プラスチック製品の修復は、やったことのない人にとっては気の進まない仕事かもしれない。しかし、替えのパーツがない(たいていそうだ)、締め付けるナットがない、とにかく変形してしまった、割れてしまったなど、そんなときは、プラスチック自体を修復するしか道がない。, プラスチックは、みなさんが思っているより簡単に直せる。熱と圧力を使えば、多くのものを修復することができるのだ。なので、壊れたプラスチック製品を諦めてプラゴミ箱に捨ててしまう前に、ここに示す方法を試してみてほしい。, これは世界のフィギュアのコレクションで思いついた技だ。愛好家のフォーラムをいろいろ調べてみると、ちょっとずつやり方が違っていたりする。プラスチック(特に小さくか薄いもの)は、そんなに熱をかけなくても柔らかくなる。コンロに鍋をかけるか、水を電子レンジに入れて、沸騰直前まで温めておく。もう1つ、冷たい水を入れたボウルを用意しておく。プラスチックを湯に浸けて温める。ときどき湯から出して柔らかさを確かめよう。指で整形できるほど柔らかくなったら、元の形に戻して、すぐに冷たい水につけて冷やす。, この方法は、フィギュアそのものだけでなく、曲がったフィギュアの刀も直せる。また、私はこの方法を使って変形してモーターユニットに接続できなくなったハンドミキサーを修理した。15分ぐらいで修復ができてしまった。新しい製品を買わずに済んで助かった。, プラスチック製品が2つに割れてしまったときや、ひびが入ってしまったときは、プラスチック溶接がいい。熱をかけて断面を溶かして、両面を融合させるという方法だ。新たにプラスチックを追加すると接合部分を強化できるが、場合によってはその必要はない。, プラスチック溶接には、それ専用の工具があり、工程に応じてアタッチメントがあるが、簡単な修復なら、安いハンダごてで代用できる。上の動画は、DelboyのGarageによる実演だ。針金を使って割れた部分を「縫う」技も紹介している。, 注意: プラスチックを溶かすと有毒ガスが発生することがあるので、換気のよい場所で行うこと。, 摩擦溶接も、プラスチック同士をくっつける技術だ。小さなプラスチック(たとえば3Dプリント用のフィラメントを短く切るなど)を高速で回転させて、接合したい部分に押しつけてやる。摩擦熱でプラスチックが溶けて、割れた部品は融合する。回転されているプラスチックもそこに盛られるので、より強力になるのだ。, 1970年代に、マテルは「Spin Welder」という摩擦溶接用の道具を販売していた。2012年に、Frantone ElectronicsのFran Blancheはそのアイデアを復活させ、安価な回転ツールで摩擦溶接機を作った。これは3Dプリントの失敗部分の修復に非常に役に立つ。本体とまったく同じプラスチックを使って溶接できるからだ。, 大きな穴が開いてしまったような場合は、プラスチックで「継ぎ当て」をする必要がある。この方法は、カヤックをやる人の間ではよく知られている。穴の周囲を熱するための熱源(ヒートガンが最適)と、穴が完全に隠れる程度の大きさのプラスチック板を用意する。非常に高温になるのでグローブも必要だ。十分に熱したところでプラスチック板を押しつけ、熱したスプーンかコテでエッジをスムーズに均す。, アセトンは、ABSを溶かすことができる溶剤だ。3Dプリントの達人は、3Dプリントした表面の結着をよくしたり、部品を接着したり、ミスプリントを修復するときによくアセトンを使う。アセトンとABSを混ぜたものは、ABS懸濁液として知られていて、ABS同士の接着や、穴埋めなどに使用される。Matter HackersがABS懸濁液の簡単な作り方を紹介している。, もちろん、接着剤を使うという選択肢はいつでもある。プラスチックには、瞬間接着剤(シアノアクリレート)またはプラモデル用の接着剤を使う。, 「Maker Faire Tokyo 2020」レポート #1 — 1本の糸から立体を編み上げる「ソリッド編み機」. ウェブベースの回路シミュレーター. 