「Gジェネ クロスレイズ」におけるおすすめの戦艦を掲載しています。戦艦に搭乗させるおすすめクルーも解説しています。戦艦の編成を決める際の参考にしてください。, 戦艦によって搭載できるチーム数が異なります。戦艦はユニットを運ぶことが目的なので、搭載数が多い戦艦を使用しましょう。, 宇宙にしか出撃できない戦艦はステージによっては使用できなくなります。お金はユニット生産に使いたいので、戦艦は宇宙・空中の両方で使える戦艦がおすすめです。, 最初から生産できる戦艦では「スパーソニックトランスポーター」がおすすめです。搭載数は1チームですが、宇宙・空中で使えるので、汎用性が高いです。生産コストを抑えたい場合は「キャリー・ベース」もあるますが、移動力が落ちます。, 最強の戦艦は「プトレマイオス2改」です。「プトレマイオス2改」はGETゲージでの入手となるので、ステージクリア報酬で入手できる「ドミニオン」もおすすめです。, Gジェネの初期クルー以外は、クエストを達成することでスカウトできるようになります。, 戦艦のクルーはステータスの一項目だけが、戦艦の性能に影響します。他のステータスは低くても問題ありません。おすすめアビリティはデフォルトで持ってるキャラはいないので、アビリティGETで敵から入手しましょう。レベル7のアビリティでステータス値を210増加できます。, 当サイトの利用において発生した不利益、被害については、当サイト管理者は一切の責任を負いません。, 当サイト上で使用しているゲーム画像、システム名、商標権、その他知的財産権は、それぞれのゲーム会社・運営会社に帰属します。, おすすめアビリティはデフォルトで持ってるキャラはいないので、アビリティGETで敵から入手. ウイングガンダム(EW版)を育成し、レベル7まで上げたらウイングガンダムゼロ(EW版)に開発→解体、を繰り返す。 sdガンダム ジージェネレーションクロスレイズ 攻略wiki. 『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』のキャラクターアビリティについて、オススメの構成を紹介。, 各作品のDLC、エキスパンション・パックによって追加されたインフェルノモードのキャラクターアビリティなどにも対応。, マスターまたはリーダーとなるパイロットは、艦長の項目で解説している一部のアビリティも有用。, 上記について、素の能力値が4550以下の時は1.3倍アビリティのどれか1個をクルーステータス+アビリティのLv.5に変えた方が良い。, (X*0.2+210+180)*(1+0.5*2+0.3*3) > (X*0.2+210+180+150)*(1+0.5*2+0.3*2), また、アビリティの自由枠が8枠ではないキャラクターの場合、上記から1.3倍アビリティを除外する。, 敵の防御力に関係なく固定のダメージを与えるため、ユニットの攻撃力を強化しない状態で敵の撃破が可能。, 習得しているLv.1のアビリティ1個につき全てのキャラクター能力に+350が強力。, 射撃武装の射程とクリティカル発生率を増やす。『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合は非推奨。, 格闘武装の射程とクリティカル発生率を増やす。『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合は非推奨。, 物理武装の射程やクリティカル発生率を増やす。『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv.2は非推奨。, BEAM武装の射程やクリティカル発生率を増やす。『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv.2は非推奨。, 射撃武装の攻撃力を増やす。『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv.2~3は非推奨。, 格闘武装の攻撃力を増やす。『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv.2~3は非推奨。, 物理武装の攻撃力を増やす。『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv.2~3は非推奨。, BEAM武装の攻撃力を増やす。『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合、Lv.2~3は非推奨。, チャンスステップの最大数を増やす。『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合は非推奨。, 自分と敵のMPの差が大きいほど敵の防御力を減らしてダメージを計算をする。インフェルノモードでは敵のMPが高い(差が小さい)ため、非推奨。, ガンダム系のユニットに搭乗している時のみだが、テンションが「強気」の状態からステージを開始できる点が便利。, このアビリティをもつキャラクターへの支援攻撃に参加した時、敵に与えるダメージを増やす。, ユニット・パイロットの獲得経験値を増やす。限界突破後の育成用として是非ほしい。育成が終わったら別のアビリティにする。, このアビリティをもつキャラクターの周囲5マス内にいる味方ユニットのMPを毎ターン増やす。部隊内に1人いると便利。, 最終命中・回避率を上げる。敵が習得している命中・回避率を上げるアビリティを相殺できる。, 敵への与ダメージと最終回避率が上がる。『勇猛果敢』などとは異なり、1対1の制約がない。, このアビリティをもつキャラクターの周囲10マス内にいる味方ユニットの最終命中・回避率を上げる。敵が習得している『若きカリスマ』などの命中・回避率を上げるアビリティを相殺できる。, グループ範囲内にいる味方ユニットの最終命中率を上げる。敵が習得している回避率上昇のアビリティを相殺できる。, グループ範囲内にいる味方ユニットの最終回避率を上げる。敵が習得している命中率上昇のアビリティを相殺できる。, 戦艦連携に効果はないが、敵の防御力に関係なく固定のダメージを与えるため、連携を使わない場合に有用。. 「gジェネ クロスレイズ」におけるおすすめの戦艦を掲載しています。戦艦に搭乗させるおすすめクルーも解説しています。戦艦の編成を決める際の参考にしてください。 「gジェネ クロスレイズ」でパイロットに付けるおすすめアビリティを掲載しています。アビリティの入手場所も紹介しているので、アビリティを取りにいく際の参考にしてください。 「gジェネ クロスレイズ」に登場する「ガンダム・バエル」の入手方法や性能を掲載しています。「ガンダム・バエル」から開発できる機体や、「ガンダム・バエル」から設計で入手できる機体も紹介して … 『sdガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』のキャラクターアビリティについて、オススメの構成を紹介。各作品のdlc、エキスパンション・パックによって追加されたインフェルノモードのキャラクターアビリティなどにも対応。 配置3番目に移動力7・指揮範囲6の機体。4ロック連携で敵を倒しきれる攻撃力。, 1PP:戦艦グループは進路を塞がない位置に艦載機を展開してから戦艦を前進させて連携でフラッグ5機撃破。, 総勢81機のジンが出現するため長期戦は必至だがネームド5人・SECRET2機とアビリティホルダーも比較的多い。, 毎ターン少しずつ増援が出現する構成かつ最終ターンに入るまでクリアできないため時間効率はやや悪い。, ウイングガンダム、あるいはウイングガンダムゼロ(EW版)をGETゲージで登録する。, ストライクフリーダムはフェニックス・ゼロから開発できるOガンダムと、アストレイ系MSで設計できるスターゲイザーから開発できる。, レベル1のウイングガンダム(EW版)を育成する上で最もハードルが低いと思われるのは「来るべき時代の為に」。, 対仮想部隊と大幅レベルアップはパイロットのレベルが低くても安定する容易さ、有料DLCは時間効率(≒派遣アイテムの要求数)と専用アビリティの副産物に優れる, 次点としてはエターナルも宇宙適性A移動7かつ高攻撃力。ただしこちらは生産条件がかなり遠め。, COSTが安く初期生産可能な中ではヴォルガも移動は6ながら攻撃力と艦のサイズは及第点。, 若干手間取っていいなら2PP目を移動のみで済ませ、3PPで連携を仕掛けてもよい。これなら艦長の指揮範囲が12程度から開始可能。, ユニットを全て出撃させ、戦艦を9マス下に移動。ハクリ・ロディ(ユハナ機)を先に選択して8ロック連携で撃破。, まず初期配置のハシュマルを撃墜。戦艦を動かさずに出撃して倒しに行く場合移動力と射程の合計が13ないと上側のプルーマに届かないため、遊撃グループでの担当を推奨。