tour ad di 【DI-5 / DI-6】しなりを重視し、インパクト時のブレを極限まで抑えコントロール性をアップ スイング中シャフト全体のしなりが持続することによりインパクトでボールを押すイメージを出し、更なるコントロール性をアップさせたシャフト。 やや硬めの打感と安定して300yを超える飛距離性能、グリーン周りでもしっかり止まるスピン性能はかなりの完成度。ウレタンカバーの耐久性も良く、価格も良心的なのでかなりおススメ。, 5位はキャロウェイ・クロムソフトXでした。 また、ネーミングに採用された“VR”は、「Vanquish all Rivals = すべてのライバルに打ち勝つ」という意味から踏襲されている。, このVRの特性としては、昨今発売されるドライバーヘッドに装備されている、重⼼可変のアジャスト機能や可変式ロフト角やつかまりを調整する機能、またボール初速アップを図る様々なフェイス/ボディ構造など、ヘッド構造の多様化が進んでいるが、その「最新テクノロジー搭載ヘッドの性能を活かせるシャフト」というコンセプトに基づいて開発されている。, その結果、プロ使⽤率の⾼い同社のTOUR AD PTやTPの特徴を継承しており、東レの高弾性カーボンシートT1100Gをシャフト先端部分に採用することで、PTのしなやかさに剛性感をプラスし、振り遅れを防ぎヘッドの返りの良い特性が生まれている。, またTPの静かな挙動にスピード感がプラスされており、ボール初速アップに貢献している。, シャフト全体のバランスの良さから、早速国内の男子トーナメントでは昨年賞金王である宮⾥優作をはじめ、重永亜斗夢や深堀圭一郎が即座に採用。女子では全美貞をはじめ松森彩夏や⼩倉 ひまわりもこのVRを使用している。, VRのキックポイントはシャフトセンターに設定。バット部(手元)およびティップ(先端)の剛性を高めており、安定した弾道を実現している。, まず見た目でありますが、今回のVRのコスメティクスがとてもキレイ。マットな装いで、深い青系が好きな方はたまらないデザインになっています。, 実際に振ってみると、すごくバランスが良いシャフトだなーと感じるのであります。 球も最適弾道で自然と上り ボール初速も速い、コントロール性能が高いのも大きな魅力となります。, インパクト時のエネルギーロスを最小限に抑え、力強い弾道と スパイン調整ST加工 で飛距離アップに貢献いたします!!, デザインは、ベースカラーに TOUR-AD シリーズ初となるマットブラックペイントを採用。, ブラックというシックなカラーリングの中にオレンジロゴとレッド表記の力強さ、精悍さをアピールするデザインは 性能と合わせ テンションの上がるカッコ良さを感じました!!, この機会に是非、タイミングの取り易さと操作性のPT と、強弾道と粘り強さのDI の融合をお試しいただければと思います。, « フライハイト THE-G HYBRID IRON のご紹介!!  |  BALDO 2018 New Driver TTX 420 / 460 サンプルヘッド到着!! ». ゴルフトゥデイのコンセプトは、「ゴルフをこよなく…, 明けましておめでとうございます!2020年シーズンも宜しくお願いいたします。2020年シーズンは3月中旬から下 […], ゴルフを愛する全てのゴルファーへゴルフトゥデイのコンセプトは、「ゴルフをこよなく愛するゴルファーが、ゴルフの楽 […], 2019年12月17日(火)千葉県「紫カントリークラブ紫あやめ36」にて開催された『GTバーディーズカップ20 […], GTバーディーズカップ2019 Season GTバーディーズファッションコレクション!, 【GRAPHITE DESIGN】高バランスで振り抜き最強のシャフト。TOUR AD VRがついに発売開始。. 最大飛距離331y。, ホンマが本気で作った超ハイスペックドライバーです。J・ローズ選手も使用するこのモデルは飛距離だけでなく打感もかなり魅力的です。ヘッドスピード45m/sを超える方は必見。 ツアーad pt試打レビューです。低弾道、低スピンで飛距離も結構出ます。方向性はストレートに近いドロー系で、メーカーの分布図の通り。先端剛性の高さを感じるので、テンセイckプロオレンジに似た振 … ツアーADシリーズの中でも、低スピンで使用プロも多いです。いまだに人気で、ショップでも指名買いする人がいます。, かなり古いモデルで、現在供給されている青と黒のカラーリングとは少し異なるデザインの旧モデルがあります。, 私の師匠も様々なフレックスのPTを使用していて、弾道の強さに惚れこんでいるようです。, やはり特徴はバックスピンの低さです。平均すると2003rpmとそこそこ出ているのですが、ボリュームゾーンは1400rpm。, 普通のヘッドスピードならドロップするでしょう。逆に、球が吹いて仕方がない人は是非打っていただきたいです。, 私が今まで打った中でも最も低い弾道だと感じました。スピンレベルに関しては確実に最も低いレベルです。, サイドスピンはあまり癖がなく、ストレートに近いです。特別ハードヒッターでなければ捕まりにくいことが予想されます。, イメージはテンセイCKプロオレンジと似たような振り心地です。打ち出し角は少しだけマイナス(左)ですが、右への打ち出しも容易くできます。, 一球高い弾道が出ましたが、これでも2400rpm程でおさまってしまうほどの低スピン。, 逆に、他の二球はかなり低いことが分かると思います。ちなみに、今回試打したのはPT6Sです。, ツアーADシリーズは基本的にヘッドとの相性が良いですが、PTはイマイチだと思います。, 特に捕まりの強いヘッドとは合わないと思いました。というのは、そもそも低い弾道ですから、これ以上に捕まるヘッドだとドロップする可能性が高くなります。, できればディープフェースで、捕まりの弱いヘッドが良いでしょう。例えば、今回試打した118やTS3、エピックフラッシュサブゼロなどです。, 逆にスピン量は、メリットになる人もデメリットになる人もいるでしょう。5Sや5Xにすれば可能性は出てくるでしょう。, まず、一番の特徴である弾道の低さとバックスピン量の少なさです。これは、他のメーカーのシャフトには無い言ってみれば極端なセッティングですので合う人がいるでしょう。, 本音を言えば、このシャフトで弾道を低くしたいほどバックスピンが多い人はスイングを治す方が先決です。風の強いコースがホームの人や、平らなコースをメインでラウンドする方ならおススメします。, 全体的には捕まるシャフトと言ってよさそうです。もし捕まらなければ、ヘッドスピードが足りていないと思ってください。, 【M1/M2/M3/M4/M5/M6/グローレF2】 Tour AD / ツアーAD PT テーラーメイド対応, タイトリスト 913/915/917シリーズ ドライバー用 スリーブ付シャフト[ヘッド別売り] ツアーAD PT シリーズシャフト 特注カスタムクラブ, ピン用スリーブ付シャフト グラファイトデザイン TOUR AD PT(ツアーAD PT), キャロウェイ用スリーブ付シャフト グラファイトデザイン TOUR AD PT ツアーAD PT, AIが設計したフェースとしなり戻りの強い柔らかめのシャフトの相性が抜群で圧倒的な飛距離を記録しました。ダントツです... 「ツアーad」新モデルはどんなアマ向け? ツアープロの使用率No.1を誇るグラファイトデザイン「ツアーAD」シリーズの最新作「ツアーAD X… 2019/11/19 マーク金井の試打インプレッション お仕事の依頼はお問合せフォームからお願いいたします。, なんだかんだ1位になったのはタイとリストAVXでした。 グラファイトデザインの最新モデル、TOUR AD VRシリーズがついに9月13日に発売となる。グラファイトデザインといえば、国内男子ツアーの現場での採用率の高さを含め、松山英樹や石川遼を筆頭にドライバーヘッドは変われども、長い年月シャフトは同社の同モデルを使用し続けるという実績が製品のクオリティーの高さへの実証となっている。, 一般アマチュアゴルファーにおいても固定的なファンも多勢で、そのスタイルを変えない風潮にあるが、今回新作として登場するTOUR AD VRシリーズは「TOUR AD IZ」に次ぐ “マットペイント“を採⽤。鮮やかなブルーを基調としたカラーリングのなかに “⼒強さ“ と “軽快感” を表現している。 今回は、グラファイトデザインの新商品 ” TOUR-AD  IZ(アイ・ズィー)” をご紹介させていただきます。, 反発エネルギーを最大限に伝達し、高初速化を狙う近年のヘッドテクノロジーを活かす事をコンセプトに開発されました!!, ツアープロ使用率の高い PT と DI のシャフト特性を融合させた設計で、切り返しのタイミングの取り易さは圧巻です!!!!  最大飛距離326y。, 飛距離だけはかなり良いです。方向性はシャフトをスペックダウンさせて調整しますが、そうすると飛距離は落ちます。バックスピンが少なすぎるのでほとんどの人は10.5°で組むのが良いでしょう。前作から一年でここまで飛距離を上げてきたのは一見の価値ありです。, またもホンマが登場。最大飛距離ではM5よりも飛んでいますし、安定感も抜群です。ヘッドのサイズ感も打つ人をやる気にさせます。打感が良く、純正シャフトで完璧にセッティングできるのも魅力的です。, 所謂「ディスタンス系ボール」に分類されますが、その飛距離性能だけではなくパッティング時のフィーリングなどが高評価につながりました。デザインも非常にシンプルなので多くの人におススメできる良いボールです。, 知らない方も多いかもしれませんが、ドラコン競技では結構有名なボルビックの4ピースボールです。推奨ヘッドスピードが43m/s~とやや厳しめですが、飛距離は申し分ありません。スピンもまずまずで、硬めの打感からは想像もつかないくらいくらいスピン性能も高いです。特に競技ゴルファーにおススメ。, タイトリストプロV1を設計したディーン・スネル氏が立ち上げたブランドです。MTBレッドは、4ピースのスピン系ボールで、感触的にはプロV1と同等以上のスピン性能だと思います。低価格なところもかなり魅力的です。, 2018年11月から300yヒッターのギアノート(月間50万PV)を運営しています。元横浜市強化選抜選手で、現在21歳。シャフトとドライバー、ボールのレビューを得意としています。 最大飛距離319y。, 高い飛距離性能はそのままに、安定性を少し上げて発売されます。見た目はディープフェースを捨て、より現代的になりました。上級者向けだった118よりも寛容になり、球も上がりやすくはなりましたが、それでも強弾道になるのである意味特殊なヘッドかも。 最大飛距離325y。, 曲がりを抑えた新しいフラッシュフェースを採用したドライバー。サイドスピン、バックスピンともに低い値を示し、性能の高さはさすがキャロウェイ。誇大広告だったのはいただけませんが。 クロムソフトと同時にコーステスト、切断をして検証した動画もあります。2020年モデルになって、前作とはまるで違う内部構造になっており、フィーリング、性能共に高評価のツアーボールです。, 低スピンで捕まり弱めというミズノプロとは真逆のドライバーです。低スピンなのはフェースの反発が高いことと、カーボンクラウンにして自由度が高くなった重心設計が要因でしょう。ハードヒッター向けなドライバーです。