バスケ選手の身体の使い方を分析し、それに必要なケア・トレーニング方法などを日々考えています。 フリースローを打つ際に意識すべきこと この動画では、バスケのフリースロー練習法について初心者向け講座として解説されています。こちらもぜひご覧下さい。 ただあまり高く上げすぎるとボールのコントロールが難しくなってしまいますので、練習しながら自分なりの軌道を見つけてみてください。 この文章だけではすべてが伝わらないみたいです(笑) ディフェンスがその動きに合わせて止まり、姿勢が高くなります(腰が上がる)。 チェンジオブペースとは その瞬間、低い体勢で再びドリブルをして、一気に抜き去ります。 この記事では、チェンジオブペースにどんなメリットがあって、どのように行えばよいのかを解説しています。 今回フリースローを上達させるポイントや練習法を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。フリースローは得点こそ1点しか入りませんが、状況によっては試合を決めるシュートになります。 英語にすると、「change of pace」。直訳すると「気分転換」という意味です。ただ、バスケに関しては、そのまま「ペースを変える」という意味合いになります。ドリブルの「ペースを変える」、それがチェンジオブペースです。 シューターのルール ここでフリースロー時のルールを簡単に確認しておきましょう。 バスケットボールにおいて、この「ズレ」は非常に重要なキーワードです。このズレが生まれたときに、例えば、シュートに行こうとするモーションを見せたとします(ボールを保持せず、ドリブルは残したまま)。するとディフェンスは、シュートを打たせまいと、ズレを埋めるために前に出てくるでしょう。そのときが、絶好の「抜くタイミング」になります。 それ以外のプレーヤーは3ポイントラインの外側に出なければいけません。 フリースローがエアボールになってしまった場合(エアボールとはシュートしたボールがゴールに当たることなく外れてしまうこと)は相手チームのスローインからスタートになります。 また、フリースローの成功率が高い選手に対してファウルをしてしまうと確実にポイントが取られてしまう事になりますので、相手プレーヤーのディフェンスが慎重になると言うのも重要な要素です。 フリースローレーンに規定の人数以外は入ることができません。(オフェンスは2人、ディフェンスは3人) 機能解剖学的視点から新たなシュート理論を構築中です。, 今だから、”Early Sports Specialization(子どものスポーツ早期専門化)” を考える。. ストップして再び動き出すとき、意識としては「いきなりトップスピード」を出すことです。緩急の差が激しいければ激しいほど、抜ける確率が高まります。しかし、ストップしていた状態からいきなりトップスピードが出せたとしたら、陸上競技に転向したほうが良いかもしれません。それほど難しいことであり、ほぼほぼ、「いきなりトップスピード」は出せません。 まとめ チェンジオブペースのやり方 肘を開いてから腕を伸ばすのではなく、肘を開いた時点でパスが出る感覚。実際は押し出す動きもするけど、腕はそんなに伸びません(強く押せば伸びます)。腕を伸ばすという動作を、肘を開く動作にすればいいということです。 <参考> 「ディフェンスの体が付いて来られないタイミング」については、かなり高度な技術になるので、ここでは簡単に触れておく程度にとどめておきます。それはディフェンスの「重心」を見極めるということです。左足に重心があると、右側にすぐに動くことは難しくなります。逆も然りです。 フリースローとはシュートモーション中にファウルをもらうと与えられるシュートのことで、2ポイントエリアだと2本、3ポイントエリアだと3本打つことができます。 バスケットボールのシュートで唯一、誰にも邪魔されずにノーマークで打てるのがフリースローです。試合終盤になるとフリースローの1点が試合を決めることもよくあります。それだけ大事なフリースローですが、意外と苦手な方も多いのではないでしょうか。そこで今回はフリースローを上達させるためのポイントや練習法をご紹介します。これからバスケを始めようという方やフリースローが苦手な方はぜひ参考にしてみてください。 ですからどんな状況でも平常心で打つことができるようにルーティンを決めておくことはとても大事です。 【初心者必見!】フリースローのルールを完全網羅。シュートの打ち方、ルーティンも紹介します。(ClutchTime) フリースローに限らずバスケでシュートを打つ際、どこを狙って打った方がいいのかと悩んだことはありませんか?人によってはリングの手前を狙った方がいいという人もいれば、リングの奥を狙った方がいいという人もいます。この場合どちらが正解でどちらが間違っているというわけではないのですが、ここであえて答えるのであればそれは「人による」ということです。 例えばドリブルを3回ついてからシュートを打つとか、大きく深呼吸してから打つとか、目をつぶって集中してから打つなど自分ならではのルーティンを決めておくことが重要です。 【保存版】超絶テクニック動画!バスケットボールのドリブル技17選まとめ(NBAクエスト) つま先の向き チェストパスをだすようにしていました(^_^;), 今日は、東京に出張中ですので、 フリースローはコツさえつかめば誰でも確率を上げることができるので、ぜひ今回の記事を参考に練習に取り入れてみてください。 フリースローは観ている方からすれば「決めて当たり前」と思ってしまいます。ただサッカーのPKなどもそうですが、決めて当たり前というのがものすごいプレッシャーになってしまい、平常心で打つことができなくなり結果外してしまうということがよくあります。 中学バスケと高校バスケはボールもコートもリングも同じなんやっけ? じゃなかったら緑間が死んでたか 102 風吹けば名無し 2020/10/01(木) 22:37:25.31 ID:NKC0CBxV0 フリースロー上達の重要性 フリースローを打つ際、意識すべきことはいくつかありますがここでは3つ紹介したいと思います。 間違って山手線でシャドウパスをして捕まらないようにします(^o^ゞ, 昨日の練習でみんなに教えたんですが、 そう考えている人も多いと思います。確かにスピードがある選手がズバッとディフェンスを抜き去るシーンは、NBAなどでもよく見ます。いろいろな技を繰り出して相手を抜き去るシーンも同様です。 そうすることで試合の時少しでも緊張感を和らげることができますし平常心で打つことができるようになります。 公益財団法人 日本バスケットボール協会『2018バスケットボール競技規則』 フォロースルー ドリブルを残した状態(ボールを保持しない)で動きをストップします。 バスケ仲間をお探しの方 ドリブルで進みます。 シュートをショルダー気味に打つ人はつま先を正面に向けるとスムーズに打てるようになります。 バスケ仲間をお探しの方 私も似たように考えていますが、バスケットをやっている人が筋トレするというのは、それはそれで自然なことなのかもしれません。筋トレがパフォーマンスを高めてくれることは確かですし、上手い人はウエイトをやっていることが多いです。上達のためにいろいろなアプローチをするっていうのが大事かもしれませんね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. バスケのパス、ドリブル、そしてシュートが一人でできる、バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】を紹介しています。 基本は、前を向いて(ドリブルをしている手元を見ないで)ドリブルすることです。これができないと技が出せません。初心者の人は、まずは前を向いてドリブルできることを身につけてください。 SPOTAS+の『サークル』で、あなたのバスケサークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう! https://nba-quest.com/dribbling-skills/ フリースローの練習法 つまり自分のシュートの外れ方によって狙う場所が変わるということです。そのためにもまずは自分のシュートの特徴を知り、分析することが大事になってきます。他にも疲労度によって力の加減が変わってしまう事が有りますので、試合中にも細かく確認しておく必要が有ります。 再び動き出すときのタイミング 『考える力を伸ばす! バスケットボール練習メニュー200』(日立サンロッカーズ ヘッドコーチ 小野秀二 著) またシュートフォームを意識することも大事です。練習でできていないことは試合でもできないのでしっかりフォームを意識しながら打つようにしてください。 チェンジオブペースのやり方について、順を追って説明していきましょう。 バスケットでも同じです。普通に速さの勝負をしたのでは、スピードのない選手は相手を抜けません。ところが、「緩急の差」を生かすことで抜けるようになるのです。 シューターは打ったボールがリングに当たるまで、その場から離れてはいけません。リングに当たる前に離れてしまうとそのシュートは無効となってしまいます。 SPOTAS+の『サークル』で、あなたのバスケサークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう! レイアップシュートの打ち方, 以上、シュート力が上がる練習方法についてお届けしました。様々な種類のシュートがあります。状況に応じて選択必要がありますが、すべてに共通して言えることは、自分のシュートフォームを固める事、そして体のぶれを作らないことです。そしてどんな状況においても、ノーマークと同じようにシュートが打てることです。試合で決めないと、成果としては上がってきませんので、ぜひ試合に勝つためのシュート練習と思って取り組んでみてください。, SPOTAS+の『サークル』で、あなたのバスケサークルを広く宣伝しませんか?簡単に登録して皆にサークルの魅力を伝えよう!, SPOTAS+の『サークル』では、多くのバスケサークルが登録されています。ぜひこちらもご活用下さい。, https://www.spot.town/news/basketball_shoots/, https://sanukk-train.biz/archives/8675.html, https://www.french-inline-cup.com/04/0009.html, http://bly2.1af.net/article/390670538.html, ひとりでできる、セットシュートの練習方法!!(Singapore Basketball Team RED LEON), http://redleon.blog.fc2.com/blog-entry-875.html, この記事ではバスケのフリースローを上達させるためのポイントや練習法を詳しく丁寧に解説しています。 では次にシューター以外のルールを簡単に確認しておきましょう。 この強と弱の差が激しいほど抜きやすくなります。野球に似た話があります。130キロ台のストレートが150キロ台に見えるという話です。聞いたことがある人もいるかと思います。球速をスピードガンで計測すると130キロ台なのに、バッターボックスに立っているバッターには150キロ台のストレートのように見える、いわゆる「体感速度」というものです。 一人でできるバスケットシュート上達 一人でできるバスケットシュート上達. ですからプロの選手でもボールがリングを通過するまでフォロースルーを残す人もいるくらいです。フリースローを打つ時はぜひフォロースルーも意識してみてください。 クルマがブレーキをかけた時点から、完全に止まるまで移動します。これと同じように、人も「止まれ」と脳に命令してから、完全に止まるまで少し移動してしまいます。ドリブルしているオフェンスが急にストップしたときに、ディフェンスはおそらく1、2歩は進んでしまうはずなのです。このときに、「ズレ」ができます。 「肘を立てる」に関しては、物理学的、解剖学的に合理的であるということがわかりました。, これは今までの記事で3rd外旋を試していただいた方にはわかっていただけると思います。, 理由は筋肉の走行や土台となる肩甲骨との位置関係によるのですが、そこまで詳しい説明は省きます。, 目線の高さ位までは肘もなんとか上がると思いますが、それ以上は解剖学的に厳しい姿勢です。, ① 3rd外旋90°からの挙上動作では拮抗する筋性の張力がありすぎて、スムーズな挙上(フォロースルー)を達成できない, ② 3rd外旋90°では肩甲骨と上腕骨の適合が悪く、力発揮(パワー、正確性)において不利, ようは、「脇を締めろ!」というフォーム指導はBMSLシュート理論的には間違っているということです。, これを無理に達成しようとすると、身体がよじれたり、首が傾いたり、結局肘が垂直に立たなかったり…。, しかし、科学的には非合理的な身体の使い方ですので、飛距離や正確性を一定より高めるのには相当な努力を要するでしょう。, 勘の鋭い人や、シュートに関してものすごい考えをめぐらしている人はもしかするとピンと来るかもしれませんが、, 以前Twitterに、フォームに関して身体の向きと肘の向きにまで言及している方がいらっしゃいましたが、まさにその通りです。, これまでシュートの記事をいくつも書いてきましたが、やっとそれぞれがつながり始めました。, 受取人のEメールアドレスには “bmsl@baske-medical-support.com”とご入力下さい。. 楽に肘を上げられるので、アーチの高いシュートが放たれます。 さらに、肘が上がると、スナップが真下に降ろせるので、 左右のブレがなくなり、ボールの軌道がピタッと安定します。 結果的に、シュート成功率がグンとアップするのです。 この体感速度のマジックは、「その前に緩いカーブなどを投げておく」という点がタネです。普段、あまり見ない速度の緩いボールを見せられることで、そのあとに投げるストレートが早く感じるという、一種の錯覚に近い現象です。 チェンジオブペース(別名ヘジテーション)は、ドリブル技術の1つです。身につけておきたい度合いでいうと、クロスオーバーと同じ、星5つ(最大5)です。これは必ず身につけておきたい技術です。ヘジテーションしながらクロスオーバーで抜くとか、他の技と合わせることで簡単に抜けるので、1対1も怖くなくなるでしょう。 YouTubeチャンネル『中川直之考えるバスケットの会』 チェンジオブペースは、別名「ヘジテーション」とも呼ばれます。