1箇所に負担がかかりすぎて破損、スタンドが回転してしまうことがあります。, スマートさを優先するなら、これが一番おすすめです。 特にヘッドチューブが長く、アップライトなポジションはロングライド向けのエンデュランスロードと同じレベル。 さっと入れるだけで、スタンドも非常にコンパクトなので、自宅用としては一番おすすめです。 キックスタンドは金属の板でフレームを挟み込んで固定する方式がほとんどなので、簡単にフレームがへこんでしまい、最悪の場合折れてしまうこともあります。 店では教えてくれないデファイ3の乗りやすさ、軽さ、耐久性、変速性能を独自の視点で分析。 ロードバイクは薄いから割れるという話もありますが、エントリーモデルのアルミフレームならアルミのクロスバイクとそれほど厚みは変わらないので、ねじの締め付けトルクを適正にすれば大丈夫です。, 安くて、見た目もシンプルでおすすめです。 使い方も普通のスタンドと同じように足で蹴るだけです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ジャイアントの新型入門ロードバイクのコンテンド2を自転車通勤やロングライドで使った時のメリットとデメリットをグレード別に比較。ビアンキやメリダなどの人気ブランドのロードバイクとも性能をインプレッション。, 10万円以下でSORAコンポのジャイアント コンテンド2をロングライド、通勤用に買ってよいか考える。10万円前後で人気のロードバイク フェルトのF95やメリダ、キャノンデールと比べると、価格の割にパーツのスペックは良いですが、フレームとフォークは・・・, ジャイアントのエントリーグレードのカーボンロードTCRアドバンスド3の性能を他の人気モデルと比べながら買うべきか徹底分析。, 10万円で買える入門機 ジャイアントのロードバイク デファイ3を徹底分析 GIANT DEFY3 2017 giant contend sl2(ジャイアント コンテンド エスエル2) ¥115,000(税抜) さて、キテマス。 コンテンドシリーズ。 SLグレードになるとワイヤーが内装式になり、フレーム剛性と軽さもUP、オーナー様は初Myロードという事なのですが、Goodな車体を選んで頂きました。 ロードバイクの自重で安定してくれます。 価格も3000円程度とリーズナブル。, スマホでも同じことができますが、電池の持ちなどを考えると専用モデルがおすすめです。, シンプルな有線式だと2000円ぐらいから買えますが、単純に速度を計測したり、積算距離をモニター上で確認しかできません。, せっかくサイクルコンピューターを使うなら、スマホと連携してクロスバイクライフを管理したいですね。, エッジ25JはGPSを本体に内蔵しているので、余計なケーブルやマグネットなどが不要で、そのまま取り付けるだけの簡単セッティング。, 距離、標高、体重などのデータを基にカロリー計算を行ってくれて、そのデータをスマホのアプリで管理できます。, 簡易ルート機能もあるので、事前に設定したコースをナビゲーションすることもできます。, 今までのベルと違って、ハンドルバーに巻き付けるタイプでスッキリとした見た目になります。, 2500円と普通のベルの倍以上しますが、ベルの装着は義務なので、このタイプが一番おすすめです。, 腕に巻くタイプ、ハンドルの端っこにさすタイプや、バーエンドと一体になったタイプなど、固定方法は様々です。, 昔からあるシンプルなタイプですが、固定がしっかりしているので、ミラーが振動せずに後方がしっかり見えます。, 最低2個はボトルケージを固定する穴があるので、1個はドリンク、1個は工具入れにする人も多いです。, ボトルケージに入れるボトルはペットボトルよりも飲みやすくて、保冷力のあるサイクルボトルをメインにすると快適です。, 特殊な飲み口になっているので、いちいち蓋を開け閉めしなくてもすぐに飲めるのでストレスがありません。. ここだダメ⇒, コンテンドシリーズの中級グレードのSL2はハイスピードが求められるレースシーンで使えるかスペックをチェック。 ジャイアントの新型入門ロードバイクのコンテンド2を自転車通勤やロングライドで使った時のメリットとデメリットをグレード別に比較。ビアンキやメリダなどの人気ブランドのロードバイクとも性能をインプレッション。 