に取り払い、通常時よりもさらに押し込めるようにするものです。この機能は、シートベルト・プリテンショナーやフロント・エアバッグと同じセンサーで起動します。, 2つの膨張パターンが設定されたフロントシート用デュアルモード・エアバッグ。衝突時に加わる衝撃が極めて小さい場合、エアバッグは開かず、プリテンショナー付シートベルトを介してドライバーや同乗者を拘束します。, フロントシートベルトにはプリテンショナーとフォースリミッターに加えて、電動式のシートベルト巻き取り装置(電動プリクラッシュ・テンショナー)を採用しています。各種センサーが衝突の危険を察知すると、事前にフロントシートベルトを巻き取ることで乗員をシートに拘束し、衝撃に備えます。巻き取る力は状況により変化し、最大10秒間、乗員の身体を適切に保持して安全を確保します。, 事故の種類によっては、シートクッションに向かって下方向の非常に強い力が乗員の身体に加わります。それにより、一見したところではそれほど深刻ではないと思える事故でも、重大な脊椎損傷へとつながる危険性があります。ボルボ車のフロントシートクッションは、そのような重大事故においても衝撃のエネルギーを吸収することのできる機構を備えており、衝突や事故の際に乗員が負傷するリスクを低減します。, 毎日のドライブをより安全に、快適にするために。ボルボが英知と経験を結集して作り上げたのが、インテリセーフです。レーダーやカメラを使い、他の車両や歩行者、サイクリスト、大型動物との衝突を回避または衝突被害を軽減するための警告およびブレーキ作動を行うCity Safetyや、主に高速道路において、設定された速度を上限に前方を走行する他の車両との車間距離や速度を調整するアダプティブクルーズコントロール、さらに軽く手を添えているだけで、車線を走り続けられるようにハンドル操作をアシストし、ドライバーの疲労を軽減するパイロットアシストなど、数多くの先進安全・運転支援機能が、あなたとあなたの大切な人とのドライブをサポートします。, ■City Safetyの作動速度範囲は車速4〜200km/h(歩行者・サイクリスト検知機能は4〜80km/h)です。前走車や歩行者・サイクリストとの衝突の危険が迫り、ドライバーがブレーキ操作を行わない場合、最大の制動力で衝突回避・被害軽減ブレーキが作動します。自車と前走車との速度差が60km/h以下(歩行者は45km/h以下、サイクリストは50km/h以下)の場合、衝突の回避をアシストし、速度差がそれよりも大きい場合は、衝突被害の軽減をサポートします。, ※1 全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)の車間距離制御には限界があります。本機能を過信せず、必ず運転者が責任を持って運転してください。また、パイロット・アシスト(車線維持支援機能)とLKA(レーン・キーピング・エイド)は車線内自動走行を実現するものではありません。必ず運転者ご自身でステアリング操作を行ってください。道路状況、車両状態、天候状態および運転操作の状況により、これらの機能をご使用になれない場合があります。ご使用の際には、必ずオーナーズマニュアルをお読みください。, 外見が美しく、シンプルで、機能的なボルボの北欧デザイン。各モデルのスペックや装備、価格など詳細な情報をご覧いただけます。, Reevoo社のレビューから、ボルボ・オーナー様の情報をお届けします。実際に購入したことを認証済の方からのみレビューを収集しており、各モデルそれぞれについてのお声をご覧いただけます。, 毎週100名様に1泊2日のモニター体験をプレゼント。快適な乗り心地を心ゆくまでご体感ください。, ボルボとの素晴らしい時間をあなたのものに。ニーズに応じた様々なプログラムを用意しております。. .pcImg{display:none;} ボルボ・カー・ジャパンは2020年11月6日、セダン「s60」とワゴン「v60」、suv「xc60」の各モデルに限定車「t8ポールスターエンジニアード」を設定。 }, 交差点を右折しようとしている際に対向車の動向を監視し、対向車と衝突する危険度が高いと予測された場合は被害軽減ブレーキを作動させ、交差点内での対向車との衝突被害の軽減をサポートします。こうした状況では、車両が危険を検知してから衝突を回避する操作を実行するまでに時間的な余裕がないため、衝突警告を発すると同時にフルブレーキを作動させます。