ここに足をかけることを前提にすればラゲッジスペースは奥行(縦方向)が1,900mm以上となり大人二人が並んで寝ることが可能になるのでした。, ハッチバックタイプでこれだけのスペースがあれば十分車中泊が可能なモデルと断定して差し支えはないでしょう。, ちなみにフロントシートを目一杯前方へスライドさせるとリアシートのシートバックの間に約400mmの空間が出来ます。, しいて難点を挙げるとすれば、助手席側のフロントシートの角度を変える場合、ダイヤルをひたすら回さなければならない点がネックです。, 車中泊の楽しみのひとつに野外での食事があります。 国産車から輸入車までのクルマの新型車情報サイト。最新グレードから 過去モデルまで口コミ、燃費、グレードなどを公開中!, こちらでは2016年のボルボ 新型V40の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。, 2016年7月、ボルボの中で最も小さなモデル、プレミアム・コンパクト「V40」がマイナーチェンジを行いました。. V40(ボルボ)の中古車を639台掲載中。V40の中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。V40の中古車が様々な条件で検索可能。あなたの車選びをサポートします。 ... ディーゼルエンジン対決!ボルボ V40 D4とVW ゴルフ TDIを比較してみました, トヨタ | ヤリスクロス | 車中泊 | できる?できない?グッズを使って検証してみました!, トヨタ | ヤリスクロス | アームレストなど内装(インテリア)のカスタムパーツ(用品)をチェックしてみました. コンパクトSUVの新型モデルとしてトヨタからライズが2019年11月に登場しました。 ボルボの人気車種ランキング!人気色も併せて紹介 [2019年11月06日] クルマ売却ガイドのボルボをご紹介しています。 ... ボルボ V40 T4 SE. 現行のボルボv40が登場して7年目を迎えようとしていますが、その魅力は全く色褪せていません。 ちょうどいいサイズのv40は日常用途では便利ですが、車中泊には使えるのでしょうか? そこでボルボv40で車中泊が可能か徹底検証してみました。 ボルボv40で車中泊は可能なのか? スポンサードリンク 行動派のドライバーにとってヤリスクロスで車中... トヨタのヤリスクロスは、手頃な価格とサイズからライズに続いて注目を集めています。 カラーリングは写真だと少し分かりづらいから、実際に目で見て確かめた方が違いが判るかも知れないね。, 今回、私の友人である美代子のお父さんから任意保険の内容、さらにお得にするやり方について教えてもらうことができました. 2016年のボルボ 新型v40の色・カラー情報が公開されています。 こちらでは2016年のボルボ 新型v40の色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。 2016年7月、ボルボの中で最も小さなモデル、プレミアム・コンパクト「V40」がマイナーチェンジを行いました。 全幅 1,800mm ボディカラーもたくさんあったはずだから、綾の求めている雰囲気に合った色もあると思うよ。, 北欧らしい新鮮な感性が吹き込まれているボルボのボディカラーについて2人は調べ始めました。, 都市で過ごす日常から週末の遠出まで対応できる車が欲しいって思う人は多いと思いますが、ボルボV40はそんな願いを叶えてくれる完璧なパートナーです。, ヨーロッパのスウェーデンを拠点とした自動車メーカーが生み出しただけあって、V40のデザインには北欧らしい新鮮な感性がすみずみに吹き込まれていて、シンプルでどこか新しいデザインのボディでありながら、パワフルで活動的な印象のV40に飽きることはないでしょう。, 俊敏なハンドリング、室内の多用途性、毎日を快適に過ごせるようにサポートする最新技術を多数備えており、目的地がどこであっても思いどおりのドライブを楽しむことが出来るので、洗練されたデザインに目をとらわれがちですが、安全装備やエンジンなどスペック面でも非常に充実している車なのです。, 最新のスカンジナビアン・デザインを繊細なタッチで表現した車体に合う落ち着きのあるカラーが多いのが特徴です。, 洗練されたデザインの車体に合ったシンプルなホワイトカラーなので、街中を走っている時でも風景に馴染みやすいので落ち着いた感じに乗りこなしたい方にオススメですね。, ホワイトカラーと二分する人気であるブラックは車種問わず高い人気を誇るシンプルなブラックカラーですが、メタリックが入っていないため、落ち着きとスタイリッシュな雰囲気を醸し出すカラーですね。, 1956年から1970年まで生産したボルボの名車であるアマゾンに採用されていた「ライトブルー」をもとに作られたカラーで、ソリッドカラーでありながら印象的な色合いのブルーカラーとなっています。