Time limit is exhausted. 安心安全をお客様にお... ご覧いただきありがとうございます。プリウスα入庫しました。当店では、国産から... 店長の佐藤です。 }, 煽られたときの対策 ー 高級セダン・クーペは、軽やコンパクトカーと比べて煽られない?. レンジローバー・イヴォークの評判・試乗レビュー:扱いやすいプレミアム・コンパクトSUV!. 本ブログにお越しいただきありがとうございます。Dr. そこで本記事では、中古車市場において格安価格で販売されている「おいしい中古車(不人気車)」を合計30車以上の大ボリュームでご紹介したいと思います。, 不人気車といっても、開発者の方々のこだわりが感じられるオススメの良車がたくさんありますので、ぜひお気に入りの一台を見極めてください。, 中古車市場で不人気になりやすい車には特徴があり、たとえば以下のような項目が挙げられます。, 他にも、低年式、多走行、「不人気なボディーカラー」などさまざまな理由で中古車価格が値下がりします。, また、基本的にはファミリータイプよりも、スポーツタイプやラグジュアリータイプのほうが不人気でお買い得になる傾向があります。, 中古車市場では売れ筋の中古車は値下がりしにくいため、不人気の理由がたいして気にならない場合には、不人気車はコストパフォーマンス抜群のお買いものになります。, また不人気車は意外な掘り出し物が多く、安くても程度の良い車が手に入りやすいため、結果的に購入後の維持費を抑えることにもつながります。, 不人気車を購入する上で注意したいのが、新しい年式(経年1~3年程度)の不人気車はまだ値下がりしやすく、短期で手放すと旨味が少ないことが挙げられます。, 特に2000年以前に生産された不人気車の場合、車両価格はほぼ捨て値になりますが、すでに経年17年以上が経過しているため、不具合の頻度やパーツ不足が懸念されます。, 本記事では、「維持の容易さ」や「車の寿命(長く乗れるかどうか)」を考慮して、10年落ち未満で総支払い額50万円~150万円に収まるような不人気車を目安としてご紹介いたします。, 車検ごとに車を乗り換える覚悟がある方であれば、10年落ち程度の不人気車の中から、車両価格が20~30万円以内の格安中古車を狙うのもアリです。, また車のタイプを以下の3つに分けておきましたので、お好みのタイプから探していただければと思います。, 不人気車とはいっても、名車と呼ぶにふさわしい車も極力チェックしましたので、ぜひ良い車をゲットしてください!, それでは、不人気な車をフルボリュームでご紹介していきます。かなりボリュームのある記事ですので、車種別&タイプ別にカテゴリー分けしました。, 本記事に記載しているカタログデータは、日本有数の掲載在庫台数を誇るカーセンサーを参照しております。また、中古車の相場平均は定期的に更新しています。, なお、おいしい中古車を見つけやすくするために、個別に設定した中古車一覧の支払い総額は上限150万前後としてあらかじめ設定しておきました。ご予算に応じて、上限を調整されることをオススメいたします。, コンパクトカーは街乗りで扱いやすく、実用バランスの優れた車種です。中古車市場では、軽自動車と比べて値下げ幅が大きく、特に不人気コンパクトカーはお値打ち価格で販売されています。本節では「半額以下で購入できる中古コンパクトカー70選」から、選りすぐりの不人気コンパクトカーをピックアップしました。, ベリーサは、マツダの人気コンパクトカー『デミオ』の上位グレードとして、オーナーの満足感にこだわって作られたクルマです。, スポーツ走行性能の優れたデミオをラグジュアリーな感じに仕上げたプレミアム・コンパクトカーであり、お洒落で高級感溢れる内外装が特に人気です。, ベースとなったデミオと比べて、後部座席やトランクスペースの開口部が広くなっており、また後部座席の頭上スペースにも余裕ができることで、開放感や使い勝手が大幅に向上しています。, 4速ATであるため高回転まで回すシーンが多くなりますが、ベースのデミオよりも静粛性が強化されており、全体的な静粛性はコンパクトカーの中では抜群に良いです。, 乗り心地はしなやかで快適そのものですし、高速道路でも直進安定性が良く、シートが心地良いため疲れにくいところも◎です。またデミオ同様、小回りが良く、走行性能も優れています。, このラグジュアリー・コンパクトカーが50万円前後で購入できることを考慮すると、不人気であることが不思議なぐらい、相当なバーゲンプライスであると思います。, 車幅が1.76メートルのコンパクトサイズながらも、収納スペースが豊富であり、背が高くて室内空間が広めな作りですから、ファミリー用途にピッタリです。, 7人乗りのミニバンと比べると、荷室スペースは小さくなりますが、その分走りの性能が良いです。走りと実用性の調和がとれた、バランスタイプのコンパクトカーといえます。, 街乗りメインであれば1.5リッターのモデルでも十分ですが、最高143馬力を出力する1.8リッターのモデルで余裕のドライブを楽しむのも良さそうですね。, 既に生産が終了したクルマであり、2007年モデルが最古です。しかし、信頼性が実質世界トップのトヨタ車ですので、基本的なパーツ交換を怠らなければ5~6年は余裕で走るかと思います。, ここ一年では、平均価格が105万円から77万円まで大きく値下がりしています。ちなみに4輪駆動のモデルもあります。, ちなみに、トヨタの中古車で絞り込みをかけている方でしたら、「トヨタの不人気中古車 15選」のポルテもおすすめです。, 燃費抜群のコンパクトカーです。新車時から人気のある車ですが、中古車市場では在庫車が溢れており、発売から4年程度で車両価格が100万円を下回るほど値下がりしています。, ひと目でハイブリッドカーのアクアであることがわかる、スマートなスタイルが特徴的なクルマです。ファミリーカーとしては後部座席がやや狭めという欠点はありますが、ファミリー用途に耐えうるトランク容量は確保されています。, 車体の重心が低く、重量物が中央付近に寄せて配置されているため、特に中速域までの街乗りにおいて、ファミリーカーの中では安定感のある走りが実現されています。, 一方で燃費重視のハイギヤードな出力セッティングのため、きびきびとした加速感を求める方には不向きです。, どちらかといえば、車を移動手段として割り切って考える方で、通勤や通学等で頻繁に運転される方にオススメです。, 不人気車の中では在庫車が非常に豊富なので、お好みのクルマを厳選することができます。, ご参考URL:トヨタ アクアの平均車両価格が150万円切り! Copyright (C) 2020 おすすめスポーツセダン・クーペ  中古車 / 国産車 / 高級車 All Rights Reserved. 不人気車のランキングベスト10を紹介します。新車価格が高すぎたり販売期間が短すぎたなど、新車時は不人気で販売台数が振るわなかった車があります。不人気車でも中古車市場では人気となっている車種を厳選、低予算で購入できる狙い目の不人気車について解説します。  ×  このカローラフィールダーは、私自... キューブ 1.5 15X Vセレクション アンシャンテ 助手席スライドアップシート. 90年代の中盤にはsubaruレガシィツーリングワゴンが280馬力の自主規制いっぱいまで高性能化し、ワゴン人気のピークを迎える。 しかし、やがてミニバンやsuvの走りが良くなったことで、相対的にステーションワゴンの魅力とアドバンテージは薄れてしまう。 かつて「RVブーム」と呼ばれた時代、ステーションワゴンには、セダンやクーペにはない積載性と、ミニバンやSUVにはない運動性能の高さが得られる万能性が魅力とされ、大人気を博した。ミニバンやSUVには乗りたくないが、高速巡航時や山道などでセダンやクーペに遜色のない走りを楽しみながら、大量の荷物を積みたいという、アクティブなユーザーから絶大な支持を集めていたのである。, 日産アベニールやウイングロード、ステージア、トヨタ・カルディナ、ホンダ・アコードワゴンなど、各社自慢のステーションワゴンはそれぞれに独自の魅力があり、高い人気を博し続けていた。90年代の中盤にはSUBARUレガシィツーリングワゴンが280馬力の自主規制いっぱいまで高性能化し、ワゴン人気のピークを迎える。, しかし、やがてミニバンやSUVの走りが良くなったことで、相対的にステーションワゴンの魅力とアドバンテージは薄れてしまう。エコカーブームの到来もあって、燃費の悪いハイパワーワゴンの注目度は下がり、ワゴン全体の人気が低迷。気がつけば、国産のミドルサイズのワゴンでスポーツ性の高さを強く訴求しているのはSUBARUレガシィ/レヴォーグのみとなるほど、ワゴンの市場は冷え込んでしまった。SUBARU以外の国産中型ステーションワゴンにはマツダ・アテンザワゴンもあり、クルマのできはいいが注目度は低い。小型の車格ではトヨタ・カローラワゴンが存続している程度で、各社ともワゴンはとうに諦め、SUVへの傾注が目立つ。, そんななか、SUBARUだけは例外的にレヴォーグというステーションワゴンで高い注目度を維持し続けている。今のSUBARUも現行ラインアップのなかで一番良く売れているのはフォレスター(世界グローバル販売)で、屋台骨を背負っているのは完全にSUVであるわけだが、初代レガシィから続く高性能スポーツワゴンの市場を守り続けている。, レガシィツーリングワゴンの後継にあたるレヴォーグは、初代も新型もデビュー時の話題性はすこぶる高く、新型はコロナ禍にあっても正式発表前の予約受注が8000台を超えた。プロトタイプの試乗動画の注目度もすこぶる高く、自動車ユーチューバーがアップした動画は、いずれも高い視聴数を記録中だ。, 「アルミボディ」に「ハイブリッド」! 歴史に残る技術開発者から経営者になった「凄すぎるクルマ好き」5選, そんなのあった? クルマ好きでも「忘れがち」な「レア度満点」の国産オープンカーたち, オヤジセダンから軽自動車まで! 「ニュルブルクリンク」で走りを鍛えた「意外な」クルマ4選, なんでミニバンやSUVで勝負しない? SUBARUが不人気ジャンルの「ワゴン」に「入魂」するワケ, スーパーカーが記載する0-100km/h加速タイム! 2〜3秒台ってどのぐらい「凄い世界」か体験から語る, 京商モデルカーの最新作「レクサスRC F」が43分の1スケールで発売! 高性能バージョンをモデル化, スバル・レヴォーグだけがナゼ売れる? 人気薄のステーションワゴン市場で気を吐く理由, 国産メーカーはもう一度ワゴンを見直すべき! 偉大すぎる「初代レガシィ」と追いかけた90年代「激速ワゴン」たち, ファンからは疑問の声が多数! スバル・フォレスターが4代続いたターボエンジンをやめたワケ. 皆様のご来店を心よりお... 担当の澤野 健治です。 九 かつて「RVブーム」と呼ばれた時代、ステーションワゴンには、セダンやクーペにはない積載性と、ミニバンやSUVにはない運動性能の高さが得られる万能性が魅力とされ、大人気を博した。ミニバンやSUVには乗りたくないが、高速巡航時や山道などでセダンやクーペに遜色のない走りを楽しみながら、大量の荷物を積みたいという、アクティブなユーザーから絶大な支持を集めていたのである。 日産アベニールやウイングロード、ステージア、トヨタ・カルディナ、ホンダ・アコードワゴンなど、各社自慢のステーションワゴンはそれぞれに独自の魅力があり、高い人気を博し続けていた。90年代の中盤にはSUBARUレガシィツーリングワゴンが280馬力の自主規制いっぱいまで高性能化し、ワゴン人気のピークを迎える。 しかし、やがてミニバンやSUVの走りが良くなったことで、相対的にステーションワゴンの魅力とアドバンテージは薄れてしまう。エコカーブームの到来もあって、燃費の悪いハイパワーワゴンの注目度は下がり、ワゴン全体の人気が低迷。気がつけば、国産のミドルサイズのワゴンでスポーツ性の高さを強く訴求しているのはSUBARUレガシィ/レヴォーグのみとなるほど、ワゴンの市場は冷え込んでしまった。SUBARU以外の国産中型ステーションワゴンにはマツダ・アテンザワゴンもあり、クルマのできはいいが注目度は低い。小型の車格ではトヨタ・カローラワゴンが存続している程度で、各社ともワゴンはとうに諦め、SUVへの傾注が目立つ。 そんななか、SUBARUだけは例外的にレヴォーグというステーションワゴンで高い注目度を維持し続けている。今のSUBARUも現行ラインアップのなかで一番良く売れているのはフォレスター(世界グローバル販売)で、屋台骨を背負っているのは完全にSUVであるわけだが、初代レガシィから続く高性能スポーツワゴンの市場を守り続けている。 レガシィツーリングワゴンの後継にあたるレヴォーグは、初代も新型もデビュー時の話題性はすこぶる高く、新型はコロナ禍にあっても正式発表前の予約受注が8000台を超えた。プロトタイプの試乗動画の注目度もすこぶる高く、自動車ユーチューバーがアップした動画は、いずれも高い視聴数を記録中だ。, SUBARUがいまだに売れるワゴンを生み出し続けられる理由のひとつは、歴史や伝統が醸成したブランド力だろう。SUBARUは1989年登場の初代レガシィで「ツーリングワゴン」というジャンルを新たに切り開き、280馬力化などで空前の大人気を博した2代目モデル以降、国産スポーツワゴンの一人勝ち状態を長らく続け、結果として唯一生き残った。ライバルが居なくなった今、ステーションワゴンは、昔とは違う意味でSUVやミニバンとは異なる価値観を演出できるクールな存在として際立っているように思う。 また、SUBARUはレガシィ時代から「ツーリングワゴンのニューモデルに最先端技術を優先的に盛り込む」姿勢を継続していることも、ワゴンの魅力を維持できている理由のひとつといえる。今回の新型レヴォーグでも先進の運転支援システム「アイサイトX」がデビューしたなど、話題性が高まりやすい飛び道具を常にワゴンに搭載してデビューさせてきた。「ぶつからないクルマ」でブレイクしたアイサイトVer.2も、5代目レガシィの上級グレードからの展開だった。 レガシィ以前のレオーネの時代から実直に続けてきた「業務用版ではないワゴン」づくりで他社にはない個性や存在感を打ち出すことに成功しているので、今の段階で消耗戦市場のミニバン市場に参入するのは得策ではないとの経営判断もあるはず。SUBARU以外のメーカーとしても、逆に今さらステーションワゴン市場で大きなシェアを獲得することは見込めないので、今後も国産スポーツワゴンはSUBARUの一人勝ち状態が続くと予想できる。.