トニセンは成人しててカミセンは未成年だったからって理由らしいけど格差が面白い(笑) まとめ 7月26日のフジテレビ系バラエティ番組「ダウンタウンなう」は【デビュー25年目V6のトニセンが衝撃過去を初告白】です! トニセンなら渋谷で降ろしても大丈夫との事務所判断だったようです。 江ノ原「真夏の日も、、寒い日も、、ずーっとパンテオン(笑)」 カミセンはそういうトニセンに支えられていたってことですね。 トニセンがお兄さんなわけですし仕方ないですね。 って思う反面、きっとトニセン以上の美しさは出せないんじゃないかなとも思う。 格差格差とカミセンと比べられちゃうけど、色気に関してはカミセンがトニセンを追い越せることはないと思うんだ。 逆にトニセンが『Get Naked』を踊るのはどう? もうずいぶん長いこと彼らを見てたV6好きとしては、喜ばしい限り! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 芸能ニュース速報JAPAN.All Rights Reserved. })(); Copyright (C) 2020 なないろぺたる All Rights Reserved. ジャニーズの6人組男性アイドルグループV6はトニセンとカミセンのユニットに分かれていますよね。, トニセンとカミセンの意味や由来は何?そしてどうやら両ユニット間に格差があるようなので比較してみたいと思います。, V6は6人で1つのグループですが、トニセンとカミセンという3人ずつのユニットに分かれています。, この三人をこの番組で観られるなんて!#ダウンタウンなう #トニセン pic.twitter.com/BhpXz8jNwx, トゥエニセンは呼びにくいし噛んでしまいそうなので言いやすく、トニセンに略されました(笑), でも、「20th」って「トゥエンティース」じゃないの??って疑問に思いますが、違いは日本語読みと英語の発音の違いです。, 「ある日願いが叶ったんだ/All For You」広告@渋谷#V6 #カミセン pic.twitter.com/4H7vZhZRT2, バレーボールワールドカップのイメージキャラクターとして結成されたのがV6なのでvolleyball(バレーボール)のVでもあり、さらにVictory(勝利)などの意味もありながら、「トニセンVSカミセン」のversus(対)も込められていたんだとか。, トニセンの「20th Centuty」は英語で「20世紀」、そしてカミセンの「Coming Centuty」は「これからの世紀」と訳します。, トニセンとカミセンの自撮りの仕方を比較してみました!!!!!! pic.twitter.com/UjenqnsQAQ, ネーミングには苦戦していたようで、結成当時まだ時代が20世紀だったので年長組は20th Centuty、未来に期待を込めて(?)年下組はComing Centutyとしたのかもしれないですね。, 年長組のトニセンと年下組のカミセンも気づいたらほとんどが40歳以上になっているんですね!, 20年以上経った今でもユニット毎のコンサートが開催されたり曲を出したりしているV6ってすごいなぁって改めて思います。, デビュー当時10代だった岡田くんが今では38歳って、ファンも一緒に歳を重ねているんだなーって。。。実感はしたくないけど、そうですね。, みんなガッツポーズでかっこよく決めてるのに1人だけで少しお茶目な井ノ原さんやっぱり推せるし、 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7月26日のフジテレビ系バラエティ番組「ダウンタウンなう」は【デビュー25年目V6のトニセンが衝撃過去を初告白】です!, V6の坂本昌行さん、長野博さん、井ノ原快彦さんからなるユニット・20th Century(トニセン)が人気企画「本音でハシゴ酒」に出演!. V6(ブイシックス)は、日本の男性 アイドルグループである。 所属事務所はジャニーズ事務所。 所属レコードレーベルはavex trax。. 終わりました…! (function () { 若かりし時、剛と健の人気は凄かった。車で降ろされるときに、渋谷で彼らを降ろすと大変なことになる。パニックが起きる。, ●森田…41歳(79年2月生)…主に舞台 実際はカミセンの方が年は近いが年上組に所属、カミセンとトニセンの橋渡し役をしていた井ノ原さん。昔v6のコンサートを仕切っていたのはジュニア時代から先輩の背中を見ていたトニセンだったといい … 「トニセンはひどい扱いでした。そもそも、トニセンという呼び名が与えられたのも、デビューして5~6年後ですから。移動も、カミセンは社用車で送迎あり。トニセンは、渋谷駅で集合して自分たちで … pa.type = 'text/javascript'; だてにトニセン、毎週ラジオで自虐ネタばかり話していませんね! ところで、である。 本日発売のスポーツ報知で、井ノ原さんがデビュー当時のトニセンとカミセンとをつなぐ中間管理職をしていた頃の話をしていた。しかし一部、どうも違和感がある。 どうも。バンギャルだったはずが、いつの間にか女性アイドルやらV6やらにもハマってしまって、散財具合が不安なフミヅキです。 さて、今回のテーマはトニセンです。言わずと知れたV6の年上三人組、20th Century! 今年のバレンタインデーはトニセンの舞台「TWENTIETH TRIANGLE TOUR 戸惑いの惑星 … var pa = document.createElement('script'); pa.src = window.location.protocol + "//cdn.x-lift.jp/js/site/162843495.js"; ブログを報告する, 「V6 Next Generation」(以下ネクジェネ)とは、V6の年上組であ…. ジャニーズの6人組男性アイドルグループV6はトニセンとカミセンのユニットに分かれていますよね。でも、そもそもトニセンとカミセンって何の略か知っていますか?トニセンとカミセンの意味や由来は何?そしてどうやら両ユニット間に格差があるようなので比較してみたいと思います。 ●三宅…41歳(79年7月生)…主に、舞台、手話 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); トニセンが25年間言えなかったグループへの不満をぶちまける 小林稔侍も大暴れhttps://t.co/C2x4K7boMR ※動画は7月26日(金)21:55までの限定公開 pic.twitter.com/0HJRGdXAMG, — 【公式】ダウンタウンなう (@cx_downtownnow) July 19, 2019, デビュー25周年、今だからこそ話せる「V6のデビュー秘話」や「カミセン(森田剛さん、三宅健さん、岡田准一さん)との格差」、「メンバーへの不満」などを告白してくれるみたいです!?, 申し訳ないんですが、デビュー当時の印象として、「なんでアイドルにオッサンが混じっているのかなぁ?」と思ってました。, 案の定、V6のCDジャケットの写真撮影時でも『(V6のメンバー分けは)3 VS 3のバーサスだよ』とジャニーさんは言ってたらしんですが、もう勝負は決まってたみたいですw, 実際の発声練習をダウンタウンの前で披露してれたようですが、松本さんも「これは腹立つわ!」とコメント!, 発声法って基本がありそうですが、独自な発声法ってどんなものなのかは番組で確認したいですね。, 井ノ原さんは、坂本さんがポカリスエットを飲んだときにゲップするのが気に入らなかったそうです。, 坂本さんと長野さんは、井ノ原に対し「お前、昔は本当にバカだったよな?」とぶっちゃけてしまいます!, 確かに、井ノ原さんは勉強嫌いだったらしく高校も中退しています(27歳時に再入学して卒業)。. | と思ったら!3枚目のシングルであるビート・ユア・ハートでついに6人並びました! カミセンが前にいるとはいえホッとしました! なんか3人の顔に凛々しさを感じますね! もう格差は終わったのかな? TAKE ME HIGHER 出典Google画像検索. ジャニーズ内にはコンビ・シンメと呼ばれる二人組がいる。有名なので言えば我が軍ではV6の剛健、関ジャニ∞のヨコヒナ。やぶひかや市ヶ谷、山、ふまけん、ツインタワーは担当外だがよく聞く名前だ。ジャニヲタはコンビやシンメの仲良しっぷりや、はたまた逆の気まずそうな関係、二人にしか出せない世界観を探り、愛でているのだ。, 公式(番組)名称。6人揃えばまじヤバイV6でも、この3人が集まるともう怖い。剛健というノンストップブレーキマシンには片づける人が必要なのだが、井ノ原快彦はさらに加速させる。暴走機関車。今でこそ既婚者であり、NHK朝の顔として活躍井ノ原さんだけど、Jr時代は楽屋で花火をするようなやんちゃっぷり*1。長野さん曰くあさイチの方が裏の顔な井ノ原さんが剛健と組むと、まぁしっちゃかめっちゃか、ツッコミ不在な空間の完成。ちなみに森田三宅で「剛健」だが、井ノ原・森田は「ゴールデンコンビ(自称)」「本番ボーイズ」、井ノ原・三宅は「バカ兄弟」と呼ばれている。名前からお察し。, 私がこのトリオが好きな理由は、剛健二人が井ノ原さんのことを「井ノ原くん」と呼ぶからです。2人からすれば井ノ原さんは年上、しかも普段はトニセンで年上組に括られているから、くん付けすることは何もおかしくないのだけど、でも剛健より下の岡田くんは「イノッチ」と呼ぶんです。岡田より剛健の方が井ノ原さんと年が近いのに、頑なに「井ノ原くん」なところが愛おしい。やんちゃで手の付けられない悪ガキな剛健が、呼び方はきちんとしていたというギャップ。ここがたまらなく好き。何かしてくれないかなと期待した目線を送る剛健と、それに応えようとする井ノ原さん。「井ノ原くん、井ノ原くん!」とじゃれる子犬と遊ぶ中型犬。そんな関係の3人が好き。, V6の年上組、トゥエンティ―ス・センチュリー略してトニセン。この名前がない時代はアダルトチームなんて呼ばれてました。個々で見てみると坂長(坂本・長野)、うたうま(坂本・井ノ原)、夕ドロ(長野・井ノ原)*2。ちなみに出戻りした長野さんに当時とは状況の違う井ノ原さんが「今までのように俺が仕切っていいですか」と聞いたところ「どうぞ~」と答えたという、いい人長野さんという夕ドロのエピソードが好きです。, トニセンの特徴といえば苦労人ということ。SMAP以下は全員後輩、ジャニーズ事務所のシーラカンス長野さん。24歳にして中学生のガキと同じグループになり、苦手なリーダーという役目に任命されカミセンを指導してきた坂本さん。実際はカミセンの方が年は近いが年上組に所属、カミセンとトニセンの橋渡し役をしていた井ノ原さん。昔V6のコンサートを仕切っていたのはジュニア時代から先輩の背中を見ていたトニセンだったといいます。, ここで特異なのはカミセンに嫉妬していたというエピソードが出ないということ。見つけきれていないだけかもしれませんが、目立ちませんよね。私がこう思うのはもう一つの自ユニが人気の東京や同期、後輩に対してまでギラギラ対抗心をむき出しにしているからかもしれませんが。これに関しては、SONGSで坂本さんが「せっかく掴んだ栄光だからそんなこと言ってられなかった」と発言しています。今でもトニセンはカミセンに対して「アイツらはすごい」という態度でずっといることが愛おしいです。あとこの3人がメンバーの出演番組をものすごくチェックしてるところも愛おしい。そしてとにかく謙虚。番組の最後に「こんなにカメラ回していただいて」「クレーンまで使ってもらって」なんて言うんですよ!アイドル20年選手でスポットライトを浴びる人生を送っていた人が!!謙虚か!!!, トニセンになると一番変化するのは井ノ原さん。やんちゃで騒がしいイノッチから一転、トニセンだとまったりとしたちょっと甘えたがりな弟になります。トリオのいいところって今まで最年少でなかった人が最年少になるところ。コンビだと兄弟だけど、トリオだと上が増える分最年少という意識が強くなります。カワイイ。現在行われているツアーMCにて長イノでお風呂に入ったという話になり、坂本さんに対して「嫉妬してる!?」と聞いちゃう井ノ原さんカワイイ。坂本さんは別に嫉妬していないであろうところがカワイイ。(11/2追記:と思ったら坂本さんの嫉妬も見え始め、トニセンの姫となりつつある長野博…)トニセンにおける三角関係もまたトリオの醍醐味であり愛しさです。, カミング・センチュリー略してカミセン。今は団扇を持つなら剛君と言っている私ですが、V6にハマった当初は剛健担でありカミセン担と言っていたカミセンの関係性が好き。カミセンだけで冠番組を持ったりドラマや映画の主演を果たすほどの人気を誇った3人です。, カミセンの可愛いところはやっぱり剛健に嫉妬するオカダ!剛健2人は頻繁に連絡を取り合うということを聞き「俺も連絡先教えるよ!」と言うも断られるオカダ。剛君が作詞した歌詞に剛健というワードが入ってると「剛健准にしてよ!」と言い出すオカダ…。とにかくカミセンだと不憫が目立つ。しかし!安心してほしいオカダ、剛健2人はオカダのことが大好きである。2人にとっての初の後輩にあたるオカダ。オーディションで俺たちがお前を選んだんだぞとお兄ちゃんぶりながらも大きな愛を注いでいます。2人にヒルのように吸いついてキスマークをつけまくって恋愛禁止の高校だっため先生に呼び出され、相手が男だなんて恥ずかしくて言えなかったなんてエピソードが好きだけど、好きなんだけどもちょっとこいつらヤバイと思いました。, お尻に剛健のつがいの歯形をつけられたりとちょっと変わった苛烈な愛情を受けた岡田准一君は、成長し立派な反抗期を迎えました。俳優業に没頭し、V6、アイドルであることに反抗していたオカダに、「アイドルであることに誇りを持ってくれ」という言葉をかけたのは何を隠そう三宅健ちゃんです。そう、カミセンにおける私が考えるキーマンは三宅健です。この言葉をかけられたオカダは「メンバーに言わせることではなかった」と反省しています。また、V6結成の話をジャニ―さんにされた三宅さんは、剛君がメンバーに入ってないと知ると「じゃあやりたくない」と、森田さんが入ったら1番にはなれないよと言われても「それでもいい」と答えています。それも即答。三宅健ちゃんがいなければアイドルである森田剛も岡田准一も存在しえなかったのかもしれないと思うと凄い。三宅様様。さすがV6の太陽(自称)。, 私がV6を担当にしようと覚悟したのはFNSでのWait for Youですが、この気持ちは一時的な衝動的な感情ではない、ずっと応援していきたいんだと思わせたのはSONGSでのカミセンです。俳優・岡田准一に対して「背負っているものがどれだけのものかわからないけど、ここ(V6)にいるときぐらいは、何も考えずに笑っていてほしい」と言った剛君。「お前は、『岡田』だから」と、違う番組でも「お前はオカダの3文字につきる」と言った三宅さん。岡田准一がどのような人間になっても、2人にとってはいつまでも弟。褒めて、誇りに思うトニセンと違い、下に見ているわけではなく、あくまでも愛すべき俺らの弟とオカダを見る剛健。この関係性こそが私の惹かれたカミセンです。, また、anan岡田連載でカミセンは三角関係と公式発言(笑)。健ちゃんは世界一かわいい、健ちゃんを守りたいと健ちゃん大好きなオカダ。しかし当の三宅さんは剛君が好き。だが、剛君は三宅さんの話を聞いてない。岡田→三宅→森田。三角関係である。しかし三宅さんは「ジャニーズ1岡田准一を愛している男」と言ってるし両想いでは…。剛准も個人で活躍する場が近く、互いが互いの演技仕事を認め合い好きだと言っているので、結局は岡田⇔三宅⇔森田なのだろうけど。ん~30超えたおっさん達が誰が誰を好きでとか言ってるのがカワイイね。, *2:ユニット曲「夕焼けドロップ」で夕ドロ。『た』ドロじゃないよ、『ゆう』ドロだよ!, SAusgkj8さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog トニセンなら渋谷で降ろしても大丈夫との事務所判断だったようです。 江ノ原「真夏の日も、、寒い日も、、ずーっとパンテオン(笑)」 カミセンはそういうトニセンに支えられていたってことですね。 トニセンがお兄さんなわけですし仕方ないですね。 坂本・長野・井ノ原で構成される20th Century(通称トニセン)と、森田・三宅・岡田で構成されるComing Century(通称カミセン)に分かれて活動することもある。 これを機に、少しでもV6というグループの魅力に気づく人が増えれば幸せだ。単体もいいけど母体もね!, しかしこの20年という数字、実は大変「危うくも絶妙なバランス」の元に成り立とうとしている数字なのである。我々はそのことをよく知っている。だから20周年が、とてもとても、うれしくって、ありがたい。, 20周年の節目に伴い、彼らから「過去の苦労エピソード」が語られる機会が多くなった。鉄板ネタは「デビュー当時CDジャケットのトニセンがめちゃくちゃ小さい扱いだった」ことと「オカダのオーディションの審査員は剛健だった」ことだろうか。特に前者は坂本さんやイノッチの巧みな話術によって、安定感抜群の自虐ネタとなっている。自分も卑屈なので、気持ちはよくわかる。どんな悔しさも、そのうち忘れるし、笑い話にできるのだ。だてにトニセン、毎週ラジオで自虐ネタばかり話していませんね!, 本日発売のスポーツ報知で、井ノ原さんがデビュー当時のトニセンとカミセンとをつなぐ中間管理職をしていた頃の話をしていた。しかし一部、どうも違和感がある。デビュー当時の剛健人気の凄さ、自分だけうちわが無かった過去を語った直後である。, 「森田とか『どうせおじさんだろ』と言って坂本クンらをなめていましたね。それに剛・健が(中略)岡田に冷たいですよ。その時審査員だった2人が『俺らが選ばなかったら、ジャニーズはお前を取っていないんだぞ』ってな感じで。(ジャニーズ)Jr.の経験なしでメンバーになったことがしゃくだったのでしょうね。岡田も“実家”に戻ってきたら、しっかり末っ子になってます。偉いヤツです。」, イノッチってあんまり他人を下げるような発言をしない人だと思っていたので、ここの書き方だけ妙と引っ掛かった。もとい、地味にショックだったのだ。それもちょっとお兄さん目線で、困りものの弟たちとして語ってるとこが絶妙にムカつく(笑)。あんただって相当とんがってたし、ケツ出してたろう(笑)。たぶん、笑い話として温かな声で、イノッチは語ったのだ。しかし活字という媒体が読み手に与えるイメージは意外と冷たい。仮に事実としても、このまま「問題児としての剛健イメージ」が歩き出すのは忍びない。というわけで、カミセンを愛してやまぬ私めから勝手に、剛健を弁護させていただきたい。, デビュー当時、同期や先輩たちからの重圧(それは負の感情のほうが大きい)は尋常ではなかったろうし、ろくに話したこともないようなベテランシニア、しかも一人は伝説のマサと、大阪からやって来たド素人、これとグループ組めと決められた剛健が、ひとつも苦労していないわけがない。当初チーム内で気心の知れた味方だと思える人間が剛だけ(健だけ)という状況は、過酷だったろう。推定14歳の健がデビューの話を振られたときに「剛が一緒じゃないなら、やらない」と断言したこと、これは大変に興味深い。当時、剛健コンビの人気は凄まじく、なかでも森田はその持ち前のカリスマ性もあって、ジュニアでトップクラスの人気があったらしい。森田が同じグループに居れば三宅が1番手になれないのは明白だ。しかし三宅は、森田が必要だと言った。自分の人気だけでは「グループとして長くはもたない」と自覚していた可能性がある。あるいは、本当に知らない者ばかりのグループにひとりで加入するのは怖かったのかもしれない。単純に剛が大好きで、剛と一緒にデビューするのが当然と考えたのかもしれない。いずれにせよ、三宅のその判断は全くもって正しかったことになる。, 二人にとって歳の近い、明るく楽しくおバカでやんちゃな井ノ原という存在は本当に頼もしかったろうし、坂本長野にとってもまさに剛健との連絡船、イノッチはV6の命綱みたいな存在だった。剛健による「イノいじり」は感謝と愛情の裏返しであり、ちゃんと理解した上で二人を楽しませようと「いじり」に全力でノリ続ける、井ノ原という男の男前さたるや。, また、剛健がグループで唯一の後輩であるド素人のオカダを“超可愛がった”辺りのエピソードはどれを聴いても泣けてくる。結成当初こそ井ノ原の論調は正しかったかもしれない。しかし、剛健はオカダの面倒をよくみてくれている。他のジュニアやキンキも含めて同じ合宿所に暮らしてた三人だが、上京したてのオカダにパンツやテレホンカードをあげて(それまで全く遠慮せず三宅のパンツ勝手に履いてたオカダの話も合わせて素晴らしい。)トイレ流せよ!納豆食えよ!と指導し、洗濯までしてあげたのは三宅だし、オカダと夜食の作り合いっこしたり、寝てるオカダにパンやお菓子を与えて遊んでいたのは森田である。つきっきりで粘り強く踊りを教えたのも剛健だし、さらには剛健そろってオカダのお尻を噛んでは遊んだ仲である(この辺りは「初めて後輩ができてうれしかったから」とのことである。なお、オカダはこの件に関して「でも、いつからか噛んでくれなくなった……。」となぜか淋しそうに述べている。)オカダの生真面目さと器用さと賢さもあって、彼が自身の立場を見極め、カミセンがカミセンというチームとして機能し始めるのに時間はかからなかっただろう。, 上から説教、同期から妬み、後輩はすっとぼけ。周りは業界の大人たち、過激なファン、エトセトラ、エトセトラ。あの構図で、よく剛健はグレなかったなと思う。まあ、それに近いところまでは行ったかもしれないけど、よく堪えてくれた。, このほかにも、カミセンの仲良し話なら、枚挙にいとまがない。#お前らがV6ファンになった理由を晒せ - そのうち笑い話になるさlivvvvvve.hateblo.jp, バラエティではお決まりで「保護者トニセンの苦労話」と「オカダのシンデレラボーイ物語」ばかりが論じられる。なぜなら日本人は「弱者が努力で強者を乗り越えるサクセスストーリー」が大好きだからだ。しかし、その影には、例えどんな苦労や努力を重ねてきたとしても、画面ではそれを微塵も感じさせない「プロフェッショナルアイドル・剛健」の存在があったことを、V6ファンは忘れてはならない。剛健は苦労や努力の影を隠すのが、本当に上手い。そのぶんちょっと損してる気もするけど「決して媚びない」のが剛健の格好良さだ。, 6人のうち、どの人物が欠けていても、このグループは20年続かなかった。 私は、そう信じて疑わない。, こうしたことは我々V6ファンの間では当然の認識と思っていたのだが、一般の人からは「へぇ~」とか言われるものなので、とりあえず思いつくまま語ってみました。こういう「当人たち以外からしてみたら心底どうでもいいこと」を熱く語るのはとても楽しいものです(((o(*゚∀゚*)o))), livvvvvveさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog トニセンは、「20th century」の略です。 そもそもは、年下組の名称「カミセン」が先にありました。 当初年上組は、年下組のおまけ的な存在で、引き立て役に回ってましたね。。 芸歴も長く、実力もあるのに、扱いが悪いなと思ったものでした。 トニセンとカミセンの安定の身長差すごく萌える pic.twitter.com/yfMbhq2tZX, トニセンとカミセンって昔から「格差」があると言われています。実際にメンバー同士が感じる格差もあればファンも感じている格差もありますね。, 1995年のデビューシングル「MUSIC FOR THE PEOPLE」のジャケットがこちら↓, カミセンは確かに人気があったし、「剛健コンビ」と呼ばれる森田剛と三宅健コンビは爆発的人気でした。, 送迎の格差は有名な話ですがカミセンは当時絶大な人気があったので混乱を避けるために社用車で送迎。, お互いに不満がありつつも誰も脱退することなく不祥事も起こさずにこうやって当時のメンバーと変わることなく今年25周年を迎えることができるグループって本当に貴重です。, 長寿アイドルの解散やメンバーの脱退が相次ぐ中、結成20年を超えてもブレずにアイドルとして活動を続けているV6ってカッコいいし最強ですよね。, 当時は辛かった格差についてもトニセンは「カミセンがいなかったらトニセンはいない」と言っているんです。.