安全面は、歩行者・サイクリスト検知機能付き追突回避や、軽減フルオートブレーキ、全車速追従機能付ACCを始めとする、先進の安全装備である運転支援機能を標準装備しています。, ここまで豪華な装備を持ちながら、V70クラシックの新車価格は600万円を切っていました。 V70クラシックはモデル末期のラインナップであることから故障も少なく、燃費も悪くないと口コミにもありました。 先代のV70、先々代のV70の反省点を活かし、3代目V70では輸入車特有の弱点を見事に克服しています。 さらに、修理についても解決方法や原因に関しても不明と言われたなど、曖昧な回答に不満を持ったとの声もありました。, しかし、先に挙げられた故障は必ずしも2代目V70特有のものではないとも言えます。 -万円 そこから2017年3月まで、現行のフラッグシップモデルとして販売されて、その間2度のマイナーチェンジが行われました。 車種名:スズキ エブリイ v70 (2010年~2011年) 生産期間:2010年07月~2011年01月. 実際に口コミサイトに書き込まれたユーザーの中には、レガシーと迷ったが、内装の豪華さや試乗して乗り比べた時の高級感が違うなどの理由で、V90を選ばれるユーザーが多くいました。, ボルボV70の誤解されている点を調べて、まとめてみました。 総合評価5.0点外観5.0|内観5.0|走行性能5.0|乗り心地5.0|価格5.0|燃費4.0, 世界トップクラスの安全性というだけあって、ボディは非常に厚く信頼できます。車内の柱や扉の厚さからもその安全性の高さが伺えました。パワーもとてもあるので、アクセルを踏み込んだ時の吸い付くような加速は素晴らしいと思います。ただ、カジュアルな国産車とは違い、アクセルは一見重く感じます。ライトはハイビームにすると遥か遠くまで照らすほどで、暗い山道などを走る際は非常に便利です。街中で使用することはないと思い エンジンの改良により燃費性能が向上. 2 ボルボ v70の5年落ちで、走行距離が五万キロ。そしてボディの色がレッド‥‥なのにすべて込みで16 3 輸入中古車について、ボルボ308sw 6atの7人乗りを検討しているのですが、輸入車の中でも燃費はい 4 ボルボv70への楽ナビ取付 v70が発売されたのは2007年。 周りの車がどんどん先進的でダイナミックなデザインになっていくのに対し、ボルボv70は昔のボルボテイストを色濃く残しており、逆にそれが魅力に感じる人も多いことでしょう。 今回はそんなボルボv70クラシックの燃費やサイズ感について調べていきます。 フロントマスク、高級感あふれる内装に、ソフトタッチのレザーシートが乗員の快適なクルージングを約束してくれます。, V90は新車価格が669万円~と、フラッグシップモデルに相応な価格設定になりました。 ・ギアが滑る 3代目のV70になると、劇的にカタログ燃費が良くなっているのが見て取れます。 そのため、この手のプレミアムカーの燃費をさほど気にしている様子はありませんでした。, 【良い点】 V70は故障の多い車と思われがちですが、調べていくうちに実はそこまで故障が多い車ではなく、意外にも安定した走りと程よい乗り心地などが高く評価された車でした。 あと、サイドミラーが小さく見づらかったです。ステーションワゴンだからか、小回りが利かないのもいまいちです。 ...続きを読む, 総合評価4.0点外観5.0|内観5.0|走行性能4.0|乗り心地5.0|価格5.0|燃費2.0, 4年落ちの中古で購入して、11年乗っています。私にとっては5台目の外車で、免許を所得してから15台目の車です。いままでは2~3年で車を買い替えていましたが、ボルボは11年も乗るほど気にいっています。飽きの来ないデザインで乗り心地も良く、運転もしやすい車です。さすがに11年も乗っていると、何度か故障し、修理やパーツ交換代金も100万近くかかっていると思います。外車と日本車の違いは、定期的にパーツを交 | 本体価格: 「V70/XC70 T5」FFモデルに、245ps/35.7kgm、燃費14.5km/Lの2Lターボエンジンを搭載 「XC70 T5」4WDモデルに、改良型2.5L直列5気筒ターボエンジンを搭載。 254ps/36.7kgm、燃費11.6km/L ボルボ V70 / XC70 グレード・価格 外観こそ従来のV70と変わりませんが、内装面を見てみると、セミアニリン仕上げのソフトレザーシートが標準装備になるのに加え、メーターパネルやコンソールにふんだんにウッドを使用、さらにボルボ自慢のプレミアムサウンド・オーディオシステムなどが標準装備という豪華な作り。 そのため、モデル末期にはほとんど故障のない輸入車として評価されていました。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); ※平均値です。中には街乗りで10km/L以上行くという人もいましたが、レアケースなので省いています。, V70クラシックの実燃費はこのようになりました。街乗りでは多くの方が6~7km/Lの燃費を記録しており、低燃費車ではないことが分かります。, 高速道路だと燃費が大きく伸びる車が多いですが、V70は高速道路でもあまり燃費は伸びないタイプのようです。, 数値だけを見るとあまり良くないですが、V70のようなサイズの外車の中では、割と普通の燃費かと思います。, 最近は燃費に優れている車がたくさん出てきていますので、それらと比べると物足りなさを感じますが、そこまで悪い数値ではないです。, 間違っても燃費に特化した国産車と燃費比較をしないようにしましょう。もしお車選択の時に燃費を重視されるのであればV70よりも他の車の方が向いています。, V60やV40であればディーゼルエンジンが設定されているので、燃費重視の方でも満足できると思います。それにボルボのディーゼルは、すごく評判が良いみたいですからね。, ボルボV40クロスカントリーの評判や口コミは?ディーゼルがオーダーの半数以上で人気!, ボルボV70はこれまでに2回のマイナーチェンジを行っています。特に2015年のマイナーチェンジではエンジンを一新し、出力や燃費が向上しました。, 新エンジンでどれくらい燃費が向上したかというと1.2km/L。体感的には感じることができない向上量です。, もし中古車と新型のどちらを購入するかで悩んでいる場合は、燃費差は気にしなくてよさそうです。, ただ、故障率の観点から見ると新型(高年式)の方が故障しにくいので、新型の方がメリットが大きいかと思います。, ボルボV70のライバルといえば、ベンツのEクラスワゴンや、BMW5シリーズワゴンです。これらの同クラスライバルと、燃費差はほとんどありません。, ボルボはV70は少しデザインが古めなので、イケイケのBMWやベンツよりも燃費が悪そうですが、そんなことは無かったです。, V70のサイズは全長4815、幅1890、高さ1545。このサイズの中で扱いやすさに関わってくるのは「幅」です。, SUVのXC90でもそうでしたが、幅がこれだけ大きいと、小さい車に比べていろんな不便が出てきます。, 日本では狭い道路が多いので、対向車とスレ違うときはかなり気を使うと思います。車幅感覚が優れているドライバーであれば問題無いかもしれませんが、普通の人は神経を使います。, 私のマイカーは幅が1775ですが、狭い道を走っている時に同サイズ・大きめの対向車が来るとかなりヒヤヒヤします。(私が住んでいる地域の道が狭いだけかもしれませんが), ただ、こういう大きめの車に乗る方はそういう不便をあまり気にしない人が多いので、そこまでネガティブにならなくても良いことかもしれないです。, V70クラシックの燃費性能はマズマズでしたね。ハイブリッド車やコンパクトカーと比べると燃費は良くありませんが、同クラスの車と比べると互角の燃費です。, つまり車のサイズなどを考えると、燃費性能は悪くないレベルと言えます。最近のV70は故障も少ないようなので、外車の中では安心して乗れる車ですね。, ボルボV40新型の評価や燃費をチェックしてみた!【さすが売れてるだけあって高評価】, ボルボ新型XC40登場!日本発売日や価格はどうなる?サイズ的に日本で扱いやすそう!.