フルフロンタルの名言その1「過ちを気に病むことはない。ただ認めて、次の糧にすればいい。それが大人の特権だ」, フルフロンタルの名言その4「もし、シャア・アズナブルがいまも生きているとしたら、それはもう、人ではなくなっているのではないかな」, 2 フルフロンタルの名言その1「過ちを気に病むことはない。ただ認めて、次の糧にすればいい。それが大人の特権だ」, 3 フルフロンタルの名言その2「見せてもらおうか、新しいガンダムの性能とやらを!」, 5 フルフロンタルの名言その4「もし、シャア・アズナブルがいまも生きているとしたら、それはもう、人ではなくなっているのではないかな」, リディマーセナスのしゃべるな等の名言まとめ!声優名やその後の活躍やナラティブ時代も, シャアアズナブルの名言セリフまとめ!坊やだからさや過ちなど全12選|機動戦士ガンダム編, シャアアズナブルの名言(ジオリジン)まとめ!赤いな実にいい色だなど暁の蜂起のセリフも, シャアアズナブルの素顔画像や年齢・階級設定の作品別まとめ!初代ガンダム・オリジン・逆シャアも. 一時期ライブやテレビなどの欠席していましたが2018年になって復活してきましたね。 世に言うファーストガンダムである「機動戦士ガンダム」は1979年に放送され、これまでに多数のガンダムシリーズが生み出されてきました。, この記事ではガンダム作品を全作品視聴した筆者がシリーズ、放送年代の境目等一切なく、「機動戦士ガンダム」シリーズの名言を5個ご紹介させて頂きます。, この中にあなたの好きな名言は登場するでしょうか! ノーマルスーツを着られるかよ。 アニメ機動戦士ガンダム 劇場版第3作「めぐりあい宇宙編」より引用, 臆病なくらいに慎重にことを進めた方がよい、石橋でもたたいて渡った方がよい、ということだと思います。, 上司や客先が求めているものと自分のやろうとしていることが一致しているか、常に確認していないと思わぬ出戻りが発生します。, 「赤い彗星」の異名をもち、『機動戦士ガンダム』シリーズ切手の存在感と人気を誇るキャラクターであるシャア・アズナブルのセリフから。, 策士であるシャアならではのセリフなのですが、この名言はいかなる際でも参考になる言葉です。, 状況に流されてガンダムを操縦したり、宇宙に脱出したりと戦略も選択の余地もなく行動している主人公のアムロ。, ビジネスにしろ、日常のちょっとした出来事にせよ、自分が行ったことが後々にどう響いてくるのか?ということを想像しながら行動することは、とても大事なこと。, シャアは若き身でありながらも、自分を客観的に捉えていることができる冷静な人なので、そうした視点を持つことはかなり大切な事であると感じます。, 「馬鹿野郎、指揮官が真っ先に 中には人の人生観に影響を与えてしまうものもあるので、興味のある方は古い作品でも、新しい作品でも是非『機動戦士ガンダム』シリーズの作品を視聴してみて下さいね!! 腹ぺこクマが踊りだす 若き彗星の肖像ツイマッド 」にも登場し、「 まんざら飾りでもなかった 」と前言撤回。, その後、ゲームなど派生作品で足がついたパーフェクトジオングが登場。ガンダムvsガンダムでは強力な蹴りで「 やっぱり飾りなんかじゃなかったんじゃん! 」と多くのプレイヤーを憤慨させました。, また、ガンダムの生みの親 富野由悠季監督は自身の著書内で「 足は飾りじゃない、必要だった 」と語っていたり、宇宙ステーションでのミッション経験もある日本人宇宙飛行士 油井 亀美也さんも宇宙空間で手足があるメリットについて語り、足は飾りじゃないと結論づけています。, CMで一躍に有名になった「 殴ったね!親父にもぶられたことないのに! 」も、微妙に改変された名セリフ。, 実際に劇中で発せられたセリフは「 二度もぶった! 親父にもぶたれたことないのに! 」です。, といっても全く言っていないわけではなく、同じ第9話のなかで「 な、殴ったね! 」というセリフもあります。それはまた別の、もっと前のシーン。, アムロ「 なっ、殴ったね 」 ガンダムって観てない人でも「 なんか聞いたことある! 」って思うような名言や名セリフ、多いですよね。 ガンダムファンとしては嬉しい限りなのですが、実は私のようなオタクでも間違えて憶えてる名言・名セリフがすごく多いんです。 そんな間違われやす 今回はシャア名言 「私もよくよく運のない男だな」 とは!意味や使い方は? についてお届けしました。 「私もよくよく運のない男だな」シャア名言 ⇒作戦を察知 . Non-noの専属モデルでもあり、女優でもある大政絢ちゃん。雑誌にドラマに映画にCMにと大活躍をしている1人です。美しさにキュートさを併せ持つ魅力たっぷりの大政絢ちゃんのとってもステキな画像を集めてみました!ご覧ください! それで世界が救われると思っているのか? ガンダムシリーズの主人公アムロ・レイの生涯のライバルとして登場するシャア・アズナブル。