インチキ超能力者を見ると見破りたい性分で、重度の負けず嫌い。マジックの原理を使って数々のトリックを見破る。決め台詞は「お前のやったことは全部お見通しだ!」時折このセリフは他の単語も付加される。 自称売れっ子マジシャン。得意マジックは、トランプマジックとゾンビボール。星座は蟹座。 「トリック」20周年記念 “再放送“で初心者が絶対にやってはいけない2 ... ドラマは毎回、山田奈緒子と上田次郎が超常現象にまつわる奇妙な事件に巻き込まれ、手品や物理学の知識を駆使して、そのインチキを暴いていくという形で展開していく。 黒門島出身(シャーマンの家系、黒津本家側)で、長野在住の書道家の母・里見と天才マジシャンの父・剛三を親に持つ。黒門島関係者からは、母親譲りの強いシャーマンの力を受け継いでいるとされている トリックと言えば山田奈緒子と上田次郎の関係にも注目が集まりますよね。 いつもお互いのことをどう思っているのか、煮え切らないまま、うやむやのままストーリーは進んでいき、2人の関係は友人同士にもならないし、当然恋人同士にもならない。 演:仲間由紀恵 自称売れっ子マジシャン。得意マジックは、トランプマジックとゾンビボール。星座は蟹座。 インチキ超能力者を見ると見破りたい性分で、重度の負けず嫌い。マジックの原理を使って数々のトリックを見破る。決め台詞は「お前のやったことは全部お見通しだ!」時折このセリフは他の単語も付加される。 黒門島出身(シャーマンの家系、黒津本家側)で、長野在住の書道家の母・里見と天才マジシャンの父・剛三を親に持つ。黒門島関係者からは、母親譲りの強いシャーマンの力を受け継いで … トリックの登場人物(トリックのとうじょうじんぶつ)は、テレビドラマ『トリック』に登場する架空の人物について解説する。, 自称”超売れっ子(巨乳の)美人マジシャン“[1]。夢はラスベガスの大ステージに立つことであり、偉大なマジシャンであった父に追いつくことを目標にマジックの道に入り上京した。得意なマジックは、トランプマジックとゾンビボール(人手や金のかかる大がかりなマジックは出来ない)。星座は蟹座。, 黒門島出身(シャーマンの家系、黒津本家側)で長野在住の書道家の母・里見と天才マジシャンの父・剛三(故人)を親に持つ。黒門島関係者からは、母親ゆずりの強いシャーマンの力を受けついでいるとされている[2]。, 極めて粗忽でよく躓いて転んだり、穴に落ちる。好奇心旺盛かつ天邪鬼なため、痛い目に合うことがある。行儀も悪い[3]。銀行口座も持っておらず、社会的な信用は全く無い。妙に見栄っ張りなところがある。倫理観は一般の人と若干異なる[4]。携帯電話は所持していないが、かける相手がいないのでアパートの固定電話だけで間に合っている。かけてくる相手は大半が上田からで、後はたまに、実家の母・里見から掛かってくる程度である。生活が苦しいこともあるが、金銭欲が激しく時に犯罪に手を染めることもある。また、食べ物に対する執着にも凄まじいものがある[5]。, インチキ霊能力者らと対決するのは尊敬していた亡き父が生前、超能力者、霊能力者の存在を否定し彼らのインチキを暴いていたからで、彼女はその性格と意思を受け継いでいる(正義感によるものではなく父との唯一の絆のように思っているからである)。霊能力者らと対決する際は普段と打って変わって、観察力が冴え、マジックのトリックを応用した数々のインチキな霊能力を見破っている。しかし、母のインチキ商売や論理的な問題、または黒門島絡みの事件の時には全く歯が立たない。これらの問題に関しては大抵、上田があっさり解決する。, 日本科学技術大学(通称:日本科技大)理工学部の教授(第1シリーズのみ助教授)[23]。専門は物理学[24]。自称IQ240。, 拝島(東京都昭島市)出身[25]。1965年11月4日生まれの蠍座。東京都世田谷区奥沢9丁目3番12号自由が丘マンション106(実在しない架空の住所)。, 木曜ドラマ TRICK〜Troisième partie〜(第3シリーズ、2003年), 何度か未来予知ともみられる能力が自分の意思と関係なく発動した事がある。