ピアノの指番号とは、簡単に言うとピアノを弾く時に、どの指で楽譜の音符を弾いたら良いのかを示したものです。 この指番号を理解することで指番号の書かれた楽譜は指運びを悩むことはなくなります。 またこの指運びのことを運指(うんし)と呼びます。 多くのピアノ初心者用の楽譜に書かれている指番号について、詳しく解説します。, この記事で指番号を理解することと、最終的にはクリスマスソングのジングルベルのサビ部分を弾けるようになることを目的としています。, 指番号とは楽譜の音符の下に書いてある数字のことです。この1〜5の数字は手の各指、親指、人差し指、中指、薬指、小指に対応しています。 この指番号を覚えることで、楽譜に書かれている音符をどの指で弾いたら良いのかを知ることができます。, この楽譜では順番に『ド』〜『ソ』までを指の順番通りに弾くだけなので迷うことはないと思います。, カエルの合唱は、『ド』〜『ラ』までの6個の音符を使用します。 指は5本しかないのでそのまま弾くには1本足りません。, そこで途中で指を隣の鍵盤へ移します。 『きこえてくるよ〜♪』の『き』の部分を指をずらして『人差し指』で弾きます。 そうすることで『きこえてくるよ〜♪』の『て』を小指で弾くことができます。, 指番号があることで『どう指を使ったら曲が弾きやすくなるのか』がわかりやすくなります。 指番号自体はとても簡単なので、覚えておくととても便利です。, この練習は手を置く場所さえあればピアノがなくてもできます、机でも太ももでも大丈夫です。, 詳細はピアノの『楽譜の読み方』に書いてありますが、簡単に今回使用する楽譜のピアノと楽譜の位置関係です。, ヘ音記号は使わず、右手、左手共にト音記号になっています。 練習では『ド』〜『ソ』の5個しか使いませんので、楽譜はそんなに読めなくても大丈夫です。, 練習用の動画も用意しましたので、動画に合わせて指を動かしてみてください。 練習用動画の進行は、ピアノの音が入っている映像→ピアノの音が入っていない映像の順番で進行します。, 右手の練習その2では『ド・ミ・レ・ファ・ミ・ソ・ファ・レ・ド〜♪』と順番に弾きます。, 指番号は1・3・2・4・3・5・4・2・1(親指→中指→人差し指→薬指→中指→小指→薬指→人差し指→親指)です。, 左手の練習その1では右手の練習その1と一緒の『ド・レ・ミ・ファ・ソ〜♪』と順番に弾きます。, 指番号は5・4・3・2・1(小指→薬指→中指→人差し指→親指)です。 右手と異なり小指から始まることに注意してください。, 左手の練習その2では右手の練習その2と一緒の『ド・ミ・レ・ファ・ミ・ソ・ファ・レ・ド〜♪』と順番に弾きます。, 指番号は5・3・4・2・3・1・2・4・5(小指→中指→薬指→人差し指→中指→親指→人差し指→薬指→小指)です。, 両手の練習その1は先ほどやった『右手の練習その1』と『左手の練習その1』を合わせて行う練習です。, 最初は片方の手につられて同じ指が動いてしまうかもしれませんが、何度かやると指が慣れて出来るようになりますので、安心してください。, 両手の練習その2は先ほどやった『右手の練習その2』と『左手の練習その2』を合わせて行う練習です。, 練習その1に比べると指の動きが複雑になるので、より両手の練習その1より片方の手につられてしまうかもしれません。, ですがこれも慣れの問題で、何度かするうちに出来るようになります。是非チャレンジしてみてください。, 最後にジングルベルです。今までの練習と比べると音符の種類と量が多く『いきなりレベルアップしすぎ』と思うかもしれません。, ですが、よく見れば音符は変わらず5個しか使っていないのは今までの練習と一緒です。また楽譜の音符の種類や記号が沢山ありますが、あまり気にしなくても大丈夫です。, 曲自体は皆さんよくご存知の『ジングルベル』です。リズムさえわかっていれば『ド』〜『ソ』までの音符をリズムに合わせて指番号の通りに指を動かすだけです。, 音符や記号は意識せず、音に合わせて指を動かすことだけに意識を傾けてみてください。 大丈夫です、楽譜は読めなくてもメロディーやリズムは耳が覚えてくれています。, 今までの練習と同様、繰り返しが大事です。いきなり弾ける人も中にはいると思いますが、最初は誰でも弾けないのが普通です。, 続いて左手の練習です。日本人のほとんどが右利きなので、左手を動かすことにあまり慣れていません。 右手と比べて思うように動かず最初は当然『イライラ』します。, そんな時は、あまり左手君を責めないであげてください。彼も一生懸命やってるんです。普段動かない分慣れるのに時間がかかってるんだなと思ってあげてください。, そんな彼でも何度かやるうちにちょっとずつ出来るようになってきます。その時は褒めてあげてくださいね。左手君は褒めたら伸びるタイプです。, ついに来ました、ジングルベル両手の練習です。 楽譜のサイズが大きいですが、内容は先ほどまで個々に右手と左手でやった練習が一緒になっただけです。, いかがだったでしょうか、最初はなかなか思うようにいかなかったのが、少しずつ出来るようになっていく過程を、もし実感されていたら、とても嬉しいです。, ピアノは一人でリズム、メロディなど沢山の役割を担えるポテンシャルを持っていますが、最初からそうはいきません。 そのせいで練習では単調でつまらなくなりがちです。動画ではドラムを入れていますが、ドラムが入るだけでなんだか音楽っぽく感じて私は楽しくなりました(笑), 今回使用した楽譜は全て無料でダウンロード出来るようになっていますので、必要がありましたらお使いください。. 市販のテキストを買って、自分一人だけでピアノを始めることに自信がないなぁと思う方は、スカラーのサポートが付いているオンライン教材があります。大人初心者さん向けです。 「指番号が書いていない楽譜は、指の位置や順番等どうやって決めたら良いですか? 弾き始めの指をどれにするかは、何か一般的なルールがあるのですか?」, 【中級者向け・第3弾クリスマスソング】スカラーアレンジの「童謡・唱歌の楽譜」を販売いたします!. 「はんなりピアノ動画レッスン♪」開講してます。 今回は、 実際にピアノの鍵盤をおさえて弾いていくための、 基本の練習方法 を考えていきましょう。, ピアノの鍵盤は、 どの指でどのキーを弾いてもいいのです。 自由に、 弾きやすいように 指を動かせばよいと思います。, ただし、基本として、 「こう弾いたほうがなめらかに指が動く」 という順番は確かにあり、 その通りにしたほうがよいこともあります。, ドからはじめると、 親指=1=「ド」、 人差し指=2=「レ」 というふうに、 高音にあがっていきます。, 左手は右手の逆で、ドからはじめると、 親指=1=「ド」、 人差し指=2=「シ」、 中指=3=「ラ」 ですね。, 譜面に指番号がついているときには、 その番号の通りに弾いて、 指の動きを確認してみてください。, 弾き始めは、 五本の指で確実に鍵盤がおさえられるよう、 「ドレミファソ ソファミレド」 と繰り返してみてください。, 薬指と小指は、 普段もあまり使うことがない指なので、 力も弱いですし、 慣れるまではうまく独立して動くことができません。, だいぶ慣れてきたら、今度は 「ミファソ ソファミ」 というふうに、 中指~小指の練習をして、 薬指と小指の硬さをとっていきます。, 指を使っているうちに、 だんだん今まで使わなかった筋肉が、 動くようになってきますよ。, ただし、 無理をしては腱を痛めてしまいますので、 スパルタ的なトレーニングは禁物です。, 基本的な普通長音階は、 シャープやフラットを含まない、 「ドレミファソラシド」 のワンセットです。, 五本指の練習ができたら、 「ドレミファソラシド ドシラソファミレド」 の練習に入りましょう。, 中指で「ミ」をおさえたら、 親指をその下にくぐらせるように移動し、 親指で「ファ」をおさえます。, 「ドシラソファミレド」 と低音におりてくるときには、 「ドシラソファ」 まで順番に弾き、 「ファ」をおさえた親指の、 上を通るように中指を移動させます。, 指が思うように動かない あなたはこちら↓  【大人のピアノ初心者】筆者のおすすめ教材1 ※全額返金保証付, 有名ピアノ教室のレッスンを受けたい あなたはこちら↓ 【大人のピアノ初心者】筆者のおすすめ教材2, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. キラキラ星のソの音は「4」で弾きます。ついついソの音を「5」の指で弾きたくなるけど、そうすると tel:0538-66-6777 指番号が書いてなくても「ドレミファソ」の鍵盤の位置に指を「12345」を置けば、どの指番号にしようか考えなくても弾けます。, こちらも右の音は「ドレミファソ」しかありません。なので、レ=2の指、ミ=3の指と覚えれば指を間違える心配がありません。. 詳しくはこちらの記事へ, スカラーがアレンジした童謡・唱歌を楽譜に起こしました。5曲セットで2,000円(税込)。バラ売りも可。中級者向け。 ピアノは、弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。 鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。. 詳しくはこちらです 基本を知ったうえで、あとは臨機応変に自分で試行錯誤しながら考えてやっていく。, ********************** 図で書くとこんな感じ。, このルールでいくと、まず「ド」の音に「1」の指を置きます。すると「ソ」の音には自然と「5」の指が来ますよね。で、ファの音には自然と「4」の指が来ると思うのです。それをまず自然にできていてほしいと言うことです。それを「指を適当なポジションに置く」という言い方をします。, ※レから始まる「ニ長調」の場合、は「レミファ♯ソラ」を「12345」の指で弾きます。 今日は「なぜ、ピアノの鍵盤は88鍵?~ピアノの仕組み~」 というお話です。 ピアノを始めてすぐの生徒さん、幼児、お子様や大人の方、年齢は さまざまですが、まずはピアノ、という楽器についてお話をします。 まずはそこから入らないと! 1 点 鍵盤をじっくり見渡してください。並び方になんか法則性がありそうに思えませんか?すぐにわかるのは、白い鍵盤(白鍵と呼びます)の間に黒い鍵盤(黒鍵と呼びます)が交互に並んでいるという点でしょう。でも、ところどころに黒鍵が挟まっていない箇所がありますよね。では、この黒鍵が挟まっていない箇所に注目してもう1度よく見直してみると……そうです、“白黒白黒白”の短いグループAと“白黒白黒白黒白”の長いグループBがあることがわかります。そして左右に目をやると、このグループ自体が交互に並んでいることにも気づくでしょう。 では本題に戻って、ドの音の鍵盤はどこにあるかというと、それは短いグループAの左端にあるんです。そして、ピアノの88鍵のうちグループAは7つありますから、ドの音の鍵盤も7つあるというわけです。おっと、左から数えて88番目の鍵盤=右端の鍵盤もドでした。, 鍵盤の左端から数えて4つ目のドが、8つあるドのうちでも最も基本の音となる中央のドになります, 人差し指でドから右に向かって8つの白鍵を順番に弾いていくと、おなじみのドレミファソラシドのメロディになります。ためしに1〜7つ目のドのすべてでドレミファソラシドを弾いてみましょう。何番目のドから弾き始めるかによって音の高低差は生じますが、メロディ自体は変わりません。, ピアノの鍵盤は右にあるほど高い音になり、発音可能な最も高い音は、右端の鍵盤のドになります。また発音可能な最も低い音は左端の鍵盤のラの音になります。実は、これだけ広い音域(発音可能な音の高低差)を持っているアコースティック楽器はピアノだけなんですよ。.