別名赤い彗星として恐れられ、パイロットとして高い技術を持ち、またカリスマ性も発揮して組織を牽引していくシャア。カッコよくも悲しい男の壁紙画像をご覧ください。 Copyright (C) 2020 アニメの話題を語りあうブログ All Rights Reserved. 清純派の女優として活躍中の小芝風花さん。そのかわいらしい姿を、水着姿を中心に高画質な画像でお届けします!, 【画像360枚】水着から私服姿まで!吉岡里帆の美人でかわいい高画質な画像・壁紙まとめ, 2015年ブレイク女優と言われている吉岡里帆さん。透明感のあるとってもかわいいお顔をした癒し系女優さんです。2013年から芸能活動を開始し、今年は様々な映画やドラマに立て続けに出演しています。今年大注目の吉岡里帆さんの美人でかわいい画像を集めましたのでどうぞご覧ください!, 【画像250枚】Ray専属モデルで9等身!可愛い朝比奈彩の高画質な画像・壁紙まとめ!「テレビ CM バラエティ画像など!」, ガンダムシリーズの主人公アムロ・レイの生涯のライバルとして登場するシャア・アズナブル。別名赤い彗星として恐れられ、パイロットとして高い技術を持ち、またカリスマ性も発揮して組織を牽引していくシャア。カッコよくも悲しい男の壁紙画像をご覧ください。. , <画像1 / 9>シャアの“2009年キングオブ名言”発表! 1位はガンダム史上に残る、あのセリフ . ?どんな名言が出てくるか楽しみながらご覧になってみて下さいね。, 今でもコラムやコマーシャルなどでそのまま使われたり、真似されたりと頻繁に耳にします。, そんなセリフを主人公はもちろん、名もない脇役も吐くのですからやっぱりガンダムは名作。, あの時、あのキャラクターはこんな心境であのセリフを口にしたのか、というのが大人になってようやくわかることもあります。, 大人になってわかるのだから、子どもがリアルタイムで観てもわからないのも無理ありませんね。, 今回は中年サラリーマンの心に刺さるような「ガンダムのセリフ」を独断と偏見でランキングにまとめてみました。, だから「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とか「悲しいけどこれ、戦争なのよね」はとてもかっこいいけれど選外。, このセリフは第一作目の機動戦士ガンダム(通称1stガンダム)にて主人公であるアムロ・レイが敵対するジオン公国軍のランバ・ラルに対して抱いた思いを出した名言。, モビルスーツの性能や武装面ではランバ・ラルのグフとアムロのガンダムではアムロのガンダムの方が上であったにも関わらず、, 初戦ではグフに敗北を喫し、反抗心でホワイトベースからガンダムごと脱走したアムロが砂漠の飲食店で偶然にもラルと遭遇した際に、人間としての器の大きさなどを見せつけられ、, 単なる敵ではなく越えるべき目標として認識したこと等がこのセリフの背景にはあります。, 日常的な使い所としては単なる勝負事ではなく実力面で誰かを越えたい時に使えるでしょう。, 実の親ではないものの、自分自身を親と慕う「アイナ・サハリン」の想い人とである「シロー・アマダ」と戦場で対峙し、「シロー・アマダ」の搭乗するEz-8に敗れる直前に残した台詞です。, 結果的に戦死してしまうわけではありますが、「アイナ・サハリン」の想い人に最後に出会い、そして対峙する最後は「ノリス・パッカード」によって満足な戦人の人生だったに違いありません。, このセリフはシャアが自ら謀殺したザビ家の末子、ガルマ・ザビの国葬におけるギレン・ザビの演説をバーのテレビで見ながら演説の中でギレンが発した「私の弟、諸君らの愛してくれたガルマ・ザビは死んだ…何故だ?」という問いかけを聞いたシャアが口にしたセリフ。, シャアにとってザビ家は自身が在籍するジオン公国及び公国軍のトップである一方で親の敵でもあるだけでなく、ガルマ・ザビとは士官学校時代からの付き合いがある複雑な関係でガルマ・ザビはシャア・アズナブルに対して絶対的な信用を寄せていた事は作中ではっきり描かれています。, 世間知らずで自らに対して絶対的な信用を寄せていた事が仇となった事を暗喩して「坊やだからさ」となっています。, 日常的な使い所としては理不尽な相手に遭遇して腹がたつ様な事があったときに、その理不尽な相手がその様な行動を取ったのは「坊やだからさ」と言ってしまう事で落ち着くでしょう。, ただ、このセリフと「ビグザム量産のあかつきには…」で指揮官としての能力に疑問がある、という考察もあるようです。, 人数合わせで新人や未経験者をチームに入れるくらいなら、今のままの人員でやったほうが早い、というケースはあると思います。, そんな人は「戦いは数じゃないよ」となるでしょう。一方で人手が多く必要な業務では、「戦いは数だよ」は真理となります。, ドズル中将はおそらく何万もの将兵の指揮官。大規模プロジェクトのリーダーであった彼にとっては、やはり「戦いは数だよ」だったのかもしれません。, 矢立肇・富野喜幸/日本サンライズ