踵線上よりやや左にセット 【動画あり】スピーダーはモデルによって全く異なるシャフト。スピーダーエボリューションシリーズの振動数、調子、飛距離、弾道、評価を徹底比較!人気クラブフィッターたけちゃんによるインプレッションと中古シャフト選びの注意点は必見。この記事でスピーダー選びで失敗しない! 上部だと、長さが足りず。 9月5日、藤倉コンポジットから6代目となる『Speeder EVOLUTION(スピーダーエボリューション)Ⅵ』が発売された。今回のモデルは『スピーダーエボリューションⅣ』をベースに改良を加え、インパクトの強さを追求するとともに、飛距離性能を向上させた。, 新素材として超高弾性炭素繊維平織シート『70tカーボンクロス』を採用。カーボンクロス(平織物)はカーボン繊維間の隙間が少なくズレが極めて少ないため、インパクト時のブレを抑えると同時に飛距離や方向安定性と、インパクト時のエネルギー効率が向上。70tを採用することで打感の向上も見られる。, そこに、同シリーズのマルチフーププライ積層設計を採用。スイング中のシャフトの潰れを抑制するフープ層を、シャフト内側と外側のそれぞれに積層した2枚構成で、潰れと曲げの強度を向上。シャフトの変形を抑えて、スイングの再現性を高め、しなりを適正に抑えて叩けるシャフトとして完成している。, 今回はシリーズ初となる30g台の『351』を追加。ギアの賢者ソクラテス永井延宏プロに試打して頂いた。, 偶数モデルということで叩けるスピーダーですが、新素材の超高弾性平織カーボンシート「70トンカーボンクロス」という素材を使用しているのが特長ですね。, 非常にシャフトの撓み(潰れ)に強い印象があります。その撓みに対する強さが、シャフトの中間剛性を高めている。, 動くシャフトという意味でのスピーダーは、先調子やムチのような撓りと表現されますが、それとは少し異なり、『EVO6』は先の「70トンカーボンクロス」でシャフト自体の挙動の安定性を向上させていると思います。, 全英女子OP覇者が発売前に使用して、安定した飛距離、方向性がドライバーショットでも見られました。, そうですね。深い重心特性で、シャフトから重心距離が長い大型ヘッドの場合、インパクト時にシャフトに大きな負荷をかけます。, その現代のヘッド事情と中間剛性の強さの相性が抜群です。中間剛性の強さが大型ヘッドの暴れを吸収してくれる。つまり、安定感のあるドライバーショットに繋がります。, 先の理由から安定したインパクトで、ミート率は1.51。試打ヘッドが低スピン系ヘッドだったので、スピン量は1850と少し少なめ。, 打ち出し角は12.2度と少し低めですが、ヘッドに負けていない証拠。そして何より、スピーダーらしいシャフト全体のスピード感は失われていないので、飛距離と方向性を兼ね備えていますね。, 『569』(S)も『661』(S)とほぼ同じ試打データとなりました。中間剛性が作るヘッドの高い操作性が素直にインパクト効率に反映されます。, 現代の大型ヘッドの特性を生かして低スピン・強弾道が実現できます。アマチュアは重量的に『569』がメインとなると思います。フレックスSだとしっかり感が出てくるので、HSによっては「SR」や「R」もオススメです。, 『スピーダーエボリューションⅥ』には30g台の『351』がラインアップして、女性ゴルファーの使用を想定しています。, なるほど。『エアスピーダー』や『ゼロスピーダー』にハードなヘッドを組み合わせると、シニアや女性ゴルファーは、軽く大きな撓りで打ち出し角が増加して、市販クラブでは実現できない飛距離が出ることがあります。, フレックスも「R2」までありますので、女性やシニアの使用も『351』なら現実的ですね。, 私のHSには少し軽すぎるので、HSは遅くなりましたが、それでもインパクト効率は1.49と非常に高い。効率の高い飛距離性能といえるでしょう。, 重量、フレックスに関わらず、中間剛性の強さが安定したインパクト効率を生み、スピーダーらしいスピード感が共通点です。, なので、求める弾道特性をヘッドのロフト角などでフィッティングすれば、厚い打感でラインを出しながら飛距離を稼げると思います。, 1974年1月22日生まれ、長崎県出身。 次にグリップエンドにドリルで穴を開けて,16gのウエイトを装着して,5球打ってデータ取り。 中部は、そこそこいっぱい。 次に、グリップので中に12g、グリップエンドに12gのウエイトを装着してデータ取り。 中部、5〜P スタンス肩幅より一歩開く お仕事の依頼はお問合せフォームからお願いいたします。, なんだかんだ1位になったのはタイとリストAVXでした。 通常よりも4・5Cm短く持つ 力まない、軽く握る B. プライベートでは1歳男児の日々の成長と格闘中。, アメリカン俱楽部の役目は終わった 高額地クラブ路線に舵を切る諸般の事情 2020.11.09, カウンターバランス再注目 グリップの重量調整で「飛距離が伸びる」は本当か? 藤倉コンポジット スピーダーエボリューション569 の口コミならmy caddie(マイキャディ)。ゴルフ用品・ゴルフクラブの口コミ・評価サイトです。自分のゴルフ用品・ゴルフクラブの管理はもちろん、ゴルフ場のラウンド日記としてもご利用いただけます。 『スピーダー エボリューションVI(6)』と表記されたシルバーに近いカラーリング。『661』(60g台)と『757』(70g台)の2種類が用意されていた。 の661と757のインプレッションをしたいと思います! 実はこの二種類以外にも名作だった474と569が復活。 40g~70g台の名作が復活した事になるワケですね! シャフトデザインも素晴らしく↓ 最初にマイクラブで5球打ってデータ取り。 最大飛距離319y。, ストロングロフトのアイアンの中でも飛びぬけた飛距離性能です。7番で26°でありながら、ヘッドサイズはやや小さめで、飛距離は欲しいけど見た目も損ないたくないという欲張りな人におススメです。, ピンの中空アイアンです。ロフト角は7番で29°ですが、圧倒的な初速で、レベルの高い飛距離性能を実現しています。バウンスが多く、日本の芝の環境に適した形状なのもおススメの理由。打感はユーティリティアイアンのような弾き感。, ホンマのポケットキャビティの飛び系アイアン。ホンマは飛び系アイアンでなくても、飛距離性能が高いアイアンが多いのですが、TW747Pは7番で28.5°にして、他社の同ロフトのモデルよりも高い飛距離性能を実現しています。, 安定性ランキングにもランクインしていましたが、飛距離性能も抜群。出来る限りヘッドを大きく見せない工夫が感じられ、今まで飛び系を毛嫌いしていた人も取り込んでやろうという意気込みを感じますね。, テーラーメイドの中でもシニア層やヘッドスピードの遅いプレーヤー向けに設計された7番で27°のアイアン。非常に大きなヘッドで再現性の高い飛距離性能と言えるでしょう。, 方向性の安定感の高さ、縦距離の安定感が抜群。ランキング上位の中でも特に難易度の低さがトピックだと思います。誰でもこの安定感を手に出来るというのがG410アイアンの魅力でしょう。, タイトリストT100アイアンは、スコアアップを目指アスリート系ゴルファー向きな高性能アイアン。番手別の重心設計により、ロングアイアンでもしっかりと球が上がり、スピン量、落下角度、飛距離を全てバランスよく仕上げたおススメのアイアンです。, 上級者向けのナンバーワンが620CB。これを打ちこなせる人は、かなり限られたレベルのプレーヤーだとは思いますが、使いこなせるならかなり実用的。アイアンに飛距離を求めず、ハーフトップなどのスピンコントロールを多用する人に向いていると思います。, 真っ黒なヘッドの飛び系アイアンです。ピンらしく方向性を軽視しない安定感のある飛び系アイアン。飛び系アイアン部門では圧倒的に安定感があるので、飛距離に自信が無いけどスコアアップを狙いたいひとにおススメです。, タイトリストTシリーズの中では標準的な7番30°のロフト設定をしたアイアンです。他のTシリーズ同様番手別重心設計なので、長い番手まで打ちやすくしてあります。また6番からの販売なので、他のモデルとコンボセットにしても良いと思います。, 300yヒッターの管理人がゴルフクラブやグリップ、ボールなどのゴルフアイテム、ギアを紹介するサイト。, 「ザ・レビューゴルフ / The Review Golf」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打動画やボールインプレッションの他にも、オリジナルコンテンツを配信予定です。このサイトに並ぶメインメディアとして運営していきます。, スピーダーエボリューション(初代)試打&評価|飛距離アップを目指したエボシリーズの初代となるモデル, スピーダーエボリューションの試打&評価です。スピーダーエボリューションシリーズの初代であるこのモデルを試打して、データ分析をしながら特徴やフィットする人を解説します。初代スピーダーエボリューションは多くの人にフィットする癖の少ない特性と、ヘッドスピードが上がりやすいことから、飛距離アップにつながること間違いなしです。, スピーダーエボリューションⅡの試打&評価です。個人的にスピーダーエボリューションシリーズの中で最も難しいのがこのエボⅡ。中調子で、中弾道のフェードイメージのシャフトです。フェードで飛距離の出せる数少ない価値あるシャフトだと考えています。, スピーダーエボリューションⅢの試打&評価です。先中調子ながら極端な捕まりでは無く、弱いドローがかかるシャフトです。歴代モデルの中ではエボⅢはそこまで飛ぶシャフトではありませんが、安定感はあり、難易度も低いです。, スピーダーエボリューションⅣの試打レビューです。ストレートボールを打つことが出来る強弾道スピーダーです。中調子とは思えないほどしっかりとした振り心地で上級者の人でも楽しんで打てるでしょう。, スピーダーエボリューションⅤ試打データ付き評価|スイング強制用シャフトとして入れるのがおススメ, スピーダーエボリューションⅤ(5)の試打レビューです。捕まり系奇数スピーダーはかなり低弾道でドローが打てる仕様。筆者は変態なのでスイング強制用のシャフトとして評価しています(笑)。, スピーダーエボリューションⅥ(6)試打&評価|スピーダーっぽくないハードな振り心地, スピーダーエボリューションⅥ、6世代目のスピーダーの試打&評価です。偶数の中調子のシャフトで、様々なヘッドと組めそうな癖の少ないシャフトです。振り心地はスピーダーらしからぬハードなイメージです。スピーダーTRを使っている人がもう少し捕まえたいならこのシャフトでしょう。, スピーダーエボリューション7試打&レビュー|強烈な走り感と飛距離性能の向上で万人受けのスピーダーエボ7, スピーダーエボリューション7の試打&レビューです。エボ7は先中調子にしては低めの中弾道で最大キャリー301yの飛距離性能の高さを実現しています。初心者から卒業したい人にとっても扱いやすいシャフトになっています。エボ7なら多くの人にとってメリットのあるシャフトになるでしょう。, スピーダー661エボリューションTSの試打&評価です。ダスティン・ジョンソンが使用していた2.0よりもややしなやかでソフトですが、低スピンの強弾道なのは同じ。テンセイやVENTUSよりも振りやすいシャフトです。, レジオフォーミュラMBの試打レビューです。素晴らしい安定感のある試打データが計測出来ました。他のメーカーと比べて1フレックス分くらいハードなスペックなので、試打必須。モーダス105や125と同じ合成分布で、マッチングも抜群。, アッタスの最新モデルThe ATTASの試打レビューです。計測データからThe ATTAS の性能を評価していきます。10代目のアッタスはどんなシャフトなのか、飛距離や方向性はどうなのかを徹底的に検証します。, 世に数多あるアイアン用シャフトがどんな違いがあるのか疑問に思っている方も多いと思います。そこで、試打データと弾道の画像を比較しながら考察してみました。この試打記事ではマイナーなメーカーやブランドを扱っていますのでマニア必見。, ツアーAD PT試打レビューです。低弾道、低スピンで飛距離も結構出ます。方向性はストレートに近いドロー系で、メーカーの分布図の通り。先端剛性の高さを感じるので、テンセイCKプロオレンジに似た振り心地です。, アルディラローグブラックリミテッドエディションの試打&評価です。絶対に左のミスをしたくない、それでいて短尺に興味がある方は是非試打してほしいシャフトです。USツアーで人気のアルディラのハイエンドモデル、ローグブラックリミテッドエディションは捕まりと弾道の高さを抑えた仕様でハードヒッターにかなりおススメできるシャフトでした。, マジェスティコンクエストブラック試打&評価|アベレージヒッター向けの新生マジェスティ, 300yヒッターのギアノートを愛読いただきありがとうございます。「ザ・レビューゴルフ」は300yヒッターのギアノートのYouTube版です。試打の様子や詳しいレビューを動画にしています。, TSi3ドライバー試打評価|エピフラ以来の超高初速ドライバー!独自の素材で圧倒的性能をかっこよく仕上げたドライバー, TSi2ドライバー試打評価|タイトリスト独自のチタンで”曲がらない”を極めたTSi2ドライバー, スリクソンZX5アイアン試打評価レビュー|飛距離を補いたいけど安定性もほしいあなたへ。, スリクソンZX5ドライバー試打評価レビュー|松山選手絶賛のZX5ドライバーをHS53の人目線で評価, アッタス・ダース試打評価レビュー|最強のアッタス!アッタス・ダースはハードヒッターにおススメ!, スリクソンZX7アイアン試打評価レビュー|ハイテク化するスリクソンの軟鉄鍛造アイアン, フジクラベンタスブルー試打&評価|渋野選手も使うUS出身ベンタスシリーズのミディアムクラス.