②16Kg/m₃は価格は1.6倍、性能も1.6倍 密度が増すほど、空気層が増え、 発煙や有毒ガスがほとんど発生しない特徴があります。, グラスウールは内部の空気層により断熱性の他、 ③24Kg/m₃は価格は2.4倍、性能も2.4倍, またグラスウールには性能やランクが存在します。 All Rights Reserved. 430 7枚 約2.7坪分 470 7枚 約3.0坪分 ・アクリアネクスト14kは、通常繊維のグラスウール24kまたは高性能グラスウール16kと同等の断熱性能をもつグラウウールです。 アクリアネクストα (高性能防湿フィルム付 50ミクロン厚 jis a 6930同等品) 2018.06.01 認証規格 0.032 しっかりと施工する業者選びが大切です。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 著書150万部突破のミリオンセラー作家であり、わが国の「 ひとりビジネス 」研究の第一人者である. (※密度とは1m3当りの重量kgのことです) 吸音性にもあるため、内壁に使用すると 断熱材を選ぶ場合、異なる素材・異なる厚みの製品が販売されていますが、製品それぞれの断熱性能を正確に比較するためには、熱 Copyright © Glass Fiber Association. 高性能グラスウールの繊維太さは約4~5μm 繊維が絡み合ってグラスウール中に連続空気室をつくっています。連続空気室の中では空気が静止していて動かな 「t75 ・ 24kg/m3」のグラスウールは簡単に言えば 「縦1m×横1m×高1mの1m3に換算すると24kg相当の密度である」 ということを言っている。 もっと簡単に言うと、1m2(へーベー)の大きさで厚みが1m の場合で24kg。 厚1m = 24kg 厚0.075m (75mm)だったら? グラスウールの密度24kや32kなどのGWボードとは表面にクロスなどの仕上材を一切貼っていない剥き出しの生材(フェザーグラス)を板状に形成した製品です。グラスウールは防音工事や断熱工事に欠かせない影の立役者的な材料です。 密度と繊維の太さです。, 密度が増えるとグラスウールの繊維が増え、 燃えにくい素材です。 方法として「断熱性能当たりの価格」という指標があります。断熱材の価格をその性能(熱抵抗値)で割ることで算出され、この値 される製品の熱抵抗値で比較すると必ずしも発泡プラスチック系断熱材の断熱性能が高いというわけではありません。, また、断熱材の選択にあたっては経済性も考慮すべきでしょう。 室内の生活音の軽減効果があります。, しっかりとした施工を施せば無機質のガラス繊維なので熱や薬品に対する耐久性があります。経年劣化はほとんどありませんが施工技術が大変難しい断熱材です。, グラスウールはシロアリの食害をほとんどうけません。 防湿・気密対策が大切になるので、 μm程度ですが、高性能グラスウールと呼ばれる製品では平均4~5μm程度です。, 断熱材の断熱性能は熱伝導率(λ)で表します。熱伝導率は"熱の伝わりやすさ"を表す値で、その値が小さいほど熱が伝わりにくい どのくらいの金額の違いがあるのか?という事になりますが、, ①10Kg/m₃を価格を1、性能1とすれば が小さければ小さいほどコストパフォーマンスに優れた断熱材であると言えます。発泡プラスチック系とグラスウール断熱材のコス 密度が増えるに従いグラスウール中の空気室がより細分化されるので、断熱性能が良くなります。 (※密度とは1m 3 当りの重量kgのことです) また、グラスウールの密度が同じでも、繊維の太さによっても断熱性能が変わります。 本数が増える為、グラスウール中の空気室がより細分化され断熱性能が高くなります。通常のグラスウールの繊維の太さは平均7~8 熱抵抗値は「厚み÷熱伝導率」の計算で求められ、その値が大きいほど熱が伝わりにくい(=断熱性能が良い)材料ということにな もしくは、住宅の省エネルギー基準で、 断熱性能が上がります。 建設省のサイトや建築会社に問い合わせましょう。, グラスウールは不燃のガラスを主原料としている為、 いため熱が移動しにくく、高い断熱性能を発揮します。, グラスウールの断熱性能に大きく影響するのは密度※と繊維の太さです。 当然ながら、価格が上がれば性能も上がります。 16Kより24Kの方が高性能になります。, グラスウールで住宅によく使われるのは以下の種類です。 ※断熱性能の高い硬質ウレタンフォームは食害を受けます。, IARC(国際がん研究機関)による発がん性区分は *7 jis a 9504とは「人造鉱物繊維保温材」 印は受注生産品です。 豊富な密度と厚さをラインアップして、広範囲の用途に対応。 グラスウール断熱・吸音材 一般建築物の断熱・吸音、換気/空調用ダクトの保 … また、グラスウールの密度が同じでも、繊維の太さによっても断熱性能が変わります。繊維の太さが細くなると同じ密度でも繊維の トパフォーマンスを比較すると、グラスウールの方が経済性に優れた断熱材であることがお分かりいただけると思います。, ※断熱性能当たりの価格を【設計価格÷熱抵抗値】で算出し、一定の断熱性能を実現するためのコストを  計算し、グラスウールの値を100としたときの他素材との比較です。. グラスウールは、リサイクルガラスを主原料に高温で溶解し綿状に繊維化した、細い繊維の集まりです。この細い 旭 ALK24(ロール24K ALK) 25ミリ特長 表面のアルミクラフト紙が防湿層になります。 主な用途 鉄板ダクトの断熱・吸音 仕様 グラスウールの表面にアルミクラフト紙(アルミ箔7ミクロ グラスウールのKの意味グラスウール16Kは、1m3が16Kg という意味です。グラスウール24Kは、1m3が24Kg という意味です。密度が増すほど、空気層が増え、断熱性能が上がります。16Kより24Kの方が高性能になります。グラスウールで 10K、16K、24K、32K  などです。, 気になるのは性能と価格の関係です。 ります。 そのため火災時にも燃えにくく、 実際の断熱性能の評価には、断熱材の厚さも考慮した熱抵抗値(R値)を使うのが便利です。 グラスウールの断熱性能の違いに影響するのは、 痩せると断熱性能が落ちます。 空気層も増えるため、断熱性能も上がります。, 通常のグラスウールの繊維太さは約7~8μm グラスウール24Kは、1m3が24Kg という意味です。 抵抗値で比較するべきです。熱伝導率だけで比較すると発泡プラスチック系断熱材は性能が良いと思ってしまいますが、実際に使用 (=断熱性能が良い)材料といえます。しかし、熱伝導率は断熱材の厚さが1mにおける値のため、実際の断熱材の断熱性能を評価するには不都合があります。 グラスウールの密度24kや32kなどのGWボードとは表面にクロスなどの仕上材を一切貼っていない剥き出しのグラスウール生材(フェザーグラス)を板状に形成した製品です。燃える事のない不燃素材で、耐久性にも優れており、壁や天井の中に充填する吸音や断熱の下地材として安心してご使用頂けます。その為、住宅や商業施設などの内壁の遮音補強および断熱材として昔から多く使用されており、建築や産業界において大変信頼の高い商品です。, グラスウールの中でもGWボードの様に剥き出しの生板タイプ(フェザーグラス)の商品は、幅広い分野で様々な用途として使用され種類も豊富です。圧縮密度の違いや厚みによって、用途に適した防音性や断熱性の製品をお選び頂けます。, グラスウールは吸音材や断熱材として、数ある材料の中でも大変優れております。吸音材としての使用の際は、密度や厚さが違うと吸音率や吸収しやすい周波数を変える事が可能です。また、密度を上げる事で吸音効果に加え遮音性能も向上します。断熱材としての使用の際も熱伝導率が密度や厚みによって異なります。, 『GWボード』はグラスウールの生板で、ガラス繊維の剥き出しのタイプです。天井や壁などの構造物の中に充填したり、パネルや間仕切りの中などに入れ込んで、断熱や防音対策に使用するのが一般的な使用方法になります。お客様の方でご用意のフェルトや布生地などの表面材で包んで、オリジナルの吸音ボードを制作するのも可能です。, グラスウールとは、有害なアスベストとは全く違う国が認めている人体に安全な不燃認定をされているガラス繊維を様々な密度に成型した製品です。吸音性・断熱性・不燃性・耐久性・安全性と多くの面に大変優れた材料で、その性能を要求される建築現場や設備、産業製品などで幅広く利用されております。, グラスウール32kのボードタイプで、厚みは25ミリ、40ミリ、50ミリ、100ミリの用途に合わせてお選び頂ける四種類をご用意しております。, 大きいサイズのグラスウール32kのボードタイプで、厚みは25ミリ、40ミリ、50ミリ、100ミリの用途に合わせてお選び頂ける四種類をご用意しております。, グラスウール40kのボードタイプで、厚みは25ミリ、40ミリ、50ミリの用途に合わせてお選び頂ける三種類をご用意しております。, 大きいサイズのグラスウール40kのボードタイプで、厚みは25ミリ、50ミリの需要の多い二種類をご用意しております。, グラスウール48kのボードタイプで、厚みはご依頼の多い50ミリをご用意しております。, 大きいサイズのグラスウール48kのボードタイプで、厚みは25ミリ、50ミリの需要の多い二種類をご用意しております。, ソノーライズでは、様々な密度や厚みのグラスウールボードを豊富に取り揃えております。製品はすべて、安心のパラマウント硝子工業の正規メーカー品質にて販売しています。高密度グラスウールの『パラボード』やロールタープの『フェザーグラス』も多数ご用意しております。, ※内装の化粧仕上として使用するのであれば、ガラスクロスで額縁貼りされたGCボードやサウンドSタイルなどの商品もございます。, グラスウールボードの厚みや密度の違いによる吸音性能や背後層の取り方によって変化する特性をグラフで表しております。ご購入の際の参考にして下さい。, グラスウールボードの各密度によっての吸音率の違いをグラフで表しております。250Hzから1000Hzにおいては、密度の違いによる差が顕著に表れております。, グラスウールボードの吸音性能は、厚さや背後の空気層によって大きく変わります。厚さや背後空気層が増すと中低音の吸収は大きくなりす。. © 2020 防音材・吸音材の専門『防音対策ならソノーライズ』 All rights reserved. グループ3で、ナイロンや紅茶などと同等ランクに区分されます。, 湿気に弱く、痩せます。 密度が増えるに従いグラスウール中の空気室がより細分化されるので、断熱性能が良くなります。 剥き出しのグラスウール生材(フェザーグラス)を板状に形成した製品です。燃える事のない不燃素材で、耐久性にも優れており、壁や天井の中に充填する吸音や断熱の下地材として安心してご使用頂けます。, 天井や壁などの構造物の中に充填したり、パネルや間仕切りの中などに入れ込んで、断熱や防音対策に使用. ※ μm(マイクロメートル)は1mmの1000分の1, 詳しくは次世代省エネルギー基準、 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); グラスウール16Kは、1m3が16Kg という意味です。 高い性能を持ち、かつ低コストの製品がコストパフォーマンスに優れた製品と言えます。コストパフォーマンスを比較するひとつの