靴修理は、豊富なサービス実績と高い技術力を持つ靴専科にお任せください。かかとゴム交換、ヒール、ハーフソール(すべり止め補強)、つま先、インソール、オールソール等、各種靴修理を行っています。革靴、パンプス、ブーツ等、様々な靴に対応。いつも愛用している靴を大切に使い続けられるように、最適な靴修理をご提案いたします。, 長く履いているとヒールのゴムまで削れてしまいますが、ゴムが擦り減る前に交換するのがベストです。バランス良くヒールを修理することができます。, 擦り減ってしまったかかとのゴムを、新しいゴムに交換します。靴専科では、様々な素材を取り扱っていますので、お客様のご要望に合わせた交換ができます。, 擦り減ったゴムを新しいゴムに交換します。ヒール本体まで擦り減ってしまう前に交換することをオススメいたします。, 長く履いていると靴底のゴムまで削れてしまいますが、ゴムが擦り減る前に交換するのがベストです。, 靴を履いていれば、かかとのゴムは必ず擦り減ります。擦り減った状態で歩いていると、体のバランスを崩す場合もあります。ゴムが擦り減ったら、定期的にゴム部分の交換をオススメいたします。, 擦り減ったゴムを新しいゴムに交換いたします。ヒール本体まで擦り減ってしまう前に交換することをオススメいたします。, 擦り減ったソールをそのままにしておくと滑りやすくなり、靴の寿命が短くなります。擦り減る前に、ソールをゴムや革で補強できます。新品の状態でソールを貼るのがオススメです。, 擦り減っている靴底部分に新しいゴムを貼り、補強を行います。すべり止めの効果も持ち合わせており、滑りやすい靴などには絶大な効果があります。, また、新品時の靴底にゴムを貼ることで、靴の寿命が大幅に改善される修理方法です。靴底面を整え、新しいゴムを接着剤でしっかりと貼り付けます。仕上げは靴の形に合わせて削りますので、違和感が残らずに履くことができます。, 滑りやすい革底や減り防止を軽減させるために、新しいハーフーソールを取り付けます。新品の状態からハーフソール(すべり止め補強)を取り付けることをオススメいたします。, 紳士靴の靴底は、特殊な縫いでソールを固定しています。そのままの状態で履いていると糸が切れてしまい、ソールが剥がれる原因になりますので、靴底が減る前にすべり止め加工を行う事をオススメいたします。, つま先底の剥がれや擦り減りを防止する修理方法です。擦り減る前にゴムや革で補強できます。, 靴底で一番早く減り始めるのが、つま先部分です。「靴底はまだ新しいのにつま先だけが……」と悩んでいる方にオススメの修理です。減ってしまったつま先分をなだらかに整え、靴底と素材の厚さを調整し、つま先全体を違和感が出ないように仕上げます。, 擦り減ってしまったつま先部分を、専用の素材を使って元の状態に戻すことができます。靴本体に穴が開く前に修理をすることをオススメいたします。, 靴底で一番早く減り始めるのが、つま先部分です。「靴底はまだ新しいのにつま先だけが……」と悩んでいる方にオススメの修理です。減ってしまったつま先分をなだらかに整え、靴底と素材の厚さを調整し、つま先全体に違和感が出ないように仕上げます。, 靴底全体を新品同様に甦らせることができます。素材は、革・ラバー・スポンジからお選びいただけます。, 履きこんで擦り減ってしまった靴底を、新品同様に交換いたします。熟練した職人が一つひとつ丁寧に靴底をハンドメイドで修理しますので、元のデザイン・履き心地を損なうことなく交換できます。, 擦り切れてしまった靴底を新しく交換いたします。用途に合わせて、お好みの素材に変えることもできます。, 紳士靴の製法は、主にセメンテット製法・マッケイ製法・グッドイヤー製法・ステッチダウン製法に別れています。見た目での判断は難しいですが、なぜ靴に色々な製法があるかというと、様々なシーンに合わせて履きやすさを追求した結果とも言われています。, しかし、普段の生活の中で靴を履いていれば、靴底は減っていきます。