最新情報をお届けします. これは様々な原因が考えられるので、デグーを飼育する際は飼い主さんによる観察が重要になってきます。, デグーの気をつけたい病気・糖尿病!←甘いものの食べ過ぎ!だけじゃないデグーの糖尿病。餌には要注意!, デグーの気をつけたい歯の病気!←デグーの命ともいえる歯。病気になってしまう前に読んでおいてください!, 毛が段々になっていたり、毛の色がまばらになる場合もありますがそれは脱毛ではありません。, ただし、換毛期だからといって地肌が見えるほど抜けてしまうことは無いので、もし地肌が見えてしまっている場合は脱毛を疑って注意して観察してみましょう。, 例えば、菌やカビによる病気、ダニ負けは起きる場所は様々で、かゆみも伴うため自身で掻くような仕草を見せます。, またホルモンバランスの乱れで脱毛が起きた場合には、痒がる仕草はありませんが、脱毛した部分の皮膚が黒ずんだりします。, 私自身、デグーではありませんが飼育しているハムスターのライスがお腹側が全体的に脱毛してしまったことがあります。, どうしても原因がわからなかったため、思い切って病院へ行き、先生に言われた通りに飼育環境を変えたところ、三週間ほどで毛が生えてきて二か月ほどで元通りに治ったことがあります。, 様々な原因はありますが、普段の飼育から注意することができることもあるので気をつけて見ましょう。, ホルモンバランスの乱れをなくすためにも、適切な温度、湿度を保ち、日を浴びる時間にも注意をしましょう。. カロリーが低いチモシー(牧草)を主食とし、甘いおやつやペレットは与えすぎない、きちんと運動させるなどして予防しましょう。, デグーは体内でビタミンCを生成できないといわれています。ビタミンCが足りなくなると体重があまり増加しない、動きたがらない、衰弱、歯肉からの出血、足を引いて歩くといった症状が現れます。 デグーオスの発情期は攻撃性が増し、 頻繁にマーキングを行うようになります。 ... 寂しさによるストレスにも . 発症すると、肥満や白内障を併発したり、多飲多尿といった症状が現れます。 一方、「動きが鈍くなる」「ぐったりしている」といった様子がみられた時は、低体温症の可能性があります。すぐに暖かい場所に移し、デグーの体温を上げてあげましょう。, デグーの歯は一生伸び続けます。通常は牧草などを噛むことで歯が磨耗していきますが、ペレットなどのやわらかい食事ばかり食べていると、歯が伸びすぎて噛み合わせが悪くなります。これが不正咬合です。 またまたこの季節がやってきました・・・。 換毛期とは?デグーの「衣替え」のことです. 人間であればストレスで部分的にハゲてしまうことがありますがデグーはどんな原因があるのでしょうか? デグーを飼う上での豆知識やチェカブランの成長を記していきたいと思っています。. 衛生環境には特に注意してあげてくださいね。 【ネズミ目】デ� 【ネズミ目】ゴールデンハムスターどんな性格?「特徴・魅力・注意点」などを徹底解説!, 【ネズミ目】ゴールデンハムスター「ケージ」を噛みまくる?正しい選び方と注意点を徹底解説!, 【ネズミ目】ゴールデンハムスター毛色の種類によって価格が違う?購入方法と注意点を徹底解説!, 【ネズミ目】ゴールデンハムスター種類が豊富で迷う?毛色別による「特徴・魅力」を徹底解説!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. デグーに適した温度の目安は20℃前後といわれています。夏場は28℃以上、冬は10℃以下にならないように注意が必要です。ストレスなどの影響で、28℃以下でも熱中症になるケースもありますので、飼育環境にも気を配ってください。 脱毛症2. 鼻風邪やアレルギーなどで起こる「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」は、鼻炎が原因です。鼻炎は悪化すると副鼻腔炎(蓄膿症)に、鼻水・鼻づまりが悪化すると顔面痛や味覚障害を引き起こすことがあります。ここでは鼻炎の症状を抑える鼻炎薬について、医師が解説します。 予防するには、ビタミンCを含むペレットを与える方法が一般的です。与える量は、デグーの体重の5%程度が目安です。 この記事で分かる事1 【ネズミ目】チンチラが発症しやすい病気とは!2 【ネズミ目】チンチラに多い病気「不正咬合」2.1 【ネズミ目】チンチラ不正咬合は遺伝する?3 【ネズミ目】チンチラに多い病気「熱中 ... この記事で分かる事1 【ネズミ目】ゴールデンハムスター寿命はどうして短いのか?2 【ネズミ目】ゴールデンハムスターの「生態」生息地や由来」について2.1 【ネズミ目】ゴールデンハムスターの生態、生息地 ... この記事で分かる事1 【ネズミ目】ゴールデンハムスター「価格・購入方法」や「注意点」などに迫る!2 【ネズミ目】ゴールデンハムスター毛色の種類によってどのように価格が違うの?3 【ネズミ目】ゴールデン ... この記事で分かる事1 【ネズミ目】ゴールデンハムスター「ケージ」を噛みまくる理由とは2 【ネズミ目】ゴールデンハムスター「ケージ」を噛んでしまう原因とは3 【ネズミ目】ゴールデンハムスター「正しいケー ... この記事で分かる事1 【ネズミ目】デグーに多い病気の「症状・治療・対策」について迫る2 【ネズミ目】デグーに多い病気「不正咬合」2.1 【ネズミ目】デグー「不正咬合」ってどんな症状が表れるの?2.2 ... Copyright© ねずみブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 最近知り合いのデグーが部分的に脱毛してしまっている子がいました。 人間であればストレスで部分的にハゲてしまうことがありますがデグーはどんな原因があるのでしょうか? これらの病気を予防するためにも、歯が伸びすぎていないか、こまめにチェックすることが大切です。, デグーはほかの動物よりも糖分を代謝しにくい体質です。そのため、高カロリーの食事や糖分が多い食べ物を与えると、糖尿病を発症しやすくなります。 デグーにとって一番ストレスのかからないようにしてあげたいので、どちらの方が良いでしょうか。 デグーは最高どれ位お留守番できるかも知りたいです。 デグーに詳しい方や飼っている方の意見が聞きた … 毛の材料はタンパク質です。太りすぎを意識するあまりご飯の量が少なくなっていませんか? デグーの行動パターンを予想して、こすれそうなところなどはなるべくなくしておきましょう。, 私自身ハムスターで脱毛症を経験している為、起きたときはどうすればいいのかわからずパニックになったことを覚えています。, 慌ててしまうのではなく、デグーの様子をしっかりと観察してできる対策はないか、病院連れていくかを判断してあげてください。, 繁殖をする中で気をつかう妊娠期間。 私自身飼育しているメスデグーの妊娠が発覚してからいろいろなことに気をつかいました。 ここでは私自身が注意したことも[…], 普段の生活ではエアコンやシートヒーターなどで温度管理はバッチリだと思います。 ですが最近は大きな災害や、急な停電などで家電が壊れたりして、環境を整えて[…], デグーは野生下ではコミュニケーションを多く取る生き物で、飼育下のデグーも飼い主さんとコミュニケーションを取ったり、触れ合ったりすることがしやすい生き物[…], デグーの可愛さに魅了されたたくみんとデグーの「チェカ」「ブラン」のブログです♪ ほかにも、脚力が強く活発であることから、骨折や脱臼も多いとされています。どの病気も、日頃からデグーを観察していれば、すぐに対処できるはず。大切なデグーが一日でも長く健康に過ごせるよう、健康管理に気を配りましょう。, 忙しいあなたに、公式アカウントから デグーの熱中症のおもな症状は「体温が高くなる」「物音などに過敏に反応する」などです。そうした症状が出ている場合、すぐにデグーを涼しい場所へ移し、冷たいタオルで体を冷やすなど、体温を下げる処置をすることが重要です。 様子を見ながら、エアコンや小動物ヒーターを利用して温度を調節していきましょう。 二ヶ月のデグーを5日前にお迎えしました。ですが手のにおいを嗅いで逃げます、髭にほんの少し触るだけで過剰に嫌がります。おやつは手から奪い取って遠くで食べます。最初は餌と水の取替えだけ、徐々に手を近づけたりおやつをあげたりし