また、触れた傷を治す, 礼儀をわきまえない口の利き方が多く、訪問先で出された弁当を立ったまま、搔き込むように食べている。, 駅に備え付けの時刻表を持ち帰ったり、占星術師緑川祥子と対決した際、(事件調査には関係がない)宇宙人の人形が気に入ったらしく新しい友達と言って彼女の部屋から持ち出したりしている(後で取り返されてしまった)。, 他人が何かを美味しそうに食べていると気になり、「くれ」とねだったり、時には奪い取って食べてしまう, 上田や他の人が会話している間黙々と食べていたり、「毒見」と称して他人の食事を取り上げて全部食べてしまう。「第2シーズン・御告者」では特上寿司2人前を平らげている。このエピソードでは珍しく食べ物に恵まれ中盤からケーキ、羊羹(丸々1本)、生姜焼き弁当、サンドイッチなどにありついている。だが「劇場版1」では依頼人に先にすべて食べられてしまった。上田に同行する理由として食事に不自由することがない、ということもある。, 道に落ちている鶯パンを拾おうとしたり、いかさまで福引賞品の米俵を手に入れたり、逮捕され留置所に入れられた際はアパートより居心地が良い上、三度の食事が出ることがうれしく、釈放が決まり「帰れ」と言われた時には食費を浮かせるために「ご飯だけ食べてから帰る」と言っている。, そもそも依頼人が犯人である場合が多く、もしくは死亡したりして無償になるケースがほとんど。, 「劇場版ラストステージ」では「女優の仲間由紀恵にそっくりな美人マジシャン」として全国ネットのテレビ番組に(50万円のギャラで)出演するが内容はいわゆるドッキリ番組であった(50万円のギャラも嘘)。なお、登場人物のほとんどがこの番組を観ていた。, エアコンはついておらず夏は、かなりおんぼろですぐ壊れる扇風機と団扇、あるいはかき氷で暑さを凌いでいる。, 家財道具は商売道具を入れたバスケット以外処分され、カメは取り上げられ、ハムスターは逃げたらしい。, ハルに変更される前のロックナンバーは「33310 3419696 4126117」で、「スリスリスリット、みよいクログロ、よい風呂いいな」と語呂合わせになっている, 仕事にも支障をきたすことから自身もかなり気にしているようで、鏡を見ながら笑う練習をしている。, 窮地を「きょうち」、特上を「とくうえ」、川柳を「かわやなぎ」、渡米を「ワタリゴメ」、蛇口を「へびぐち」、井ん中の蛙を「どんなかのシャケ」など, シーズンごとに別固体になっている。第1シーズンでは他にマリモと魚も飼育していた。また一時、フェレットと思しき小動物と大きなごついカメを飼っていたこともある。, シリーズ当初は聴講生が非常に少なかったものの、山田と共に数々のインチキ霊能力者を見破ってきたためか、劇場版ラストステージでは追加で机が足されるほどの人気授業になっていた。, 第1シーズンで上田は 「小学校の時、書道の県大会で最優秀賞を受賞した」と語っているため、一種の矛盾(もしくは間違い)が生じている。, 服がビリビリに裂け、縄を引きちぎり、大勢を圧倒的な強さで叩きのめす。あるいは断崖絶壁を這い登る、忘れていた知識を思い出すなど。, ただし、第2シリーズのepisode4では私情に流されることなく、達観的な手回しで犯人の自作自演を見破ったこともある。, ○に当てはまる数字はだんだん増え、新作スペシャル3の時点では3776番となったことまであるが、劇場版ラストステージでは、29番助手、1917番助手と数が減ったりすることもある。, 名前の読み間違いが多く、「『明日香』を『あしたか』」「『芥川』を『ちゃがわ』」などが代表的。, テレビドラマ第1シリーズで、ミラクル三井の死後、その次のエピソード「パントマイム遠隔殺人」の時に三井の白い帽子が研究室の壁に掛かっていたり、第2シリーズ最終話で六つ墓村の石碑が置かれている。, これらの本は「日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象」「日本科学技術大学教授上田次郎のなぜベストを尽くさないのか」として後に実際に書籍化されている。, 上田はこれは「読んだ人が他の未読の人にも是非読んでほしいと思っているからである」と語っている。