/LastChar 255 労災8号様式(休業補償)の記入例と書き方. << /Type /Font 災害対策外来支部 ・・・・p.18 ⅲ /Length 74 0 R 労働災害防止活動は再発を防止することと同じように、今後の新たに発生する労働災害を防止する ことも重要であります。 今回の災害についても災害が発生したことにより、業務遂行上、大変苦慮され、更 … endobj 情報処理, ❏ クロノロをもれなく記載できた❏ クロノロを定期的に見直し,問題リストが作成し,本部で共有できた❏ クロノロを定期的に見直し,活動方針を明示し,本部で共有でした❏ 本部長はクロノロを基に決断できた❏ クロノロをEMISに反映できた, ❏ 資源の情報を指揮系統図にまとめた❏ 指揮系統図はEMISに反映できた❏ 主要連絡先リストがもれなく作成できた, ❏ 地図にDMATの活動状況を反映できた❏ 地図に病院などの医療ニーズの情報を反映できた❏ 地図に被害情報,ロジ情報を反映できた❏ 地図を基に資源と需要のギャップの大きい地域が特定できた3.情報収集, ❏ すべての災害拠点病院の情報を確認できた❏ すべての病院の情報を確認できた❏ 保健所に病院の情報把握を依頼した❏ 情報収集目的でDMATを病院に派遣した❏ 病院の情報を電話で確認した❏ 得られた情報をEMISに代行入力できた, ❏ 大規模な災害現場はないか確認した❏ 救助困難事案等の現場活動のニーズを確認した❏ すべての施設の状況を確認できた❏ 孤立集落における医療ニーズの有無を確認した, ❏ 避難所のリストを入手した❏ 保健所に避難所情報を確認した❏ 避難所へのDMATの派遣を行った❏ 避難所の情報収集項目をEMISによるよう指示した4.DMATの管理, ❏ DMATを登録する場所を確保できた❏ 到着予定のDMATをEMIS等で把握できた❏ 到着したDMATに隊の情報を確認し、登録できた❏ 到着したDMATの隊の情報を紙ベースでは把握できた, ❏ DMATを情報収集に派遣できた❏ DMATを集中的に派遣する場所を特定できた❏ その場所に集中的に派遣できた❏ 集中的に派遣する場所の選定は適切であった❏ DMATの待機は最小限に抑えることができた❏ EMISに管轄する活動場所を登録した❏ EMISで、登録した活動場所へのDMAT派遣指示を反映できた, ❏ 管下のDMATの活動状況をEMISで把握できた❏ 管下のDMATの活動状況を地図に反映できた❏ 管下のDMATの活動状況をリアルタイムで把握できた, ❏ 派遣したDMATから活動場所到着の報告を受けられた❏ 管下のDMATと適時連絡ができた❏ EMISのDMAT本部連絡メール送信機能によりDMATに連絡した5.搬送調整, ❏ 管下のDMATに指示し、DMAT車両を陸路の搬送手段として活用した❏ 消防署、緊消隊指揮支援本部に依頼し,陸路の搬送手段として消防車両を活用した❏ 同じレベルの自衛隊本部に依頼し,陸路の搬送手段として自衛隊車両を活用した❏ ドクターヘリ本部にヘリ搬送を依頼できた❏ DMAT都道府県調整本部から,消防・自衛隊などの搬送計画を入手した, ❏ 搬送先として,災害拠点病院,SCUをDMAT都道府県調整本部等と連携し確保できた❏ 災害拠点病院へ連絡し,圏内災害拠点病院へ搬送した❏ 管轄DMAT活動拠点本部へ連絡し,圏外災害拠点病院へ搬送した❏ DMAT・SCU本部へ連絡し,SCUへ搬送した, 5.4 搬送経路❏ どこから分散搬送を行うか決めることができた❏ 集中させる拠点を策定した❏ 搬送経路は適正であった, ❏ 病院避難の情報を把握できた❏ DMAT都道府県調整本部に病院避難の支援依頼を行えた, 5.6 搬送調整結果❏ 優先順位に従った搬送が行えた❏ 搬送需要には応需できた衛生通信機器, ❏ BGAN 上り速度 492 kbps 下り速度 492 kbps 重量 3.2 kg❏ ワイドスターⅡ 上り速度 144 kbps 下り速度 384 kbps 重量 1.3 kg❏ IPSTAR 上り速度 4 Mbps 下り速度 4 Mbps 重量 40 kg(アンテナ設置機材を含む)❏ JAXAきずな 上り速度 6 Mbps 下り速度 155 Mbps 重量 100 kg(アンテナ設置機材を含む)❏ スカパーJSAT 上り速度 256 Mbps 下り速度 2 Mbps 重量 40 kg(アンテナ設置機材を含む), http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/iryou_keikaku/dl/shiryou_a-4.pdf, 災害時に備えて,普段の診療においても,多発外傷,熱傷の適切な受け入れと診療体制の整備が不可欠として運用されます。