A3からは予定事項(A)が入力されており、空欄もあります 当方使用のExcel2003の場合です。 各週は3行使用するだけで良いのではないでしょうか? Private Sub Calendar1_Click() =DATE(Sheet1!C1,Sheet1!E1,1) D1セルは そして9月5日にカーソルを打合わせたりクリックしたりすると、誰と打ち合わせなのか、誰の原稿の締め切りなのか、どこへ納品するのかという詳細がわかるようにしたいです。 どうしたらよいですか? 配列数式なのでCtrl+Shift+Enterで確定! → A8セルまでフィル&コピー → そのまま右へフィル&コピー! ?~野村ホールディングス 酒井さんに聞いてみよう, 【終了】【オンライン公開取材】明日から始められる『3000円投資生活』~FP横山光昭さんに聞く、無理のないお金の貯め方~ #大学生の社会見学, 【終了】【オンライン公開取材】明日から始められる『3000円投資生活』~FP横山光昭さんに聞く、無理のないお金の貯め方~ #, 「エクセルの関数」「権力者との対面」社会人に聞いた「何度やっても上達しない」業務とは?. 4列目の2行目以下の該当する日ごとに、(例えば4日)箱根の情報収集、(6日)旅館決定、(15日)ドライブ実施  この際ですので、日・祝日・土曜の色付けも条件付き書式でやってしまった方が簡単だと思います。 次にSheet2のC1セルに 「条件3」で「納品」 → 書式 → 「黄色」を選択 H9セルのフィルハンドルで下へ4行ずつまとめてコピーすると画像のような感じになります。 【Google】ToDoリストの使い方 カレンダー連携も可能!スマホアプリもWeb版もある, 【関節リウマチとは】痛みは治る?何科に行くの?原因や症状・治療法を分かりやすく解説. すみませんが、宜しくお願い致します。, #02です。foo-mさんがVBAをお使いになるなら、以下のサンプルをいじってみてください。 すべてをシリアル値でやった方が月が変わっても同じカレンダーを使用できますので、  A  B  C  D その他のA列の書式は d"日" としておいて、A1に「年」・A2に「月」の数値を入力します。 DATE関数でカレンダーの該当セルの日付を取得してください。 ToDoカレンダー (チェック シート) カレンダーで日付を指定し、予定を書きこめばOK!他者と予定を共有するのにも適しています。 スケジュールを書きこむだけ! =IF(A4="","",INDEX(Sheet1!$D$4:$AH$100,MATCH($A$1,Sheet1!$C$4:$C$100,0),MATCH(A4,Sheet1!$D$2:$AH$2,0))&"") この操作をA14セルまで行う。 =IFERROR(INDEX(予定名,MATCH(A$4,日付,0))&"","")と入力して、 という数式を入れ、B6セルの表示形式はユーザー定義から d とだけしておきます。 という数式を入れ、D2・D3セルを範囲指定 → D3セルのフィルハンドルで月末(31日)までの MATCH関数で参照先を「品名」や「納付先」の列にする事で「品名」「納付先」をそのまま拾うことができるので、 シフトも例えば「Aさん」を選択すると「Aさん」のシフトに自動で変わるように出来ればと考えています。 AH列までコピー! ・同等の機能を使えるブラウザー版の提供, Googleカレンダーなとど比べると、少々シンプルに感じるかもしれないが、いたずらに多機能過ぎてもかえって使いにくくなるだけというものだ。むしろ、タスク管理に必須の機能だけに絞り込んでいるため、余計な操作に煩わされることもない。, そもそもタスク管理アプリというものは、思いついた瞬間にすぐに記録できる「速記性」が非常に重要となる。なぜなら、思い付いたタスクというものは、あとでまとめて記録しようと思ってもうっかり忘れてしまうことが少なくないからだ。, アプリの操作が煩雑だとタスク管理も徐々に面倒になっていき、つい後回しにすることが増えていき、いずれは投げ出してしまいかねない。しかし、ToDoリストなら極めて軽快にタスクを記録できるので、二の次にしようという気もそうそう起きないはずだ。, わかりやすいシンプルなインターフェイスを採用し、誰でも迷わずタスクを作成&管理していける。, パソコンからの利用方法やGoogleカレンダー連携については後ほど紹介するので、そちらも参考にしてほしい。, 手持ちのスマホにまだ専用アプリを導入していない場合は、まず下記リンクからインストールしよう。, なお、本記事ではiOS向けの専用アプリを使用しているが、Android版も操作方法はほぼ同様だ。, サインインの許可について尋ねられるが、これはToDoリストはGoogleのアプリのため、使用にはGoogleアカウントが必要となるためだ。「続ける」をタップして先に進もう。, タスクの追加は「+」から同様の手順で行える。タスクは新しく追加するたび、リストの最上段に順次追加されていく。, もちろん、「ToDoリスト」は期限や詳細の設定も問題なくこなせる。期限は入力ボックス左下のカレンダー」アイコン、詳細はその左となりの横三本線のアイコンからそれぞれ設定可能だ。, タスクが完了したら、いつまでも表示させたままにせずメイン画面から消去しよう。こうして、メイン画面には未処理のタスクだけを残しておけば、今後やるべきことをひと目で把握可能だ。, 完了したタスクは「完了済み」欄右端の「V」をタップすることで表示することが可能だ。, タスクの情報が表示されるので、名称や詳細、日時を適宜修正したのち、画面左上の「<」をタップして保存しよう。, タスクの種類によっては、内容が多岐にわたる場合ある。例えば、ひと口に「書類作成」といっても、実際には「資料集め」や「たたき台作成」「印刷」などの小さな作業の集合体だといえる。また、「粗大ゴミ処分」についても、処分するゴミが一つだけならいいが、「タンス」や「絨毯」「ふとん」「椅子」などといった具合に複数のゴミがある場合もあるだろう。, そんなときに便利なのが、他ならぬ「サブタスク」だ。「親」となるタスクの下に「子」タスクを作成し、多岐にわたるタスクを親子関係の体裁ですっきり管理できる。, サブタスクはタスクの編集画面から利用可能だ。画面を開いたら、まず「サブタスクを追加」をタップしよう。, 入力ボックスが表示されたら、サブタスク名を入力する。複数のサブタスクがある場合は、さらに「サブタスクを追加」をタップし、必要なぶんだけサブタスクを登録していこう。, なお、完了したサブタスクは通常のタスクと同様、タスク欄左端の「○」をタップすることで消去できる。, タスクは指定した順序で並び替えることができる。優先順位がわかりにくい場合は、重要度順などにタスクを並び替えるといいだろう。, Android版の「ToDoリスト」では、便利なウィジェットを利用することも可能だ。, ホーム画面にタスクのウィジェットを表示しておけば、アプリをいちいち開かなくてもタスクをチェックできるので非常に便利だ。, ウィジェットの追加方法は機種によって異なるが、基本的にはホーム画面の長押しタップやオプションメニューから行える場合が多い。, ウィジェットからもタスクの完了のほか、詳細の表示や、タスクの新規作成を行うことが可能だ。, タスクの数が増えてくると、デフォルトのリストだけでは管理しにくくなってくるはずだ。そんなときは新しい「リスト」を作成して、目的別にタスクを管理するといいだろう。, 例えば、「仕事」や「家庭」「買い物」などといった具合にシーン別のリストを作っておけば、よりスマートにやるべきことをこなせるはずだ。, 作成したリストが表示される。あとは通常どおりの手順で必要なタスクを追加していけばいい。, Google「ToDoリスト」は、ブラウザーからも利用可能。パソコンからタスクをチェックできるのはもちろん、新規作成や編集も問題なくこなせる。, 例えば、出先ではスマホでタスクを管理しつつ、自宅や職場などに戻ったらパソコンを使ってじっくりタスクを編集するのもいいだろう。, パソコン版の「ToDoリスト」は「Googleカレンダー」のほか、「Gmail」からも利用できる。まずはどちらか一方のサービスにアクセスしよう。, サイドメニューでToDoリストが起動したら、初回起動時は「使ってみる」をクリック。これでスマホアプリで作成したタスクが表示される。ここからタスクの作成や完了、編集などを行うことが可能だ。基本的に操作方法はスマホ版と同様なので、迷うことはないはずだろう。, ご覧のとおり、ブラウザー版「ToDoリスト」は、GoogleカレンダーやGmailからワンクリックで簡単に呼び出して連携可能となっている。予定やメールなどをチェックしている際に、思い付いたことなどをすぐにタスクとして登録できるので非常に便利だ。, 「タスク管理」というとビジネス向けに思えるかもしれないが、実際にはそんなことはない。ToDoリストの活用範囲は極めて広く、例えば、買い物リストや、旅行の携行品のチェックシート、あるいはファッションコーディネートのアイデアメモに使ったりなど、プライベートにも非常に役立つ。しかも、Goooleのサービスらしくクラウド保存にも対応しているので、多彩な端末からも利用できる点も極めて使い勝手がいい。やるべきことをしっかり管理できれば、当然、仕事や家事などの効率もアップしていき、余裕をもって日々を過ごせるようになるはずだ。, ◆篠原義夫(フリーライター)パソコン雑誌や家電情報誌の編集スタッフを経て、フリーライターとして独立。専門分野はパソコンやスマホ、タブレットなどのデジタル家電が中心で、初心者にも分かりやすい記事をモットーに執筆活動を展開中。. =DATE(A1,A2,1) >ご指摘の「レイアウトが重要な気もしますが?」はその通りです。 良いと思います。 5列目の2行目以下の該当する日ごとに、(例えば8日)九州の情報収集、(10日)旅館決定、(11日)友人に連絡 (25日)ドライブ実施 当たり前と言えばあたりまえなのですが。 画像の配置だとA11~A14セルすべてに同じ条件付き書式の設定を行います。 4月のカレンダーには4月の予定、5月のカレンダーには5月の予定と、切り替えられる仕様にする方法はありませんか。, カレンダーの形が縦長のものと曜日(日~土)の下に一週間分の日付が入ったものと二通りあります。 一つのセルに条件付き書式を二つ設定します。 3.月間予定表の(1)を年間予定表と連動させたい。 4.年間予定表は6月分をA4横1ページに、月間予定表は一月分をA4縦1ペー...続きを読む, >(2)I2セルに  =1*("2010年"&J$1&ROW()-1&"日") 数式バー内の「A$4」を「A$9」に変更 → A13セルまでフィル&コピー → そのまま右へフィル&コピー! m月 これで5日のセルをポイントすればコメントが表示されます。 以上です。, 1.excelで年間予定表と別シートの月間予定表が連動した予定表を作成したい。 しかし、この数式では同日に2つ予定があった場合の表示ができず、下にフィルハンドルを引っ張ると同じ予定が並んでしまいます。 ・タスクの並べ替え ・新しいリストの作成 A1の書式はユーザ設定 ggge"年"m"月" 日~土の曜日はあらかじめ入力しておきます。 曜日を基準にして配置すればいいのだろうと思っていますが、丸投げのようになって恐縮ですが、よろしくお願いします。 ActiveSheet.Calendar1.Visible = True これがメイン。 これでC1・E1セルの数値を入れ替えるだけで横1列のカレンダーができます。 C1セルに西暦年・E1セルに月の数値をそれぞれ入力します。 =1*("2010年"&J$1&"1日") J1セル文字列で「4月」、 B1:G1セル文字列で 1月、2月、・・・ そして祝日データに関しては「祝日」と名前定義してあるとします。 同様に、「条件2」で「原稿締切」 → 書式 → 「うすい青」 即ちA3...