$�F� ��P������NF*Q1��8 o� ���-��� ~X�ubn�R�h�(ac�E�Mh8'3%,�����!7W�@������|v�o��~��!��E��>$�� �\�ߓH\�>���F�J�2�D9^,^���6�6�]�$�g���°8��&�����-�*&'��U o���/n��(g��*�X糈�J]����Py�,���x�F}|��҇5F� ����s�� n���/α��ِ8����a�'��YG��[Y��!��\��l��� 1 0 obj 社内データを持ち出す場合、すべてが罪に問われるわけではない。社内データを持ち出しただけで罪に問われるのであれば、テレワーク環境を構築することはできない。一定の条件を満たした場合に犯罪行 … endobj �夦^�+�1c� TEL:06-6539-8587(受付時間 9:00 〜 23:00 土日祝もOK!), 退職者による機密情報、顧客情報の持ち出しのリスクを減らすために平時から備えるべき対策ポイント, 5,退職者による機密情報、顧客情報の持ち出しについてのお役立ち情報も配信中(メルマガ&YouTube), 私物端末の業務利用黙認は情報漏洩の危険大!BYODのメリット・デメリットと導入時のポイント, 消費者からの通報制度もある「不実証広告規制と「15日ルール」【効果や性能の広告表現に注意】, 出身地:奈良県。出身大学:東京大学法学部。主な取扱い分野は、「問題社員対応、労務・労働事件(企業側)、クレーム対応、債権回収、契約書関連、その他企業法務全般」です。事務所全体で300社以上の企業との顧問契約があり、企業向け顧問弁護士サービスを提供。. Av�݅N�gH�Bhy� R����ߴ��PB\&!+�)1� !�ܳ�4 �56*xY�^���x��Fu� �\�T>C�*���+�]�(��1! H��Q)�`��y�q���l:S�V~˶�(�N�q�Z�����m�� J� (4u�y6q$�ĚxWr!/͞��k2R�������oR.���B���j���,%��*���b������ 6 v��?�gW�$�X�ݴ 価格:400円, 〒550-0011 大阪府大阪市西区阿波座1丁目6−1 MID 西本町ビル 9階 退職者による機密情報、顧客情報の持ち出しのケースで、損害賠償請求や刑事告訴、内容証明郵便の送り方など会社が取るべき正しい対応について、裁判例を参考に詳しく説明。大阪の咲くやこの花法律事務所の弁護士が解説します。 stream ��j�t5��XE4:��Q��)�����J�f��l�W���.bIJZˑ��4�t��!#>��g�M�?1����+F?����>�~�bF�>|��ga��d���š.��P�9��bem-8�_��ϙ~��F��}��:#�47�-X6M�51�dZ�p����CU�Y��1��+�Χ͛W�j�y1�K �x�$��~��V>;���Ƈ+$i5fy�Y�lY�8�%��`F^5��1Y"f�hyB�{蘒�����ѡ��i�����s�ˠY�t��խ���{�L~��O����L���}�TM� � 「誓約書の基本書式(標準)(手紙形式)」のテンプレート(書き方・例文・文例と書式・様式・フォーマットのひな形)等の一覧です(全13件)。テンプレートは登録不要ですべて無料で簡単にダウンロードできます。誓約書の基本的な書式の雛形があります。 !��@kʖO�{2ƫ� �5o�)��F%���� 0��MtVQ�U|����i,����X��ݔ�Έ��^�L�B$���)m�D��=� 発売日:2019年03月05日 endobj Q��c��ׄ���{J\�3| ��������0�pO� ��� �m)Ï�fT*[����� ȥ/o1���3�I�����cD��T�"��=w�^��Х��:���F,�h}�~��y�7Y���;a��@�q84p]��x�ȡa�a&'Xp1Q�ÇL;4]�ߡ �E���Tb��Aa����"�j�V�va�9$yT�;�)��F��M�4��Dlj䅐᯳t�.�V}��x�s���x\H���kW+�. (4) 私物(私用)の機器類(パソコンや電子媒体)やプログラム 等のデータを、許可なく、企業(組織)に持ち込まない (5) 個人に割り当てられた権限 (*3) を、許可なく、他の人に貸 与または譲渡しない (6) 業務上知り得た情報を、許可なく、公言しない 4 0 obj 退職者による機密情報の持ち出し、顧客情報の持ち出しは、会社の重大な危機を招くことのある緊急事態です。, 顧客情報の持ち出しは、顧客の引き抜き、顧客からの信頼喪失、売り上げの急減に直結します。また、技術情報のような機密情報の持ち出しは、模倣品・安価品の開発、売り上げの急減に直結します。, 実際に、私が所属する咲くやこの花法律事務所の法律相談でも、「顧客の連絡先や取引単価を記載した顧客情報を退職者に持ち出しされた」、「製品の設計に関する機密情報を退職者に持ち出された」という相談事例が数多く存在します。, これらの「顧客情報の持ち出し」や「機密情報の持ち出し」に対する対応が遅れると会社が倒産することもあり得ますので、直ちに正しい対応をすることが必要です。, 今回は、機密情報、顧客情報が持ち出された緊急時に会社がとるべき対応についてご説明します。, ▶【参考情報】労務分野に関する「咲くやこの花法律事務所の解決実績」は、こちらをご覧ください。, ▼【関連情報】退職者による機密情報、顧客情報の持ち出しに関連する情報として、以下も参考にご確認ください。, ・私物端末の業務利用黙認は情報漏洩の危険大!BYODのメリット・デメリットと導入時のポイント, ▼退職者による機密情報、顧客情報の持ち出しについて今スグ相談したい方は、以下よりお気軽にお問い合わせ下さい。, 【全国顧問先300社以上】顧問弁護士サービス内容・顧問料・実績について詳しくはこちら, 退職者による情報持ち出しの際に会社としてまずとるべき正しい対応は、「情報を持ち出した退職者に内容証明郵便で警告を送ること」です。, 機密情報や顧客情報の持ち出しは重大な犯罪であり、持ち出した者に対する「刑事告訴」や「損害賠償請求」など様々な手段を検討することが可能です。, しかし、自社の被害を最小限にするためには、まずは、刑事告訴や損害賠償請求よりも、「不正に持ち出された情報が使用されることを停めること」が先決です。, そのためには、機密情報や顧客情報を持ち出した本人に内容証明郵便で警告を送ることが最も迅速でかつ効果的です。, ただし、自社名義で内容証明郵便を送っても警告としての効果が薄いことが多いので、できる限り早く弁護士に依頼して内容証明郵便で警告を加えることをおすすめします。, 実際に、内容証明郵便で送って警告する際におさえておくべきポイントについては、これからご説明していきたいと思います。, 機密情報、顧客情報の持ち出しについて内容証明郵便で警告する際は、以下の4つのポイントをおさえておきましょう。, 退職者が持ち出した機密情報、顧客情報の不正使用を停止させようとする場合、停止しなければ重大な制裁が加えられることを明記することにより、相手に心理的圧迫を加えることが必要です。, そこで、機密情報、顧客情報の持ち出しや不正使用については、民事上の損害賠償請求や刑事告訴等の対象となることを具体的に記載して警告することがポイントになります。, また、身元保証人や退職者の転職先への内容証明郵便を送付することも、持ち出された機密情報、顧客情報の不正利用を停めるために効果的です。, 内容証明郵便による警告の際の4つのポイントの1つ目は、「民事上の損害賠償請求の予定を明記する」という点です。, 判例上も、機密情報、顧客情報の持ち出しや不正使用について、多額の損害賠償命令が出たケースがあります。, 退職者宛ての内容証明郵便では、具体的な裁判例も示して制裁を警告することが効果的です。, 中古車販売会社の従業員が退職直前に顧客情報を持ち出して同業他社に転職し、持ち出した顧客情報を利用して、自動車の販売を行ったケースです。, 製造業の常務取締役らが退職直前に技術情報を持ち出して同業他社を設立し、持ち出した技術情報を自社の製造販売に利用したケースです。, 上記のような裁判例を内容証明郵便でも指摘して、安易な情報の持ち出しや不正利用は多額の賠償命令につながることを警告することがまず必要です。, 内容証明郵便による警告の際の4つのポイントの2つ目は、「刑事告訴の予定を明記する」という点です。, 機密情報、顧客情報の持ち出しや不正使用については逮捕事例や実刑判決を受けた事例が多数あります。, 退職者宛ての内容証明郵便では、具体的な事例も示して、制裁を警告することが効果的です。, 機密情報、顧客情報の持ち出しや不正使用で実刑判決を受けた事例として、以下のような事例があります。, 東芝の提携企業の技術者が、東芝の研究データを不正に持ち出し、転職先の韓国企業に提供した事件です。, ベネッセコーポレーションのグループ企業に派遣されていた派遣社員が同社の顧客情報を不正に持ち出した事件です。, 上記のような裁判例を内容証明郵便でも指摘して、情報の持ち出しは重大な犯罪であり、実刑判決の危険があることを指摘して警告しましょう。, 内容証明郵便による警告の際の3つのポイントの3つ目は、「身元保証人への内容証明郵便の送付を検討する」という点です。, 身元保証人は、退職者の家族であることが多いです。そして、情報を持ち出した退職者としても、家族がトラブルに巻き込まれることは避けたい事態であることが通常です。, そこで、機密情報、顧客情報を持ち出した退職者に警告の内容証明郵便を送る際は、同時に身元保証人への内容証明郵便の送付を検討しましょう。, 具体的には、身元保証人に対して退職者が情報を不正に持ち出したことを伝え、機密情報、顧客情報が不正利用された場合は身元保証人にも損害賠償請求する予定である旨を通知する内容証明郵便を送ることが効果的です。, 身元保証人に請求できるのは、退職者が退職前に機密情報、顧客情報を不正に持ち出したケースであり、退職後の機密情報持ち出しについては、身元保証人への請求は困難です。この点にも注意しておきましょう。, このように身元保証人がいるケースでは、身元保証人にも内容証明郵便を送ることが、退職者による情報の不正使用を停止させるために効果的です。, 内容証明郵便による警告の際の4つのポイントの4つ目は、「転職先への内容証明郵便の送付を検討する」という点です。, 機密情報、顧客情報を持ち出した退職者については、その後、同業他社に転職したことがわかるケースがよくあります。, 転職先への内容証明郵便の送付を検討したほうがよいのは、例えば、以下のようなケースです。, 顧客リストを持ち出したうえで、同業他社に転職して、持ち出した顧客リストをもとに営業活動を行っている場合, 技術情報を持ち出したうえで、同業他社に転職して、持ち出した技術情報をもとに製品の企画、製造を行っている場合, これらのケースでは、転職先に対し、自社の機密情報、顧客情報が不正に持ち出されたことを通知して、退職者が持ち出した自社の機密情報、顧客情報を使用しないように転職先に内容証明郵便で通知しておきましょう。, 不正に持ち出した機密情報、顧客情報であることを転職先が知りながら、転職先がその機密情報、顧客情報を利用した場合、情報を持ち出された会社は、退職者に対してだけでなく、情報を利用した転職先に対する損害賠償請求も可能になります。, 転職先に内容証明郵便を送付することは、転職先に損害賠償請求を受ける危険を認識させ、機密情報、顧客情報の不正利用を思いとどまらせるために効果的です。, このように退職者の転職先に内容証明郵便を送付することが情報の不正使用を停止させるために効果的なケースもありますので、検討してみましょう。, 以上、内容証明郵便による警告の際のポイントをご説明しましたが、最後に、退職者による機密情報、顧客情報の持ち出しのリスクを減らすために平時から備えるべき対策ポイントに触れておきたいと思います。, 退職者による機密情報、顧客情報の持ち出しのリスクを減らすために平時から備えるべき対策ポイントは以下の3つです。, ポイント2: