夏になると人間だけでなく、大事な愛犬・愛猫も虫に刺されます。 蚊・ノミ・マダニと大敵がたくさんいるので、防虫対策に頭を悩ませているかと思います。 でも、猫や犬にハッカ油を使っても大丈夫なのかなー? そこで、ここでは防虫対策に使えるハッカ油について、ご紹介していきます。 猫にハッカ油をはじめとした精油を使うことは良くないと言われています。私たちの生活では香料や虫除け、気分転換など様々なシーンで使えるものとしてとても重宝されていますよね?しかし、人間には良くても、猫には有害となってしまう場合もあるようです。 1.3.1 インコやオウムなどの小鳥 猫にハッカ油を使っても大丈夫でしょうか?猫にはハッカ油は有害であり、決して使ってはいけません。ただし猫よけ目的ではハッカ油は有効です。この記事では猫にハッカ油を使っても大丈夫かについて、危険性やその理由、ハッカ油が猫に与える影響を解説します。 1.1.1 猫は肝臓で精油成分を分解・処理できない; 1.2 「犬」にハッカ油は・・・. 猫を触ろうとしたらシャー!と吹き付けられた経験のある飼い主も多いのではないでしょうか。猫がシャーと吹き付けるときはどのよう... 犬の食器はどのようなものが人気があって使いやすく、おすすめなのでしょうか。犬が食べやすいような食器なのはもちろん、見た目が... 近ごろ様々なミックス犬が流行っていますが、その1つのシュナプーを皆さんご存知ですか?名前からすると「あれ」と「あれ」の掛け... 引っ張ったり、かじったりして遊ぶ犬用おもちゃはたくさんありますが、力の強い大型犬が遊ぶのなら丈夫で頑丈なものを選ばないと、... サルーキとボルゾイの違い。見た目はよく似た大きくてスリムな体型ですが、性格や特徴の違いはどのくらいあるの?サルーキとボルゾ... 優雅で気品溢れる優美な姿が特徴的なサルーキーですが、実際の性格としてはどのような性格の持ち主なのかご存知でしょうか?サルー... フェレットに、シャンプーが必要不可欠だと言われているのはご存知でしょうか。フェレットは、避妊去勢手術をしないととても臭い動... フェレットのケージには、どのようなものがあるのでしょうか。フェレットはこまめな掃除が必要なので、掃除のしやすいものなどが良... 小動物の中でも、ペットとしての人気が高いフェレット。お迎えするにあたって、寿命や長生きのコツが気になる人も多いのではないで... 福岡県にある、大型のペットショップはどこなのでしょうか?どれくらいの規模で、どのような種類の生き物がいるのかも気になります... フェレットのシャンプーのおすすめ5選を紹介!【低刺激/犬猫用で代用?/いつから?】. URLを入力ミスしている可能性があります。お手数ですが、URLが正しく入力されているか確認の上、再度読み込み直して下さい。. 虫除けなどにも使える便利なハッカ油ですが、猫にハッカ油は危険という情報を見たことがあるでしょうか。本当に猫にハッカ油は危険なのか、また、野良猫除けにハッカ油は効果的なのかをご紹介します。有益な情報ばかりですので是非最後までご覧くださいね。 目次. ハッカ油は猫の体にどんな悪影響を与えるの? ネットや書籍で情報収拾したところ、「ハッカ油が猫の体に悪い」というのは本当でした。正確には 「ハッカ油」ではなく「精油」全般が猫にとって有害なの … 1.2.1 犬のハッカ油使用は意見が分かれる; 1.3 「小動物」にハッカ油は・・・. これは猫のしつけが大きなヒントになっています。猫を飼ったことがある人ならよくご存知かと思いますが、1日2日では、なかなか覚えてくれません。何回も何回も繰り返し教え込みます。(中には、なかなかシツケできない猫もいますが・・・) 猫にハッカ油をはじめとした精油を使うことは良くないと言われています。私たちの生活では香料や虫除け、気分転換など様々なシーンで使えるものとしてとても重宝されていますよね?しかし、人間には良くても、猫には有害となってしまう場合もあるようです。この記事では、猫とハッカ油にスポットを当て、ハッカ油の知識と、猫に与えてはいけない理由についてまとめてみました。