キックスタンドは金属の板でフレームを挟み込んで固定する方式がほとんどなので、簡単にフレームがへこんでしまい、最悪の場合折れてしまうこともあります。 コンテンドシリーズの中級グレードのsl2はハイスピードが求められるレースシーンで使えるかスペックをチェック。コンテンドはジャイアントのレースモデルtcrとロングライド向けのdefyの中間のような位置づけで開発された新型ロードバイク。 そのため、ロードバイクにはキックスタンドは基本的にNGなのです。 さっと入れるだけで、スタンドも非常にコンパクトなので、自宅用としては一番おすすめです。 AMAZONでGIZAのスタンドの最安値を見る。, 締め付けトルクに関しては4Nmぐらいで止めておきましょう。 これのデメリットは固定場所が1か所(一般的なスタンドは2か所で固定)なので、どうしてもガタが大きくなります。 上級アルミ素材「アラックスsl」フレームのオールラウンドロード「コンテンド sl」がモデルチェンジ。フォークが新たに フルカーボンとなり、ケーブルルーティングはよりシンプルに美しく、オフセットシートステイで快適性を高めた。 専用設計なだけに特別感満載ですね。, いかがでしたでしょうか。このパッケージが揃っていては走りも当然…つい7~8年前のバイクだと当時価格20~と言っても良いぐらいの出来となっております。とても楽しいバイクとしてご案内したいかと‼, 初めての方、予算で少し迷われている方、一度乗ってみれば分かります。この価格帯でこの性能を引き出せるのがジャイアント!! こんにちは!! ロードバイクの軽い車体なら大きな問題にはなりませんが、荷物を載せたりすると倒れやすいので注意が必要です。 値段も2000円以下なので良心的。, クイックリリースで共締めして、シートポストで支える方式なので、ロードバイクにも取り付けられます。, 耐荷重が7kgとやや少なめですが、ロードバイクのリア三角はあまり強くないので、重すぎる荷物はフレームにダメージを与える可能性があります。, 重心が高いという欠点を改良するために、シートポストからキャリアにかけて下に下がったデザイン。, *身長150cm台の人は元々シートポスト位置が低いので、通常の下がっていないタイプで大丈夫です。, 荷物の取り出しはしやすいですが、ハンドル操作に大きく影響する上に、ドロップハンドルが前に突き出ているので、カゴが入るスペースがありません。, フロントダボ穴が無くても、フォークブレードで固定できるので、ロードバイクとの相性が抜群です。, 9000円程度で値段は高めですが、普通のフロントキャリアはクロスバイク用に作られているので、ロードバイクには使えません。, 毎日通勤で使うなら乾電池のランニングコストを考えるとリチウムイオン充電式を選びましょう。, ルーメンは光源全ての明るさ、カンデラは照射されている部分の一番強い部分の明るさです。, 都会を走る人でも暗い裏道を走ることを考えると、200ルーメン以上の明るさがあるものを選びましょう。, 200ルーメンモデルは価格も3000円程度で手ごろな価格の割に電池の持ち時間も長く、バランスが一番良いです。, 日本の自転車ライトの専業メーカーで、スペック通りの明るさはもちろん、電池の持ちもスペック通りです。, もっと安く売られている懐中電灯型のライトなどは、200ルーメンと書いていながら半分の明るさしか無かったり、電池が30分しか持たないなど、粗悪品が多いので注意が必要です。, 5000円以上する高価な明るいモデルもありますが、2500円ぐらいの物で十分視認されます。, 価格が高くて高輝度なモデルは電池の持ちも悪く、後方車両からまぶしいのであまりおすすめしません。, ボタンを押さなくても、暗くなって乗り始めると勝手にスイッチがオンになるので、付け忘れの心配もありません。, 左右からの視認性も良く、ブラケットも取り付けやすいので、一番おすすめのテールライトです。, 防水性が高く、サドルの裏側にフィットするカーブデザインで、Lサイズでも収まりが良いのでおすすめです。, 最近流行の大きな荷物を持つツーリングスタイル、バイクパッキングバッグもクロスバイクに取り付けることができます。, 普通のサドルバッグの10倍の容量があるので、1泊2日のツーリングを想定している方はこちらを選びましょう。, 値段は12000円と高めですが、ブラックバーンのサドルバッグは固定力が高くて、大雨でも浸水してこないのでおすすめです。