, 対向車線から自車の走行車線へと進入してきた対向車の接近を検知する、ボルボ初の革新的な安全機能です。衝突を回避できないと判断された場合、衝突による被害を抑えるため、被害軽減ブレーキを作動させます。, ステアリング・サポート機能は、被害軽減ブレーキだけでは衝突を回避できない場合に、ステアリング操作を補って障害物の回避を支援する安全技術です。ドライバーによるステアリング操作が障害物の回避に不十分であれば、適切な操作量を確保できるようにステアリング操作を補助します。同時に、前後内輪のブレーキを作動させ、緊急回避操作を安全に行えるように支援します。, ステアリング操作をアシストし、対向車との衝突回避を支援する機能です。意図せずセンターラインを越えて対向車線へ進入し、対向車と衝突する危険があると判断されると、速やかに元の走行車線へ復帰できるようにステアリングを自動修正します。車線境界線がはっきりと視認できる道路で、車速60km/hから140km/hで作動します。, 進行方向の車線を監視し、無意識のうちに走行中の車線を逸脱しそうになっていると判断された場合に、走行中の車線を保持できるようにステアリングを穏やかにアシストします。ステアリングのアシストでは不十分な場合、あるいは隣接する車線へと進入してしまった場合は、警告音やステアリングホイールの振動で注意を促します。, 左右車線(走行区分線)と自車の位置関係をカメラで監視するとともに、ドライバーのステアリング操作をチェック。運転中の眠気や注意力低下による運転のふらつきなど異常な走行状況を感知すると、警告音でドライバーの注意を喚起し、休憩を促すメッセージとコーヒーカップのマークをデジタル液晶ドライバー・ディスプレイ内に表示します。, 制限速度や追い越し禁止などの重要な道路標識*をカメラで読み取り、デジタル液晶ドライバー・ディスプレイ内に表示。刻々と変化する道路標識の情報をわかりやすく伝え、運転に必要な情報の見逃しを防ぎます。速度警告機能では、制限速度を超過したときに標識のシンボルを一時的に点滅させるように設定することができます。 @media screen and (max-width: 768px){ } /*--PC--*/ h2{font-size:42px!important;line-height: 1.1;margin-bottom: 1em;} @media screen and (min-width: 769px){ .sp{display:block;} ボルボ, 自動車ニュース, ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。, この記事を読んだ人が他に読んだ記事試乗記ニュース画像・写真モーターショー自動車ヒストリー特集エッセイクルマ生活Q&AFrom Our StaffデイリーコラムCarScope谷口信輝の新車試乗水野和敏的視点池沢早人師の恋するニューモデル思考するドライバー山野哲也の“目”webCGプレミアム記事一覧日刊!名車列伝動画ギャラリープレゼント, トヨタレクサススバルマツダスズキダイハツホンダ日産三菱ポルシェメルセデス・ベンツアウディBMWMINIフォルクスワーゲンボルボルノープジョージャガーアルファ・ロメオフェラーリ, ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。, ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】, ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?, GMが新型「キャデラック・エスカレード」を日本導入 東京オートサロン2021で日本初公開, GMジャパンが新型「キャデラック・エスカレード」を日本に導入。全長5.4mに迫るフルサイズSUVで、大型の湾曲型OLEDディスプレイを含む先進装備を多数搭載。グレードは「プラチナム」と「スポーツ」の2本立てで、2021年夏ごろの納車開始を予定している。, 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?, 雪国でなくとも要注意! 冬に装着するタイヤをどう選ぶべきか、藤島知子がリポートする。, エンジンは最高出力400PSの直5ターボ 新型「アウディRS Q3/RS Q3スポーツバック」登場, ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】.