『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2 キャンペーン リマスタード』 その他の「コール オブ デューティ」シリーズに関するサポートは、各タイトルの発売元で行われております。 ■発売日:発売中(2019年10月25日) ■発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント タイトル:コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント 対応ハード:PlayStation ® 4 ジャンル:FPS 対象年齢:17歳以上 発売日:発売中(2019年10月25 … Activisionはプレイステーション 4/Xbox One/PC向けFPS「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」を10月25日に発売する。価格は7,900円(税別)より。 しかし、それだけ強いワンマンアーミーがゴロゴロしているということは、「コール オブ デューティー」のマルチプレイが長年に渡って多くのプレイヤーに愛された結果であり、優れた対戦ツールだという証拠でもある。また『モダン・ウォーフェア』に関してはCO-OPモードの復活、加えてマルチプレイのルールにバリエーションを持たせることで、多くの層が満足感を得られるように腐心しているように感じられる。そういうわけなので、本作のオンラインマルチプレイに足を踏み入れる際は、段階を踏んで各種モードに触れていくことを推奨したい。, ▲人間相手のマルチプレイではどこから撃たれたのかわからないまま一瞬で死亡、リプレイでようやく敵の位置が判明するケースが珍しくない。CPU戦とは異なる慎重な立ち回りが要求される, オンラインマルチプレイに手をつける際に勧めたいのはベタではあるがやはりCO-OPモード、なかでも“スペシャルオプス”になるだろう。出現する敵はすべてCPU、マッチしたプレイヤー間で争う要素がないため、対人戦では頻繁に起こるエイムの差で撃ちあいに負ける、敵の姿を発見するまえにヘッドショットで撃ち抜かれるといった“死因”で脱落するケースは少ない。また、CO-OPでの戦線離脱は体力がゼロになると瀕死(立って移動できなくなり、攻撃手段もハンドガンのみに限定される)、一定時間後に死亡し戦線離脱というプロセスを踏み、時間内に蘇生措置を行なえばその場で復活する。そのため全滅しないことが重要なので、キル数が稼げなくても味方に追従し蘇生や軍需品を提供しているだけでもチームに貢献でき、ゲームに参加している感覚も得られるはずだ。, ▲CO-OPで遊べるモードのなかでもストーリーが存在し、さまざまなミッションが発生する“スペシャルオプス”は、キャンペーンモードの延長線上のような感覚でプレイできる, ▲出現する敵の数が非常に多く、戦闘の難易度はキャンペーンモードの比ではない。しかし、キャンペーンモードではあまり味わえない正面切っての銃撃戦が楽しめ、対人戦では重要かつ難度の高い索敵にあまり気を取られずに行動できるのは、CO-OPならではの魅力, ▲“サバイバル”、“スペシャルオプスクラシック”はより戦闘に特化したCO-OPモード。どちらのモードも使用できる武器に制限があり、前者は現地調達+敵を倒した際の報酬で購入。後者はミッションによって異なる初期装備とキルストリークとして供給される武装を活用して、大量の敵兵に対処していく, CO-OPモードのなかでスペシャルオプスのプレイを勧めるのにはさらに理由がある。それは敵の撃破やミッションの達成でXP(経験値)を得ることができ、多くのマルチプレイでも使うことになる銃のカスタマイズパーツ、特殊な兵器、サポートアイテムを戦場に投入させられるキルストリークとフィールドアップグレードを充実させられるからだ。, ▲出撃時の武装を自分で選べるタイプのモードで重要になってくるのが、武装のロードアウト(装備)。ここで選べる銃は使い込んでいくことでレベルアップし、サイトやマズルといったパーツを使ってカスタマイズが実行できる, ▲戦闘中に一定条件を満たすと使用が解禁されるキルストリーク、フィールドアップグレード(CO-OPモードの場合は軍需品)では、ドローンでの索敵や友軍戦闘機を呼び出しての爆撃、歩兵戦車の投入といった近代兵器の活用が可能に, “武装のアンロックに経験値稼ぎが必要”と言ってしまうとハードルの高さを感じてしまう人もいるかもしれないが、ロードアウトを充実させてキャラクターを強化できるという要素は、むしろ初~中級者の救済措置として働く面のほうが強い。まずはスペシャルオプスでXPを稼ぎつつ、他のプレイヤーと連動して行動するイメージをつかんでから、マルチプレイに移行するのがベターといえるだろう。, 『モダン・ウォーフェア』のオンラインマルチプレイには大きく分けて5つのルールが存在しており、どれを選んだかによって参加可能な人数、戦場のサイズ、使える武装、HUD(ヘッドアップディスプレイ)の有無などが異なり、それにともない試合の難易度(勝ちやすさというよりは試合への介入のしやすさ)もルールによって劇的に変わってくる。