, エピソードによっては、矢部の方から捜査を依頼をする(というより、半ば押しつける)ケースもあった。, シリーズ末期では、登場はしても2人と一切関わらなかったり、関わっても途中からフェードアウトすることが多くなっている。, 第2シリーズ・Episode5では、妖術使いの森の力の影響で徐々に黒髪となっていき、その際は標準語の爽やかな喋り方に変化している。また、心酔しているはずの矢部にも対等な口調で、, 警部補 矢部謙三2 わしの伝説 その(5)「おとり捜査の罠 矢部謙三VS矢部謙三」でバボ・コバヤシの言動にオタクを馬鹿にしていると感じて激高したことがある。, 奈緒子が上田とともに調査のため出かけた後に帰路につくが、奈緒子のアパートにその旨をしたためた置手紙があった。, 野際が「私はこの(奈緒子と同じ)笑い方しなくてよいのか?」と監督に尋ねた結果だそうである。, 文字には料金プランも定められており、1文字100万円の「デラックスコース」、1文字10万円の「エグゼクティブコース」、1文字5万円の「一般コース」とあり、申し出が無い場合には強制的にエグゼクティブコースにさせられる。更にサイドビジネスも行っており、劇場版ではお守りやお札のインターネット通販、新作スペシャルでは希望の性別の子供を授かるというお札、新作スペシャル2では必ず恋が実るという「婚活封筒」を販売している。, 前述の『母の泉』の霧島澄子、後述の『言霊を操る男』の芝川玄奘、『新作スペシャル』の緑川祥子も多くの信者を洗脳しているが、霧島・玄奘は詐欺師に利用された傀儡であり、緑川が怨恨という動機の中、吉子はただ金銭と名誉といった利己的な理由であり、かつ周りの人間の死に対しても終始冷淡であった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=トリックの登場人物&oldid=80322995. 演:仲間由紀恵 父のようなマジシャンに憧れてマジックの道に入り上京。偉大なマジシャンであった父に追いつくことを目標に夢を追いかけている。いつも花やしきでマジックを披露しているが、観客がいない為冒頭ですぐにクビにされる。ストーカー的な追っかけ、照喜名保がただ一人のファンである。, 最終作『ラストステージ 』の9日前に放送された阿部寛主演のドラマ『眠りの森』で、阿部寛演じる加賀恭一郎のお見合い相手に「山田」という女性が登場している。キャストはもちろん仲間由紀恵である。, リモートは、もはや一時的ではない。ARMSNOTE・深井涼介さんが教える「最強のおうち作業環境」づくりのコツ, 「エヘヘヘヘ」や「ウヒョヒョヒョヒョ(ウヒャヒャヒャヒャ)」と言う独特な笑い方をする。このような笑い方は奈緒子のみならず、里見や黒門島の人間も同じ。突然アクシデントが発生した場合は「にゃっ!」「うにゃー!」自らの奇術で念を送る際には「くわっぱ!」「にゃむ~っ!」といった奇声を発するのがお約束となっている。, 基本的には心優しい正直者らしく、人を騙すことは苦手である。『劇場版2』では筐神佐和子の魔の手から富毛村を救うという気負いもあってか、かなり頑張って「私は霊能力者、窓神窓子!」と演じ切った。最終的に『霊能力者バトルロイヤル』では、万練村からの貢ぎ物や財宝欲しさに大掛かりな脱出マジックをやって「私こそ、本物の霊能力者!」と堂に入った演技を見せている。このことからも解るとおり「騙すことが苦手」というマジシャンとしては致命的な性格ながらも、条件次第ではある程度の演技力を発揮し、勢い慣れも早い。, 池田ハルが営むボロアパート「池田荘」に住んでいる。家賃を滞納することが多く、新作スペシャルでは強制的に追い出された挙句、劇場版2では事件を解決している間にアパートを取り壊されてしまった。新作スペシャル2でオートロック式に建て替えられた「エコメゾン・池田」に住むが家賃の滞納は相変わらずで、劇場版3ではハルにロックナンバーを変えられてしまう。, 道に落ちている鶯パンを拾おうとしたり、自前の金の玉を使って福引の商品米俵を手に入れたり、誤認逮捕で留置所に入れられた後に無罪放免が決まった際には、1日3食の食事目当てに「留置所にずっと入れてくれ」と頼んだり、挙句の果てには「上田の命」と「3万円の金券」のどちらを選ぶか迫られた時に、, 事件の依頼人や事件の経緯によって手に入るはずの報酬や財宝は数億円単位のものまであるが、金運の無さなどによって手元から離れてしまう。大半を奈緒子が解決している一連の事件の手柄も、ほとんど教授という肩書きを持つ上田のものとなり、奈緒子は全くの無名である。. 「山田奈緒子」名義で写真集も出版されている。 自宅 自宅は東京都 荒川区 東尾久9丁目21-8池田荘202号(番地は一定ではない) 。 家賃はエピソードによってまちまちであるが、「第3シーズン」では大家が1万8千円から2万1千円に値上げすると語っている。 夏目漱石著『草枕』の冒頭はと言えば 山路を登りながら、こう考えた。 智に働けば角が立つ... 「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」ってことば、何で知ったんだっけ。 いや、ほんとははっ... アイキャッチ画像は「偽物語&猫物語(黒)」Blu-ray Disc Box予告映像より ©... なぜあの人には話が伝わらないのか/男性脳の特徴 って記事がこのブログではよく読まれています... キンブリーさんについて記事を書こうと思います。 キンブリーさんとは『鋼の錬金術師』に出て... ラーメンズが好きなのですが、特にお気に入りのコントは『採集』かもしれません。 かもしれませ... 「多様性」が叫ばれる時代、というか「多様性」という言葉を目にする機会が増えた昨今。 このブ... 「多様性」は他人を認めるための言葉ではなく、「自分が間違っている可能性」を知るための言葉だと思う. 昔からドラマの「トリック TRICK」が好きだったのですが、プライムビデオでドラマ版から劇場版まで全部配信されているのでここのところマイブームになってます。, 今まで何とも思わず見てたけど、素朴な疑問として「なんで山田ってこんな扱い悪いのかな」って思った。, めっちゃバカにされるし怒られる。ないがしろにされたり、初対面の人に「なんなんですかコイツ」とか言われがち。, 少なくとも初対面でないがしろにされるのはおかしいし不遇の扱いを受けていると言っても良いレベルだと思う。, 小ネタが豊富な「トリック」にこんな疑問を立てるのは野暮なんだけど、それにしても僕が見ている山田奈緒子とあのトリックの世界の人たちが見ている山田奈緒子は別人なんじゃないか?, とか言ってるけど別の深い考察とかはなく、ただ山田奈緒子の話がしたいだけの雑談記事です。, 山田奈緒子はドラマの冒頭で自己紹介があるときは必ず、自分が実力派のマジシャンであることを強調します。, シーズン1の時点では「私の名前は山田奈緒子、偉大なマジシャンの亡き父と、書道教室を開く母を持つ、けっこう人気者のマジシャンです」と自己紹介してる。, シーズン3第一話の冒頭では「私の名前は山田奈緒子、今をときめく超実力派のマジシャンだ」になってます。, マジックや奇術の実力や知識が豊富なのは間違いないのですが、山田は貧乏で友達もいないため、一人で低予算でできるマジックには限りがあり、見世物としては非常に地味。, 浮いて見えるゾンビボールやしょぼい消失マジックしかしない。小道具の手作り感がすごい。, 客は山田のマジックに過剰なほどつれない反応をするし、山田がステージに立つと客が引き、別のパフォーマーに変わると集まる場面がよくある。, パフォーマンスのバイトから帰る途中ではなぜか人に指を指されて笑われるシーンがある。環境すべてから見下されています。, マジックはつまらなく安っぽいものが多いため、照喜名保は純粋に山田の容姿が気に入っている様子。, 他には、トリック新作スペシャル1では、刑事である矢部の新しい部下「秋葉原人」に萌えられている。どうやら一部のマニアックな人には異常にモテるという設定のよう。, 外見が仲間由紀恵だったら、少なくとも初対面で馬鹿にされたり、指して笑われるなんてことはないはず。, ということは、山田奈緒子は一応画面の上では仲間由紀恵だけども、実際にはもっと見るからに人気が無さそうな人間なのではないか、と思いました。