そんな季節を問わず使いやすい水筒ですが、毎日使う物であるにも関わらず洗うのを忘れたり放置してしまったことにより、カビが生えてしまったことはありませんか。 季節を問わず、持ち運び便利な水筒のカビ対策は行っていますか?今回はよく水筒を使っているという人必見の、水筒のカビ対策についてご紹介していきます。カビの原因やカビの予防法、上手な洗い方なども含めて一気にご紹介していきましょう!, ペットボトルを買って飲むより節約できて、保温保冷などにも優れている水筒。会社にも持ち運びが便利なスリムタイプだったり、アウトドアのお供にも便利な耐久性のあるタイプなど、ラインナップが豊富なのでシーンに合わせて使い分ける事もできる便利アイテムです。 […], 水筒 の買い替えや初めて買ってみようとお考えなら、パッキンは消耗品と考えて一緒に購入しちゃいましょう。. 子供が毎日使う水筒、 いつも洗っているのに 気づいたら パッキンに黒いモノが! ってことありませんか? これって黒カビですよね。 カビ! 飲み物入れてるのに大丈夫なの? 即、落としたい (>_< … 会社に学校に、毎日のように持っていく水筒。洗浄するときには、パッキンは結構洗いにくいもの。また、カビ臭いので交換を考えてしまうが、洗い方をマスターすることで、経済的にも効果がある。普段気づかないカビなどを綺麗に落とす、水筒のパッキンの洗浄方法をご紹介しよう! 今回は、水筒のカビ対策について検証していきます。水筒にカビの原因や、水筒のカビの種類、発生してしまったカビの除去方法、水筒のカビを予防する正しい洗い方、水筒を洗う際の注意点なども含めてご紹介していきましょう。, まずは、水筒のカビの原因についてご紹介していきましょう。ちゃんと洗ったはずなのに水筒を見るとカビが発生してしまっている、という経験はありませんか。カビが発生するにはいくつかの原因が考えられるので、どれか思い当たることはあるでしょう。, 水筒のカビの原因1つ目は、口の中にある雑菌が移ってしまうことです。最近の主流の水筒のほとんどが、直接水筒からお茶や水を飲むことができる「直飲みタイプ」です。コップに入れたりせずに歩きながら立ちながらでも飲めるので、家の中でも会社でも持ち運びが便利です。 ただし、直接水筒に口をつけて飲むことで、口の中にある雑菌が水筒の中に入りやすく、雑菌が水筒に広がってしまいカビの原因となることも考えられます。, 水筒のカビの原因2つ目は、水筒の中に入れた飲料を放置していることです。水筒の中に飲料を入れたまま、長時間経ってしまうことはありませんか。湿気を好むカビにとって、水筒に中身を入れたままで放置しておくと、カビが繁殖しやすい状態を作ってしまっていることになります。, 水筒のカビの原因3つ目は、甘い飲み物を入れていることです。水筒の中に入れる飲料は、お茶や水を入れる人が多い中、カフェオレやジュースなどの清涼飲料などを入れる人もいます。糖分を含む飲み物はきちんと洗っておかないと、糖分を餌にカビが増殖することになります。, 水筒のカビの原因4つ目は、洗った後にしっかり乾かしてないことです。水筒をきちんと洗っても、十分乾かしてから収納しないと、残っている湿気を餌にカビが増殖してしまう原因を作ることになります。カラカラに乾いた状態を確認してから、食器棚に収納するようにしましょう。, 次は、マイボトルとして持ち運びが便利で使いやすい水筒に繁殖しやすいカビの種類についてご紹介していきましょう。きちんとした手入れをしていない水筒に繁殖しやすいのは、最もポピュラーな黒カビと赤カビになります。では、黒カビと赤カビの特徴について詳しく説明していきましょう。, 日常的に多湿で空気の流れが悪いところであれば、どんな場所で発生しやすく、最もボピュラーなカビの一つである「黒カビ」。