これは,特に国立病院においても,国を支える上で重要となります。超急性期においては,救急科専門医の育成と整備も必要になります。, 【内容】災害拠点病院においては、多発外傷、挫滅症候群、広範囲熱傷等の災害時に多発する重篤救急患者の救命医療を行うための高度の診療機能を有し、被災地からのとりあえずの重症傷病者の受入れ機 能を有するとともに、DMAT等の受入れ機能、傷病者等の受入れ及び搬出を行う広域搬送への対応機能、DMATの派遣機能、地域の医療機関への応急用資器材の貸出し機能 を有する「地域災害拠点病院」を整備し、さらにそれらの機能を強化し、災害医療に関して 都道府県の中心的な役割を果たす「基幹災害拠点病院」を整備することが必要である。, 内閣府対応HP  http://www.bousai.go.jp/jishin/syuto/taisaku_wg/, http://www.bousai.go.jp/jishin/syuto/taisaku_wg/pdf/syuto_wg_report.pdf, ・ 予定については、予定が立った時刻を記載し、その横に予定事項、予定時刻を記載する。, ・ その他のヘリ(自衛隊,消防など)の活用:都道府県DMAT調整本部にEMISにて依頼(意思表示), T Type of incident:事故・災害の種類    鉄道事故、化学災害、地震など, ❏ 搬送先として,災害拠点病院,SCUをDMAT都道府県調整本部等と連携し確保できた, ❏ BGAN 上り速度 492 kbps 下り速度 492 kbps 重量 3.2 kg, ❏ ワイドスターⅡ 上り速度 144 kbps 下り速度 384 kbps 重量 1.3 kg, ❏ IPSTAR 上り速度 4 Mbps 下り速度 4 Mbps 重量 40 kg(アンテナ設置機材を含む), ❏ JAXAきずな 上り速度 6 Mbps 下り速度 155 Mbps 重量 100 kg(アンテナ設置機材を含む), ❏ スカパーJSAT 上り速度 256 Mbps 下り速度 2 Mbps 重量 40 kg(アンテナ設置機材を含む), マニュアル  俳優・女優等 メイクアップアーティストの新型コロナウイルスに対する予防策, 2012年11月7日 南海トラフ巨大地震における減災医療と大学改革実行プランの報告, 文献レビュー 新型コロナウイルスの嗅覚障害/猫による伝播の可能性/味覚障害で考えること, 紹介 米国集中治療医学会/欧州集中治療医学会 SSCGガイドラインCOVID-19 2020年3月20日公表, 紹介 COVID-19の集中治療:呼吸管理法のANZICSの提案 2020.3.16. /Pages 75 0 R 7 0 obj 労働災害事例 平成29年8月1日追加分(20件) ご覧になりたい労働災害事例をクリックしてください。 防水塗装塗布作業中に急性トルエン中毒により死亡 9 endobj /CreationDate (D:20130711193411+09'00') >> << 5 0 obj /ModDate (D:20140904125616+09'00') /Widths 67 0 R 1 災害レベルの決定とレベル別対応. /BaseFont /Century >> /Length 5 0 R /Type /Catalog %PDF-1.4 災害対策本部 ⅱ. /Filter /FlateDecode 災害レベル決定基準 ⅱ. 4 0 obj /Encoding /WinAnsiEncoding /Filter /FlateDecode [/PDF /Text] 災害レベル別対応一覧(災害種別) ・・・・p.8 2 災害時における病院の組織 ・・・・p.9 ⅰ. 労災8号様式の記入例と書き方について項目順に解説します。少し長くなると思いますが、できるだけ様式の上から順番に説明していきますので、スクロールしてわからないところだけ見てもらってもいいと思います。 endstream ⅰ. 1 0 obj 6 0 obj stream 広島市南区にある県立病院の救命救急センターです。主任部長以下8名でがんばっています。 主に3次救急と、院内の各科と協力して集中治療を提供しています。 また、災害医療や病院前医療にも力をいれております。