2001年にデビューし数多くの代表曲を世に送り出してきたコブクロ。 その中でも、2010年11月17日にリリースされた「流星」はドラマの主題歌としても使用され、一躍コブクロの代表曲となりました。そんな、「流星」の制作の裏にはコブクロのふたりの感動的なエピソードがあったのだとか。 コブクロ歌詞について コブクロ歌詞について コブクロ歌詞について意味がわからない所が、あります。曲は、流星です。1分45秒ぐらいにい、[僕たちは、同じ星座だと信じて~ ]です。意味が、わかりません … コブクロ『流星』の歌詞の意味を遠距離恋愛する二人に話したら刺さり過ぎた 髙橋真梨子『ごめんね・・・』の歌詞の意味は甘え上手なアラフォー女子の恋の… コブクロの『流星』をmp3形式で無料ダウンロードして視聴する方法を紹介。ドラマ『流れ』の主題歌にもなったシングル曲を音楽サイトからDownloadしたり、ベストアルバムをレンタルして安全に聴く方 … いや~、名曲ですね~。コブクロのラブソングと言えば、この曲は欠かせません。 コブクロだけでなく、邦楽史を代表する名曲と言えるでしょう。 少し切ない歌詞が聞くものを魅了してくれます。 赤い糸 コブクロ 2008/11/05 ¥250 . コブクロの「未来」について。 今回は、「未来」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「未来」の歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを代弁する形をとっています。 フルPV (YouTube動画) と共に ぜひ歌詞をご覧になって歌ってみてくださいね。 2・永遠にともに