祝のしめすへんを口にかえたらなおいいかと…, 初心者マークの蒼獅子さん> ↓↓↓硬化剤詳細はこち…, ポリエステル樹脂、ビニルエステル樹脂、スチロール用樹脂ゲルコート、トップコート…全て共通!! 自宅のベランダの防水加工をセルフリフォーム。frp防水トップコート塗り替えでdiy。その方法ややり方を写真つきで分かりやすく公開したので、参考にしてください。節約できます。 【NFL 2020-2021:Week09】ニューヨーク・ジェッツ vs ニューイングランド・ペイトリオッツ... 【NFL 2020-2021:プレビューWeek09】ヨワヨワ マンデーナイトのペイトリオッツ戦(1)... 【NFL2020-2021】スーパーボウル55のハーフタイムショーは、ザ・ウィークエンド!... 【NFL 2020-2021:Week08】ニューヨーク・ジェッツ vs カンザスシティ・チーフス... 【NFL 2020-2021:Week07】ニューヨーク・ジェッツ vs バッファロー・ビルズ(2)... 【NFL 2020-2021:Week08プレビュー】もはや死体蹴りのチーフス戦... 【DIYで節約】ベランダ防水塗装を自分でやってみた(FRP防水トップコート塗り替え), 床と壁の境目になるローラーが届きにくい場所をハケで塗っておくと、床を塗る時に楽になります。. ベランダのfrp防水トップコート塗り替えをdiy! セルフリフォームしました。のまとめ. NFL、WWE、Jリーグ、日本プロ野球、メジャーリーグ・・・全てはDAZNに集う!, 【MADDEN(マッデン)21】チーフスvsジェッツ(NFL2020年Week08プ…. このフタが開かずにかなり時間かけて試行錯誤した方法でしたが、実はそうなんですね。。 (途中から、二人で塗るために購入。ずっと一人ならローラーでカバーできるので不要), まず晴れた日が3日連続で続く日程を確保せねばなりません。(1日で全部濡れるなら2日でOK), 初日は早朝からベランダを掃除し、水を撒いてキレイな状態にしている方がいいからです。, 掃除の小技ですが、新聞紙を小さく切ってベランダに巻いた後にホウキで掃きます。すると普通に掃くよりもキレイになります。, 塗る準備をして、先ほど紹介した塗装セットの「下塗りシーラー」という缶を開けるのですが、ここが苦戦ポイント!, このフタをいくら回しても開きません。私が編み出した方法は、もうラジオペンチで端を掴んで持ち上げて引っこ抜くのです。, その下のプラスチックの中ブタは簡単に開くので、フタを締めて保存しておくときにも、問題ありません。, 立ち上がりを塗る時は、床と壁の境目になるローラーが届きにくい場所をハケで塗っておくと、床を塗る時に楽になります。, そして、床を塗る時は退路を計算して塗りましょう。何も考えずに塗ると帰れなくなります。, 早い段階で移動させて下を塗っておいて、最後の方で乾いたら元に戻して、移動させておいた場所を塗ると良いです。, 季節によって異なりますが、シーラーは2~3時間ぐらいで乾くので、乾いたら上塗り1回目を行います。, ちなみに以下の写真の白い線は、あらかじめひび割れを補修した後です。どうせ上から塗装するので、めっちゃ適当にひび割れを埋めました。, 人や工程によっては2日で出来るかもしれませんが、私の場合は1回目の上塗りが乾くころには夜になっていたので、2回目の上塗りは翌日の朝からやることにしました。, と、思える出来ですがよく見ると、かなり荒くシーラーの黄色がいたるところに見えます。, こんなネタをUPするぐらいなら、外壁塗装の見積もり方法やヒビの補修方法も、ちゃんと記事にしておけばよかったと後悔しています。, プレーオフ真っ只中の今、唐突な作業系のうぴ乙です。 「祝!!三年連続スーパーボウル出場」とでも書かせて頂いたらどうでしょう? いかがでしたでしょうか? 硬化剤☆硬化剤SUD超速硬化タイプ樹脂に対して1.0~3%添加します。気温に応じて添加量を変えましょう。 超速硬化タイプSUDは一般の硬化剤と同じ分量でも硬化スピード…, ポリエステル樹脂、ビニルエステル樹脂、スチロール用樹脂ゲルコート、トップコート全て共通!! 後で追記しておきます。 嫌いでは無いので続報お待ちしてます。, 来シーズンもデトロイト推しさん> (アカン), ならばシャッターに ↓↓↓硬化剤…, FRP防水リペア工事に最適な20点セットです。FRP防水おまかせセットです。(FRPおまかせ防水セットと同じ商品です。)トップコートが剥がれてしまっている場合などに使用できます。  ●FRP防水おまかせセットの特徴●    1.高耐候性のイソ系トップコ…, FRP防水おまかせセットに追加セットが登場! 硬化剤☆樹脂に対して0.7~5%添加します。気温に応じて添加量を変えましょう。 着色タイプ硬化剤は熱反応により硬化後はクリアになります!! 家の内部に雨水が侵入し、骨組みを痛めてしまい、高額な修理費が掛かってしまう可能性がある。, しかしひび割れの見方を知っていれば被害を最小限に抑えることができ、可能ならDIYで自分で直す事で修理費をぐっと安く済ませられる。, 今回建築のプロである一級建築士がお伝えするひび割れの知識を知れば、安全で費用を抑えた補修方法を手に入れることができる。, 表面的には大したことが無いように見えるひび割れだが、悪化するとどんな被害を招くのかまずは知っておこう。, ベランダの表面にはトップコートと言われる仕上げ兼保護塗料が塗られており、その下に雨水の浸入を防ぐ防水層がある。, ひび割れはこのトップコートが風雨や紫外線で硬化して起きる劣化の初期段階だが、放置しておくと割れが広がるだけでなく塗膜下に水入り込み、乾燥する時に塗膜を剥離させてしまう。, 当然トップコートが取れてしまうとその下にある防水層を露出させてしまうので、その劣化を防ぐためにトップコートの塗り直しなど補修をしなければならない。, 出典:http://www.kyouwahouse.com/wp/blog/487/, ひび割れが進みトップコートが剥がれて防水層が日光=紫外線に晒されると、劣化が急速に早まりひび割れなどを起こしてしまう。, するとその下の建物内部へ雨漏りに繋がるので、防水層とトップコートの補修や塗り直しが必要になる。, (良く勘違いをされるがベランダのように屋根があり日影になっていても、直射日光より弱いだけで紫外線は当たるので注意して欲しい), つまり防水層は構造体への最後の砦であり、これが痛んでしまうと建物としては非常に危険な状態になる。, 防水層を突破されると雨漏りとなり構造体内部に侵入し、鉄骨のサビ、コンクリートの割れや内部鉄筋のサビ、木造ならカビや腐朽菌などを発生させる。, そしてこれら構造材が腐食されると大切な住まいの強度が落ちてしまい、修理の費用がかかるだけでなく床が崩れたり階下の天井落下などでケガをする恐れさえある。, さらに内部に雨水が侵入し続けるとベランダの床が浮いてきたり、階下の天井に雨染みが広がるなどして初めて雨漏りに気付く訳だが、雨漏りの最も恐ろしいところは見えるところに現れてきた時には内部は相当腐食され、既に手遅れなのがほとんどなことだ。, そして建物内部の修理は一度既存の壁や床を壊し痛んでいる部材を撤去し、新たな構造を作るという作業になるので、普通の修理よりもはるかに多くの費用や日数がかかってしまう。, しかも壁や床を剥がしてみないと被害の範囲が見えないので正確な金額がわからないし、そこまで手を付けてしまうと修理費が高いからと言って後戻りできない。, そのうちに直せばよいと考えてしまいがちだが、軽度な内に手を打っておくことが重要であり、まだ大丈夫だろうと考えるのは大変危険なのである。, まずひび割れの対策を考える上で重要な、現状の防水がどのような方法になっているかを確認しよう。, ポリエステル樹脂塗料を補強材としてガラス繊維のシートを挟み込むように施工して行く。, 紫外線に弱いのでトップコートのひび割れや剥がれがあったら、その下のFRPをしっかりチェック。, ウレタンやFRPは継ぎ目がほとんど無いのに対し、シート防水は一定の間隔で継ぎ目がるので判別しやすい。, その周りを踏んでみてシートが下地から剥離し浮いているようであれば、早急に対処が必要である。, 続いてベランダにひび割れなどの劣化を発見した時に、それが近いうちに建物に悪影響を与えるものかどうかチェックするポイントを紹介する。, もし該当するようであれば、建物内の大切な構造体を痛めることが考えられるので、早急に対応を取って頂きたい。, 古い建物ではまれにあるが、コンクリートむき出しで無塗装のベランダにひび割れを発見した場合は既に緊急事態である。, むき出しということは防水層が無いので、そのひび割れから建物内部に雨水が侵入してしまっている可能性が高い。, コンクリート内の割れや鉄筋のサビなどが発生し、非常に危険な状態にあることも考えられる。, 残念だがDIYなどと悠長なことを言っている場合ではないので、早急に専門業者に連絡を取って欲しい。, ベランダの表面に見えているのはトップコートという保護膜であり、これにひび割れが起きているだけなら補修は必要であるが緊急性は低い。