, 北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。, ハッカ(ハッカ油)を含む精油は非常に種類が多く、全てを合わせると数百種類以上あると言われています。こういった精油は猫ではうまく代謝されないため、ハッカの精油であるハッカ油も使用しない方が良いでしょう。, 猫に直接ハッカ油を付けたり、口の中に入れたりすることはもちろん、猫がいる所で日常的に純度の高い精油のハッカ油を使用するのも危険なため避けましょう。, 猫の中にはハッカ(ミント)の匂いを嗅いでフレーメン反応を起こすなど、マタタビを嗅いだかのような反応をする子もいます。ハッカの中には「キャットニップ(犬ハッカ)」と呼ばれる、俗に言う西洋マタタビがあります。, キャットニップは猫用おもちゃなどにも使われており、極端に大量に使用しなければ有害ではないとされています。, ハッカ油以外でも、先ほどさらっと触れましたが、ペパーミントを始めとしたアロマオイル全般は、猫には使用しない方が良いとされています。, 猫の肝臓には、解毒に必要なグルクロン酸抱合能がなく、アロマオイルを無害化できないからです。そのため、少量でも中毒になりやすいので、極力猫がいる部屋でアロマオイルは使用しない方が良いでしょう。, ハッカ油などの精油(アロマオイル)は猫の体に蓄積されていく物もあるため、ある日突然猫の具合が悪くなることもあります。猫に対してのハッカ油などの精油(アロマオイル)の危険性はまだ研究が進んでいないこともあり、一部では使用しても大丈夫だと言われているものもありますが、その安全性は定かではありません。, ですから、愛猫の安全を守るために、現段階ではハッカ油などの精油(アロマオイル)はなるべく使わないようにする方が良いでしょう。, ハッカ油は虫除けとしても使われています。ですから、蚊やゴキブリも、ハッカ油の匂いを嫌います。実際に、ハッカ油を配合したゴキブリよけも販売されています。, また、猫以外の小動物、ペットとして人気の高いハムスターやハツカネズミやフェレット、小鳥などは注意した方が良さそうです。, ハッカ油が含まれたネズミ忌避剤を鳥がいない所で使ったにも関わらず、近くにいた鳥が死亡してしまったケースもあるようです。ペットの中でも犬に対しては顕著な有毒性を示さないようですが、過度の使用は厳禁です。また、犬以外の生き物がいる場合は、使用しない方が安全なようです。, 人間にとってはいろいろと便利なハッカ油などの精油ですが、猫には、あまり良くないようです。ハッカ油に代表される精油やアロマオイルは猫にとって毒になりますのでアロマセラピーやアロマディフューザーは猫のいる家では使用しないほうがいいでしょう。, ハッカ油は、人に良いから猫にも良いだろう、と安易に考えるのは、危険だということです。猫と人間の体の機能には違いがあるということをよく理解し、事前に十分安全性を確認してからにすること、というのが愛猫と暮らす上での重要ポイントとなりそうです。, あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。, この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 猫のために、猫の気持ちを知り、猫と共に暮らす。ねこちゃんホンポは、あなたと愛猫の共同生活に色付けをする猫専門の情報サイトです。, ハッカ油にしてもアロマオイルにしてもやはり過度の使用は避けた方がよいのですね。猫は嗅覚が人間の数万から数十万倍とも言われていますし、ハッカ油やアロマのような匂いがきつい物は人間が思う想像以上の刺激があるのでしょう。, 与えてはいけないものをよく知らない父がミント油入りのおやつ(猫用)(!!!)を買ってきました。一応父にもはっか油はダメなのよと言ったことはあるのですがなにぶん忘れやすい人…, 猫ファンであり、猫フェチであり、猫飼いでもあります!猫の記事を書かせて頂ける事に、幸せを感じています。皆さんに伝わりやすいよう、心がけて書いてます!宜しくお願い致します、にゃむ。.