靴=出会いとも言えるぐらい、足に合った靴が見つかることは奇跡なのです。靴専科では、一足一足製法に合わせて丁寧に修理を行いますので、お気に入りの靴を末永く大事に履くことができます。, 階段にぶつけてめくれてしまった靴や、キズが付いてしまったヒール部分を新しい革・ヒールに交換いたします。, 一度本体からヒールを外し、新しい革をヒールに巻き直します。お好みの素材・色にも変更することができます。, 古くなったヒールを外し、元の形に近い新品のヒール取り付けます。履きすぎて削れてしまったヒールを、元の高さに戻すことができます。, 汗や汚れ、日常のお手入れでは落とせないものがインソールに付いた場合は、新しいインソールに交換することをオススメいたします。各種素材・カラーバリエーションのご用意があります。, 汚れてしまったインソールや劣化してしまったインソールも、お客様のお好みに合わせて新しいインソールに交換することができます。店舗にある見本からお好きなデザインをお選びいただけます。素材には、劣化に強い革製のインソールと汚れに強い合革のインソールをお選びいただけます。, 汗や汚れ・皮脂で汚れたインソールを新しく交換することができます。多くの柄・色からお好みの素材をお選びいただき、足元を美しく演出します。, 汗や汚れ、日常のお手入れでは落としきれないものがインソールに付いた場合は、新しいインソールに交換することをオススメいたします。各種素材・カラーバリエーションのご用意があります。, インソールは直接足と接している大切な部分です。汗を吸って汚れてしまったり、摩擦により擦り切れてしまったり、劣化により破損してしまったりと、靴の中でも傷みやすい部分です。, 汚れてしまったり劣化してしまったインソールを、お客様のお好みのデザインや元と同じように修理することができます。素材も汚れに強い合皮製や劣化に強い革製をお選びいただくこともできます。店舗にある見本からお好きな物をお選びください。, ブーツなど、靴のファスナー部分を交換することができます。世界シェアNo.1のYKK製ファスナーから色と素材を選べます。, ファスナーは経年劣化や摩耗で閉まらなくなったり生地の部分、特にくるぶし付近の生地が破れることがあります。壊れたファスナーを取り除き、長さを合わせてなるべく縫い目も合わせ、専用ミシンで縫い付けます。, 壊れてしまったファスナーを本体から外します。新しいYKKのファスナーを取り付け、靴専用のミシンで縫い付けます。, 靴に使用している金具関係の修理をすることができます。各種サイズや形のご用意がありますので、お近くの靴専科で気兼ねなくスタッフにご相談ください。, 靴には様々な金具が使用されています。代表的な物としては、サンダル部分のホックやベルトの穴に使用されているハトメなどが挙げられます。特にサンダル部分のホックなどは使用頻度が高いため、壊れやすくなっていますので、定期的な交換をオススメいたします。, 雨や汗の水分で金具が錆びてしまい、ホックが硬くなってしまった金具を交換することができます。また、取れてしまった金具の交換も可能です。, 靴のデザインによっては、様々な甲ゴムを使用しています。代表的なデザインとしては、ミュールゴムやサイドゴアなどが挙げられます。年数とともにゴムも伸びてきてしまうことが多いので、定期的な交換をオススメいたします。, 靴のベルト部分と金具を繋げているゴムを新しく交換いたします。靴が履きやすくなってきたときに、ゴムが伸びてしまうことが多くあります。様々なゴムの種類から交換できます。, かかとの内側の穴や擦れを補強することができます。また、スニーカーなどの袋状になった修理の難しい複雑な構造の靴も修理可能です。, かかとの内側部分は常に足と密着しているため、革が擦り切れてしまい、穴が空きやすい箇所です。靴専科では、専用の革を使用して復元することができます。, かかと内側の擦り切れ部分を、新しい革で補強します。靴ずれや、靴本体の型崩れを防止することができます。