英語で「hesitation」、「ためらい、躊躇」という意味です。ドリブルをして、一旦、ストップすることから、こうした名前になったのだと考えられます。 自然が一番なんじゃなかろうか でもいろいろやってればパスはうまくなるはずです。, 上半身と下半身の動作が見えるように正面と脇からのアングルで、撮影希望です(^_^;), 私の動作が「正しい」かどうかは微妙なところですが、撮影はいつでもどうぞ!強いパスを出す人の動作をチェックしてみるといいです。ナインの練習によく行くKIKUは、お手本になるいい動作してると思いますよ。要チェックです。, 「押し出す」というよりは「はじき出される」という感じなんですよね。パスが強いなら「押し出す」でもいいんですけど、押し出すところから意識が離れないとパスの精度が上がらないような気がします。, 日曜の練習で一個だけ強いパスありましたよ(CIMG2751の2:03のパス)。プレーと関係ないところでしたけど。これを見ると、現時点でも実現するだけの能力はあるんですよね。体もよく動いていますし。でも、力を抜いちゃいけないところで抜いてしまっているような、そんな感じもします。, 動物って筋トレしないけど脚が速かったり、腕力があったりする ポイントは手を添える位置、リリースの瞬間、フォロースルーなどを意識するようにしてください。 “痛みのないバスケ”を目指し活動している理学療法士です。 筋トレは補助で, >0000さん いかに緩急をつけるか Basketball - Medical Support Lab - All Rights Reserved. 例えばいつもシュートがリングの手前に当たって外れるという人はリングの奥を狙った方がいいですし、逆にいつもリングの奥に当たって外れるという人はリングの手前を狙った方がいいです バスケサークル運営者の方 バスケットボールにおけるフリースローに関する研究, バスケのドリブルテクニックの1つ「チェンジオブペース」。 「技の種類とスピードでしょう」 チェンジオブペースでドリブルを止めたときに、ディフェンスの重心がどちらの足にかかっているのかを見極められれば、さらに抜きやすくなります。緩急の差をつけて、ズレを生み出し、重心を見極めれば、いとも簡単に抜けるはずです。 1対1の場面、あなたはオフェンスです。相手のディフェンスを抜き去るために、一番重要なのは何だと思いますか? シューターはシュートを打つ時にフリースローラインを踏んではいけません。ラインを踏んで打ったシュートは無効となってしまいます バスケのフリースローが届かないを解決!投げ方を改善し点数を量産しよう(spopedia) バスケのプレー、主にシュートやパスをする時、コーチや先輩から、脇を締めろ! って言われたことないですか? 肘を外側に張り出していると体の力を上手くボールに伝えられないことから、脇を締めろというアドバイスになるのは、わかりますかね? この記事では、バスケのシュートの種類を紹介しながら、シュート力を上げる為の練習方法をご紹介します。 バスケで勝つ為には相手よりも多く得点を取る必要があり、そのためにはシュートを決めていかなくてはいけません。 参考動画 今回は腕が細くて力もない、腕立てふせが10回くらいしかできない私が、「どうやって強いパスが出せるようになったか」について書きます。強いパスが出せるようになったといっても、ものすごく強いパスが出せるわけではないし、まだまだ強さが足りないと感じることは多いですが、昔に比べたらかなりパスのスピードは上がっています。ここまでパスの速さを向上させてきた「過程」にはいろいろヒントがあると思いますので、ぜひ読んでみてください。, シュート練習をするみたいに、特別にパスだけをとりあげて練習するということはほとんどやってはいません。パス動作だけをやり続けたというのは、誰かに教えているときくらいだと思います。じゃあどこで練習したのかと言ったら、ランニングシュートのときのパスです。あれがとてもいい練習になりました。特に、リバウンドを取ってから次の人に渡すパスね。遠くの位置にいる人に投げることになるけど、あのパスをパス動作をかなり意識しながら投げていました。, みんな、ランニングシュートを適当にやりすぎだよね。ただのアップじゃないし、パスの練習だってできる。やり方によっては他にもいろいろ練習できるんだよ。もっと大切に練習してみて。, 強いパスが出せない人は、強いパスを出そうと思って手首やら腕やらに力をいれてしまったりするんですが、力を入れれば入れるほど動作は鈍くなって、その結果パスも弱くなります。私も強いパスをだそうとして手首にガチガチに力を入れていたので、まずはその力みを取ることを目標に練習していました。, とにかく「軽く」投げるということ。手首がガチガチだと「押し出す」系の動きになってしまいますが、そうじゃなくて、手首にあまり力を入れず「弾きだす」ような感じにすること。