撮影日 2020.3.15 10時7分.     D850     146    ×124        ×78.5mm    1005g 〇今となっては使用する電池が特殊です。     F2A     152.5    ×102        ×65.5mm     830g   ・MV-1経由で写真のEXIFデータ(レンズ種別、F値、シャッタースピード、絞り値、撮影時刻、ISO) ブログパーツ .   ・非CPUのAiレンズ装着時にもレンズ情報をカメラに設定(10本まで登録可能) マップカメラスタッフによるフォトブログ。様々なカメラ機材や写真の愉しみ方を提案いたします。, 先日ニコンより、デジタル一眼レフカメラ「D6」の開発が発表されました。 F6故障履歴: どうでもいい話: 焦点距離7800mmってなんだよ! フィルムにキズ 日付のリセット コマ番号ずれと対策 日付リセットその後 日付リセットその後(2) 何故F6を購入したのか。 フィルムスキャナの必要性 ダイレクトプリントの注文方法が分からない 当時のデジタルカメラはというと、コストパフォーマンスの高いD70が発売されたデジタルカメラの成長期。翌年1月には1240万画素のD2Xも登場し高画素化も一気に進んだ時代です。フィルムカメラの衰退の想像は容易で、F6の登場には誰もが驚きました。 ニコンのデジタルカメラ製品情報で、ニコンD610が旧製品となっている。2013年10月19日発売だから、ライフサイクルから言って、旧製品となってもなんの不思議もない。また、D610の後にD750が2014年9月25日に発売されていて、スペックはD750が上回っているから、D610が旧製品となったのは当然と言える。むしろ、D610の退場が遅かったと言えるのだが、2013年11月28日発売のニコンDfはまだラインアップに残っている。Dfは当時のフラグシップ機であるD4と同じイメージセンサーを採用しながら、小型軽量でしかもアナログ操作が中心で、動画機能を省略したという独自路線のカメラだから、ニコンとしてはまだ旧製品にはしたくないのだろう。ただ、ニコンのデジタル一眼レフは機種が多いので、D5がD6に置き換えられるタイミングで、Dfの販売にも見直しがかかるのではないかと思われる。また、D750もそろそろモデルチェンジの時期になっているが、ニコンはどうするのだろうか。 さらに、製品情報を見ると、ニコンの一眼レフのラインアップにはフィルム一眼レフのニコンF6(2004年10月発売)がまだ現行製品として残っているところに、ニコンの意地と誇りを感じる。さすがにエントリークラスのフィルム一眼レフ、ニコンFM10は販売中止になっているが、いまフィルム一眼レフを作っているのはニコンだけになってしまった。それでも富士フイルムやコダックからフィルムが供給されていて、フィルムにこだわるユーザーも少なくない。フィルムは価格がアップし、現像日数もかかってしまうという逆風の中、それでもフィルム一眼レフを作り、フィルムを作るメーカーが存在するというのは貴重である。世の中は35ミリ判(いわゆるフルサイズ)ミラーレスカメラでなければデジタルカメラではない、という風潮だが、デジタル一眼レフ、そしてフィルム一眼レフを出し続けるニコンの一層の頑張りを期待したい。ライバルのキヤノンが1999年から続けてきたフィルム一眼レフのEOS-1Vを2018年に販売中止としているので、ニコンF6の存在はさらに貴重なものとなっている。レンズ交換式フィルムカメラはほかにM型ライカがあるだけで、ほかはレンズ一体型カメラかインスタントカメラとなっている。カメラの選択肢として、デジタル一眼レフ、ミラーレスカメラ、そしてフィルム一眼レフとレンジファインダーカメラがあることがスマートフォンに対抗していく道だと思う。ミラーレスカメラだけでは、やがてスマートフォンに完全に席巻されるだろうと予測する。, 追記 富士フイルムはモノクロフィルム、ネオパン100 ACROSIIを11月22日に発売する。35ミリ判36枚撮りと120フィルムの2種類で、どちらも950円(税別)。, JPEG撮って出し。キヤノンEOS 7D MarkII、シグマ100-400ミリF5-6.3、絞りF8、1/500秒、AWB、ISOオート。, ニコンF6、新品は高いですが、中古が意外と安いので、中古買おうかなと思ったりもします。. 所有レンズの大半が電磁絞り機構搭載の”Eタイプ(F6非対応)”になっていた中で、唯一残っていたのが高倍率ズームの「AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED VR」でした。, 一見、アンバランスな組み合わせに見えますが、レンズを選ばないF6の握りやすいグリップと、ズーム幅の広い速写性から相性はバッチリ!使い勝手は最高でした。, 撮影は近くのお寺で満開の彼岸花を撮影しました。 MV-1経由で写真はEXIF情報付の写真ファイルになります。 写真の腕は別として、写りも上々。フィルム撮影の楽しさが十分に味わえました。, F6のカタログに書かれていた「その価値は時代を超えて、受け継がれて行く」のキャッチフレーズ。 デジタルカメラに慣れすぎてしまうと、高感度でシャッタースピードが稼げないのが唯一の弱点でしょうか。, 撮り直しが可能なデジタルカメラと比べ、1枚1枚が勝負のフィルムカメラで撮影すると36枚撮り1本でも十分な満足感が得られます。 発売時期、販売価格などの詳細は未定とされていますが、来年のオリンピックに向けて登場することは間違いないでしょう。 「レンズが無い!」 性能にこだわった「S-Lineレンズ」の相次ぐ投入により、ニコンの主軸はミラーレスに移行してしまったと感じていたからです。 F6 157(幅) ×119mm(高さ) ×78.5mm(奥行) 975g D850 146 ×124 ×78.5mm 1005g D5 160 ×158.5 ×92mm 1235g F2A 152.5 ×102 ×65.5mm 830g F100 155 ×113 ×66mm 785g 〇今となっては使用する電 … ニコンの望遠オールドレンズといえば、まず外したくない焦点距離が105mm。 