, ダイナイトソールは、耐久性に優れ、カジュアルでもフォーマルでも合わせやすい特徴から非常に人気が高いソールです。しかし、全体的に擦り減り始め、ソールを縫っている糸も切れ、内側の革が破れているので、交換・修理いたしました。, ハードに履くことで革の風合いと個性を楽しめる堅牢で実用的なブーツとして、日本でも90年代のアメカジブーム時には品切れが続出するほどの人気になった「アイリッシュセッター」にまつわる修理の事例をご紹介いたします。, つま先が剥がれてしまったスペインの老舗ブランド・YANKOの革靴が持ち込まれましたので、ハーフソール修理とつま先補強を行った際の事例をご紹介いたします。, 高級革靴を購入した際に絶対にやっておきたい、オススメの補強・お手入れ方法が、「ビンテージスチール」という修理方法です。つま先部分の減りを極力なくす、ヨーロッパ・米国でポピュラーな「ビンテージスチール」についてご紹介いたします。, 靴修理がどのように行われているかご存知ですか? 手仕事の部分もありますが、機械を使った作業も数多くあります。靴修理屋の中にある大きな機械を見かけた方もいると思いますが、その他にも様々な専用の機械を使って靴修理は行われています。今回は簡単ですが、靴修理の職人が使用する機械をご紹介いたします。, 雨が降ると地面が滑りやすくなり、転んだり滑りそうになってヒヤッとしたことがある方は多いのではないでしょうか。ただ、雨だけではなく靴底に滑る原因がある場合もあります。そこで、靴底を交換するオールソールについてご紹介いたします。, パンプスやミュール、サンダルなど、見た目が軽やかな靴はブーツなどと比べてソールが比較的薄く、つま先部分がいつの間にか擦り減っていることがあります。レザーソールの場合は、滑りやすく、転んでしまうことも……。雨の日は特に危険です。そこで、今回はソールの中でもハーフソールについてご紹介いたします。, かかとゴム交換、ハーフソール(すべり止め補強)、つま先、オールソール(靴底全体)、ヒール巻き・交換、インソール、ファスナー交換、小物・金具修理、ゴム交換、すべり革・すべり口, 幅出し(きつい靴の調整)、パット調整(ゆるい靴の調整)、ヒールカット(高さ調整)、ヒールアップ(高さ調整), バッグのパーツ交換、ロングブーツの筒をカットして長さの調整、ロングブーツファスナー新規取り付け、スニーカーのソールをドクロソールに変更、ゴルフシューズを通常靴に変更, パンプスのヒールに巻かれている革がボロボロになってしまったのですが、交換できますか?, ローファーのタッセル(革飾り)部分が1箇所無くなってしまったのですが、修理できますか?, ブーツの縫い合わされている革(後ろかかと側)の糸がほつれているのですが、修理できますか?. プラスチック部品は金型で成形されてから作られていますので、割れたり、欠けたりした場合に機能が保てなければ修理するよりは部品交換の方が多くなってしまいます。, ところが、そう簡単には部品が入手できなかったり、古くて経年変化で割れた廃番品であった場合などに、部品を探す労力よりもプラスチックの修理ができればそちらの方が早く済んでしまう場合も多いです。, そんな樹脂のプラスチック部品の割れや欠けを、修理または再生する方法として作業手順を紹介していきます。, ドライブレコーダーのホルダー部品の樹脂ナット部分が割れています。これを直していきます。この樹脂ナットは角度調整になるボール部分を常時押さえているため、ナットには外に広がるチカラが常にかかった状態になります。そのため構造上で割れやすい部分にはなりますが、半年は使用していないほどだったので、設計上の強度不足は否めません。, そんなこと言っても自然に直るわけもないので、割れた樹脂ナット(恐らく材質はABS)を修理しようと思います。瞬間接着剤で破断面同士を接着するだけでは、同じ個所からまた割れるはずです。理由は以下の通り, これらのことから、破断面を接着する方法ではまた同じ個所が割れてしまうことが予想されるため、溶着型のプラスチックを新たに形成できる「プラリペア」で修理(再生)させることにしました。, 武藤商事 MUTOSYOUJI [ 武藤商事 ] プラリペア 型取りくん [ 品番 ] K55, プラリペアを知らない方のために簡単に説明すると、プラリペアは「粉」と「液体」からなり、二つを混ぜて硬化します。5分程度で完全硬化しプラスチックと同化させることができるパテ+接着剤のイメージです。溶着なのでプラスチックを溶かして固着し一体化してしまいます。, プラリペアの使い方としては、接着剤ではなく溶着であるため、結合するライン上を両者削っておき、プラリペアの粉と液体の混合物を「盛る」ことで一体化させます。一体化した後は最初から成形された樹脂かのようになって削ることもできます。大変便利なプラスチックの補修材なのですが、ホームセンターで見かけることはほとんどありません。, 温めれば柔らかくなって型として使用できる型取くんも一緒に使っていきます。材料的にはポリエチレン樹脂です。分かりやすいので「型取くん」で記事内は呼称を統一していきます。, 最初に以下がプラリペアを使用する際の悪い例になります。AとBを接合させたい場合に、混合剤を盛っただけの状態です。, これでは肝心な破断面は接着すらしておらず、硬化すれば接着したような状態にはなりますが、盛った部分を削ればまた割れが出てきてしまいます。表面上の薄い皮で持たせている状態で強度は期待できません。そのため、破断面を削って肉盛りできるようにしてあげることが正しい使い方になります。, プラリペアの場合は溶着のため、混合剤を盛ってあげる必要があります。肉盛りできるようにするためと、破断面の面積を大きく取るためにも斜めに削ってあげるのこと最適な方法になり、強度を大きく持たせられるポイントになります。, 作業的には電動のハンドリューターが活躍します。樹脂の加工になるのでヤスリでも削ることはできますが少し手間がかかります。, 冒頭でご覧になったドラレコの割れた樹脂ナットをプラリペアを用いて結合修理(再生)していきます。先に説明した「最適な方法」でお伝えした通り、結合面(破断面)を削る作業が必要になります。, 今回の作業には、割れた樹脂ナットを使用しているため、その内側にはネジ山があります。結合面の一部にもなっておりますが、ネジ山まで「最適な方法」でお伝えしたような削ることはできないので、ネジ山もプラリペアで形成させるように「型取くん」と呼ばれるポリエチレンを使って内周に当てておきます。, 70℃程度で柔らかくなります。ここでは沸騰したお湯に漬けています。3分ほど経ってから取り出します。取り出す時は熱いので火傷に注意するためプライヤーで掴んでいます。, もともとは長方形のブロックですが、とろけるような状態になっており、あまり長く漬けていると糸を引き始めるほど柔らかくなってしまいます。, 画像左側が割れている部分です。ナットの内部に型取くんを適量にちぎって内面に押し当てます。まだ柔らかいのでしばらく放置しないと硬化しません。, 型取くんだけでは亀裂が広がってしまうため、補強にマスキングテープで強めに巻いておきます。, 後の作業で液体を流し込むと樹脂を溶かしますので、液体が余計に流れても防ぐようにマスキングテープで修正箇所周辺を覆ってしまうのも有効です。, 最適な方法で紹介したようなV時の溝を綺麗に削るほどナットが小さすぎてできないため、単純に溝を作っていきます。この時、型取くんが無いとプラリペアを盛るときにナット内部に流れてしまいます。そのため、型取くんが活躍します。, 樹脂ナットの部品が小さいため、雑な溝形状になっていますが持っているリューターの刃物の中で細いもので削っただけです。型取くんが見えてくると削りすぎでもありますので、適当な感覚までで溝を掘っています。, この溝にプラリペアを埋めていきます。この溝の大きさからも分かるように接着ではありません。再生すると言ったほうが適しています。, 要は混合させれば良いのですが、①の方法ですと取り出した個体を何個も置いていく作業になるため、少し手際が悪いとうまくいきません。ニードル法はスポット箇所向きです。そのため、今回は②の溝に粉をまぶしてから液体を浸透させる「ふりかけ法」で作業していきます。, 粉の状態で削った溝の上に乗せてしまいます。そこに液体を注入し、粉と液を混合させます。混合するというよりは(濡らしていく)浸透です。混ぜる、練り込む必要は一切ありません。, 液体(メタルメタクリレート)を粉に目掛けて浸透させます。少々きついシンナー系の匂いはありますので、換気しましょう。作業的には粉を濡らしていくだけのような感覚です。, この液体は樹脂を溶かします。そのため、作業時に必要以上に液体を垂らさないように注意してください。型取くんで緻密な形状を作っておくことが液漏れには有効です。, 液体を注入したら水のように艶があるので乾いていないことが分かるはずです。しばらく放置して5分以上待ちましょう。逆に硬化が早いので、液体を注入する前にしっかりと状態を再確認してから注入してください。硬化したら時を戻すことはできません。, 完全に硬化している状態になったら、型取くんを取り出します。型取くんのおかげで余計なところまで形成されることもなく原型を維持してくれています。しかし、多少のバリや硬化部分が盛りあがった状態なので、少し整えたいと思います。, ナット内部の一つ一つのネジ山までは完全には再生できていないようにも見えますが、位置が合っていればネジは通るのでこのままで良しとしています。取り出した型から推測すると、ネジ山の割れ目にも粉が乗っているのが見えるため、大半は浸透してネジ山の割れ部分も形成されていることが確認はできます。, バリや盛られた部分をリューターで削っていきます。本当に硬化した状態は元のプラスチックのようです。液体のメタルメタクリレートは樹脂を溶かしてしまうため、まるで最初から樹脂成形されたかのように溶け込んで一体化(形成)してしまいます。これが強度のポイントです。, 洗浄といっても、水で洗って粉塵類を落としただけです。リューターの刃に仕上げ用砥石が無かったので粗目の仕上げにはなっています。, ここでは、割れた部分の再生が目的なので完全に修復が分からなくなるほど仕上げませんが、仕上げたい場合は樹脂は磨くのは少し困難なので、「プラサフ」を吹いて、「研いで」から「塗って」しまえば完全に修復箇所も分からなくなります。, プラリペアには色があります。今回使用したカラーはブラックです。修復したい素材の色に合わせてプラリペアの色は選びましょう。修正箇所が目立たなくなります。, 修復したドラレコのナットを元に戻して組み付けしてみます。その後、角度調整のボールを動かしたり強く締め付けてみたりしましたが、今までと同じようになりました。, しかし、修復部分は厚みが増して強度が出てしまいましたので、今度は樹脂ナットの別の部分で破断が生じる可能性は高いです。そもそも強度不足の設計品です。それまではこれで使っていきます。, 更に強度を上げるために、FRPなどで使用する「ガラスファイバー」シートと一緒に溶着させてしまうこともできます。, 今回のナットの修正では内周にネジ山があったため、適当な位置で結合させることができないこともあって、型取くんを使用しています。, 型取くんは透明とはいえ半透明であり、今回の作業では樹脂ナットの内側から押し当てているので全く変形している状態は見えず、しっかりと相手側に追従できてるか半信半疑でもありましたが、大変良好かつ円滑に型取れていました。, ここでの作業は接着目的が強い題材となっておりましたが、割れて無くなってしまったカウルのステーなども型取くんとプラリペアを使って新しく樹脂部ができてしまいます。その強度も抜群です。, 要するに、厚みが薄いものや小物であれば、型さえ作ればリペアではなく新たな樹脂のものを作ることができてしまいます。, この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。