力が強い人は押し出す動きでも強いパスが出せますが、非力だとそうもいきませんからね。押し出す系の動きで強いパスを出そうとすると、かなり力まなければいけなくなって、動きが遅くなります。, 筋肉の「引き伸ばされれば縮もうとする性質」をうまく利用した動作ができれば、力まなくても強いパスを出すことができます。初めから筋肉に力が入っている状態だとその性質が働かないので、とにかく力を抜く。軽くやる。, これは完全に余談になりますが、どんな練習でも、いきなり難しいことをやるのではなくて、ちょっと難しいことをやるようにしたほうがいいです。なぜなら難しすぎることをやろうとすると、体が余計に力んでしまうことが多いからです。, パスだったら、いきなり長い距離で強いパスを出す練習をするのではなく、力まずにパスが出せるくらい短い距離で「動作の質」というものを考えながら練習をする必要があります。その「力まずにパスが出せるくらい短い距離」っていうのは、思っているよりも近い距離です。ごくごく短い距離で動作の質を高められるように練習を積むわけです。動作の質が高まってくれば、力みなくパスが出せる距離が少しずつ伸びていきます。, 我々がやっているランニングシュートではリバウンドを取ったあとちょっと長い距離のパスを出すことになりますが、軽くパスするとなると直線的なパスでは届きません。だから山なりのパスを投げます。山なりだったら少しだけ飛距離を稼ぐことができるので、その分軽い動作をしやすくなります。届かなければワンバウンドさせてもいいですね。とにかく「軽く」。力で無理やり投げる動作はNGです。, 山なりのパスを投げるのは、実は距離をかせぐためだけではありません。下から上へという意識でボールを投げることで手首のスナップを効きやすくしています。, チェストパスが苦手な人は肘が開きません。肘が開かないのは肩があまり動いていないからです。肘を上にもちあげて肘を開くのではなくて、肩も前に回して(肩甲骨を斜め上に引き上げるようにして)肘を開くんです。肘を開くというよりも肘を相手のほう(前方)に向けることを意識するといいかもしれません。, そのとき胸のあたりでボールを持っている腕(肘から先)は内側にクルッと回転すると思います。親指が下に下がる感じですね。すると手のひらが前のほうに向こうとします。そうすると手首(肘から先の手のひら側)が伸ばされてきつくなってくるので、その反動も使いながらボールをはじき出します。, うまい人のチェストパスの動作を見ると、ボールを自分の方向に向かって回すような動作が見られるときがありますよね。あれですよ。といっても「手首を返す」ということを意識的にやる必要はありません。手首はあくまでリラックス。ボールが勝手にはじかれてとんでいくような感じを目指します。, 肩が良く動いていないときは上方向にパスを出すことでそれをごまかし、この手首で弾きだす感覚を得やすくします。そういう意味もあって、山なりのパスで練習します。肩が動くようになってくれば、山なりでなくても同じような感覚でパスが出せるようになってきます。, 手首がきいてくると「回転をかける」っていうのがどういうことなのかがわかってきます。少しずつボールにかかる回転も意識するようにしてください。回転の無いパスはキャッチミスにつながります。, 肘をしっかり開いてパスを投げるという動作は、慣れないとボールが手から離れるのが遅くなってしまうような感じがします。しかし、遅くなるからといってこの動作を省略しているといつまでも弱いパスのままです。ボールが手から離れるのが多少遅れてもいいです。まずは動作を身につけることが大事だし、肘を開かないとパススピードが遅くなります。, 今書いていて思いつきました。肘を開いてからパスすると遅くなると感じるのは、動作が間違っているからかもしれません。肘を開いてから腕を伸ばすのではなく、肘を開いた時点でパスが出る感覚。実際は押し出す動きもするけど、腕はそんなに伸びません(強く押せば伸びます)。腕を伸ばすという動作を、肘を開く動作にすればいいということです。遅くなるどころか、早くなる。, 最初はパスの速さを速めることを意識するのではなくて、パスの飛距離を伸ばすことを考えながら練習したほうがいいです。速く投げようとするとどうしても力んでしまうので。力まずにできるだけ遠くにボールを飛ばすことを目標に練習する。飛距離が伸びてくれば、それだけ速いパスが出せるようになったということです。, こんなことをやっていたら、だんだんと強いパスが出せるようになってきました。特に肘から先の力みが抜けた時は、一気にパスが強くなった感覚がありました。実は筋トレすれば手っ取り早かったりするのですが、それでは「うまくなった」とは言えないし、変な動作のまま力でごまかすような動きは体にも優しくないです。動作の質を高める。そんなところを意識しながら練習するといいと思います。, 実は私もランキングシュートの時に意識して、