院内にdmatが3隊あります。 5.災害時情報収集システム acsist (アシスト) とプロジェクターの接続 ・・・ p. 47 6.クロノロジーの基本 ・・・ p48 7.電話対応時のメモについて ・・・ p. 49 8.トランシーバーについて ・・・ p51 3 0 obj endobj 8月26日~8月29日: 九州北部地方を中心に記録的な大雨。 平成30年(2018年) 台風第24号による暴風・高潮等(速報) 9月28日~10月1日: 南西諸島及び西日本・東日本の太平洋側を中心に暴風。紀伊半島などで顕著な高潮。 台風第21号による暴風・高潮等(速報) 南海トラフ大地震(M9クラス)では,名古屋愛知の中部ブロックでの死者は,最大で約13万3,000名,救助を要するものは最大で約1万2,000人と推定されています。沿岸部で停止した,東海道新幹線や東海道本線などで約70万人/日の乗客に盈虚が出ると推定されています。日本最大の濃尾平野は,長期間にわたって浸水し,東海の社会経済活動に大きなダメージとなります。このような状況において,国土交通省は道路計画を立てるとともに,医療領域はDMAT連携を含めて,平時からしっかりとした急性期医療を展開する必要があります。さて,災害医療における災害本部立ち上げと,その際のクロノロは大切です。クロノロとは,クロノロジー(chronology)のことであり,過去の出来事を時系列に並べたものを指します。災害時などは,ホワイトボードに,出来事を時系列で記載します。現在はこれをプリントアウトしたり,USBメモリーに電子記録として残せるようになっています。また,災害医療の際には,「CSCATTT」,「HeLP-SCREAM」,「REMEMBER」,「METHANE Report」,「引き継ぎと撤収のTHANK you」などの皆が知っている共有事項があります。このようなトレーニングを,皆が受けて共有しています。, ・ 汎用性のある記録ツール・ 本部を通り過ぎていく情報を時刻とともに記載・ 本部に入った情報および指示事項を記載する・ 発信元と発信先:明記すること・ 記録員に対して,本部長やリーダーが書くことを指示する・ 定期的に本部要員で共有、見直しを行う。・ 予定については、予定が立った時刻を記載し、その横に予定事項、予定時刻を記載する。・ 速やかに電子化:記録としてのホワイトボードがいっぱいにならないように工夫する, ・ 問題・解決リスト・ 活動方針・ 指揮系統図と活動部隊・人員と現在の活動・ 主要連絡先・ 患者・患者数一覧表・ 被災状況・現場状況(地図)・ その他, ・ 搬送手段の確保・ DMAT車両の活用:管下のDMATに指示・ 消防車両の活用:消防署、緊急消防援助隊指揮支援本部に依頼・ 自衛隊車両の活用:同じレベルの本部に依頼・ 搬送先医療機関の確保・ 搬送先:災害拠点病院、SCU・ 圏内災害拠点病院:災害拠点病院へ連絡・ 圏外災害拠点病院:管轄DMAT活動拠点本部へ連絡・ SCU:SCU本部へ連絡, ・ 搬送手段の確保・ ドクヘリの活用:ドクヘリ司令部に直接依頼・ その他のヘリ(自衛隊,消防など)の活用:都道府県DMAT調整本部にEMISにて依頼(意思表示)  ※電話は不要・ 搬送先医療機関の確保・ 原則陸路と同様  都道府県DMAT調整本部に依頼, ❏ HeLP-SCREAM 立ち上げ 活動開始❏ HeLP-DMAT 本部活動 統括任務❏ REMEMBER 活動中の留意内容❏ THANK you 引き継ぎと撤収, ※ 活動開始時から撤収を念頭に置く※ 災害医療コーディネータ・コーディネートチームの重要性, HeLP-SCREAM (英語 助けてと叫ぶ)Hello       カウンターパートへの挨拶  Location     本部の場所の確保Part        初期本部人員の役割分担 Safety       安全確認  Communication  連絡手段の確保 Report      上位本部への立ち上げの連絡Equipment    本部機材の確保 Assessment   アセスメントMETHANE    状況の評価と情報発信統括DMAT 本部立ち上げにおける原則, HeLP-DMAT (英語 助けてDMAT)Hello DMATの登録  Liaison     他機関現地本部との連携Plan    作戦イメージの共有 Direction DMATへの指揮系統の指示、役割の付与METHANE     被災情報の把握Allocation     