, しかしひび割れだけでなく、その周辺のトップコートが浮いていたり剥がれている場合は早急に対応が必要である。, その剥がれはどんどん広がり、下の防水層に紫外線が当ってしまい劣化が起きてくるからだ。, トップコートが剥がれて防水層がむき出しになっていて、ひび割れや毛羽立ちがあったり、指で触った時に塗料が付着してくるようなら重傷の兆しである。, ベランダが階下の外壁面から張り出しているようであれば、その底面を下から見ることができるので、ぜひ見上げて欲しい。, そこに水が染みていたり、乾いた跡があれば構造体内に水が浸入した可能性が極めて高いので、至急専門業者に連絡をして頂きたい。, その周りにゴミがたまっているようなら、排水不良で周りから漏水する可能性が高まるし、途中で詰まっていると同様に逆流して流れなくなる。, また年数が経っているとパイプの途中のジョイントの防水が劣化し、そこから水漏れする場合もある。, そこでネットや近隣の業者を探すことになるわけだが、正直未知の業者だと不安もあるだろう。, ベランダの防水塗装の状態はもちろんだが排水口を覗いたり、家の周囲から見てみたり、階下の部屋の状況を聞いてきたりと見所はいくらでもある。, また確認した状況などを丁寧に説明してくれるかは、実際工事を頼んだ後の対応にも繋がっていく部分なので重視すると良いだろう。, 素人だからわからないだろう、と説明を飛ばす業者は、実際の工事でもわからないだろうと省かれるかもしれない。, 説明が上手か下手かではなく行う工事を知ってもらおうという姿勢が大切で、説明した事はしっかり行うという宣言でもある。, 急いで対処して欲しい状況だと焦ってしまうところだが、それでは行儀の悪い施工業者の思うツボである。, 防水工事は確かに雨漏りやカビ、修理費が高くなるなど不安になる要素が多いが、それをいかにも大げさにあおり契約を急がせるのは、暇で仕事が欲しい業者の常套手段だ。, ポストにチラシが入っていたどこの誰だかわからないような業者や、いきなり飛び込みで訪問してくるような業者に依頼するのは避けよう。, 最近は大手のホームセンターも修理の部門を持っているし、ネットでもしっかり所在を明らかにしているところなら安心できる。, 急いで補修が必要な状況だと早く工事を依頼したいところだが、緊急だからこそしっかりした業者に依頼しなければならない事を忘れないで頂きたい。, ほとんどが無料で行ってくれるし、その業者の仕事に取り組む姿勢を伺う絶好のチャンスである。, 業者に補修を依頼する際に、補修方法をある程度理解しておくと、手抜きの防衛策になる。, ベランダの補修方法や費用は表層のトップコートだけがひび割れているのか、下の防水層も劣化しているのか、さらに下地まで痛みが進行しているかで違ってくる。, 部分補修もできなくはないが、既存と色が変わる上に剥離の可能性もあるので、真面目な業者ほどやりたがらないであろう。, ちなみに「油膜取り」は既存のFRP表面のワックスを取り除いて、プライマーが剥がれにくくするために行うのだが、使用する溶剤が簡単には買えないためDIYで行うのは難しい。, ケレン作業によって既存のトップコートを剥がし、広めの面積でウレタン塗装かFRPガラス繊維シートで防水層を上塗りし、その上からプライマー+トップコーの全面塗装を行う。, 防水シートがひび割れていた場合は周りが剥がれて浮いていないかを確認し、その範囲を広めに剥がして貼り直すことになる。, しかし剥がしたら浸水で痛んでいる部分が広い範囲に及んでいることがわかり、費用が追加になることも多い。, 防水層の補修箇所が多いということは、トップコート下に隠れた劣化が潜んでいる可能性もあるので、新たに上に層を作ってしまった方が安心である。, 全面貼り直しとなると一度既存のシートを剥がす手間がかかり、廃材の処分費用もかかるので高額になるケースが多い。, そこで一つ手なのが既存シートの割れなどを補修した後に下地処理をして、上からFRPの防水層を作ってしまう方法だ。, シートを剥がす手間や残材処分、下地の補修の費用を考えると、張替えより安く済むケースもある。, 特にベランダが凹凸ある形をしていると、シートの継ぎ目や折れ角が多くなりひび割れの危険性が高くなってしまうので検討してみたらどうだろう。, 防水層のさらに下の木部などにまで漏水がまわっていた場合には、その部分の改修が必要となる。, この場合塗装業者だけでなく大工なども呼ぶことになるので、補修費は高額になりやすい。, その上どこまで水が浸入し痛んでいるか床を剥がさないと解らないので、工事日数、費用とも不透明なまま始めることになる。, これが一番避けたいケースだが、気付かぬうちに被害が進行していることがほとんどである。, せっかく工事をするなら、併せてベランダの立ち上がり壁の笠木や手すりの錆び止め塗装、サッシ枠のシーリングの打ち直しも一緒に頼むと良いだろう。, さてベランダのひび割れを自分で直すか、専門業者に頼んだ方が良いのかは大いに悩むところではないだろうか。, 塗装はどうしても仕上がりにばかり目がいきがちで、ウッドデッキなどでキレイに塗装できた経験などがあるとやってみたくなる。, しかし安く済ませる為に自分で直せてしまえば良いが、素人補修をして逆にダメージを大きくしてしまっても困るだろう。, そこで判断の基準にして頂きたいのがトップコートのひび割れだけなのか、それよりも進行しているのかである。, 丁寧に均一の出来で全体を仕上げないといけないし、この後解説するが皆さんが思われているよりも多い工程を1日で終わらせなければならない。, いざ手を付け始めたら思ったよりも1工程に時間がかかり、最後の方の工程が雑になってしまうことがベランダ補修のDIYでは良くあるミスだ。, しかし失敗した場合は最悪雨漏りにも発展してしまうので、不慣れな方がチャレンジするにはリスクが高すぎると言える。, 経験が豊富な人以外は基本的にトップコートが痛んでいる場合にだけ自分で補修するようにして欲しい。, 大きめのホームセンターなら一通りのものが置いてあるし、塗料のセットも販売している。, またネットでも販売されているので、多少塗装の経験があるならその方が安く手に入るだろう。, 出典:http://senor.cocolog-nifty.com/blogs/2010/06/, 厚塗りをすれば効果が高まるものでもなく、しっかり膜を作る事が大切なので下地材に吸われるようであれば2度塗りをする。, 次の工程までに製品表示にある乾燥時間をしっかり空ける。(水性で3〜4時間、油性で1時間程度), ただ中には下地塗料や目荒らしが不要とされている塗料もあるが、それなりの工夫をしてあってもどちらかというと手間が省けることをアピールして売ろうとしている面が強い。, 長い年月の効果を考えると、目荒らしや下地プライマーの工程を省くことは耐用年数を短くすることな繋がりやすい。, ちなみに激安以外のまともな施工業者は目荒らし、下地共に決して省かないことを付け加えておく。, 天候を良く確認し、当日1日と、DIYなので不足の事態を考えできれば翌日も晴れる日を狙って行うようにしよう。, 間を空けてしまうと塗料の上にホコリや油膜が乗ってしまい、上塗りが剥がれやすくなってしまう為である。, プロでも一日かかる仕事なので、朝早めの時間からスタートし十分な時間を確保しておこう。, ところでトップコート補修のDIYとプロの専門業者の仕事で、前述した均一の仕上がりとスピード意外にもう一つ違う点がある。, 専門業者が補修を行えば、後々雨漏りに繋がるような危険箇所に気付くことができるのである。, 特に年数が経った建物はベランダのひび割れ以外にも、痛んでいる箇所があってもおかしくない。, 「FRP補修の予定で行ったが、良く見たら排水口ドレーンにひびが入っていたので交換した」や「サッシ下のコーキングも割れていたので一緒に直した」など、予防対策をした話しを専門業者から良く聞く。, 真面目な業者であれば作業中に発見した劣化を教えてくれるはずで、追加料金になったとしても後で直すよりはずっと安く済む。, そこでぜひDIYで補修をする前に、専門業者に調査だけでも依頼することをお勧めしたい。, 調査だけなら無料であるし、自分では気付かない補修が必要なところを発見できるかもしれない。, ベランダのひび割れは決して表面上の痛みだけでなく、防水層の劣化やいずれは雨漏りにまでつながっていくことは、お解り頂けたろうか。, 住宅に長く安心して住んでいくためにはメンテナンスが必ず必要であるが、ぜひ優先して行っていただきたい代表格の一つだ。, 建物の経年による劣化は良く人の健康に例えられるが、正に早期発見、早期対策が重症化させない大前提である。, また自分で直すDIYも大いに結構だが、この際健康診断のつもりで専門業者に見てもらい全体的な補修も検討したらいかがだろうか。, 建築業界での経験を活かしたWEBメディアを運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBコンサル事業、コンテンツ販売事業にも携わる。Facebookお友達申請大歓迎です。その他WEB集客、自社メディア構築、ビジネスモデル構築に関するコンテンツは公式サイトより。.