長所:癖の無いハンドリングがいいです、車体サイズの割に非常に小回りが利く。 「決して安い車では有りませんが、びっくりする程高くも有りません。パワーにコストは見合っていると思います。ディーラーの試乗程度では分かりにくいと思います。レンタカー等で1日でも乗ってみてください。」, 排気量:2.2ℓディーゼル トランスミッション:AT 今回は、ベンツのクラスに注目し、色々な比較をしていきます。, ベンツのクラスですが、「A-CLASS」「B-CLASS」「C-CLASS」「E-CLASS」「S-CLASS」「G-CLASS」「V-CLASS」があります。C-CLASS、E-CLASS、S-CLASSはセダン以外のクーペやステーションワゴン、C-CLASS、E-CLASSにはさらにオープンカータイプのシリーズもあります。各クラスの他に「CLA」「GLA」「CLS」「SLC」「SL」「GLC」「GLE」「GLS」「GT」「Mercedes-AMG」があります。 外観:★★★★★   走行性能:★★★★☆   個人的に、このアクティブステアリングアシストが最も効果を発揮すると感じられた場面は、中央分離帯がなく、センターラインにポールが立てられているだけの二車線区間(片側一車線)である。大型トラックとすれ違うときや暗いトンネルの中など、圧迫感や不安感が最小限に抑えられ、緊張がほぐれることで疲労の抑制にもつながる。ロングドライブにはとても有用なシステムだ。, 東名、新東名、伊勢湾岸道、新名神、名神を経て、京都縦貫道の園部インターチェンジからは一般道へ。美山から宿泊地である宮津までは高速道路を使わず、ワインディングロードを堪能した。 外観:★★★★☆  満足度:★★★★☆  装備:★★★☆☆  外観:★★★★☆ クリーンで嫌なラインがなくてよい 外観:★★★★☆    で、そんな高級車の横綱の燃費を計ってみようと思ったのである。実際にSクラスのオーナーになれるような富裕層のみなさんが燃費など気にしているのかどうかはよくわからないが、給油するのが面倒くさいからなるべく長い距離を走ってほしい、くらいには思っているだろう。一方、我々のように縁のない人間にとっては興味本位ながらおおいに知りたいところであったりする。少なくとも筆者はそうだ。 外観:★★★★☆ アバンギャルドフェイスだとSもEもCもパット見分からない ・走り出すと気になりませんが発進時にはもっさり感があります。街乗りは燃費が悪いかもしれません。あとナビの地図データ更新料金が高すぎます。 ヨーロッパでは、ダウンサイジングターボと呼ばれる、直噴ターボによって排気量を小さくし、パワーと燃費を両立させたエンジンが増えてきています。Bクラスも例外ではなく、先代の1.7リッターから1.6リッターにダウンサイジングしました。最大トルク20.4kgfが、1,250rqmから発生するなど、低速トルクが充分あり、扱いやすいエンジン特性となっています。, ・思っていたより、燃費が良く小回りがききます。 そしてそんな見た目を決して裏切らない走りッ!!…現代の自動車の中でオンリーワンとも言える魅力に満ち溢れております! また単に継続生産という枠にとどまらず、毎年細かく地味なアップデートを重ねる事により古いシャーシでありながら常に最新であり続けるメーカーのスタンスも素� What is a VIN (Vehicle Identification Number)? © NEXTAGE Co., Ltd. 2020. 燃費性能:★★★☆☆  装備:★★★★★  その名は「STARC」!次世代の日産e-POWERは3気筒ターボ1.5ℓロングストローク。最大熱効率50... 新型ルノー・ルーテシア | いきなりBセグハッチバックの「優等生」 この一台ですべてこなせる. 長所:セダンとして、バランスの良いスタイリング。必要にして十分なパワーと、トルク。この当時としては、優れた安全装備。 短所:最小回転半径が大きく小回りが効かない。排気量が大きいので燃費が伸びない。タイヤが薄いの段差などでの衝撃が大きい。 All Rights Reserved. 装備:★★★★☆ 比類なき安全装備です。日常運転で、このクルマで事故を誘発することの方が困難なくらいです。 短所:シフトショックが気になる、特に減速時は 評価 外観:★★★☆☆ 意外と迫力ある インテリアの使い勝手や質感は、メルセデス・ベンツらしさを感じさせます。また、ホイールベースの延長により、充実した広さの室内空間があります。特筆すべきは、ラゲッジスペースで通常状態で488L、リアシートを倒すと1,547Lもの広さがあります。, メルセデス・ベンツBクラスは、3つのグレードと、2種類のエンジンで構成されています。B180と、B180 Sportsには、1.6リッターの直列4気筒ターボエンジンを、B250 4MATIC Sportsには、2リッターの直列4気筒ターボエンジンを搭載しています。B180はFFで、B250 4MATIC Sportsには4WDの設定しかありません。トランスミッションは、日本仕様では、7速DCTのみです。 「プレオーターでオプション50%OFFで購入したので180アバンギャルドでフル装備が出来て満足です」, 今回、アンケートに回答してくださった方は、すべて現行モデルのオーナーだった。パワートレーンは、1.5ℓターボ+48VマイルドHEV、1.6ℓターボ、2.0ℓターボ、2.0ℓターボPHEV、3.0ℓV6ターボ、そして2,2ℓディーゼルとバラエティに富んでいる。  これは車線、ガードレール、前走車などを車両が認識し、カーブに合わせてステアリング操作をアシストしてくれるもので、ウインカーを出せば車線変更もアシストするアクティブレーンチェンジアシストを付随する。そのアシストっぷりが実に滑らかで、他ブランドの同様のシステムのほとんどが白線でバウンドするピンボールのようにカクッカクッとアシストするところを、Sクラスのそれは白線に沿って綺麗な曲線を描くようにアシストをしてくれる。手はステアリングに軽く添えていればいい。 ラインナップは、1.7リッター直列4気筒エンジンと2リッターの直列4気筒搭載車で、ヨーロッパでは、2リッターディーゼルエンジン、1.5リッターガソリンエンジン車も用意されました。 評価 走行性能:★★★☆☆ 必要にして十分、ただしその上はディーゼルかAMGしか選択肢が無い わざとらしい省燃費走行は一切なし!  気になった点は地上高の低いため下を擦りやすい。車内色が黒で暗い。天井は薄い色の方が良かったです。 スタイルは良くはない。エアコンの効きがイマイチだった。エンジン音が大きいのでもっと静かなほうが良かった。すぐに飽きがきてしまう車である。後部シートがリクライニングしない。物入が少なく小さいのはつらい。 価格が安くはないので登録済み認定中古車を安く手に入れるのが賢い。純正ナビは使いずらくタッチパネルではないので非常に不便。 燃費は一回目の満タン法で23km/l...[ 続きを見る ], Copyright © 2000-2020 IID, Inc. All rights reserved. メルセデス・ベンツ eクラス セダンのオーナーから集まった5077件の給油情報から、実燃費・平均燃費を算出しました。eクラス セダンの燃費に関する口コミや実燃費を元に、燃費向上や車選びの参考にし … 11/9/20, 1:47 PM 4JGAB54E8WA034882. この強引なおまわりさんは実在する!? 小学2年生の頃から自動車専門誌を読み始め、4年生からは近所の書店にカー アンド ドライバーを毎号取り置きしてもらうようになる。高校と大学ではアメリカンフットボールに打ち込むも、高校3年時の秋の大会終了か... 「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ, 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。. 評価  ここからは一般道で250kmほど走ることになる。茅葺き屋根の古民家で知られる美山の北集落まで、そしてそこから日本海に面した宮津まではワインディングロードが続き、Sクラスの予想外の俊敏性を堪能することができた。四つのタイヤの位置が掴みやすく、センターラインのない狭隘路でのすれ違いにもストレスはなく、スポーツカーのような身のこなしについついペースを上げてしまう。19インチよりも限界は低いのかも知れないが、むしろ18インチのほうがタイヤのたわみからグリップ「感」を得やすく、少なくとも公道で許される速度域においてはこちらのほうが気分良く運転を楽しめると個人的には感じた。. 平均燃費:11.5km/ℓ(市街地メイン) このクルマの購入を検討している人にひと言 長所:Uターン時や、ワインディングロードでの回頭性が非常に良い。走行時の静粛性が高い。サイドシルエットのキャラクターラインが秀逸。 平均燃費:10.3km/ℓ(郊外での通勤が9割、高速道路が1割) 満足度:4.1.  豊田東ジャンクションからは伊勢湾岸道に入り、新名神、名神を経て京都縦貫道に入る。そして最初のチェックポイントである園部インターチェンジで降りて、燃費を記録する。ここまで高速道路を488km走り、平均速度は107km/hで、平均燃費は12.6km/Lと出た。いきなりのJC08モード越えである。まぁ、高速道路だし、とくに欧州車はカタログ燃費と実燃費の乖離が少ないと言われているから、とくに騒ぐ必要もないのかも知れない。だが全長が5mを超え、全幅も1.9mに達し、車重が2.2tという超ヘビー級サルーンであることを考えれば、やはりリッター当たり12kmを越えるというのは優秀と言うほかない。 このクルマの購入を検討している人にひと言 11/9/20, 1:19 PM WDBDA28D6HF346840 WDBHA28E5RF078620 WDBSK74F13F061593. 満足度:★★★★☆ 質感や満足度を考えると決して高い車では無いと思う。 走行性能:★★★★★ こちらの要求に十分以上に応えてくれる 室内:★★★★☆ 良い意味でコンサバティブで質感の高い内装、ただし型押しのレザーはゴワゴワ 手軽なパワーアップパーツとして、PPEがあります。PPEを取り付けるだけで、ノーマルの122PSから、155PSにアップします。このユニットはターボやスーパーチャージャーをブーストアップするパーツで、比較的容易に取り付けられます。税込み7万9,800円です。, ベンツのチューニングメーカーまとめ!AMGだけじゃない!ロリンザー・ブラバス・カールソンも紹介, ベンツBクラスには、3つのグレードが用意されています。1.6リッターのベースグレードB180は、316万円(税込)です。B180 Sportsは、LEDヘッドライト、パーキングパイロット(縦列駐車や並列駐車をサポートする機能)などが搭載されて、395万円。最上級モデル、B250 4MATIC Sportsは、4WDに2リッターエンジンの組み合わせで505万円です。, ベンツBクラスについて紹介しました。ベンツBクラスは、Aクラスと共通のプラットフォームですが、利便性を向上するためにホイールベースを延長し、1クラス上の居住空間とラゲッジスペースを持っています。ファミリーユーザーに適したサイズと、ベンツらしいインテリアの質感と疲れにくい乗り味が特徴です。 これからベンツのクラスについて、価格や評判、乗り心地など9つの面からクラス別で比較をしてみましょう。, ベンツの各クラスの価格を確認していきます。表中の価格ですが、各クラスごとの2017年7月のメーカー希望小売価格です。クラスに複数の種類がある場合にはクラス内での最安値と最高値を表示しています。, 続いて、ベンツの各クラスの燃費をみていきます。表中の燃費の値は、クラスの中で最安値の車種のものです。同じクラス内でもグレードがあがるごと燃費効率も悪化していく傾向にあります。, ベンツのクラスのサイズとして、全長・全幅・全高および車両重量を確認していきます。燃費同様にクラスの中で再安値のモデルについての仕様です。. 室内:★★★★☆  外観:★★★★★ サイドビューが素晴らしい 装備:★★★★☆ 比類なき安全装備です。日常運転で、このクルマで事故を誘発することの方が困難なくらいです。 燃費性能:★★★★★  「良い車だが、セダンの不人気もあり、下取り金額が低く、他のメーカーに乗り換えにくい。」, 排気量:2.0ℓ トランスミッション:AT  東京を出発し、東名高速と新東名を経てひたすら西を目指す。高速道路でのSクラスは、今さら言うのもなんだがとにかく乗り心地がいい。数日前にパッケージオプションのAMGライン装着車、すなわち19インチ仕様に試乗しており、その圧倒的に高いボディ剛性とタップリと採られたサスペンションストロークがもたらすフラットなライドフィールに感心させられたのだが、今回の18インチ仕様にはそこに加えてフランス車的なまろやかさまで加わっている! S560はエアサスペンションが標準装備されるのだが、タイヤと車体の間に空気の層があるというより、そもそもタイヤが地面から浮いていて、不快な突き上げをシャットアウトしているような感覚である。そして18インチ仕様のほうがその傾向が強い。かといって接地感が希薄だとか、フワフワした乗り心地というわけではなく、ルーフの上から巨人の手かなんかでググッと下に押しつけられ、タイヤと路面の間の空気の層がギュッと圧縮されているようなイメージだ。だから路面の状況は雑味が濾過された状態でドライバーに伝わってくる。Sクラスだからといって崇め奉りたくはないが、こういう乗り味を見せつけられると、さすがメルセデスとひれ伏しそうになってしまう……。 Enter up to three vehicles to compare them.  今回のテストに供されたのは、S560の4マティック・ロングである。最も燃費の良さそうなV6を搭載するS400ではなく、ラインナップの中心となるV8を搭載し、さらには駆動方式はAWDでボディはロング仕様という、けっして燃費に有利ではないグレードだ。カタログに載っているJC08モード燃費は9.0km/L。さてどこまでカタログ燃費が本当なのか、じっくり検証してやろうじゃないか。, こういった中央車線がポールで区切られただけの二車線区間(片側一車線)では、アクティブステアリングアシストがとっても有用だ。大型トラックとすれ違う場面などにおける不安や緊張が大きく軽減され、結果的に長距離ドライブの疲れを抑制してくれる。 メルセデス・ベンツ Bクラスのテスト走行がスクープされました。全体にカモフラージュがかかっているものの、ヘッドライトの形はわかりやすくなっています。, メルセデス・ベンツは、B180の装備を数多く追加し、価格を改定して7月26日より発売すると発表しました。 このクルマの購入を検討している人にひと言 走行性能:★★★★☆  満足度:★★★★★  メルセデスベンツ glaの燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。 評価 日本の立体駐車場に納まるサイズ全高1,545mmにするために、日本仕様は全車スポーツサスペンションを装備して車高を下げています。先代のBクラスより洗練されたデザインですが、Aクラスより実用性のあるCセグメント車としての本質は変わっていません。, ベンツBクラスのインテリアは、先代より高級感が増しています。ドイツ車らしい、座り心地のいいシートは、長時間のドライブでも疲れません。12色のLEDアンビエントライトが、室内をカラフルに彩ります。 満足度:★★★★☆  メルセデス・ベンツBクラスは、コンパクトな車体にFF(フロントエンジン前輪駆動)レイアウト、5ドアハッチバックと日常の使い勝手を重視しているモデルです。しかしながら、メルセデス・ベンツらしい作りこみがあり、国産車とは違った個性のある5ドアハッチバック車となっています。, 初代Aクラスが登場した1997年、それまでの最小クラスであったCクラスからより小型の乗用車を、メルセデス・ベンツも手がけるようになりました。2005年、Aクラスのモデルチェンジに伴い、共通のプラットフォームで、よりホイールベースの長い、メルセデス・ベンツBクラス(T245/W245型)が販売されました。 走行性能:★★★★☆  このクルマの購入を検討している人にひと言 外観:4.3 「Dセグメントで、上質な走りを望む人にオススメです。(エアサス装備は必要ないです)存在感に溢れた外観ですが、ジェントルなマナーを心がけているドライバーに向いています。」, 排気量:1.6ℓ トランスミッション:AT 満足度:★★★★☆ 値段は高いがそれだけの価値はあると思う 11/9/20, 2:44 PM WDCGG0EB1EG294179. 投稿ユーザー:Tsu***** さん ちょっと興味があるというクルマ好きは少なくないはずだ。 装備:★★★★★  評価 室内:★★★★★  装備:★★★★★  長所:内装の作りが素晴らしく、高級感があり、所有欲が満たされる。 メルセデス・ベンツ2020年最新モデルの特徴は?プロトタイプからマイナーチェンジまで紹介, ベンツ ゲレンデの燃費はどのくらい?気になる維持費や購入のポイントについて解説します!. 装備:★★★★★  11/9/20, 1:42 PM WDB1240901F116944. 平均燃費:市街地:12~14km/ℓ(高速でも同じよう) 食事と休憩で3回休んで9時間くらい。燃費は11Km程度でした, 車種名:スズキ エブリイ 日本最古の自動車雑誌『モーターファン』のスピリットを受け継ぐ自動車総合情報サイト。クルマ、バイク、モータースポーツ、テクノロジー、デザイン、カスタム、マーケット情報などさまざまな角度から自動車を掘... 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。, メルセデスベンツCクラス | これがオーナーの本音レビュー !「燃費は?長所は?短所は?」<モーターファン会員アンケート>. ベンツの車のガソリンは、基本的にどの車種もハイオクです。 ですが実は軽油で走る車種もあるんです。現在新車として販売されているベンツの車のなかで、軽油で走る車種の一覧を下の表にまとめましたので、見てください。 PHOTO◎平野 陽(HIRANO Akio), 好き嫌いは別にしても、メルセデス・ベンツSクラスが高級車の代名詞であることに今さら異論をはさむ人はいないだろう。世にはロールスロイスとかベントレーといった「超」ハイエンドサルーンもあるけれど、フツーの人───たとえば近所のおばあちゃんや女子高生も含めれば、「ベンツ」の知名度に勝るものはない。 短所:BSGの割にアイドルストップの再始動時に結構振動がある。ボディサイズの割に後席及びトランクが競合他車に比べて狭い。エンジン音が1.5ℓだからか、結構騒々しくて安っぽい。 長所:静か、加速が強烈、高速安定性が良い、長距離燃費が良い(16Km/ℓ)。エンジン再始動時に音や振動が皆無。 Your … 走行性能:★★★★☆  「アシスト系は大事故防止の為についているだけなので過信をしないようにしてください。ぶつかるときはぶつかります。重いのでタイヤの減りが早く、思わぬ出費がかさむことがあります。」, 排気量:2.0ℓ トランスミッション:AT 短所:当然ながら踏めば燃費は良くない。小回りがきかない。 燃費性能:★★★★☆  走行性能:★★★☆☆  Aクラスと比較してホイールベースが長い分、居住スペースが広くなっていました。FF(フロントエンジン前輪駆動)のため、Eクラス並みの室内空間があります。そして、2代目W246型が、2011年より販売開始されました。, Aクラスがスポーティなハッチバックスタイルなら、Bクラスはファミリーユーザーを意識したワゴンのような形状が特徴です。Cピラーからリアのラインは、直角に近く、実用性の高さを感じさせます。ベンツの共通のフロントマスクは、欧州メーカーらしく、ブランドイメージの統一性があります。 プレミアムサルーンの頂点に君臨するメルセデス・ベンツsクラス。 オーナーが実際にどこまで燃費を気にしているかはともかく、 ちょっと興味があるというクルマ好きは少なくないはずだ。 そんなわけで東京を出発し、京都府の日本海側───丹後半島を目指した。 また、年間走行距離8,000kmと仮定して、ハイオクリッターあたり130円で9万435円、駐車場代年間12万円、オイル交換費6,000円、車検代を5万〜10万円として年間約40万〜45万円程度が維持費となります。, ブラバスや、カールソンからエアロパーツが出ています。フロントスポイラーが、9万~10万円、リアパネルも9万~10万円です。カールソンのサイドスカートが9万円で、ルーフスポイラーに7万2,000円、フルエアロに38万円くらいかかります。 長所:AMGラインであるが、乗り心地、加速感、燃費共に満足。取り廻し、も楽で乗っていて楽しい車。自動パーキングシステム。 気になった点は街乗りでの燃費が悪く、10km/lを切ることが多い。深夜であれば15km/lまで伸びることもあるが,ストップアンドゴーを繰り返すと燃費を伸ばすのは難しい。低速域だと,足が硬いと感じることがある。DCTの発進がぎこちなく上り坂や,駐車時の発進などでは、トルコンATに比べてもっさり感がある。普段乗りでは気にならないが,車高が低いのでラフに段差を超えようとすると擦ることがある。ゆっくり斜め侵入すればほとんど問題ない。 評価 このクルマの購入を検討している人にひと言 満足度:★★★★★  評価 このクルマの購入を検討している人にひと言 Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, プレミアムサルーンの頂点に君臨するメルセデス・ベンツSクラス。 平均燃費:13.0km/ℓ 室内:4.2 装備:★★★★★ 十分以上の装備がある  全体評価では、さすが、メルセデス・ベンツ、「所有する喜び」は十分ということだろう。, ユーザーの平均評価