iPhoneで新しく導入された機能が、スクリーンタイムです。子どもがスマホを使う時に制限をかけられるなど、とても便利な機能になります。しかしスクリーンタイムのパスコードを忘れてしまった場合には、どうすればいいのでしょうか。ここでは制限(スクリーンタイム)パスコードを解除、制限(スクリーンタイム)パスコードをリセットする方法にスポットをあてます。, 最も簡単で速い、Tenorshare 4uKey - iTunes Backupで制限(スクリーンタイム)パスコードを解除する方法から紹介します。このアプリを利用すると一発でスクリーンタイムのパスコードが解除できるのでおすすめです。, ステップ1  iTunes Backupをパソコンにインストールして起動させ、iPhoneを接続します。, ステップ2  iTunes Backupの画面にあるスクリーンタイムのパスコードを解除をクリックしましょう。, もう1つの方法としてはiPhoneなどのデバイスを初期化して、制限(スクリーンタイム)パスコードをリセットする方法があります。この方法を使うデメリットは、データが失われてしまうことです。仮にバックアップをとっていたとしても、そのまま復元するとパスコードまで復元してしまいますので、注意しましょう。手動で1つ1つのデータを復元しなくてはいけません。, ステップ1 iTunes起動したパソコンとiPhoneを接続してアイコンをクリックしてください。, ステップ2 iTunesからデバイスを選択すると、復元とアップデートという項目が出ますので、復元をクリックします。, ステップ3 画面の指示に従って操作をすると、iPhoneを強制的に初期化できます。, 最後に暗号化されていないバックアップファイルがあると、そこからスクリーンタイムのパスコードが見つけられるかもしれません。正確にはios11のiTunesのバックアップファイルから、制限/スクリーンタイムパスコードを探すという方法です。, ステップ1 iPhoneのバックアップデータから、ファイルの表示ができるソフトをパソコンにインストールします。, ステップ2 ソフトを起動するとバックアップファイルが表示されますので、お目当てのものを選択してください。, ステップ3 ファイルの中からsystem、restri、com.apple.restrictionpassword.pkistと進んでいきます。, ステップ4 ファイルの中が表示されるので、restrictionpasswordの先にあるdataで囲まれたのがパスワードです。, iTunesのバックアップファイルから制限/スクリーンタイムパスコードを探すのは、かなり難しい作業になるので、パソコンになれた人以外はおすすめできません。, 以上はスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処方法でした。iTunes Backupを使うのが最も簡単で速い方法です。パソコンの初心者でも問題なく利用できるほど、操作がシンプルなのでおすすめできます。是非お試しを!またApple ID がロックされた場合は、アップルID の関連をご覧ください。, Copyright © 2020 Tenorshare Co., Ltd. All rights reserved. 当ウェブサイトでは、クッキーを使用しております。当サイトを継続してご利用いただくには、クッキーの使用を承認する必要があります。. iOS13でできるスクリーンタイムの抜け道みたいなものはありませんか?スクリーンタイムで制限されたので、スクリーンタイムを解除したい、スクリーンタイム 制限を無視したい場合は、どうすればいいでしょうか?この記事は三つのスクリーンタイムの抜け道みたいものを紹介します。 Copyright © 2007-2020 Tenorshare Co., Ltd. All Rights Reserved. 本記事ではスクリーンタイムの機能「使用時間の制限」を使用すると画面に表示される「制限を無視」を非表示、消す方法を解説します。ファミリー共有で子どものデバイスを管理されている方で、お子さんに無断で使用時間を延長されてしまう際などに役立つ対処法です。 iOS 12から追加されたスクリーンタイム機能を利用したいが、パスコードの入力を求められます。しかし、設定したパスコードを忘れたので困っています。iOS 13以降と以前によって方法が違いますから、こちらの記事をご参考に! 4uKey®、ReiBoot®、iCareFone®は米国におけるTenorshare Co., Ltd.の商標または登録商標です。iPod®、iPhone®、iPad®, iTunes®、Mac®は米国Apple Inc.の商標または登録商標です。Tenorshare製品は自社で開発した商品であり、Apple Inc.と提携しているものではありません。. iOS 13/12には、機能制限がなくなって、スクリーンタイムと合わせてしまいました。そのスクリーンタイムパスコードは元の機能制限のパスコードです。このパスコードを入力したら、解除できます。 iPhone・iPadでのスクリーンタイムはアプリの使用時間を確認して、端末の使い過ぎを予防する機能としては素敵ですが、使用時間を超えると制限をかけることも困るでしょう。ここではiOS端末のスクリーンタイムを解除する裏ワザを紹介します。 Part 1:スクリーンタイムパスコードの真実. ステムは最新バージョンにアップデートされます。, 「iPhoneを探す」がオンの場合、ロック解除後にはiCloudアカウントを登録してデバイスを設定する必要があります。, デバイスのバッテリー残量が十分にあるか確認してください。, 既存のデータを失うことなくスクリーンタイム・パスコードを復元・削除できる, 「NO-DATA-LOSS」技術を使用して、バックアップなしでも機能制限パスコードを復元可能, スクリーンタイム・パスコードを復元した後、PhoneRescue for iOSを使って消えたデータを選択的に復旧でできる. しかしスクリーンタイムのパスコードを忘れてしまった場合には、どうすればいいのでしょうか。ここでは制限(スクリーンタイム)パスコードを解除、制限(スクリーンタイム)パスコードをリセットする方法にスポットをあてます。 スクリーン タイムはiOS12.0から新しく追加されたスクリーンタイム機能ですが、皆さんその用途は知っていますか。この記事はスクリーン タイムについて、とiPhoneのスクリーン タイムパスコードが忘れてしまう場合の解除方法をご紹介します。 スクリーンタイム(機能制限)とはiOS 11から導入されたiPhoneの機能です。スクリーンタイム・パスコード(機能制限パスコード)はiOS 12にアップデートしたら、設定したパスコードです。スクリーンタイムパスコードを設定したら、iPhone/iPad/iPod touchでどのように時間を費やしているのかリアルタイムでまとめたレポートを確認し、管理しておきたいものについては制限を設けることができます。