, サドルバッグと違い、すぐに取り出せるので、サイフや地図、補給食などを収納しておきます。, スマホが操作できる状態で収納できるモデルもあります。 そんな中、只今爆発中の人気車種、ご案内したいと思います。, 2017 GIANT CONTEND SL2(ジャイアント コンテンド エスエル2) ¥115,000(税抜), さて、キテマス。コンテンドシリーズ。SLグレードになるとワイヤーが内装式になり、フレーム剛性と軽さもUP、オーナー様は初Myロードという事なのですが、Goodな車体を選んで頂きました。, Frame ALUXX SL-Grade Aluminum,D-FUSE Composite Seat Pillar, このカラーリングもなかなか見かけないだけあってお好きな方もいらっしゃいますよね。Good‼ 何度かパーツからフレームについてッご紹介させて頂いておりますので、パラパラっとご案内させて頂きます。, フォークは軽量かつ高剛性・快適性を求めたカーボン素材!! そして、最初の一台ならオススメ、「コンテンド」。気になってみて下さいませ。, オーナー様、お仲間様と沢山走って、楽しんでください‼! スタンダードな「コンテンド1」・サブブレーキレバー付きの「コンテンド2」・上級アルミ素材を採用した「sl」・ディスクブレーキ仕様の「sl1disc ... giant(ジャイアント) contend sl 1. 変速性能の差が一番大きく、15000円差ならコンテンド1の方がお勧めです。, コンテンドSLになると、フレームのグレードがアップして、より薄くて軽量なアルミになります。 コンテンドシリーズはコンテンド1、コンテンド2、コンテンドSL2、コンテンドSL1などがあります。, コンテンドはレース用とエンデュランスロードの中間にあたる位置づけ。 AMAZONでGIZAのスタンドの最安値を見る。, 締め付けトルクに関しては4Nmぐらいで止めておきましょう。 重量差はコンテンド1が9.4kg、コンテンドSL2が9kgなので、400gです。 4Nm固定のトルクレンチをAMAZONで見る。, シートステー固定式でも、1本だけで止めるスタンドは使わない方が良いです。 店では教えてくれないデファイ3の乗りやすさ、軽さ、耐久性、変速性能を独自の視点で分析。 105 10段変速 22円 フロントフォーク Advanced-Grade Composite、 Aluminum OverDrive コラム, コンポがSORAにグレードアップして、16段変速→18段変速になったことに加えて、クランクもシマノのSORAになったことがポイント。, フロント変速はクランクの性能差が出やすいので気持ちいい走りをしたいならコンテンド1を買った方がよいですね。, コンテンド1の重量は9.4kgでさらにコンテンド2よりも500gも軽量化されています。 ロードバイクの自重で安定してくれます。 SORA 9段変速 14円 ホイールを固定するためのクイックリリースにスタンドを挟み込んでしまうので、フレームパイプに影響がありませんのでカーボンロードバイクにも使えます。 コンテンドはジャイアントのレースモデルTCRとロングライド向けのDEFYの中間のような位置づけで開発された新型ロードバイク。, 10万円以下でSORAコンポのジャイアント コンテンド2をロングライド、通勤用に買ってよいか考える。10万円前後で人気のロードバイク フェルトのF95やメリダ、キャノンデールと比べると、価格の割にパーツのスペックは良いですが、フレームとフォークは・・・, ジャイアントのエントリーグレードのカーボンロードTCRアドバンスド3の性能を他の人気モデルと比べながら買うべきか徹底分析。. 今回の御納車ありがとうございます。, http://bikeport.bike/bikeport%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E8%A5%BF%E5%8F%A3%E5%BA%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E7%A5%AD%E3%82%8A%E2%80%BC%E3%80%802017-giant-contend-sl1%EF%BC%88%E3%82%B8%E3%83%A3/, bikeport(バイクポート)はスポーツ自転車に分類される「クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイク」などの販売や修理を『スポーツバイクのあるライフスタイルの提供』をコンセプトにご提案します。自転車専門店として神奈川県の横浜市西区と藤沢市辻堂にショップを展開し、スポーツバイクの定番ブランド「GIANT(ジャイアント)とcannondale(キャノンデール)」をメインに、スポーツ自転車の盗難防止や専用パーツ・組み立て・カスタマイズと幅広く自転車ライフを応援しています。. 4Nmは緩めなので、1か月に1回ぐらいは緩んでいないかのチェックも忘れずに。 コンテンドはジャイアントのレースモデルTCRとロングライド向けのDEFYの中間のような位置づけで開発された新型ロードバイク。, コンテンドはそもそもレース用途ではありませんが、ロングライドもレースもどちらも使いたいという人が多いので、レース性能もチェックしていきます。, 軽さは9kgなので、カーボンモデルまではいかないまでも、レースで走るには十分な軽さです。, ハンドリングに関してはロングライド要素を含んだジオメトリーなので、レースモデルと比較するとややもっさりとした印象です。, 総合的には、サーキットでのエンデューロレースやヒルクライムレースなどであれば十分楽しめるスペックです。, 安定性の高いハンドリングとワイドなギア比は初心者でも安心してフィットネスに使えます。, もっと楽な姿勢が良ければデファイでも良いですが、ロングライドだとスポーティーなハンドリングも欲しい所。, 他のブランドは価格の安い6000系のハイドロフォーミングなので、レーサーとしての反応の良さはF85が優位。, コーナリングとフレームレスポンスにおいて重要なフォークは全社素材はカーボンブレードで共通。, フェルトのF85とキャノンデールのオプティモ、コンテンドはテーパーヘッドと呼ばれる大きなベアリングを採用。, フォークとフレームのしなりが抑えられるので、コーナリングでの安定感がアップします。, 数年前まではコストカットのために変速性能の悪いサードパーティブランドが装備されることが多かったですが、最近はシマノクランクが標準です。, シマノの変速グレード一覧(DURAACEを100円としたときの価格) フレームの差は150g程度で、後はホイールや変速パーツのグレードアップによる軽量化です。, SLシリーズになるとBBがプレスフィットBBになって、より上位グレードのパーツが組み込まれています。, シートポストはカーボン素材になって、乗り心地も良くなり、見た目のカッコよさも◎です。シートポストは結構目立つ所なので、カーボンだと嬉しくなります。, MERIDAのライド80(83900円)はクラリスコンポ で同じ9.6kg(500mm), コンテンドは小さなサイズで重量計測しているので、MERIDAと比べるとやや重そうです。, フレームの寸法はデファイよりもヘッドアングルが立って、チェーンステーが短くなって、レーシーなモデルに近づいています。, ジャイアントのピュアレーサーモデル TCRに比べるとややゆったりとしたハンドリングなので、レーサー寄りのロングライドモデルと言えますね。, リアギアのカセットスプロケットがSRAM PG850 8S 11-32TからSHIMANO CS-HG50 8S 11-34Tに変更になっています。, ブレーキはジャイアントはテクトロ、メリダはノーブランドで、どちらも良いブレーキとは言えないが、ジャイアントの方が少しだけ効きが良い。, リアのギアはコンテンド2はSRAM PG850 8S 11-32T、ライド80はサンレースで、こちらもジャイアントの方がやや性能が上。, ハンドルにサブレバーが付属するので、初めてのロードバイクでもブレーキが握りやすくて安心。, サブレバー(補助ブレーキ)があり、ケーブル接続が複雑なので、余計にブレーキタッチが良くないです。, 簡易タイプはシートポストやブレーキマウントなど、1点だけで取り付けるタイプの泥除け。, 下のフルタイプと比べて前方のカバー面積が少ないので時速30km以上で水たまりに入ると顔に泥水が飛んでくるのがデメリット。, 他のフェンダーに比べて揺れないように補強が入っているので、簡易フェンダーですがしっかり取り付けできます。