・ヘッドガスケット周辺からエンジンオイルの漏れた痕がある。 JA11であるば、どちらも取り付けは可能ですが、前期型に後期型のミッションを付ける場合、もしくはその逆の場合は、クラッチも一緒に変更する必要があります。, 一方「その2」の症状、すべてのギアに入りにくい場合、クラッチワイヤーが伸びたために「クラッチが正常に切れていない」ことによる不具合が考えられます。, この場合、クラッチワイヤーの長さを調節し、クラッチを踏み込んだ際にクラッチが適切に切れるように調節すると症状が改善します。, エンジンを勢いよく吹かすと、冷却水がリザーブタンク一杯になる。ゆっくりとふかすとそこまでは溜まらない。, ヘッドガスケットから空気がラジエーター内に侵入している可能性があります。そのまま走るとオーバーヒートしてしまう可能性があります。, まずはヘッドガスケットを交換してみましょう。それでも治らない場合はおエンジンのオーバーホール、載せ替えが必要な場合もあります。ショップに相談するのが無難でしょう。, エンジンがかかった状態で、バッテリーのマイナスケーブルをはずして、エンジンが動いていればオルタネーターは仕事をしています。 作業手順は、アクセスペダル右側にある、ボルトをM10のメガネレンチ等で固定し、クラッチ側のナットを外します。 function GTranslateFireEvent(element,event){try{if(document.createEventObject){var evt=document.createEventObject();element.fireEvent('on'+event,evt)}else{var evt=document.createEvent('HTMLEvents');evt.initEvent(event,true,true);element.dispatchEvent(evt)}}catch(e){}} ・ヘッドガスケット周辺からクーラントが漏れたような跡がある。 一時的には少し固めのオイルに交換することで抑えることが出来る場合もありますが、最終的にはトランスミッションのオーバーホール時期と言えます。, その2の場合、クラッチのレリーズベアリングの寿命が近いと思われます。 ・エンジンオイルが乳白色になるなど、クーラントとエンジンオイルが混ざっている, ガスケットが抜けていると、パワーダウンやフラグ不調など様々なトラブルが発生する場合があります。, 上記症状が現れた場合、ヘッドガスケットの交換を検討しましょう。パーツ代は2,000円~3,000円、工賃は3万円~6万円、自分ですると無料ですが、エンジンを開けるので自信のある方のみチャレンジしてみてください。, エンジンが1気筒死んだ可能性があります。最も軽い症状ではプラグの不調によりプラグがとけて1気筒が点火できなくなる。重い症状の場合、カムやピストンシリンダーの死亡があります。, まずはプラグを外してチェックして見ます。プラグがとけるなどの症状が出ていた場合、プラグを交換することで正常に戻る事が多いです(まれに、プラグが焼け落ち、ピストンやカムを破損させている場合があります), プラグが正常な場合、(焼けていた場合でも)各気筒の圧縮比を測り、エンジンが正常に圧縮されているか確認した方が、以後安心して車に乗ることが出来ます。, 大きな破損が確認された場合、修理するよりも、リビルトエンジンや中古エンジンに載せ替えた方が安くすむ場合がほとんどです。, その1: 1.2速が引っかかる:シフトチェンジの際、1速と2速へ変速するとき、シフトが入りにくい, 一つ目は「その1」の1速2速に入りにくい場合、引っかかる感じでスコーンと気持ちよくギアが入ってくれません。, ほとんどの場合はトランスミッションの1速、2速のシンクロギアの摩耗によるヘタリが原因です。, 1/2速のシンクロギアを交換することで症状は改善しますが、シンクロギアの交換はトランスミッションのオーバーホールをするような状態となるため、DIYで行うにはそれなりの道具や設備が必要となってきます。, DIYで作業を行う場合、ヤフオク!で流通しているオーバーホール済みのトランスミッション(4万円~5万円)を購入しアッセンブリで取り替えるのが手軽でしょう。, トランスミッションには「前期型」と「後期型」があります。 JA11ジムニーは販売終了からすでに20年以上経過していますが、まだまだ現役の人気車両です。, エンジンもシャシーもとても丈夫な車ですが、JA11ジムニー特有の様々なトラブルもまたつきものです。, ここではJA11ジムニーと長年付き合ってゆくための、よくあるトラブルの例とその対処方法を紹介します。, セルを回してもエンジンが始動しない、「カチカチ」という音が鳴る、バッテリーは上がっていない。, JA11ジムニーは構造上、軽自動車としてはセルモーターがエンジンを始動する際に回す「フライホイール」が大きく重いため、弱ってきた「軽自動車用」のバッテーリーではパワー不足に陥りセルモーターをしっかりと回せない状態が発生します。, バッテリーを大きな強力なものに変更しすると症状は改善しますが、普段の使用ではオーバースペックです。, イグニッションスイッチとセルモーターの間に「リレー」を設置して、セルモーターを動かす電源をバッテリーから直接とることで「カチカチ病」は改善出来ます。, アイドリングが通常の900回転でとどまらず、「1,000回転~2,000回転」当たりを繰り返し安定しない, アイドリングを制御するための装置「ソレノイドバルブ」で不具合が発生している可能性があります。, また、ソレノイドバルブ周辺・エアコンのアイドルアップバルブのパイプの緩みや抜けによりアイドリングが安定しなくなることもあります。, パイプ類が正常な状態でアイドリングが安定しない場合、ソレノイドバルブの故障が濃厚です。, ソレノイドバルブを分解し、きれいに清掃することで改善することもありますが、経験上は一時しのぎで、すぐに再発します。, アイドリング中は問題がないが、ブーストがかかるとエンジンがもたつく、吹ケ上がりが良くない。, 1,インタークーラーのパイプなど、吸気関連のパイプが外れていたり、裂けている可能性があります。吸気側のパイピングを全てチェックしてみて下さい。, 2,点火系の劣化により、正常に火が飛んでいない可能性があります。デストリビューターカバー・プラグコード・プラグのいずれか(または全て)を交換すると治る場合があります。プラグをぬいて汚れの確認を行ってください、また、プラグコードが古い場合はいずれ不具合が発生します、早めの交換するのがベターです。, 4,プレッシャーセンター周りの配管が抜けている、エアが漏れている可能性があります。配管をチェックしてください。, 5,ピストンが一本死んでいる場合があります。エンジンがかかった状態で、一気筒づつプラグコードを抜いたときにエンストが発生する場合、抜いていないピストンのどちらかが仕事をしていない状態です。もしこの状態の場合、死んでいるピストンのプラグやデスビをチェック、原因がピストン本体なのか、電装品なのかチェックして下さい。, 6,エンジン交換後にこの症状が発生した場合、センサーのカプラーのつけ間違いの場合があります。水温センサーと吸気温センサーのカプラーがそれぞれ正常に接続されているかチェックしましょう。, 7,インジェクターが詰まっている場合があります。インジェクタークリーナーで掃除をすると改善する場合があります。, キーをひねって、エンジンを掛けても10秒もせずに止まってしまう。 [wpp stats_views=0 range='last30days' limit=10 thumbnail_width=100 thumbnail_height=100]. function GTranslateGetCurrentLang() {var keyValue = document['cookie'].match('(^|;) ?googtrans=([^;]*)(;|$)');return keyValue ? ベルトをはずして、それぞれを回して、音がしているやつが犯人です。, サーモスタットが故障している可能性があります。サーモが開かずに、暖められた冷却水がセンサーに届いていないのかもしれません。安い部品なので、まずはサーモスタットを交換して様子を見ましょう。それでも上がらない場合はセンサーが故障の可能性もあります(あまりないですが・・), エンジンヘッドガスケットが破損して、エンジンヘッド内でエンジンオイルとクーラントが混ざっている可能性があります。, ・ラージエーター(もしくはリザーブタンク)からエンジン稼働中、小さな気泡が絶えず出ている。 ケーブルをはずすとエンジンが止まる場合、オルタネーターが壊れていると思われます。, 交換作業は、手元は狭いですが、そんなに難しいものではありません。DIYでも十分に可能なので挑戦してみましょう。, この症状が出た場合、デストリビューターが劣化して、正常にプラグに電気が送られていない可能性がります。, 通常は、タイミングベルト交換時に一緒に交換される部品ですが、タイミングベルトのみ交換されていたり、そもそも10万キロを超えてもタイミングベルト関連の交換がされていない場合発生する可能性があります。, ウオーターポンプを交換するしかありません。 jQuery('.switcher .selected').click(function() {if(! アイドリング中に、クラッチを踏んでいないとき、シャーという音がトランスミッションから聞こえる, その2 keyValue[2].split('/')[2] : null;} jQuery('body').not('.switcher').mousedown(function(e) {if(jQuery('.switcher .option').is(':visible') && e.target != jQuery('.switcher .option').get(0)) {jQuery('.switcher .option').stop(true,true).delay(100).slideUp(500);jQuery('.switcher .selected a').toggleClass('open')}}); function googleTranslateElementInit2() {new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja',autoDisplay: false}, 'google_translate_element2');}. エンジン自体は正常にかかるが、アイドリングが続かない。, プレッシャーセンサーのどこかに異常が発生している可能性があります。 私的にお薦めなので、ベニア板を購入し、手芸店で「合皮」やお気に入りの柄の布を買ってきて、裁断したベニアに布を貼り付けて天井に設置する方法。, ステアリングの中の軸を止めている「ステアリングブッシュ」が劣化(油ぎれ)により音が出ている状態です。, グリスアップだけでも音は止まりますが、ものによってはグサグサになっているので「ステアリングブッシュ」の交換が一番効果的です。, シフトレバーを固定するボルト数本を抜くと、シフトレバーをはずすことが出来、中身を確認することが出来ます。, クラッチペダルはアクセルペダル、ブレーキペダルとともに一本のロングボルトで固定されていて、クラッチペダルの左側に黒色の3cmくらいのカラーがあり、其の橋にM10のナットで固定されています。, この黒いカラー内にグリスを注入することで、耳障りな音を消すことが可能です。 (jQuery('.switcher .option').is(':visible'))) {jQuery('.switcher .option').stop(true,true).delay(100).slideDown(500);jQuery('.switcher .selected a').toggleClass('open')}}); 交換は、エンジン前の各ギアカバーをはずし、タイミングベルトカムギア(スプロケット)をはずし、ウオーターポンプを交換する必要があります。, 自分でも交換は可能ですが、自信がない場合は修理工場に依頼した方がいいかもしれません。, アクセルを踏み込むと3000回転~4000回転くらいでブーストがかかり、ぐっと加速します。, ブースト計がついている場合は、その基準で、ついていない場合は感覚ですが、遅くなった、パワー不足を感じるなどの場合、タービン周辺で不具合が発生している可能性があります。, ブーストはかかるけど、少ししかかからない場合、タービン本体ではなく、周りのパイプが破れていたり、抜けていたり、接合部が緩くなって、排気漏れを起こしている可能性があります。, その1 function doGTranslate(lang_pair){if(lang_pair.value)lang_pair=lang_pair.value;if(lang_pair=='')return;var lang=lang_pair.split('|')[1];if(GTranslateGetCurrentLang() == null && lang == lang_pair.split('|')[0])return;var teCombo;var sel=document.getElementsByTagName('select');for(var i=0;i