黒くて根を張ったような黒いカビで、パッキンや水筒の中に発生しやすくなっています。熱やアルコールなどに弱い性質なので、除菌しやすいカビの一種です。, 洗面台やお風呂場のシャンプーやボディソープボトルの裏側などにもよく現れやすいぬるぬるとしたピンク色の「赤カビ」は、水筒の蓋やパッキンに発生しやすいカビです。酵母菌の一種で根が張らないので除菌しやすいですが、繁殖スピードが早いので早めに予防するのがおすすめです。, カビが繁殖するには4つの条件があり、温度が20℃~40℃であること、空気や酸素があること、湿度が70%以上、ホコリ・食べかす・アカなどのカビの栄養分とこの4つが揃うとカビが発生しやすくなります。1つでも条件を揃えないことが、カビの繁殖を防ぐポイントとなります。. この記事では、幸せおよび幸せとは何かについて、私たちにとっては、幸せとはどのようなものなのかを解説します。いわゆる幸せの定... 雑誌や新聞紙を読んだ後、束ねてゴミに出しますが、途中でほどけてしまったという経験もあるのではないでしょうか。そこで、そんな... 美味しくて安くて栄養価があり、しかも身体にも良いと言われる納豆。パッケージには賞味期限が印字されているけど、賞味期限が切れ... あらかじめ購入しておいた新幹線の指定席を変更したい場合、どのように手続きをすればいいのでしょうか?急に予定が変更になった場... 身の回りのプラスチック製品は、長年使用していると劣化や黄ばみが目立ちます。そのプラスチックの黄ばみの落とし方はご存知でしょ... 煮沸消毒の正しい方法やどういった効果があるのか、消毒時間は何分くらいがいいのか等をご紹介します。煮沸消毒は必要な道具がとっ... 長期休暇などを利用して帰省する人は多く、それに合わせて荷物を用意する必要があります。宿泊するか、日帰りするかによっても帰省... さまざまな使い方のある、便利グッズの結束バンドを使ったことはありますか。便利なアイテムですが、外し方に困ることはないでしょ... 掃除をするに汚れの種類や場所に合った洗剤を用意するのは意外と大変です。それが重曹水なら、これひとつの溶液で幅広い暮らしの汚... 缶コーヒーのカフェイン含有量がどのくらいあるのかを知っていますか。缶コーヒーに含まれる量やカロリーも気になるところです。し... ランチパスポートは、掲載のランチメニューがワンコインで食べることができるお得な本です。お気に入りのお店のランチをお手頃価格... ランチの時間帯にマックを利用するなら、昼マックがおすすめです。バーガーの種類は限定されますが、通常のバリューセットが安く注... 定年後の生活を、今から楽しみにされている方は多いと思います。夫婦で旅行に出掛けたり、趣味に没頭することも出来るでしょう。そ... 驚きの安さが人気のサイゼリヤ。テイクアウトできることをご存知でしたか?テイクアウトできるメニューや予約方法・持ち帰り方法を... みなさん、パンを買う際や食べるとき賞味期限を気にされますか?大きいパンなど購入すると、食べきれず余ってしまうこともあります... 一人暮らしをしているとどうしても困るのが食事。忙しくて自分で毎回料理をしてる暇もありません。そこで、今回は簡単に作り置きで... 一人暮らしに洗濯機は必要?一週間に洗濯する頻度は何回?まとめ洗いはしたほうがいい・しないほうがいい?おすすめの洗濯機のサイ... この記事では、急な移動や出張の際に知っておきたい当日に新幹線の切符を購入する方法についてお伝えしていきます。さらに、当日の... 皆様はスープと聞いて、何を思い浮かべるでしょう。体に優しいメリットがある、体が温まるメリットがある、保存しても大丈夫。冷凍... せっかく予約しておいた新幹線に乗り遅れた経験は誰しもがあるでしょう。