105mm F2.5 は、Auto Nikkorの時代から ニコンの望遠レンズの代表 として多くの人に愛用されてきた、ぜひおすすめしたいスタンダードです。   ・握った時のグリップ感は、D850以上のもので、今までのNIKON機で最高。    をPCに転送できる。 現像に出して数日後、今度はブログに掲載するため、フィルムから画像をデータ化する作業が待ってます。 ここ数年、デジタルカメラしか使っていなかったので、そのシステムに合わせレンズも入れ替えてしまったのです。   ・巻き戻しクランクを持ち電池切れでもフィルム救出可能 【F6】     D5     160    ×158.5        ×92mm         1235g     フィルム画像を振り返る際、これが本当に便利で、この機能があるからこそ未だ使い続けられていると言っても過言ではありません。, 黄色や白い花も見られました。フィルムならではの独特なトーンがノスタルジーさを演出します。, 彼岸花が密集する場所には入れないため、歩道から望遠で狙います。強力な手ぶれ補正と300mmの超望遠が大活躍です。, アゲハチョウが飛んでいたのでこれを狙うも、シャッター速度が追いつかず被写体ブレに。    ~画面内写し込み、コマ間写し込み、0コマデータ写し込み 期限切れのフィルムでもちゃんと写っていてホッとしました。, F6は標準装備のマルチコントロールバックで、フィルムのコマ間に焦点距離やF値などの撮影設定の記録を残すことができます。 【F6】 神代植物公園【さくら園の寒咲大島】 シュッピン株式会社. 15年経ったこれからも続くことでしょう。, マップカメラは、デジタルカメラ・ミラーレスカメラや交換レンズの中古・新品販売、買取・下取を行うカメラ通販ショップ(ECサイト)です。, All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. 検索. NIKON F6 を使って見たところでの長所と短所をまとめてみました。    特に奥行は、F100より、12mmも大きく、重さも190g重い。 【短所】 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.   ・フィルム巻き戻しでベロだしストップが可能 焦点距離:300mm / 絞り:F6.3 / シャッタースピード:1/10秒 / 使用機材:Nikon F6 + AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR 彼岸花が密集する場所には入れないため、歩道から望遠で狙います。 (300mm, f4.0, 1/2000秒, ISO200) Fujicolor C200  添付のドライバーソフトは現OS(64bit)に非対応、既にサポートも終了しているため、スキャンソフト「VueScan 9」で使用しました。, Photoshop等に直接取り込めない不便さはありますが、ネガフィルムのプリセットも豊富に用意されており、使いやすいソフトです。 と言いつつ、そのF6を手にしてしまうのですが…。, 前置きが長くなりましたが、もうすぐ15歳の誕生日を迎えるF6を久しぶりに使ってみました。, いざ出掛けようと、防湿庫の扉を開けると悲しい出来事が…。   ・シャッターユニットのボディへのマウントには、振動を伝えにくいフローティング構造を採用 そんな楽しみなニュースですが、別の意味で驚きもありました。, 昨年登場したフルサイズミラーレスのZシリーズ。   ・15万回のレリーズテストに耐える高精度、高耐久性のシャッター   ・ボディの重みと剛性感が安心感を生み出します。     F6     157(幅)    ×119mm(高さ)    ×78.5mm(奥行)    975g 〇大きく重いサイズのカメラです。   ・シャッター音が心地よい。 【長所】   ・衝撃吸収に効果的なミラーバランサーを搭載。 最新の記事 ... さらに、製品情報を見ると、ニコンの一眼レフのラインアップにはフィルム一眼レフのニコンf6(2004年10月発売)がまだ現行製品として残っているところに、ニコンの意地と誇りを感じる。   ・シャッターモニター内蔵し、シャッターを自動調整、異常値の場合シャッターは切れない 〇何といってもマニア好みのメカには心躍らされます。 最安価格(税込):346,068円 価格.com売れ筋ランキング:1位 満足度レビュー:4.83(84人) クチコミ:20041件 (※11月9日時点)     F100    155    ×113        ×66mm        785g  ・CR123A(3Vリチウム電池2本)は、今や売っている店は稀です。CR123A形の充電電池を用意しましたが、できればF100のように単三4本で動いてほしかった。 最近はフィルムをデジタルカメラで撮影してデータ化する便利な「フィルムデジタイズアダプター ES-2」が発売されていますが、ここでデジタルカメラを使ってしまったら、「最初からデジタルカメラで良かった…」となってしまうので、ここはあえてフィルムスキャナーで取り込みます。, F6登場時の純正スキャナーの「Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED」(2003年11月発売)   ・ボディ内蔵のマルチコントロールバック機能 思い出されるのは今から15年前。そうフィルム一眼レフカメラの「F6」の登場を聞いた時と似た感覚なのです。FもDも共に「6」というのも何かの縁なのでしょうか?, 2004年10月22日に発売されたNikon F6。今では唯一の現行フィルム一眼レフAFカメラで、間も無く15年目を迎えるロングセラーモデルです。 NIKON F6    ・幅では、D850より11mm大きく、高さでは、D850との差は5mm、奥行きはD850と同じ。 〇高級感がある Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED