近畿 中東 2013/04/22, 4回目のストックホルム。ストックホルムは間違いなく世界で一番美しい街の一つだと思うし、大好きではあるけれど必然と再訪優先順位は下がります。ところが集めているスタバのデミタスカップが発売されてしまい買いに行かざるを得ない状況に(笑)。ちょうどNHのHND〜FRA便がローシーズン(45000マイル)で取れたので土日だけの有休いらずでサクっと行ってきました。GWの前週で体力的には厳しかったのですが・・・。でも考えてみれば過去3回はいずれもエアーはビジネスクラスで泊りは高級ホテル(1回目に至っちゃ最高級ホテルのスイートルーム!)、同行者ありという私らしい旅ではなかったので再訪して良かったのかも。季節も何故か3回とも8月の最終週という同じ時期だったので初めての早春ストックホルムです。期待していた桜にはまだちょっと早すぎたけど、素晴らしいお天気に恵まれ充実した週末になりました♪, 金曜は21時退社の22時自宅出発。今日は羽田でシャワーを浴びたいので2時間前空港入り。ANAラウンジでシャワー順番待ちをしながら夕ご飯。今月のご当地ヌードルは小倉風焼きうどん。(何が小倉風なのか分かんない。普通の焼きうどんじゃん。)荷物は先月のシンガポールに引き続き写真のバッグ一つ!いくら弾丸とは言え、ヨーロッパに行くとは思えないでしょ☆, 25:00発フランクフルト行き。787不具合のおかげ(?)で、現在は機材調整が入っておりPY付きの旧機材。よってお気に入りの15K(プレミアムエコノミー最前列窓側)をゲット!私は基本アイル派だけど、セクション最前列と景色のいい短時間フライトは窓側派。お夜食はいつものコンビニ系サンドイッチ。, あまり寝られずドイツ時間の3時半には朝ご飯。十穀米と焼き鯖、なかなか美味しいんだけど到着したら大好きなセネタ―(ルフトハンザのラウンジ)の朝ご飯を食べたいのでちょっとだけ。6:10ほぼ定刻到着。次のフライトはちょうど1時間後。一括で買う場合FRAで1時間乗り継ぎじゃ売ってくれないだろうけど、今回はFRA〜ARNは別購入なので。, 羽田→FRAはいつも到着早めなイメージだったので余裕かと思いきや定刻だったし、乗り継ぎはB→Aのトンネル大移動コースなので猛ダッシュしてギリギリセーフ。セネター寄る時間なかった(>_<)7:10ストックホルム行きのLH。機内食かわいー。, 2時間弱のフライト。ストックホルム上空は快晴。嬉しい♪こう見るとスウェーデンって小さな島が沢山有るのがよくわかるね。今回はちょっと早めの桜が咲いてたらいいな〜って思って来たんだけど、郊外の湖はまだカチカチに凍ってるし、さすがにまだ咲いてないかな。ほぼ定刻の9時過ぎにはアーランダに到着。, ターミナルに明日デミを買う予定のスタバがあったので、念のため覗いてみると何とマグカップしかない!!大ピーンチと思って店員さんに確認するとやっぱり在庫が無いとのこと。これじゃ何のため来たのか分からないので事情を説明すると、「スタバのデミを買うためだけにわざわざ日本から1泊で来た」ということに驚いて、別のターミナルの店舗に問い合わせてくれることに。(ストックホルムにはこの2店舗しかない)でも電話が繋がらず、30分後にもう一度かけてみるから待ってと。そんなわけでターミナルのお洒落なカフェで暫く待機。, セネター飯を食べそびれたし、気持ちが落ち着かないので時間潰しにガッツリ朝ご飯。ケーキのように美しい北欧風なサンドイッチ。SEK149=2329円って高すぎだけど、でもこれは日本でも1000円は下らないな。10:00、スタバに戻ると店員のElinが親指を立ててOKサイン!良かった〜、本当にありがとう!!明日の朝受け取る約束をしてお別れ。後はちゃんと商品が届くことを祈るのみ。, 1時間ほどロスしちゃったけど取り敢えずやれるだけのことはやったので、10:15のバスで市街地へ。チケットブースのお姉さんに「学生ですか」と訊かれ、大人SEK99のところSEK79=1225円での乗車に成功。35分ほどで中央駅隣接のバスターミナルに到着。すぐお隣は老舗デパート、オーレンス。ここに立つとストックホルムに戻って来た〜って気になるね。, 歩行者天国のDrottninggatanは両側ショップがいっぱい。夕方以降に戻ってくる予定。日本にはないH&M HOMEとかは絶対チェックしたいし♪, 何かここまでバタバタだったから、とりあえずコーヒーで一息入れよ。いくら快晴とは言えまだ最高気温が10℃に満たないくらい。それでも春の訪れを待ちきれないスウェーデン人たちはこぞってテラス席を奪い合う(笑)。どこのカフェもテラス席には必ず膝かけが用意されてるのがありがたい。, 正直北欧って私的にそんなご飯が魅力的じゃない・・・。シーフード系は美味しいけどフレーバーのレパートリーが少なくて飽きる。でもカフェメニューはどれもビジュアル的にかわいくて心惹かれる☆今は全くお腹空いてないけど後で何か食べよー。, 私的に「ストックホルム来たー。」って一番実感できるスポットはココ。国会議事堂。というより議事堂を突き抜けるこの通り。議事堂の中は入ったことないんだけどね。, ガムラスタンに渡ったらまず港へ出て、停泊したボート×北欧建築というベタな風景を満喫。天気が良すぎー。無理してでも来てよかった!, 確かこの辺りだったよね〜と勘を頼りにやって来たフィンランド教会。ココに来る理由と言えば、中庭の隅っこに佇む・・・, アイアンボーイ!!14cmしかない小っちゃな小っちゃな像。撫で撫ですると幸せになれるって言われてる☆, 博物館前の広場にはオープンカフェがいっぱいあって、やはりテラス席はどこも満席。博物館の展示品より、こういう街の人を眺めるのがスキ。, 12時15分から衛兵交代。でも15分前に行ったらもう凄い人だかりで衛兵交代はほとんど見られず^^;その後長々と続く音楽部隊のコンサートを堪能。, 今までの訪問はいつもツレがいて、あまり自分の足で歩いたことがなかったから地図が必要かなと思って一応持ってきたけど要らないみたい。メインどころの場所はほぼ頭に入ってるっぽい。, ストックホルムと言えばやはり市庁舎。毎回来ちゃう。ノーベル賞の晩餐会が行われるとこね。, 庁舎の前、海沿いに建つ女性の像。個人的に凄く思い入れがある場所なんだ。ここで6年前に会社の先輩とある誓いを立てた。その約束はまだ果たされていないけど、いつかきっと。, 両側ぎっしりとレストランやショップが軒を連ね、観光客で溢れかえるメインストリート。, お菓子屋さんのパッケージが素敵。だけど、これじゃ中身こぼれちゃうよね。その前に潰れちゃうよね。外国人が買うことは想定していないんだよね。, 通りにはたくさんのお土産屋さん。まあ4回目だし買わないけど・・・。定番のムースのぬいぐるみ。これ以外スウェーデン土産と言えばダーラナホースとPippiグッズくらい?, ムース、小馬鹿にしておいて何だけど、コレめっちゃかわいい!!カラーバリエ豊富なムースのデザインのキッチングッズ。ピンクのトレイ買っちゃった・・・。, マフィンを売っているお店をあまりにもたくさん見かけるせいか、ランチはマフィンしか考えられなくなった(笑)。アイアン広場沿いのお洒落なオープンカフェで見た目重視で選んだこのマフィン。1時間かけて8割ほど食したけど、最後の方は甘さで気がおかしくなりそうで、もう拷問(>_<) お店の中に入って気付いたんだけど、この店前にも来たな。ガムラスタンの中にカフェなんて星の数ほどあるのに不思議。, ランチの後は橋を渡ってセーデルマルム島に移動。観光客で溢れかえっていた中心部と違ってこっちはローカルばっかでいいカンジ♪北欧系インテリアショップや洋服屋さんでウィンドウショッピング。, スウェーデンの洋服ブランドと言えばH&M傘下のMONKiかな。何とこれも日本進出しちゃったんだね。ビックリ。スウェーデン人と日本人じゃあまりにも足の長さが違うけど、そこら辺の対応はどうしてるんだろう。短く切ったらデザイン変わっちゃうじゃん・・・。, 広場には各レストラン大量のテーブルを出していて、ローカルが皆ビールを楽しんでいる。日本人の感覚からしたら「まだこんなに寒い」。でもスウェーデン人にとっては「もうこんなに暖かい」なんだろう。, ガムラスタンに向かって突き出てる展望台を発見。Katarinahissenって言うらしい。この時期は市庁舎の塔に昇れないから上からガムラスタンを見降ろせない。きっと入場料バカ高いんだろうけど、せっかくだから行ってみようかな。, と思ったら、まさかの無料だった☆エレベータで昇ると有料らしいけど。でも一番眺めが良いであろう真正面は何か機械室みたいなので立ち入り不可。両サイドからしか景色が見らんない(>_<), そんなわけで左サイドから見たガムラスタン♪う〜ん、やはり市庁舎からの方がいい画が撮れる気がする。, 普通に対岸の地上から見た方が美しいような・・・。16:00近いけどまだまだ陽は高い。, 海沿いに座って土曜の昼下がりの時間を楽しむ人々。若者もお年寄りも、お喋りしたり本を読んだり。私もそんな人達に混じって暫し音楽を聴きながらボーっとしてた。, 小規模な衛兵交代に遭遇。やっぱこの制服も冬服の方が好み。てかこれが冬服かもしんないけど、コート着てるスタイルがスキ。, 写真中央右よりのクリーム色の建物って確かフェルゼン伯爵(←ベルばらに出てくる人)の家じゃなかったっけ?記憶が定かじゃないけど。, セルゲル広場では大規模な集会が。ヨーロッパ人ってこういうの気軽に参加するよね。日本人はよほど何かポリシーが有るとか、何かの被害に遭ってる人以外は敬遠しちゃうと思うけど。, のんびりウィンドウショッピングを楽しんだ後は最後にもう一度ガムラスタン。ストックホルムが一番美しいのは個人的に夕暮れ時だと思う。逆光で浮かび上がった市庁舎のシルエットが凄いイイ。本当はもうちょっと遅い時間、トワイライトが最強だけどまだ当分かかりそうだな・・・。, 空港に戻るバスは22時くらいまであるっぽいけど、もう疲れたので19時過ぎにバスターミナルへ。そしたら次のバスが20時。夕方以降は1時間に1本しかないんだね。仕方ないので近場でディナーを済ませることに。中央駅の飲食街をウロウロしても、北欧メシ(主に冷たいサンドイッチ類のハナシ)はもう食べる気になれなくてタイ料理屋でパッタイ。SEK90と言いお値段だったけど、お味は・・・。量は2人前はあるな。ヨーロッパの食事って基本アメリカと比べると明らかにポーション少ないけど、この国はすべてアメリカンサイズだと初めて気付いた。, 20時発のバスは乗客私一人。テヘランから移住して25年というドライバーさんと道中ずっとお喋り。この国の有色人種差別は結構キツイらしい。有名なJumbo Hostelの前で写真撮影のために一旦停止してくれた。引退したB747-200がホステルとして使われてる。いつかコックピットスイートに泊ってみたいな〜。, 明日は朝早いフライトなので今夜は空港のベンチ泊。カンペキな寝床はっけ〜ん。写真じゃわかりにくいかもだけど、周りが丸い壁で囲われてて外から目立たないの。でも初めは一人で占領してたものの、気付いたら3人になってた(笑)。, 日曜の朝は4:00過ぎにチェックイン。4:30のオープンと同時にスタバへ。よかった〜、無事あった〜〜〜!!これでミッションコンプリート☆キリ番60個目http://4travel.jp/traveler/ayamariel/album/10358824/, ラウンジのオープンが5:30でまだ入れなかったので、昨日と同じお洒落カフェでヨーグルト。北欧に来るとどうしてもベリー系のものを食べたくなっちゃう。ちなみにここまで今回の滞在費はすべてカードで払ったので両替要らずだった♪想定内だったのでお財布には一銭も入れてなかったけど^_^; ←結構チャレンジャー?, 5:30、SK(スカンジナビア航空)ラウンジに移動。SKのラウンジって北欧インテリアでまとめられてて、ホントどこも素敵なんだよね♪前回は海路出国だったからめちゃ久しぶり。たぶんリニューアルされた。, あんまお腹空いてないけど、ご当地モノが食べたくてパンにたらこペースト。物価の高い国に来るとラウンジのタダ飯のありがたみを感じる・・・。ターミナル内のカフェでオレンジジュース買ったら500円以上するもんね。10分ほどの滞在でゲートへ。, 6:05発のFRA行きLH。確かこれtax抜きだと20ユーロもしない激安フライトだったんだよね。時間が早すぎるからか凄い空いててエコファーストで2時間熟睡。ドイツパンのサンドイッチは味見程度でやめておく。, 8:15到着後一度ドイツに入国してルフトハンザショップをチェックし、9:00には日本行きをチェックイン。今日はセネターでのんびりできる!パンはもういいやってカンジなので、デザート3種。ここのシリアル入りヨーグルトみたいなの大好き☆, のんびりシャワー。羽田で浴びたっきりだったからさっぱりして気持ちいい〜。そして風呂上がりはビール♪もちろんFranziskanerね。, このラウンジは11:00前後にブレックファーストからランチに切り替わるので、羽田帰国便の場合2食いっとくのが鉄則(笑)。今月のランチはミートソースのパスタにミネストローネ、とあまり面白みの無いメニューで残念。でも白ワインと共に堪能♪, 12:00発羽田行き。帰りも無事PYの15Kをゲット。この路線は洋食がお気に入り。でも今日のビーフストロガノフはイマイチであまり食べず。金曜は機中泊、土曜は空港ベンチ泊で疲れているはずなのに何故か眠れない!!これから1週間フルで働くのにこの便で寝られないのは地獄だよ(>_<), 映画2本観て、たぶん1時間半くらい寝てあとはただただ時間が過ぎて日本時間4時に朝ご飯。このフライトの朝ご飯、いつの間にか2種類からチョイスできるようになったのね。オムレツは絶対イヤなので和食のきのこ粥。日本も快晴で富士山を眺めながら定刻6:25にランディング。家でお風呂に入って出社だけど、今日は確実に夜までもたないな・・・。, 利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。