, でも、シーズン1の第一話でさっそく見世物小屋をクビになるとき、「まあ確かに少しは器用だし、ま美人だし?でも、それだけじゃお客さん喜ばないんだなあ(後略)」と言われているので、美人だという認識はある。, トリック劇場版ラストステージでは、テレビ中継のあるマジックショーに出たときに司会から「あの大女優、仲間由紀恵にそっくり!超美人!天才マジシャン!」と紹介されているから、外見が仲間由紀恵なのも間違いない。, ちなみに山田奈緒子が著したとされる本があって、仲間由紀恵が対談しているらしいです。未読。いつか読む。, 外見が仲間由紀恵なのだから、嫌われたり笑われたりする理由は完全に素行が原因ということになるでしょうか。, シーズン2第8話では塚本恵美という女子大生と二人きりになるシーンがあって、比較的歳が近い若い女性と1対1でいるシーンってなかったから注目してたのだけど、気を使う様子はまったくなし。, 塚本恵美が呪われているという設定だったから、塚本が食べるはずだった寿司を毒見と称してすべて食べる。, 好きなものに毒を仕掛ける確率が高いという詭弁を披露するけれど、呪いや超能力の存在の有無よりも食欲に支配されていたことは間違いなく、結果的に鬼畜な行為となっている。結局塚本の分もすべて食べる。, 何も食べてないという塚本に対してまだガリがあると言う山田は嫌われてもしょうがないと思いました。, シーズン3第5話では、上田によって管理人に引き渡された(食べるらしい)飼い亀を必死に取り戻すシーンがあり、「返してくれ亀、頼む、友達がいないんだ」と言っているシーンがあって好き。, 誰に対しても失礼で、一応丁寧語を使ったりはしますが気を抜くとすぐに蓮っ葉な物言いになります。, では愛情という感覚をそもそも欠いているのかというとそれも違って、亀とハムスターを飼っていて、非常にかわいがってる。, トリック新作スペシャルで登場したウニャニュぺェィギュゥリュ星人(人形)に対してはちょっと異常なくらい愛情を示していました。, 小さい女の子がクマのぬいぐるみをずっと持ち歩くように、ウニャニュぺェィギュゥリュ星人を持ち歩いて、お話しをしたりしていました。, いつもお互いのことをどう思っているのか、煮え切らないまま、うやむやのままストーリーは進んでいき、2人の関係は友人同士にもならないし、当然恋人同士にもならない。, あくまでコンビ。凸凹コンビ。上田は山田がいなければ事件の解決なんかできないし、山田は上田がいなければ自身が持つ因果にからめ捕られて間違った方向に行ってしまう。, 上田が出版するどんと来い超常現象シリーズは山田がいてこそだし、山田の生活がギリギリ成り立っているのは上田がちょこちょことアシストしてくれるから。, 持ちつ持たれつと言うのは少々互いを出し抜いて利用するという趣が強いけれど、お互い見栄っ張りで利己的で恩に着るということもしないからこそ相性が良いようにも見える。, 上田も上田で奥手で男性としてのコンプレックスをもっており、それでいて女性に目がないのだけど山田にだけはなぜか反応しないのですよね。, 依頼人にはあっけなく一目惚れするし、中学生なみに女性の身体に興味があるのに山田には関心がない。, スリット美香子のスリット部分からもれる足には条件反射的に目を奪われるのに、山田が見せてきたスリットにはまったく動じない。, 見た目は間違いなく仲間由紀恵だけど、単純に素行と態度が悪いから人としての魅力が半分以下になってる。, またトリックに出てくる人のキャラクターって独特で、みんな見栄っ張りだし強情だし素直じゃないですよね。謎にみんな自分に自信持ってるし。, そういうキャラクター性と相まって、山田は素直に評価もされないし、利用されるだけって感じがする。, けど山田が情より利を取る傾向が強いし、情は持ってるけど人に対する関心は本当に低そう。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 『21世紀の世界文学30冊を読む』アメリカ文学とか日本文学とかの概念が古くなっているという事実, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます).