詳細は利用規定 デロイト トーマツ グループでは変革の最前線からプロフェッショナルの視点を発信しています。, Readiness(予防)、 Response(対処)、Recovery(回復)の3ステージに分けて、それらを総合して考えることを提唱しています。, プライベートマーケット向けのサービスをワンストップで提供する統一プラットフォームです。, テクノロジー・メディア・通信業界に関して、注目すべきトピックの分析と将来予測をまとめています。, 全世界の小売企業から2018年度の売上高上位250社をランキングにまとめ分析しているほか、小売業における最新のトピックスをまとめています。, 最新の調査レポートやキャンペーン、セミナー情報、D-NNOVATION Perspectivesブログなど、厳選した情報を中心に発信しておりますので是非ご活用ください。, デロイト トーマツ グループの叡智を結集し、日本企業が新たな飛躍と繁栄の時代を切り拓くためのデジタル経営改革のエッセンスを凝縮した1冊。, 最先端テクノロジーとデザイン・シンキングの融合からなるイノベーション創発施設「Greenhouse」がオープンいたします。, 世界規模で激しく変化し続けるビジネス市場。それは、成長と停滞とが常に隣り合わせであることを意味します。市場の動きに先んじて、企業が成長を続けるための戦略立案からM&Aの実行、組織・事業再編を各フェーズの専門家があらゆる角度からトータルでサポートします。, M&A業務の経験が浅いもしくは未経験の専門士業および企業内ビジネスパーソンを対象とした講座です。「企業価値算定等のM&Aアドバイザー業務」および「事業会社のM&A戦略・実行、GRC体制構築等」の実務的な能力を養成する機会を提供します。, M&A業務の経験が浅いもしくは未経験の専門士業および企業内ビジネスパーソンを対象とした、専門家より直接プロセス設計・実行体制・運用ノウハウを学べる講座です。, M&A・事業承継プラットフォームを通じて多様なサービスやツールを提供することで、地域の中小企業のM&A・事業承継を支援し、地方創生を目指しています。, 本稿では、最近のタイの経済環境やM&Aの動向に触れ、タイ特有のM&Aの困難性や対応策を解説します。, 近年社会的に関心が高まっているeスポーツについて、その興行をビジネスの側面から捉え、その動向を考察します。, 今日のファミリービジネスにおける課題は、企業としてのアイデンティティと創業家としての結束や価値を維持しながら、不安定で急速に変化するビジネスエコシステムでどのように成功するかを学ぶことである。, グローバルネットワークと業界およびM&A専門家の知見を最大限に活用し、お客様一人ひとりの状況に応じたM&Aを迅速かつ効果的にサポートします。, M&A(国内案件・クロスボーダー案件)を成功に導くため、M&Aに関する深い知識と広範な実務経験を有するデロイト トーマツ グループの専門家がサポートします。, M&A後の目指すべき姿の定義、確実なDay1マネジメント、目指すべきCFO組織の実現を支援します。, デロイト トーマツ グループは、オーナー企業の本質的な経営承継のソリューションをワンストップで提供します。, グループ組織のパフォーマンスを継続的に向上させつつ、さらなるグループ企業価値の拡大・向上を実現できる「組織改革・組織変革」を、スピード成長重視の組織再編と位置付け、その実現を支援します。, © 2020. 詳細は利用規定 第2回講座では「企業戦略とM&A」として、企業がM&Aを実施する際の基本的な考え方や戦略について平易に解説します。, 執筆:永松 博幸 デロイト トーマツ グループのプレスリリース(2020年10月21日 11時00分)M-Forceとモニター デロイトが協業を開始 Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。 Raspberry Pi 4を組み込んだキーボード型のパソコン「Raspberry Pi 400」が登場。スイッチサイエンスに... 【焼肉きんぐ】「Go To Eatキャンペーン」のオンライン予約を2020年10月19日(月)より受付開始. 第3回講座では「M&Aの実行プロセス概要 」として、実際のM&A案件の実行プロセスの「流れ」を把握できるよう解説します。, 執筆:辻 祥明 【第3波に向けた究極のウイルス対策!】医療用レベル(ナノレベル)の捕集力・日本製・持続抗菌・消臭・... 【大好評!】国際基準の高品質「日本品質マスク」新年特別パッケージが1箱(50枚)777円(税込)のラッキー... 3層不織布マスク【一箱300円(税別)】【1カートン50箱から販売開始】白色 一箱50枚入りを即納にて販売... 「俺ガイル完」Blu-ray&DVD第3巻 特典小説のあらすじ公開や、イベントチケット優先販売申込券封入決定... 中居正広、劇団ひとり、古市憲寿による話題の絵本『♪ピンポンパンポンプー』が発売前に10万部突破!. 詳細は利用規定 デロイト トーマツ グループでは変革の最前線からプロフェッショナルの視点を発信しています。, Readiness(予防)、 Response(対処)、Recovery(回復)の3ステージに分けて、それらを総合して考えることを提唱しています。, プライベートマーケット向けのサービスをワンストップで提供する統一プラットフォームです。, テクノロジー・メディア・通信業界に関して、注目すべきトピックの分析と将来予測をまとめています。, 全世界の小売企業から2018年度の売上高上位250社をランキングにまとめ分析しているほか、小売業における最新のトピックスをまとめています。, 最新の調査レポートやキャンペーン、セミナー情報、D-NNOVATION Perspectivesブログなど、厳選した情報を中心に発信しておりますので是非ご活用ください。, デロイト トーマツ グループの叡智を結集し、日本企業が新たな飛躍と繁栄の時代を切り拓くためのデジタル経営改革のエッセンスを凝縮した1冊。, 最先端テクノロジーとデザイン・シンキングの融合からなるイノベーション創発施設「Greenhouse」がオープンいたします。, 有限責任監査法人トーマツは、2020年10月に『監査品質に関する報告書2020』を発行しました。監査品質の向上に向けた取り組みをステークホルダーの皆様に公表します。, デロイト トーマツ グループは、任意団体work with Pride策定によるLGBTへの取り組みを評価する「PRIDE指標」において、3年連続で最高位のゴールドを受賞しました。「PRIDE指標」とは、2016年に策定された日本初の職場におけるLGBTに関わる取り組みの評価指標です。LGBT当事者にとって働きやすい職場の要件を認識し、社内施策を推進するためのガイドラインとして活用すること等が、目的として掲げられています。, Below configured promos will not be visible in Publish mode, © 2020. 【フジテレビ】11月14日「埼玉県民の日」にフジテレビからニュースをお届け。 フジテレビショップ「フ... 「在庫速報.com」、PlayStation®5(PS5™)在庫の最安値検索に対応, 「にじさんじ秋満喫ボイス2020」「にじさんじ冬支度ボイス」11月20日(金)18時より同時販売決定!. また、多摩センター駅前が約40万... 「#元気いただきますプロジェクト」に「社会貢献型通販モール:WakeAi」が参加、送料無料商品の販売を開始. デロイト トーマツがこれまで数多くの企業のM&A戦略策定から買収完了後のPMIまで包括的支援を行うことで培った、ここにしかないナレッジを買い手企業内担当者目線で切り取って共有します。 Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。, 大学で講義を受ける感覚で基礎からM&Aを学ぶ12回完結の講座型連載記事。今更聞けないM&Aの基礎から、事例を踏まえた解説など、実践に役立つ内容です。, M&Aのプロフェッショナルが、M&A会計のポイントをQ&A形式でわかりやすく簡潔に解説する全12回のシリーズ記事です。, 新聞や経済誌等とは異なるM&Aの実務の観点で、財務・会計・経営戦略などタイムリーかつ実務に即した情報を提供しています。, デロイト トーマツ税理士法人 M&A/組織再編税務サービスより発行されている、M&A/組織再編税務に関するニュースレターを紹介します。, 各インダストリーを取り巻く環境や最近の動向について、M&Aトピック・法規制・会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説します。, デロイト トーマツ グループの駐在員より、現地のM&Aの状況・トレンド、またM&A交渉の際の留意点などをご紹介します。, 海外デロイトのM&A専門コンサルタントの記事や対談など、日頃あまり触れることの少ない海外の人事関連M&Aに関する有益な情報を、シリーズ化してお届け。, M&Aにおけるシナジーの取り扱いと算定ポイント、PMI時に留意すべき事項について解説します。, 今回の改訂版では、海外現地法人の章を大幅に再編集するとともに対象国を拡大し、12か国の税務DD とM&A における留意点を記載しました。, 本書では、それぞれの組織再編手法・取引パターンごとに詳細に繰り返し記述することにより、組織再編取引の会計処理で押さえておくべきいくつかのパターンを実感できることをコンセプトとしています。, 本書は、無形資産評価に関連する項目に焦点を当て、国際会計基準、米国会計基準、そして日本の会計基準における企業結合会計の改正点を解説しています。 本書が初版、前回の改訂版同様、さらなる実務形成のための一助となることを願っています。, CxOアジェンダを解決しうる高度な専門性を掛け合わせ、顧客の飛躍的成長と社会価値創造をミッションとする戦略コンサルティング部門の最新動向。, オープン&クローズ戦略には知財実務上、事業戦略上の2種類があります。これらのオープン&クローズ戦略について、営業秘密と特許の相違点も明らかにしながら解説します。, クロスボーダーM&A取引での主な株式譲渡対価調整方法であるCompletion Adjustment方式、Locked Box方式について概説する。. デロイト トーマツ アカデミーでは、単なる理論の解説に留まらず、豊富な事例や演習、課題、テーマに応じた講義形式で学ぶことができます。 デロイト トーマツ グループの公式Webサイトです。監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーのプロフェッショナルサービスならびにナレッジをご紹介します。 VTuberグループ「ホロライブ」、「東京ジョイポリス」と初のコラボ『ホロライブ×ジョイポリス HAPPY PAR... 【抜群の快適性!】1枚680円の日本製100回洗えるマスク!持続抗菌・消臭・高通気性・吸水速乾で、ウイル... 羽生結弦選手を起用した「西川 WINTER SLEEP キャンペーン」を11月18日(水)〜12月15日(火)の期間で... 【秋冬の第3波対策】新規感染者は過去最多続出!安さと高品質(機能性・快適性・衛生面)を追求しマスクの... VTuber事務所「ホロライブプロダクション」、所属VTuber「白上フブキ」「戌神ころね」「Gawr Gura(がう... 提携食品工場募集!飲食業界のDXサービスを展開する「シコメル」が事業拡大により提携工場の募集を開始... プロサウナー11名が厳選した “今行くべきサウナ”ランキング「SAUNACHELIN 2020」を発表. 豊富なm&a実務経験を有する、専門性の高いm&a専門家に多数ご登録をいただいております。 第5回講座では「M&Aプロセス(2)買収候補のスクリーニング」として、買手の立場からターゲット選定および候補企業へのアプローチにかかわる基本的な考え方や一般的なポイントついて簡潔に解説します。, 執筆:赤坂直樹、高柳圭吾 東京都多摩市で「サプライズ花火」の打ち上げを11月7日(土)に実施!! 執筆:小島公彦 第8回は、買収価格に関する意思決定の際に一般的に用いられる方法について解説します。 Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。, 第1回目は「M&Aのトレンド」として最近の日本のM&Aの動向を解説します。 今や新聞紙上でM&Aという言葉は毎日のように目にします。そもそもM&Aの市場はどうなっているのか、日本のM&Aはどんな傾向にあるのでしょうか。そこでまずは、M&Aのトレンドを見るために必要なM&Aの予備知識を整理しましょう。, 第2回講座では「企業戦略とM&A」として、企業がM&Aを実施する際の基本的な考え方や戦略について平易に解説します。. 世界規模で激しく変化し続けるビジネス市場。それは、成長と停滞とが常に隣り合わせであることを意味します。市場の動きに先んじて、企業が成長を続けるための戦略立案からm&aの実行、組織・事業再編を各フェーズの専門家があらゆる角度からトータルでサポートします。 Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about デロイト トーマツ グループでは変革の最前線からプロフェッショナルの視点を発信しています。, Readiness(予防)、 Response(対処)、Recovery(回復)の3ステージに分けて、それらを総合して考えることを提唱しています。, プライベートマーケット向けのサービスをワンストップで提供する統一プラットフォームです。, テクノロジー・メディア・通信業界に関して、注目すべきトピックの分析と将来予測をまとめています。, 全世界の小売企業から2018年度の売上高上位250社をランキングにまとめ分析しているほか、小売業における最新のトピックスをまとめています。, 最新の調査レポートやキャンペーン、セミナー情報、D-NNOVATION Perspectivesブログなど、厳選した情報を中心に発信しておりますので是非ご活用ください。, デロイト トーマツ グループの叡智を結集し、日本企業が新たな飛躍と繁栄の時代を切り拓くためのデジタル経営改革のエッセンスを凝縮した1冊。, 最先端テクノロジーとデザイン・シンキングの融合からなるイノベーション創発施設「Greenhouse」がオープンいたします。, 大学で講義を受ける感覚で基礎からM&Aを学ぶ12回完結の講座型連載記事。 をご覧ください。, デロイト トーマツ グループが発信するナレッジ、調査レポート、セミナー情報などをお届けするスマートフォンアプリです。. をご覧ください。 デロイト トーマツ グループでは変革の最前線からプロフェッショナルの視点を発信しています。, Readiness(予防)、 Response(対処)、Recovery(回復)の3ステージに分けて、それらを総合して考えることを提唱しています。, プライベートマーケット向けのサービスをワンストップで提供する統一プラットフォームです。, テクノロジー・メディア・通信業界に関して、注目すべきトピックの分析と将来予測をまとめています。, 全世界の小売企業から2018年度の売上高上位250社をランキングにまとめ分析しているほか、小売業における最新のトピックスをまとめています。, 最新の調査レポートやキャンペーン、セミナー情報、D-NNOVATION Perspectivesブログなど、厳選した情報を中心に発信しておりますので是非ご活用ください。, デロイト トーマツ グループの叡智を結集し、日本企業が新たな飛躍と繁栄の時代を切り拓くためのデジタル経営改革のエッセンスを凝縮した1冊。, 最先端テクノロジーとデザイン・シンキングの融合からなるイノベーション創発施設「Greenhouse」がオープンいたします。, 世界で変化し続けるビジネス環境。そのような環境にあって、停滞に甘んじず更なる成長のためにタイムリー、かつ最大級の効率性で経営資源を最適化し、世界への布石を打つ。私たちは、グローバルネットワークと業界及びM&A専門家の知見を最大限に活用して、的確な情報収集と分析を行い、お客様一人ひとりの状況に応じたM&Aを迅速かつ効果的にサポートします。, グローバルネットワークと業界およびM&A専門家の知見を最大限に活用し、お客様一人ひとりの状況に応じたM&Aを迅速かつ効果的にサポートします。, M&A実行前の成長戦略立案。市場における事業機会を捉え、買収・売却と戦略を結びつけ、新しいビジネスモデルの構築をご支援します。, M&A取引準備段階における初期的デューデリジェンスを通して買収対象会社や買い手を十分に知り、候補先企業選択をサポートします。, M&Aの投資環境が拡大しているので、資金提供者にとっては財務デューデリジェンスとリスクアセスメントを十分に行うことが重要です。, Day 1(統合日)は、新しい組織の開始日であり、統合した組織と業務プロセスの実施作業を開始します。また、企業の成長においてはDay1がゴールではありません。, デロイト トーマツ グループは、オーナー企業の本質的な経営承継のソリューションをワンストップで提供します。, © 2020. デロイト トーマツグループが提供する後継者問題などにお悩みの経営者様に、m&aに関する相談相手(fa)や引き継ぎ先をマッチングするm&aマッチングプラットフォームです。 第8回は、買収価格に関する意思決定の際に一般的に用いられる方法について解説します。, 執筆:西崎祐喜 第1回目は「M&Aのトレンド」として最近の日本のM&Aの動向を解説します。 今や新聞紙上でM&Aという言葉は毎日のように目にします。そもそもM&Aの市場はどうなっているのか、日本のM&Aはどんな傾向にあるのでしょうか。そこでまずは、M&Aのトレンドを見るために必要なM&Aの予備知識を整理しましょう。, 執筆:永松 博幸 をご覧ください。, M&Aのプロフェッショナルが、M&A会計のポイントをQ&A形式でわかりやすく簡潔に解説する全12回のシリーズ記事です。, 大学で講義を受ける感覚で基礎からM&Aを学ぶ12回完結の講座型連載記事。今更聞けないM&Aの基礎から、事例を踏まえた解説など、実践に役立つ内容です。, 新聞や経済誌等とは異なるM&Aの実務の観点で、財務・会計・経営戦略などタイムリーかつ実務に即した情報を提供しています。, 本調査レポートは、事業ポートフォリオ管理に関するアンケート調査の回答から、事業ポートフォリオ管理に関する企業の理解、実施状況、傾向を探り解説しています。, ファイナンシャルアドバイザリーに関わる用語を分かり易く解説。本稿では「運転資本(Working Capital)」について概説します。, M&A、再編・再生、フォレンジック等を中心としたファイナンシャルアドバイザリー業務に関する用語を集め解説。, 本稿では、平成30年度税制改正により整備が行われた、適格組織再編成に該当し得る無対価組織再編成について説明する。, 本書では、それぞれの組織再編手法・取引パターンごとに詳細に繰り返し記述することにより、組織再編取引の会計処理で押さえておくべきいくつかのパターンを実感できることをコンセプトとしています。, 各インダストリーを取り巻く環境や最近の動向について、M&Aトピック・法規制・会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説します。, デロイト トーマツ グループの駐在員より、現地のM&Aの状況・トレンド、またM&A交渉の際の留意点などをご紹介します。, M&Aにおけるシナジーの取り扱いと算定ポイント、PMI時に留意すべき事項について解説します。, クロスボーダーM&A取引での主な株式譲渡対価調整方法であるCompletion Adjustment方式、Locked Box方式について概説する。, 大人気小説・ドラマ『下町ロケット』に登場する神谷弁護士のモデルとなった「技術系弁護士」と、知財業界の将来を担う新進気鋭の「知財会計コンサルタント」が、ビジネスパーソンのために、最新事例を豊富に取り入れながら、知財のセオリー・活用法をわかりやすく解説しています。, IoT市場の成長は著しく、2015年の世界市場規模は6,000億米ドルを超えていると言われています。そのIoT業界でどのように知財戦略を考えてゆくべきか事例を交えて解説します。, 事業再生のためには、ほとんどのケースにおいて収益性改善が必要とされます。第13回では事例をとおして収益性改善に取り組んだ結果と、その要因を考えてます。, 海外デロイトのM&A専門コンサルタントの記事や対談など、日頃あまり触れることの少ない海外の人事関連M&Aに関する有益な情報を、シリーズ化してお届け。, デロイトは、「子会社もしくは、事業の一部分の売却」を「カーブアウト(切り出し)」と定義し、その実態調査を行いました。, 本書は、CFOやCFOを支える経理・財務部門、経営企画担当者を対象に、経営戦略を推進する経理財務部門における変革の道筋をまとめています。, 今日のファミリービジネスにおける課題は、企業としてのアイデンティティと創業家としての結束や価値を維持しながら、不安定で急速に変化するビジネスエコシステムでどのように成功するかを学ぶことである。, 最終回となる本稿では、M&A人事の総括として、トレンドを交えながら、あるべきM&A人事についてご紹介したい。, 本書は、無形資産評価に関連する項目に焦点を当て、国際会計基準、米国会計基準、そして日本の会計基準における企業結合会計の改正点を解説しています。 本書が初版、前回の改訂版同様、さらなる実務形成のための一助となることを願っています。. 受講の翌日にすぐに現場に適用できる、実務に即したより深い学びを提供します。, 企業が適切な意思決定を行うために必要な「企業内実務家の育成」、士業・コンサルタント等がクライアントの事業承継M&Aを適切にサポートするための「外部専門家の養成」により日本企業の成長と発展に貢献します。, 駆け足で終わることの多い従来のセミナーと異なり、1つのテーマを深掘りし、各講義回でじっくり詳しく説明します。 コース修了時には、企業実務家として役立つ能力と際立つ専門性が身につきます。, 登壇する講師陣は、すべてデロイト トーマツ グループの最前線で業務にあたる、第一級のプロフェッショナルです。 そのため、我々は成長戦略立案を起点とし、ディールの実行からpmiまでのm&aシーンを一気通貫でフォローし、デロイト ネットワークの各チームとコラボレーションしながら各種コンサルティングサービスを提供しています。 今更聞けないM&Aの基礎から、現場に近い筆者だから書ける事例を踏まえた解説など、より実践に役立つ内容となります。, 執筆: 内山 晃一 をご覧ください。 専門性と経験に裏打ちされた講義や、受講者の質問への丁寧な対応により、さらに理解を深めることが出来ます。, デロイト トーマツ アカデミーでは、単なる理論の解説に留まらず、豊富な事例や演習、課題、テーマに応じたワークショップ形式を用いた講義形式で学ぶことができます。受講の翌日に、すぐに現場に適用できる、実務に即したより深い学びを提供します。, Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は「デロイト トーマツ グループおよびデロイトについて」をご覧ください。, M&Aシリーズ「M&Aを成功させるための統合実務」e-ラーニング リリースのお知らせ, 「M&Aマッチングサイトの活用方法」≪視聴無料≫ e-ラーニング リリースのお知らせ, M&Aシリーズ「株式価値評価とM&Aの投資判断」e-ラーニング リリースのお知らせ, ファイナンシャルデューデリジェンスの流れ、分析手法について学ぶことができました。さらに、ケース別で使用すべき分析手法も紹介いただき、より実践的であった。, 普段契約書の解説を受ける事はないので大変勉強になった。実際の契約書サンプルを見ながら進めて頂いたため、わかりやすかった。, 評価の指標(ROIC、EVAなど)がたくさんあるが、それぞれをどういった視点で評価する際に使うものなのか、整理して理解することができました。, 色々なパターンのケーススタディをご紹介いただけたので、それぞれのケースで着眼点がどう変わるのか大変参考になりました。, 実際にプロジェクトを進めるのに必要なイメージがわきやすく、実務家相手のセミナーとして非常に有用と感じました。ありがとうございました!, これから事業化するにあたって、クロージングに至るまでのノウハウ全般のヒントがいただけたので、全講義とても参考になりました。.