目的地に着くことが出来なければ、大事な出張や楽しい旅行... プレゼントやお礼として貰うことのある図書カードですが、読書習慣がないという人は使い道に困るのも事実です。しかし、実は本以外... トイレの詰まりを解消してくれる掃除道具「すっぽん」は、ご家庭に一つあるととても便利な優れもの道具ではありますが、意外と正し... 髪の毛のセットに必要なヘアアイロンですが、つけっぱなしにしたことはないでしょうか。実はヘアアイロンのつけっぱなしは危険で、... 豚肉は、消費期限が過ぎても食べれるのでしょうか?豚肉と消費期限との関係を詳しく解説していきます。さらに、豚肉の正しい保存方... じゃがいもが柔らかいのは腐っているサインなのでしょうか?柔らかいじゃがいもは食べられるかを判断する方法や柔らかいじゃがいも... ナメクジはジメジメしたところに住んでいる気持ちの悪い生き物ですが、これは植物にも人体にも害を及ぼします。この困ったナメクジ... フード付きで寒い時やちょっとした雨よけに人気のフード付きパーカーですが、洗濯でお悩みの方も多いでしょう。そんな方におすすめ... 鯖缶は健康によいとわかっていても、見た目やにおいが気になって、敬遠する人も多いのではないでしょうか。鯖缶の栄養成分や健康効... パーカーの干し方についてまとめました。フード付きのパーカーは、型崩れや乾き方に偏りが出るなどの悩みがつきものです。この記事... 加湿器を購入出来ないという人も居るのではないでしょうか?部屋が乾燥していると、肌トラブルや健康面でもトラブルが起きるので、... スニーカーのような靴はきれいに使いたいものですが、その際に役に立つのがスニーカークリーナーです。スニーカーの汚れを落とすも... ささみはヘルシーでいろいろな料理に使いやすい便利な食材です。ぜひストックしたい食材ですが、どうすれば美味しく冷凍保存できる... 献立をガパオライスに決めたけど、副菜やスープも欲しい。しかし、何を作ればいいかわからなくて悩むときあります。今回は、ガパオ... バリアスコートはワコーズが開発したカーコーティング剤になります。耐久性が高くガラスのような光沢感が出るのが特徴です。バリア... 毎日使うトイレの水道代は決して安いものではありません。家族で使うトイレの水量は年間で何万リットルにもなります。節水を心がけ... アヒージョの具。具材のおすすめをまとめました。アヒージョとは、オリーブオイルとにんにくでお好みの具・具材を低温で調理する日... ビジネスシーンに欠かせない革靴に気づかぬうちにシワができてしまい悩んだことはありませんか?シワになったままにしてしまうと、... 水筒のカビ対策と原因まとめ!パッキンや底の上手な洗い方や予防策も!のページです。Kuraneo[クラネオ]は暮らしの知識やファッション・恋愛や生活雑貨に関するライフスタイルメディアです。, Photo by Allegory Malaprop (Schadenfreude). 水筒パッキンをいつも以上にゴシゴシこすっても取れない黒カビがあったら、水筒から取り外して浸け置きしましょう。, 容器に浸け置き時間の目安が書いてありますが、 黒カビは1~2時間程度では取れません。, 臭いが気になる場合は、 何度かすすいだ後 きれいな水につけてしばらく浸けておくと無くなりますよ!, ただ、長時間の浸け置ききは、 パッキン自体にもダメージを与えるようです。 熱くないぬるま湯にするのがポイントです。, 濃いほうが良く効きそうと思いますが、浸け置くパッキンが劣化してしまいますので必ず指定どおりの量を使ってくださいね。