しっかり飼えていると、ハムスターからは床材に使っているウッドチップの香りが、ほのかにする程度です。 しかし、臭いと思う場合は、ハムスターが自分でオシッコの臭いを付けていたり、病気の場合が … ただ長毛種のハムスターの場合は、これにあった方が良いポイントがいくつかあるんです。上記の中では床材です。 【関連記事】ハムスターの床材選びとアレルギーとの関係. ハムスターの代表的なキャラクターといえば「とっとこハム太郎」ですが、ハム太郎の「種類」って知っていま... ハムスターにはよく見かけるポピュラーな種類から日本ではあまり見かけることのないハムスターまで、多くの種類が存在します。どれもとても可愛いんですよ。今回は画像付きで様々なハムスターを性格と共に紹介いたします。, {{#message}}{{{message}}}{{/message}}{{^message}}送信は失敗しました。 サーバーから「{{status_text}}」というレスポンスがありました(コード: {{status_code}})。 このフォーム処理機能の開発者に連絡して、このメッセージを改善してください。 詳細を読む{{/message}}, {{#message}}{{{message}}}{{/message}}{{^message}}送信は成功したようです。 サーバーのレスポンスが OK でも、送信が処理されていない場合があります。 このフォーム処理機能の開発者に連絡して、このメッセージを改善してください。 詳細を読む{{/message}}, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 毛が長い長毛ハムスターはすぐ身体が汚れがち。 チップとも呼ばれるハムスターのケージに敷く床材は、断熱効果・防音効果に優れ、巣作りの材料・ハムスターが落ちた際にクッションの役割をするなど、おすすめできる便利な効果がたくさん。でも、ハムスター用床材はウッドやコーンチップなどの多くの種類があるため、どれを購入すれ … 長毛ハムスターを飼う時は、ブラッシングして飼い主さんがハムちゃんの身なりをキレイにしてあげること、 汚れを落としてあげることで病気のリスクを減らせることがわかりましたね! . ドライシャンプーの付いたペット用のブラシがありますが、ハムスターに別の臭いを付けてしまうことは、ハムスターにとってストレスになってしまいます。臭いの他に細菌の問題もあるので、歯ブラシを使う場合は、使い古しの歯ブラシや、掃除に使ったことのある歯ブラシなど、汚れた物は使わないようにしましょう。 まずは、そもそも長毛ハムスターって初めて名前を聞くけど、普通のハムスターとはどんなところが違うの?, ですが、そもそも長毛ハムスターって何?という方もいらっしゃるのではないでしょうか?, よくいるハムスターと見た目も違うし品種改良だから、もしかしたらお高めだったりする……?, 確かに長毛ハムスターの出始めの頃は、珍しさもあって販売価格は高くついていたようです。, でも現在は比較的流通が増えたのか、普通のゴールデンハムスターとあまり変わらないお値段で入手できる場合も多くなっています。, 他の野生から生まれた種類のハムスターたちとは、何か違った個性があったりするのでしょうか?, 基本的には品種改良の元となっているゴールデンハムスターと性格は変わらないとのこと。, 日常のお手入れで気を配ることは少しありますが、それについては次で詳しく見てみましょう!, 長毛ハムスターは身体の毛が長いハムスターだけど、性格的にも価格的にも他のハムスターを入手するのとハードルの高さはあまり変わらないという話をしました。, 毛の短い品種のハムスターは自分で毛づくろいをして自分の身体の汚れを落としています。, このため、飼い主がハムちゃんのブラッシングを行ってあげることが必要になってきます。, 前の項目で長毛ハムスターは身体の毛が長いので毛づくろいだけでは身体の汚れを落としきることができないというお話をしました。, 身体についた汚れを放って置いたままにすると、そこからバイ菌が繁殖しやすくなります。, 長毛ハムスターを飼う時は、ブラッシングして飼い主さんがハムちゃんの身なりをキレイにしてあげること、, 毛足が長いので床材のチップなどが毛先にくっついてひきずったまま過ごしているなんてこともしばしばです。, そうなったら飼い主さんにとってもハムちゃんにとってもあまりいい結果ではないですよね。, すこし手間はかかりますが、その分ふわふわもこもこぴかぴかの可愛いハムちゃんと一緒に過ごす時間が増えると思えば、惜しい時間ではないはず!, 長毛ハムスターは毛が長くてふわふわもこもこが多い分、飼い主さんがブラッシングなどをして身だしなみをきれいにできるよう気配りをしてね!というお話でした。, 固すぎる素材だと、ハムちゃんの皮膚に傷がついて病気の元に……それこそ本末転倒になってしまいます。, また、ひどく嫌がっているようなら無理にブラッシングしてあげるのは逆にストレスの原因になります。, もし毛が伸びすぎたところが汚れているのなら、思い切ってカットしてしまうのも1つの手段です。, ここまで、長毛ハムスターの特徴や、お世話の時に気をつけるポイントについてまとめましたが、いかがだったでしょうか?, ただし、他のハムちゃんより身体の毛が長いので、ブラッシングをするなど、身体の清潔さにはいつも気を配っておくのがベター!というお話でした。, ふわふわもこもこな見た目の長毛ハムスター、ポイントを抑えれば飼育のハードルがぐっと下がります!. 長毛種のハムスターは、おしりの毛なども長く、その毛質は細くふわふわです。 オシッコで臭いを付けてしまう行動は、飼育環境や飼い主の接し方が悪いのが原因で、自分以外の臭いを遮断しようと自分のオシッコの臭いを付けて、臭いのバリアに閉じこもろうとしている行動です。そのため、ブラッシングなどで臭いを取ってしまうと、付けても付けても臭いを消されてしまうために、より多くの臭いを付けてしまい、悪循環になります。 特にハムスターの食べ物は、乾燥し潰すと粉になりやすい物が多いので、少量を手軽に砕けるピルクラッシャーは、意外と役に立ちます。. 2020年10月6日, ハムスターが大好きな方なら、いろいろな種類のハムスターをご存知の方は多いと思います。, 短毛種のゴールデンハムスターは、田舎でも普通に販売されているので、ペットショップではよく見ることがあると思います。, ですが私の住んでいる田舎では、なかなか長毛種に出会うことは少なく、貴重なハムスターになってきます。, 長毛種とは、通常よく見かける短毛種のハムスターとは違い、顔周りや胴体など全体的に毛が長くふわふわです。, こんな長毛種のハムスターをお迎えするにあたっては、通常のハムスターをお迎えする時とは少し違うポイントがいくつかあります。, まず、新しくハムスターをお迎えしようとお考えの方であれば、おそらく基本の準備物はもう調べておられるかも知れませんが、念のためざっとご紹介していきます。, ケージ、水入れ(ウォーターボトルなど)、エサ入れ、寝床用の小屋等、トイレ、トイレの砂、床材、回し車(必ずではなく、考え方によります)、餌、かじり木(寝床の小屋が木材でない場合)、暖房器具(パネルヒーターなど冬に使用)、室内のエアコン設備, ただ長毛種のハムスターの場合は、これにあった方が良いポイントがいくつかあるんです。上記の中では床材です。, 長毛種のハムスターは、おしりの毛なども長く、その毛質は細くふわふわです。そのため、床材が毛足に絡みついてしまいがちです。特に木材チップの床材になると、取り除くのが結構大変です。, そのため、長毛種にハムスターをお迎えする場合、アレルギーなど関係なく紙タイプの床材を使用する方が、毛足に絡みにくく、絡んでも取り除きやすいのです。, 長毛種のハムスターの毛は細くふわふわです。そのためたとえ紙の床材を使用していても、結構毛足に床材が絡んだり、毛自体が絡んでしまったりしてきます。, もちろん、ハムちゃん自体が自分でも毛づくろいはするのですが、なかなか難しいのは想像していただけると思います。, そのため、毛を絡ませず、美しい毛並みを保つため、ブラッシングにならしておくことは、良いことですし、飼い主とのスキンシップや遊びの一つになると思います。, ただ馴れてないハムスターに、どうやってブラッシングなんてするの?と、思われるかもしれませんよね。, 実際、ハムちゃんのほうだって「何すんねん?!」っと迷惑そうな顔をするかも知れません。, そこで、まだ完全に馴れてないうちは、柄の長い歯ブラシを使ってブラッシングの練習をし、膝の上などで大人しくさせてもらえるようになれば、100均などで売っている爪洗いブラシや、靴のお手入れ用のブラシなど、すこし幅の広いブラシをつかって、優しくブラッシングをしていかれると良いでしょう。, 歯ブラシでブラッシングをすると、遊んでもらっていると思って、歯ブラシを奪いにきたり、結構楽しかったりしますよ♪, 私も今からお話する内容については、まだ経験がありませんし、経験したくないのが本音です。, ですが、ハムスターの病気の1つに腸に毛玉が詰まり、亡くなってしまう病気があります。, 実はこれについては、よく冬場に床材に綿を使用してしまっている飼い主さんのハムちゃんに聞かれるのですが、調べてみると、長毛種のハムちゃんも、毛づくろいの際に、長い毛を飲み込んでしまう場合があるので、毛玉が消化されずに腸に詰まってしまうという症例があるようです。, そこで、私もその予防と思い、ウサギさん用の毛玉ケアを我が家のハムスターにも食べさせています。これは毛(タンパク質を酵素の力で分解し、腸で溜まってしまわず排泄しやすくするものです。各社いろんなものが出ているようですので、興味のある方や心配な方は、準備してあげると良いのではないでしょうか。, ただ、上の写真はウサギさんのものなので、かなりハムちゃんには大きいです。そこで、私は金づちで砕いて、小さいかけらを毎日1かけら与えています。, 飼育にあたっては、少しでも美しく快適で、もちろん健康であってほしいものです。皆さんも機会があれば、長毛種ハムスターをお迎えされてみてはいかがでしょうか♪, Powered by  - Designed with the Hueman theme.