ノートン 360 デラックスは、最大 3 台までのデバイスで利用できます, すべての機能がすべてのデバイスとプラットフォームで使用できるわけではありません。 4.iPhoneの動作が遅いときの手順まとめ 詐欺 Web サイトをブロックして、オンライン詐欺から保護します, Android 6.0 以降Google Play アプリがインストールされている必要があります。マルチユーザーモードはサポートされていません。, Google Play アプリを搭載した Android スマートフォンおよびタブレットで動作, o Android 標準ブラウザ ・2-5.メモリ解放アプリを利用する 5.まとめ, スマホはとても高性能な端末なので、見た目には何も変化がなくても様々なアプリがバックグラウンドで動作していることがあります。動作しているアプリの数が多ければ多いほどスマホの処理能力を食ってしまうので、その分だけスマホの動作が重くなります。, 起動したアプリは閉じる操作をしなければ、いつまでも起動したままの状態になるため、それが多くなるとスマホが重くなる原因となります。, インストールしたものの使用していないアプリなどが多く残っているとストレージを占有する上に、ユーザーは使用していない意識でもバックグラウンドで動作していることがあるかも知れないので、その場合はスマホが重いと感じる原因になります。, Webサイトは文字や画像などで作られており、サイト閲覧をするということはこれらのデータをブラウザで読み込み、表示しています。ブラウザにはこうしたデータ群をキャッシュとして一時的に保存しています。これが増えすぎるとスマホに負担をかけるため、スマホを重くする原因になってしまいます。, OSやアプリが続々とバージョンアップしていくのに伴い、スマホの機能も常に進化を続けています。数年経っただけで隔世の感があるほど進化のスピードが速いため、もはやスマホのスペックが現在のOSやアプリについていけていないことがスマホを重いと感じる原因になっている可能性もあります。, この場合はアプリの終了やキャッシュの消去などでは追いつかないので、機種を新しくする選択肢も考えるべきでしょう。, 色々なアプリを利用していると、そのアプリが起動したままになってスマホの処理能力に負担をかけるようになります。そこでスマホが重いと感じたら、不要なアプリを強制的に終了させましょう。, Android6.0のスマホにはホームボタンの右隣に動作しているアプリの一覧を表示するボタンがあります。, このボタンをタップするとアプリ一覧がウインドウ別に表示されます。初めてタップすると「こんなにたくさん?」と思われるかも知れません。各ウインドウの右にある×印をタップするとアプリを強制終了させることができます。, また、右下にあるロケット柄のボタンをタップすると動作中のアプリを一斉に強制終了させることができます。, アプリ一覧の画面で削除したいアプリのアイコンを長押し、その時に画面上部に「アンインストール」が表示されるのでそのアイコンを「アンインストール」のところに持っていくとアプリ削除の画面に進みます。, Androidスマホの再起動は、電源ボタンの長押しで行います。電源ボタンを長押しすると「再起動」の項目があるので、ここをタップします。, 内部メモリからキャッシュの保存状況を確認してクリアするには、「設定」から「ストレージとUSB」を選択します。, 次の画面で「内部ストレージ」を選択します。内部ストレージとは本体内メモリのことで、ここをタップすると本体内メモリの空き容量や、使用状況が表示されます。この中の「キャッシュデータ」がサイト閲覧などで保存されるキャッシュなので、ここをタップしてキャッシュクリア画面に進みます。, スマホが重い原因を解消するために、メモリ解放アプリを使う方法があります。無料のものもあるので、ここでは「バッテリー長持ちPro(高性能メモリ解放)」という無料アプリを使用してみたいと思います。, メモリ解放アプリを使ってメモリ解放をした結果、どの程度動作に差が出るのかを検証してみましょう。起動に一定以上の時間を要するゲームアプリだと差が出やすいということで人気のゲームアプリ「ポケモンGO」で検証します。, 「ポケモンGO」の起動時間を、もう1台のスマホにあるストップウォッチ機能を使って計測します。, ここでアプリを使用して、メモリ解放を行います。アプリを起動して「CLEAR」のボタンをクリックするだけです。画像では少し分かりづらいですが、広告の間にボタンがあります。, 今回は29秒台で起動したため、15秒程度早く起動したのでかなりの改善が見られました。メモリの使用状況にもよりますが、メモリ解放による一定の効果が検証できました。, iPhoneでアプリを強制終了するには、ホームボタンを早めに2回押して実行中のアプリをプレビューする画面に切り替えます。そこで表示されているアプリのウインドウを左右にスワイプして切り替え、対象のウインドウを上にスワイプすれば、アプリは強制終了されます。, ホーム画面で任意のアプリアイコンを長押しすると、以下のように削除できるアプリに×印がつきます。, アプリを削除できるモードになったら、削除したいアプリの×印をタップします。確認画面が表示されるので、「取り除く」をタップして削除完了です。, もう使っていないのに容量の大きなアプリがインストールされたままだと影響が大きいので、スマホが重いと感じたらこの方法で削除しておきましょう。, iPhoneの再起動は、電源をオフにした後に再度オンにする形で行います。スリープボタンを長押しして、画面上部にスライダーが表示されるまで押し続けます。, 次に表示されたスライダをスワイプして電源をオフ、何も表示されなくなったことを確認してから再びAppleのロゴが表示されるまでスリープボタンを長押しして電源をオンにします。, バックグラウンドで動作する機能の中で使用しないものを無効にすることで、iPhoneの動作を軽くすることができます。, 【変換学習機能】