, 「酸性タイプの洗剤と一緒に使用しない」 「目に入ったり皮膚につかないように気をつける」 「換気に気をつける」, 塩素系漂白剤のツンとくる臭いが嫌という方や水筒のパッキンだけに漂白剤がちょっと気になるという方も いるのではありませんか?, こすってもみたし、 漂白剤にも浸けてみた お酢も試してみたけど、黒カビが取りきれない。, メーカーの説明には 「パッキンは劣化するので1年を目安に交換」などと 書かれていたりします。, 新品パッキンの入手は説明書にも書いていますが、メーカーに直接連絡するのが一番簡単です。, 説明書か水筒本体(側面や裏側)に品番が書いてあるのでそれと欲しいパッキンの種類を伝えればOK!, 同じメーカーを取り扱っているホームセンターや 水筒を購入したお店でパッキンの取り寄せを頼んでみてください。, 浸け置きではありませんが ほかにも「メラミンスポンジで擦る」というのも 効果があるようです。, 黒カビができてしまってからの解決方法を いくつかご紹介しましたが、 本当は黒カビを作らないこと(予防)が大切!, もし、 水筒 の買い替えや初めて買ってみようとお考えなら、パッキンは消耗品と考えて一緒に購入しちゃいましょう。 後でパッキンのみ購入する場合には送料のほうが高くつく、ということもあります(汗), […] 品番や欲しいパッキンの種類を伝えるのを忘れずに! 引用元-水筒のパッキンにできたカビをとる方法とは? 水筒のカビ対策と原因まとめ!パッキンや底の上手な洗い方や予防策も! 季節を問わず、持ち運び便利な水筒のカビ対策は行っていますか?今回はよく水筒を使っているという人必見の、水筒のカビ対策についてご紹介していきます。 よく洗って洗い切れず、水筒にカビが生えたり臭いがしたりします。 今回は、そんな水筒のカビや臭いを落とす洗い方をご紹介します。パッキンも重曹とクエン酸で楽に洗うことができます。 暑い時期はアイスで、寒い時期はホットで、飲み物を持ち歩ける水筒はとても便利です。でも、ふと気が付くと水筒のゴムパッキンにカビが生えていた、という事はありませんか?水筒のカビをすっきり取り除く方法や、カビを予防する方法をご紹介します。 水筒を洗わずに放置してしまうと、水筒の底やパッキンに汚れが定着してしまったり、最悪の場合カビが発生してしまいます。 では、一度カビが生えた水筒はもう捨てるしかないのでしょうか? 水筒のパッキン カビの生えない洗い方 カビが生えてしまった場合でもきれいに落とす方法はありますが やはり黒カビが生えないように毎回きちんと手入れをするのが一番です。 そのためには Copyright© HACK Media Solution, Co., Ltd. 水筒の飲み口からなんか変な臭いがするなぁ…と思った時は、大体ゴムパッキンに黒ずみが発生している時です。もちろん気をつけてはいるんすが、しっかり洗ってないといつのまにか黒くなってしまうんですよね、パッキンちゃん。 経験上、 … 暑い時期はアイスで、寒い時期はホットで、飲み物を持ち歩ける水筒はとても便利です。でも、ふと気が付くと水筒のゴムパッキンにカビが生えていた、という事はありませんか?水筒のカビをすっきり取り除く方法や、カビを予防する方法をご紹介します。, 最近では、季節を問わず水筒やマグボトルに飲み物を持ち歩く人が増えています。水筒を使うと節約にもなりますし、余計なゴミもでません。それに、暑い時期はこまめに水分補給ができるので便利ですね。, でも、毎日のように使う水筒のお手入れはきちんとしていますか?お手入れを怠っていると、ゴムパッキンに真っ黒な汚れがついているという状態になりかねません。, 水筒の中身は何を入れていますか?お茶が多いと思いますが、スポーツ飲料やジュースなどの甘い飲み物をいれると糖分を栄養にしてカビが生えやすくなります。, 水筒に中身を入れたまま長時間放置していませんか?