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 A4からは予定事項(B)が入力されており空欄はありません。 カレンダーは縦長で添付のように 同様にA10セルを選択 → A10セルの四辺にマウスポインタを移動、上下左右の小さな矢印になったところで 一つのセルに条件付き書式を二つ設定します。 とSheet1にあれば、 数あるタスク管理アプリのなかでも特に人気が高いのが、Googleの「ToDoリスト」だ。スマホ向けに無料アプリを提供するほか、ブラウザーからもアクセスできるなど、プラットフォームを問わず利用可能だ。今回は、そんな便利な「ToDoリスト」の使い方をわかりやすく解説していく。 条件付き書式の設定について・・・ リスト型のスケジュールは、予定が増えると随時列を挿入して追加していきます。 どのセルに何を入れているか。がわかれば、それに沿った回答をする。 宜しくお願いします。, カレンダー側に数式を設定です。 毎日何かの予定があるとして365行ですのでF3~G367となります。 A4セル(セルの表示形式はユーザー定義から d としておく)に しかし、この数式では...続きを読む, こんにちは! 参考になればよいのですが・・・m(__)m, No.2です! にしてください。1* を取ると 例として4月なら「2010年4月1日」になるはず。 ☆別シートの月間予定表: 即ちA3が1日、予定欄は何行必要でしょうか という数式 自分なりに調べてみて、A5のセルには  A  B  C  D 配列数式なのでCtrl+Shift+Enterで確定! → A8セルまでフィル&コピー → そのまま右へフィル&コピー! 最後に今オートフィルでコピーしたB6~H9セルを範囲指定したまま 尚、祝日は考慮していません。 申込みや登録画面に「カレンダー」が表示され日付ボタンを押す、という機能は珍しくなくなりましたね。 excelは分野によっては日付入力が多い所もあるはずですが、マクロ以外は手入力しか方法はないのでしょうか? マクロを組まな Excelのリストとカレンダーの連動の仕方について質問です! Ctrlキーを押しながらA10セル...続きを読む, 教えてください。 投稿後思ったのですが、アップした画像を見ると各行にわざわざ「曜日」を入れる必要はないように思います。 これでなんとかお望みどおりにならないでしょうか?m(_ _)m, No.4です。 そして祝日データに関しては「祝日」と名前定義してあるとします。 併せて日付がない所は文字が表示されない様に出来ればと・・・。 =IF(MONTH($C$1-WEEKDAY($C$1)+COLUMN(A1)+7*(ROW(A2)/2-1))=Sheet1!$E$1,$C$1-WEEKDAY($C$1)+COLUMN(A1)+7*(ROW(A2)/2-1),"") =WEEKDAY(A11)=7 End Sub 前回回答した最後の日・土曜の塗りつぶしは「なし」にしておいてください。 ア:各月ごと(例えば1月)の最初の3列は年間予定表(例えば1月)の月名、日付、曜日、年間予定項目をカット&コピーで張り付ける。 © 2017- ② 土曜の設定 会議や出張、プレゼンなど、日時が明確に決まっている「予定」とは違って、仕事や買い物、各種料金の支払いなど、「~日(時)までやればいい」という「やるべきこと」はスケジュールとして扱いにくいものだ。, 例えば、やるべきことの内容によっては「なるべく早め」や「2~3ヵ月以内くらい」「いつでもいい」といった具合に期限すら漠然としている場合もあるだろう。また、一応の期限があっても早めに処理してしまったり、逆に間に合わなかったりすることもあるし、こうなると一般的な予定表ではなかなか対応するのが難しいはずだ。, そんな厄介な「やるべきこと」を専門に管理するために生まれたのが、いわゆる「タスク管理アプリ」だ。「忘備録」や「ToDoリスト」と呼ばれることもあるが、基本的には内容は同じで、やるべきことをリスト化して管理できる。, タスク管理アプリには様々な種類があるが、とりわけユーザー人気が高いのがGoogleの「ToDoリスト」だ。, ・タスクの追加や編集 日付が無い・値が無いなどでエラーが生じる場合は、ISERROR関数などで対処してください。 =IFERROR(INDEX(予定名,MATCH(A$4,日付,0))&"","")と入力して、 ↓の画像のように1行目(7行目)に曜日を入力しておけばその列は○曜日というのは判断できますので、 2.別シートの月間予定表(1年分を横に並べている)では、月毎に そういうことは可能なのでしょうか? できれば、カレンダーの1日の中に予定名と場所の表示をさせたいです。 D3セルに 尚、祝日は考慮していません。 sheet1は年月の入力で変化する万年カレンダーです。 イ:各月ごとの4列目から概ね10列目に年間予定項目ごとの詳細計画を記入する。 日~土の曜日はあらかじめ入力しておきます。 Ctrlキーを押しながらA15セルまでドラッグ 「条件1」→ 「セルの値が」 → 「次の値に等しい」 → 「打ち合わせ」 → 書式 → 「ピンク」を選択 最後にA11~A14セルを範囲指定 → A14セルのフィルハンドルで右へコピー → そのまま4行ずつ下へコピー! ↓の画像のように「赤」の条件付き書式が上になるように赤丸部分の▲・▼をクリックし優先順位を入れ替えます。 ↓の画像の場合の数式を載せておきます。 前回回答した最後の日・土曜の塗りつぶしは「なし」にしておいてください。 >I3セルに  =IF(DAY(I2)+1=DAY(I2+1),I2+1,"") もしくはそれに近いものが作成したいのです。 予定表、カレンダーは3行目から始めるとします。 Selection.Value = Calendar1.Value 尚、9月5日のコメントは5日のセル上で右クリック → コメントの挿入 で適当に編集しています。 4.年間予定表は6月分をA4横1ページに、月間予定表は一月分をA4縦1ページにプリントアウトしている。画面で見るだけではなく、プリントも利用している。 はI2セルがシリアル値なら計算されます。 エクセルの予定表シートG列(G14~下の列)のイベント(予定)内容を、1月シートA12:H41の各日付に合致した場所(1/1の場合A13~A17(日にちが入力されているセル(A12)は除く)へ反映させたいのですが、その場合のマクロコードもしくは数式を教えて下さい。 sheet1には受注管理表があります。 =IF(D2="","",TEXT(D2,"aaa")) 一番単純なパターンとして ↓の画像のように1行目(7行目)に曜日を入力しておけばその列は○曜日というのは判断できますので、 MAKINO PUBLISHING そのほうが間違いな少なく、効率が良いじゃないですか。, >(2)I2セルに  =1*("2010年"&J$1&ROW()-1&"日") D3セルに 4列目の1行目(タイトル行)箱根ドライブ =IF(MONTH(DATE($C1,$E1,COLUMN(A1)))=$E1,DATE($C1,$E1,COLUMN(A1)),"") 「4月」がどこにあるかをMATCH関数で探し、何番目かを数値で返す。 ※ Sheet1のC1・E1を変えるだけでSheet2のカレンダーは連動するようにしています。 1行目~3行目は前回と同じです。 ① 日・祝日の設定 B3=TEXT(A3,"aaa") 例えば9月5日に打ち合わせ、原稿締切、納品というタイプの違う予定が3つ入っていることをカレンダーを開けた瞬間に視覚的に一発で把握できるようにしたいのです。 Ctrlキーを押しながらA10セルまでドラッグ >(4)J2セルに  =IF(I2="","",INDEX(B2:G2,MATCH($J$1,$B$1:$G$1,0))&"") 予定も決まった日、毎週月曜日、毎月第一月曜日といった周期的なもの色々あります。