5つのルールのなかでオンラインマルチプレイデビュー向きと筆者が勧めたいのは、①(スペシャルオプスで充実させた)ロードアウトを使用でき、②HUDやマップが表示され、③マップが狭く肉眼での視認も容易な“SHOOT HOUSE 24/7”。このルールは狭めの固定マップを舞台に6対6で戦うというゲームモードで、対人戦でエイムより実力差が出やすい索敵能力が勝敗を分ける要素に(他のルールよりは)なりづらく、絶えずどこかで撃ちあいが発生するため待つ時間が少なく、試合に参加している感覚も得やすい。そしてロードアウトが使えるということは、XPが入手できるモードでもあるため武装の充実も図れる。慣れないうちは死体の山を築いてしまうだろうが、やり返せるチャンスも多く訪れるはず。まずは“SHOOT HOUSE 24/7”でマルチプレイならではの撃ちあいを体験してみてほしい。, ▲マップが固定なのもポイント。くり返しプレイすることで地形が把握でき、待ち伏せや狙撃ポイントを避けての行軍などが自然に身につく, ▲試合が進むと自陣、敵陣の区別がつかない混戦になるケースも多く、リスポーン直後に撃たれて即死することがあるのはネック。しかし、戦闘より索敵が長くなりがちなルールよりは、FPSの楽しさを感じやすいはず, “SHOOT HOUSE 24/7”のようなスピーディーな展開の戦いが苦手という人は、“GROUND WAR”を推したい。このルールは“SHOOT HOUSE 24/7”と同様にロードアウト、HUDは使用可能だが、最大64人のプレイヤーが戦場に参加するチーム戦(32人対32人/4人1組の小隊で行動する)で、マップはマルチプレイのなかでも最大級。そのため接敵までに余裕があり、ある程度落ち着いた戦いができる。その一方で試合が膠着しすぎないような配慮も行なわれていて、敵味方ともに頻繁に爆撃やジャミングといったサポートを要請できたり、兵器に搭乗して戦えるマップも存在する。かつての「コール オブ デューティー」シリーズのような、ド派手な大規模戦闘が楽しみたい人の要望にも応えられるゲームモードでもあるだろう。, ▲相手プレイヤーだけでなく、支援兵器からの爆撃も脅威になる“GROUND WAR”。索敵は“SHOOT HOUSE 24/7”より難しいが、不確定要素が多いため戦闘時に銃撃の巧みさ以外で勝負できる余地は多い, 残る“REALISM MOSHPIT”、“GUNFIGHT”、“GUN GAME”は、最初に挙げた①~③の条件のどれかに大きな制約がかかっている、やや玄人向けといえるゲームルール。まず“REALISM MOSHPIT”は、参加プレイヤー数は6人対6人とスタンダードだが、②のHUDが使用できず、マップもそこそこの広さがあるので③の索敵もやや難しい。ルール名に“リアリズム”と冠するだけのことはある、超本格的な戦闘になっている。 コール オブ デューティ® モダン・ウォーフェア - 通常版. 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 2 (特装限定版)(全巻購入特典:録り下ろしドラマCD引換シリアルコード付)(メーカー特典:虹ヶ咲学園学生証付) [Blu-ray], 【Amazon.co.jp限定】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 第3巻(初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説同梱)(全巻購入特典:「俺ガイルFes.2019ダイジェスト映像ディスク&俺ガイルキャスト振り返り座談会CD」「アニメ描き下ろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付き) [Blu-ray], ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -[Blu-ray]. 「CoD:MW(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア)」の攻略Wikiです。 みんなでゲームを盛り上げる攻略まとめWiki・ファンサイトですので、編集やコメントなどお気軽にどうぞ! 前回の記事では、ナンバリングをいったんリセットし、リアリティラインが上がったことにより“楽しい”だけではなくなった『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』(以下、『モダン・ウォーフェア』)のキャンペーンモードについて語らせてもらった。今回はキャンペーンモードと双璧をなす、いやむしろシリーズのファンにとってはこちらが本命の戦場ともいえる、オンラインマルチプレイを紹介していきたい。, まず最初に断っておくと、「コール オブ デューティー」のオンラインマルチプレイは、「FPS初心者でもすぐに楽しめます!」とは言えない、キャンペーンモードとは違った意味で過酷な戦場になっている。なぜなら敵として対峙する人間、つまり本作のプレイヤーがCPUと比べて激烈に“強い”から。(筆者のように)それほどFPSが得意ではなく、本作の難易度レギュラーのキャンペーンモードをつつがなく終わらせることができる程度の実力だと、自分が主役として活躍したうえでチームも勝利する……なんてことは夢のまた夢。もし叶ったら、その試合のリザルトは必ずスクリーンショット(できれば試合の動画も)で保存するだろう。 All rights reserved. ■ジャンル:FPS Call of Duty: Modern Warfare(コールオブデューティ モダンウォーフェア) 開発元 ACTIVISION: 発売元 (株)ソニー・インタラクティブエンタテインメント: 対応機種 PlayStation 4, PC, Xbox One: 発売日 2019年10月25日(金) ジャンル ファーストパーソンシューティング: プレイ人数 2019年10月25日、PS4、XBOX One及びPCにてコール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(Call of Duty:Modern Warfare)が発売 されました。 旧作と名称が同じなので混同しやすいですが、第四作目に発売されたCoD:MWとは別作品になります。 Copyright ©2018Impress Corporation. ■対応ハード:PlayStation®4 © 2019 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY and MODERN WARFARE are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners. 世界的現象をぜひ体験しよう。新たな姿へと変貌を遂げた『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』シリーズの最新作で没入感を体験せよ。, 「モダン・ウォーフェア」シリーズを手掛けたInfinity Wardがお贈りする本作では、再構築された世界でシングルプレイヤーのストーリーキャンペーンが展開され、限界を押し広げフランチャイズの新境地を開拓する。, 世界中から集まった、自由のために戦う戦士たちと共にスリル満点の秘密作戦に参加。戦いながらヨーロッパの有名な景勝地や中東の危険地帯を突き進もう。, 『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』の前のめりでドラマチックなシングルプレイヤーのキャンペーンは、「モダン・ウォーフェア」だからこそ、枠にはまらず、型破り。, 究極のオンラインマルチプレイの遊び場を体験せよ。激しい2v2マッチ、テンポの速い6v6マッチ、大規模なグランドウォーなどが用意されている。, チームを組み、互いに協力しながら大作戦に参加。さまざまな段階で目標を目指し、新たなる侵略の脅威に立ち向かえ。, 最新シーズンの『コール オブ デューティ® モダン・ウォーフェア®』および『ウォーゾーン』ではザカエフに武器庫やさまざまなトラブルが用意されている。, 新たにアクティベートされた地下鉄を使うもよし。期間限定のアーマード・ロワイヤルモードでゲートを破壊して先手を打つもよし。ただし、いずれにせよ明確な事が一つある:戦闘に備えよ。, 最後に、「ウォーゾーン」を含む「モダン・ウォーフェア」では、アクセス可能な新しいコンテンツにティアが100あるので、バトルパスシーズン6を駆使してアンロックしながらどんどん進もう。, シーズン6バトルパスが新しいコンテンツが満載の100ティアと共に最速登場。2つの新しい作戦、新しいマークスマンライフルとアサルトライフル、スタイリッシュなオペレータースキン、さらに武器設計図、腕時計、XPトークン、ビークルスキンなどが含まれる。, 新しいウォートラック用BGMで素晴らしい曲の音量を上げれば、完璧なサウンドトラックで戦闘に挑める。EDMやヒップホップティアで、ビートに合わせて敵を倒そう。. 含まれる内容: コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア; ウォーゾーン(バトルロイヤルモード) バトルパスシステム; xrk武器パック(ゲーム内) タクティカルナイフ(ゲーム内) リリース日 漫画「ヴィンランド・サガ」の幸村誠氏が「アサシン クリード ヴァルハラ」を徹底分析!「ゲームさんぽ」で映像が公開, Amazon、「Nintendo Switch リングフィット アドベンチャー セット」の販売を開始, セガ公式eスポーツプロ大会「ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON3 STAGE2」が本日開催, ゲオ、11月13日以降入荷予定分のPS5抽選予約を、本日11月9日11時より受付中!, 抽選は三度目の正直!「ひかりTVショッピング」、PS5の抽選販売会を11月20日に実施予定, Activisionはプレイステーション 4/Xbox One/PC向けFPS「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」を10月25日に発売する。価格は7,900円(税別)より。, 日本でも大きなヒットとなった「コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア」から12年、本作「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」は、現代の感覚にマッチした形の新たな「現代戦」が描かれる。人々の生活に潜り込み、破壊活動を行なうテロリストとどう戦うか、本作は「現代の戦争」を鋭く問いかける。, 「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」のキャンペーンモードでは、「モダン・ウォーフェア」にしかできない型破りな手に汗握る展開で、奥深い感性に訴えかけるストーリーが展開する。, マルチプレイでは従来の6vs6のマルチプレイ、10vs10や20vs20の戦闘に対応した銃撃戦、多人数向けマップや戦闘はもちろん、「コール オブ デューティ」のマルチプレイの定義を塗り替える“究極のオンライン遊び場”も実装。, 40秒という限られた時間でハイスピードな2vs2の接近戦が繰り広げられる「Gunfight」から、壮大な大規模バトルである完全新作の「Ground War」といった新モードで、革新的なオンライン体験ができる。, 「モダン・ウォーフェア」では武器を完全に見直し、「コール オブ デューティ」史上最大の選択肢を実装した。全ての武器において最新のビジュアルと迫真のサウンドデザイン、そして実物に忠実な銃器の反動や弾道をゲーム全体で体感できる。, 「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」には、写真のような美しい映像とリアルなゲーム体験をプレイヤーに届ける最新型エンジンが搭載されている。この技術は、最先端の写真測量法を可能にする物理学ベースの素材システム、新しいハイブリッドタイルベースのストリーミングシステム、新型 PBR デカールレンダリングシステム、世界のボリューメトリックライティング技術、4K HDRなど、あらゆる最新のビジュアルエンジニアリング術を駆使している。, クロスプラットフォームでの戦いを実現! 「Call of Duty: Modern Warfare」, 「Call of Duty: Modern Warfare」マルチプレイが明らかに! βテストを9月に開催! 戦車が呼べるキルストリーク、武器の細かいカスタマイズ, 「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」、12月4日配信の「シーズン1」トレーラーを公開, 「Call of Duty Challengers 日本代表決定戦」オンライン大会の模様が配信決定!, Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド, 桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~【早期購入特典】ファミコン版「スーパー桃太郎電鉄」ダウンロードコード同梱, Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) Joy-Con(L)/(R) グレー, 『ディズニー ツイステッドワンダーランド』公式ガイド+設定資料集 Magical Archives (SE-MOOK), ゼルダの伝説 30周年記念書籍 第3集 THE LEGEND OF ZELDA BREATH OF THE WILD:MASTER WORKS ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド:マスターワークス (ゼルダの伝説30周年記念書籍), 真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER 公式パーフェクトガイド, 【Amazon.co.jp限定】『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima 全巻購入セット(全巻購入特典:「スペシャルブックレット(スタッフ・キャスト手書きコメント集)&ピクチャードラマ番外編DVD」「描き下ろし全巻収納BOX&アクリルスタンド(ヨコハマ・ディビジョン)」付き) [Blu-ray], 装甲騎兵ボトムズ Blu-ray Perfect Soldier Box (期間限定版), 【Amazon.co.jp限定】ラブライブ! © 2019-2020 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY and MODERN WARFARE are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners. ソニー・インタラクティブエンタテインメントが運営する、プレイステーション4版『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』プレイヤーのためのサポート情報サイトです。 ■対象年齢:17歳以上 ■価格:パッケージ版・ダウンロード版 各7,900円+税. “GUNFIGHT”は2人対2人という、最小のチーム戦というのが最大の特徴。こちらもHUDはなし、さらに支給される武装も両軍固定、しかも数ラウンドごとに銃の種類が変わっていくので高い適応力が要求される。さらにマップは狭いものの、索敵が超重要。相手に自分もしくは相方の位置が一方的にバレてしまうと1人対2人の状況を作られ、著しく逆転が難しくなる。索敵の精度、不用意な移動がダイレクトに勝敗を分ける緊張感は、ほかのモードでは味わえない感覚だ。 ©2020 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved. 今作では『コール オブ デューティ ブラックオプス4』で廃止されたキャンペーンモード及び『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』で廃止されたゾンビモードが復活する。 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 1 (特装限定版)(全巻購入特典:録り下ろしドラマCD引換シリアルコード付)(メーカー特典:虹ヶ咲学園学生証付) [Blu-ray], 【Amazon.co.jp限定】ラブライブ! 犯罪, 名作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』の世界を再構築した、ストーリー志向の本作。闇の世界への準備はできているか。, ゲームソフトは、販売・配信時期やその他の事情により一部または全部のサービスを中止または終了している場合やさまざまなキャンペーン等で販売価格が変動する場合がございます。必ず“PlayStation Store”にて配信状況をご確認のうえウォレットへのチャージ/ご購入ください。また、コンテンツをダウンロードする際は、ストレージ内にダウンロード容量以外の一時的な空き容量が必要です。, オンラインマルチプレイを楽しむにはインターネット接続とPlayStation Plus(有料)への加入が必要です。. 最後の“GUN GAME”はチーム戦ではなく、最大10人で戦うバトルロイヤル形式のルール。HUDは使えるものの周囲すべてが敵というルールの性質上、“GUNFIGHT”と同じく索敵と移動には細心の注意が必要だ。また、敵を倒すたびに装備している武器が変化していき、すべての武器でキルを達成することが勝利条件になっている。勝ち抜くのは非常に難しいルールだが(筆者は一度も勝利できず……)、個人戦なのでいくら死んでも気楽に再チャレンジできる点は気楽だった。また、ある意味残酷なほどに実力差が出るルールなぶん、「コール オブ デューティー」が得意というより、FPS全般に精通している人にとっては最も勝ちやすい(実力を発揮しやすい)ルールかもしれない。, ▲本作のチーム戦をやり込んだプレイヤー向けに用意された、エンドコンテンツ中のエンドコンテンツといった趣のある“REALISM MOSHPIT”。HUD情報がないため、通常時に画面に映るゲーム的な情報は制圧すべき拠点の位置ぐらいだ, ▲2人チームという性質上、自身のパフォーマンスが勝敗を大きく左右する“GUNFIGHT”。それだけに勝てたときの達成感はひとしお。1ラウンドごとの決着が早く(6ラウンド先取で決着)、短い時間で遊べるのも長所か, ▲“GUN GAME”は、『モダン・ウォーフェア』のマルチプレイで唯一の個人戦。シビアなゲームルールではあるのだがチームメイトがおらず、優勝者が決まるまでは何度でも復活できるため意外とカジュアル(?)にプレイできる, 本作に限らず長期シリーズの対人戦というものは、どんなジャンルでもハードルは高くなりがち。しかし冒頭でも触れたとおり、多くのプレイヤーが継続的にそのタイトルを遊び続けているということは、シビアさを乗り越えた先にそのゲームでしか体験できない楽しさ、達成感があるという裏返しでもある。FPSが得意でないプレイヤーがいきなり勝ちを積み重ねることは厳しいかもしれないが、本作には格上にも一矢を報いる可能性の要素(ロードアウト)やゲームルールが用意されており、超上級者であっても銃弾そのものを回避するのは困難。索敵と移動に重点を置いて行動すれば、チームの一員として試合に参加することはそれほどは難しくないはずだ 2019年10月25日, 暴力, Impress Corporation. またシナリオのあるCO-OPモードでは、物語としてのリアリティを追求したがゆえに敵を倒す爽快感は過去作からやや薄まった感のあるキャンペーンモードを補完するようなワイルドなミッション、そして銃撃戦が体験できる。ハードなシナリオと激しく楽しい撃ちあいは相反する要素に見えてどちらも本作の大きな魅力なので、オンラインマルチプレイ側の『モダン・ウォーフェア』もぜひ味わってみてほしい。, ■タイトル:コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア All rights reserved.