カビは湿気を好むので、飲料を入れたままの状態だと繁殖し放題になります。また、洗ってよく乾かさないで収納するのもカビの原因です。, カビはバイキンの塊というイメージがあります。カビが生えた水筒で気づかずに飲んでしまった場合、何か健康に影響はあるのでしょうか。, もし誤って、水筒についていたカビを飲んでしまったらどうなるのでしょう?実は、カビは飲んでも胃酸で殺されるので、健康な人であれば害はありません。, それでも、小さなお子さんなどは抵抗力が弱いので、カビが原因で体調を崩す可能性もあります。また、カビの生えた水筒を長期間使うとカビアレルギーになるかもしれません。そんな事にならないためにも、水筒はいつも清潔にしておきたいですね。, カビを取るには漂白剤を使うのが手っ取り早い方法です。しかし錆びなどの原因になるので、ステンレス製の水筒に塩素系漂白剤は使用できません。プラスチック製の水筒であれば、使って大丈夫です。, サーモスの水筒は、ゴムパッキンであれば塩素系漂白剤が使えます。しかし、象印などの水筒では漂白剤は酸素系しか使えません。漂白剤を使う前に、必ず取扱説明書で確認するようにしてください。, 殺菌のために水筒を煮沸消毒していませんか?煮沸すると、熱で部品が変形し中身が漏れる原因になるのでやめましょう。煮沸消毒できる水筒もあるので、詳しくは取扱説明書を確認してください。, お酢は殺菌効果もあり、水垢などの汚れも落としてくれるので、水筒の掃除にぴったりです。50℃くらいのお湯にお酢を入れます(お湯10:お酢1の割合)。水筒に注ぎ入れて、パッキンも浸しそのまま1~2時間放置します。, お酢だけで水筒のカビがとれない場合は、重曹とクエン酸(お酢も可)を合わせて使いましょう。重曹とクエン酸を50℃くらいのお湯に入れると泡が出ます。そこに汚れたパッキンを一晩くらい浸け置きすると、すっっきりキレイになりますよ。, 水筒についた嫌な臭いは重曹を使えば除去できます。500mlの水を水筒に注ぎ、重曹小さじ1~2杯を入れ、一晩放置してください。パッキンなども一緒に浸けておくと臭いがとれます。, 水筒を毎日しっかり洗うのは大変です。普段は最低限のお手入れをして、定期的にしっかり洗うという方法がおすすめです。, 水筒を洗うときは台所用中性洗剤を使います。水だけで洗うと雑菌が残ってカビの原因になってしまうので、必ず洗剤を使って洗いましょう。, 水筒の底まできれいに洗うのは難しいので、グラス用の柄のついたスポンジを使いましょう。グラス洗い用のスポンジは100円ショップでも購入できます。, 水筒のゴムパッキンも外して台所用中性洗剤で洗います。毎日外して洗うのは大変なので2~3日に一度でいいので、外して洗いましょう。, 水筒を洗った後は、カビ予防のためにもパーツや本体をしっかり乾燥させましょう。グラス用のスタンドを使うと便利です。, 学校や仕事がお休みで水筒を使わない日は、しっかり水筒のお掃除をしましょう。40~50℃のお湯に酸素系漂白剤を溶かし、水筒のパッキンやキャップなどを入れて30分から1時間ほど浸け置きします。, ステンレス製水筒の外側は、塗装などが痛むので漂白剤の使用がNGです。お湯と漂白剤を水筒に入れて、内側だけ漂泊するようにしてください。, ¥486(税込)象印が販売するクリーナーで、ステンレス製水筒専用です。カビ取りではありませんが、がんこな茶渋やコーヒーのステインに効果があります。, ¥138(税込)台所用中性洗剤「ジョイ」なら除菌もできるので、水筒を洗いながらカビ予防にもなります。毎日のお手入れにぜひ取り入れたい洗剤です。, リラックスタイムに活躍する水筒。毎日の正しいお手入れでカビを防ぎ、安心して飲み物を飲みたいですね。ぜひ、紹介した方法を実践して清潔な水筒を持ち運んでください。.