, 目が覚めるようなレッドカラーなので街中はもちろんのこと、森や川辺、海岸沿いなどの自然のなかでもよく映えます。, ホワイトやブラック並んで人気のシルバーカラーで、メタリック塗装が施されているために、光が反射してキラキラ美しく輝くのが特徴です。, ブライドシルバーメタリックよりも少し濃いグレーのメタリックカラーなので落ち着いた印象でありながらも、メタリック塗装によりゴージャスな雰囲気を醸し出しています。, 淡い青にメタリック塗装が施された上品なカラーが、V40の洗練されたスカンジナビアデザインを最適に生かすことのできるカラーリングではないでしょうか。, 濃いブルーにメタリック塗装を施したカラーリングは、よりスポーティーさが増し、大人の男性にぴったりの1台であると思いませんか?, 黒に近いグレーにメタリック塗装を施したグレーカラーなので、普通のグレーカラーの車じゃつまらないという方におすすめのカラーですね。, メタリック加工により、ブラックよりもさらに力強さを感じさせるカラーで、様々な角度や光線の量により変化する色の深みには、人を魅了する力があります。, 汚れやすいのが欠点なのでこまめな手入れが必要ですが、磨き上げたときの美しさは全カラーの中でもトップです。, ゴールドとシルバーの中間のような印象的な色合いのメタリックカラーはスタイリッシュながらどこか優し気な雰囲気もあるのが魅力的です。, 明るい赤色にメタリック塗装がされることによって、スポーティーさが増した色合いなので非常にパワフルかつエネルギッシュな印象から街を爽快に走りたい人にオススメです。, 走りの性能に特化したスポーティーなモデルであるR-design限定のカラーリングは洗練されたブルーにメタリック塗装がかけられることによって、かっこよさが増しています。, 日本でも人気の高いホワイトのパールカラーなのですが塗装料金がメタリック塗装よりも少し高くなっていますが、それに見合うだけの高級感に特化したカラーリングになります。, ホワイトよりも洗練され輝かしいパールホワイトは、見る人の視線を惹きつけることでしょう。, カラーとともにご自身にとって最高のボルボV40 をデザインしてみてはいかがでしょうか。, とは言っても「資金が・・・」と悩んでしまっている人もいるのかも知れませんがお任せください!, その方法とは、もう少し下を見て貰ったらあなたの愛車をたか~く買い取ってくれる業者があります。, あなたの愛車を高額で引き取ってもらえたら、夢への一歩が近づいてくるとは思いませんか?, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 私の妻である綾が車を買い替えたいと言ったのをきっかけに色々なメーカーの車を見比べ、さらにお得に買い替える方法を調べた結果、かなりお得に買い替えることができましたので、車調べから買い替えるまでを紹介しております。, この情報が車を買い替えようとしている方に少しでも役に立てたら運営者としても嬉しい限りです。. 買取業者を見つけてください!! 買取業者が70万円で prius, 現行のボルボV40が登場して7年目を迎えようとしていますが、その魅力は全く色褪せていません。, ちょうどいいサイズのV40は日常用途では便利ですが、車中泊には使えるのでしょうか?, 引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/, 現在、ボルボの新型モデルは軒並みデザインが高く評価されていますが、このV40から流れが変わったのです。, やや前傾姿勢で躍動感と塊感をともなったプロポーションは誰が見てもかっこよくドイツの高級車勢とは一線を画したデザインです。, V40が登場したときは「これがボルボなの!?」といい意味で驚きを持って迎え入れられました。, このため、幅広い年齢層から支持されることになり、ボルボの販売シェアを大きく伸ばすきっかけとなったのです。, このようにデザイン優先?といえそうなエクステリアということもあり、その反面キャビンは狭そうなイメージをお持ちではないでしょうか?, 確かに後席足元スペースは決して広いとはいえず、私も「車中泊は難しいか?」と思っていました。. (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40, ボルボのラインナップの中で、最も小さなモデルとなるプレミアム・スポーツ「V40」は、2016年7月、フロントフェイスを一新、インテリのデザイン変更などの一部改良を行いました。, 「V40」は、「ボルボの大型モデルの特長や機能を小型車のパッケージに取り入れる」というコンセプトのもと、ダイナミックでスタイリッシュ、そしてスポーティにデザインされた5ドアモデルで、日本市場はもちろん世界中で大好評を博しています。, よりスポーティで洗練されたスタイリングを実現した新型「V40」は、同時に新しいグレード体系を採用し、ラインナップが刷新されました。, エクステリアは、フロントフェイスが一新し、先ごろ発表された新型「XC90」を思い起こさせる新デザインのグリルや北欧神話に由来する「トールハンマー」をイメージした横T字型のLEDヘッドライトを全車に標準することで、よりモダンで洗練された印象となっています。, インテリアは、2014年ジュネーブショーにてコンセプトカー・オブ・ザ・ショーを受賞したコンセプト・エステートからエッセンスを受け継いだ「シティ・ウィーブ」という、モダンでカジュアルなテキスタイルシートを新たに採用し、インテリアパネルも3種類のデザインの異なるアルミパネルが新たに採用されました。, 安全面では、歩行者やサイクリストまで検知可能な自動ブレーキを含む10種類の先進安全機能を全車に標準化することを実施し、さらに「歩行者エアバッグ」を全グレードに標準装備しました。, ボディカラーも、往年の「アマゾン」をイメージした新色「アマゾンブルー」などを含む全15色が用意されています。, パワートレーンは、軽快で滑らかな走りを満喫できるDrive-E1.5リッター4気筒直噴ターボガソリンエンジンを搭載する「T3」、革新技術「iーART」を採用したDrive-E2.0リッター4気筒ディーゼルターボエンジンの「D4」。, 傑出したパワーと燃費性能を両立するDrive-E2.0リッター4気筒直噴ガソリンターボを搭載する「T5」がラインナップしています。, グレード体系は、洗練された北欧のデザインを身にまといながら、高い快適性と安全性を充実したベーシックモデル「キネティック」、ひとクラス上の洗練と快適性を追求し、上質なスカンジナビアンデザインが楽しめる「モメンタム」。, 北欧が生んだデザインとクラフトマンシップの最高峰で、ラグジュアリーなドライビングを体感できるハイエンドモデル「インスクリプション」、磨き上げられたスタイリングとレスポンス、スポーツドライビングを存分に楽しむことのできるパフォーマンスカーで、R-Design専用のパーツを装備した「R-Design」となっています。, 引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40-cross-country/, また、扱いやすいサイズと流麗なデザインが魅力となっている「V40」をベースに、樹脂製のパーツやルーフレールでアクティブなスタイルの「クロスカントリー」には、4輪駆動モデルもあり、降雪地域の安心感が高く評価されています。, 安全装備は、ボルボらしい充実ぶりで、全車に歩行者や自転車も検知する自動ブレーキ、クルーズコントロール、各種警告機能やリアビューカメラなどが装備されています。, http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/v40-t5-r-design, ボルボ新型V40のボディカラーは全15色が用意されていますが、このうち新しいボディカラーとして、1960年代に人気を集めたP120系の「AMAZON」にも採用されていた「アマゾンブルー」の現代版(新色)をはじめ。, 「ルミナスサンドメタリック」、「マッセルブルーメタリック」、新色「デニムブルーメタリック」、「バースティングブルーメタリック(T5 R-Design専用色)」となっています。, とくに「アマゾンブルー」は、メタリックではなくソリッドカラーですが印象的な色合いを実現しています。, 引用:http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/, また、ボルボ新型V40は、グレードによって、ボディカラーとシート、インテリアの色が組み合わされます。, 新型ボルボV40は、コンパクトながら存在感のある、美しく、おしゃれで、優雅なシティカーとなっています。, 新たに設定された新色「アマゾンブルー」は、他ブランドではありそうでない、北欧の車らしいカラーだと思います。, そして、このカラーでは、シートが「シティウィーブ」という、モダンでカジュアルなデザインのシートと組み合わされます。, この色へのこだわりは、さすがスカンジナビアンデザインと思わせるコーディネートとなっています。, また、「クリスタルホワイトパール」と名付けられた、ホワイトパールは、きめが細かくしっとりと光るのが特徴です。, ちなみに、「メタリックは」金属の粒子を塗料に練り込んだものとなっていますが、「パール」は雲母(鉱物)が入っているとのことで、この独特の輝きが生まれました。, このようにボルボ新型V40では、ベーシックカラーから個性のあるカラーまで、幅広くそろっています。, スペックや装備ももちろん重要な要素ではありますが、内外装のカラーを選ぶことも、楽しみの一つです。, ぜひオプションカラーの追加料金は値引きでカバーし、自分好みの色のV40を選んでください。.