ニーズに応じて資源を再配分Transceiver   各部署との連絡体制の確立, 災害時に収集すべき情報について ~METHANE Report~M Major incident:大事故災害 「待機」または「宣言」E Exact location:正確な発生場所 地図の座標T Type of incident:事故・災害の種類    鉄道事故、化学災害、地震などH Hazard:危険性 現状と拡大の可能性A Access:到達経路 進入方向N Number of casualties:負傷者数 重症度、外傷分類E Emergency services:緊急対応すべき機関              -現状と今後必要となる対応 災害本部立ち上げにおいてREMEMBER 忘れない基本事項Report regularly  定期的に報告を「させる、する」Equipment     資機材に不足はないかMedical needs   医療需要はどうなっているかEffect and Exchange 救援効果判定と適切な交代Member and Meeting    参集DMAT数は、会議はBalance    各拠点におけるDMATのバランスはEnding    活動終了に向けたThank youRemoval   撤収引き継ぎと撤収のTHANK youTimely        適切な時期にHand over     引き継ぎをAppoint       選任してもらう(都道府県)Number      必要な人数(医療班)Kind of medical needs  医療ニーズを伝えyou         君にお願い  ありがとうDMAT本部活動チェックリスト1.本部の立ち上げ, ❏ 本部要員の指揮系統図を完成させた❏ 副本部長を4分野に置けた❏ 記録,連絡,資材準備係を置けた❏ 本部要員の役割分担は適正であった, ❏ 衛星電話,優先電話,無線などの連絡手段を確保できた❏ 統括IDでEMISにログインできた, ❏ 本部機材(コンピューター,プリンタ,ホワイトボード)を確保した2. x� << さて,災害医療における災害本部立ち上げと,その際のクロノロは大切です。クロノロとは,クロノロジー(chronology)のことであり,過去の出来事を時系列に並べたものを指します。災害時などは,ホワイトボードに,出来事を時系列で記載します。 << endobj /FirstChar 0 「クロノロジー」型災害情報共有システムの開発と中部国際空港での適用 ... 8 図表3:災害時の情報共有における問題 ... ある。同様に、現場から出てくるさまざまな変更要望(例:xx機能の 画面の の項目を … >> 水害対応の現場は往々にして錯綜します。あなたがもし社会福祉施設の理事長で大雨の真っ最中に対応に当たっていると想像してみてください。気象台からは防災気象に関する情報が出ます。地元の自治体からは避難に関する情報が伝えられるかもしれません。利用者家族からは問い合わせの電話も入るでしょう。避難をしなければならない時には応援要員への依頼も必要かもしれません。入ってくる情報や状況の変化に基づいてチーム対応する時には、情報をいかにわかりやすく共有できる形にしておくか … stream << さらに、平成25年8月30日からは重大な災害が起こるおそれが著しく大きい場合に「特別警報」を発表しています。 ※特別警報に関しては 「特別警報と警報・注意報」のページ をご覧ください。 /Subtype /TrueType x�U�Mk�0���:v���l�C��������JjXd�8����!�6�l�W/~$Y7O ��i1B��2�~b�p��Xg�-�t ���. >> 2 0 obj >> endobj /Producer (\376\377\000S\000k\000y\000P\000D\000F\000 \000T\000e\000r\000m\000i\000n\000a\000l\000 \000S\000e\000r\000v\000e\000r\000 \000P\000r\000o\000 \0002\0000\0001\0002\000 \0004\000.\0000\000.\0004\000 \000B\000u\000i\000l\000d\000 \0004) /FontDescriptor 8 0 R endobj %���� žç¸¦æ–­ã€‚, 災害をもたらした気象事例(平成元年~本年).