, 後半のハシュマルはHP40000を1ターンで削りきらないと回復されてしまい、敵にターンを回すと余計な戦闘を挟む必要が出てくる。, 戦艦に十分な火力があるなら、ハシュマルとSECRETプルーマを巻き込んだ7ロック連携で一気に倒してしまうのもオススメ。. 1機につき37300の利益が出るが、効率よくこなす環境作りに大分手間がかかる。, 支援攻撃で倒すと経験値は参加者の頭数で等分されるため、特にEXPブーストを併用する場合は可能な限り単独戦闘でトドメを刺すことを狙う。, 戦艦連携・遊撃連携は共に実行者は「(1+参加者の数*0.1)」倍の経験値を得られるため、最大で戦艦連携なら理論上2.0倍、遊撃連携では1.8倍の経験値を得られる。, キャラのレベルを上げるなら機体のレベルが上がってもポイントの割り振りを保留することで獲得経験値を大きく保てる。, 戦艦グループなら育成対象以外のスキルも活用できるため、攻撃力・命中率の確保は楽。育成促進のために強力なスキル持ちを予め用意しておきたい。, 遊撃連携は参加メンバーの性能で威力が大きく変動する。育成対象の身代わりもかねて支援防御に優れる機体を準備しておくといい。, 単純に裏で余剰メンバーのレベルを上げつつキャピタルや拾い物を稼ぐ場合は派遣して放置する時間と効率との相談で派遣先を決める。, 時間対効率に最も優れるのはいずれかの有料DLCで、時速40000/3≒13333pt。, 本作では獲得経験値を増加させるオプションは無いため、本項目は「経験値を減らさない」方法に留まることに注意。, 通常戦闘で手に入る経験値はHP・EN・攻撃・防御・機動の差を比較するが、移動や適性、撃破に使用した武器のPOWは不問。, 派遣は派遣先の基本経験値と遂行率・参加人数を参照するため、派遣で育てている機体は性能を上げても問題ない。, 1PP:母艦から9ユニットを展開し、スキルも駆使して戦艦連携で可能な数のトーラスを倒す。, 2PP:リーダー機の指揮範囲内にヴァルダーが入るように移動させ、遊撃連携を発動。12機撃破によりシークレット発動。後半戦突入。, 2EP:遊撃隊リーダー機がトーラスからタコ殴りに遭うが回避・防御もしくは反撃で全て排除。ヴァルダー再出現側からは攻撃が届くヤツだけされる。, 3PP:戦艦連携で引き続き敵掃討。2EPで反撃殲滅していないなら、遊撃連携発動でリーダー機に群がったトーラスを一気に殲滅。以降はヴァルダーを含めて残敵掃討。, 「激突する宇宙」はビルゴ対策に特殊武器or連携重視の攻撃手段とビーム射撃を防ぐバリアを準備できれば気楽。ただSECRETを円滑に進めるためには下方向にも多少戦力を出す必要がある。, このステージに出る敵は全てモビルドール+アンチMDウイルスキャンセラーは持たないため、, 多数の敵を連携で瞬殺でき、可能ならば捕獲で獲得資金を水増しできるマップを繰り返しプレイする。, 捕獲したオービットフラッグの全解体を含めれば1回で約44000CAP。慣れると1回10分もかからずに周回できる。, 入手アビリティの質・数共に下記のハシュマル道場に劣るが、こちらは少ない手順で素早く狩れるため高難易度のハシュマルと相対するだけの実力が無い時にオススメ。, 遊撃グループ:配置2番目と3番目に移動力7・指揮範囲6の機体。配置2番目はヴァージニアをワンパンできる攻撃力か射程7の戦闘力。 5ロック連携で敵を倒しきれる攻撃力。 遊撃グループ:配置2番目と3番目に移動力7・指揮範囲6の機体。配置2番目はヴァージニアをワンパンできる攻撃力か射程7の戦闘力。 配置3番目に移動力7・指揮範囲6の機体。4ロック連携で敵を倒しきれる攻撃力。 メニュー メイン トップページ; faq; genからの変更点; dlc; 体験版について; 本スレのテンプレ; 初心者のための入門講座; アップデート; データベース シナリオ攻略 a.c. / c.e.71 / c.e.73 西暦 / p.d. 「gジェネ クロスレイズ」でパイロットに付けるおすすめアビリティを掲載しています。アビリティの入手場所も紹介しているので、アビリティを取りにいく際の参考にしてください。 連携攻撃の威力を増加させるディアナ親衛隊隊長は「以前から強かった戦艦連携の効果をさらに増大させる」という点で、既存の環境を加速させる「ご褒美」だったけど、スーパーパイロットの導入は、クロスレイズの強キャラの価値観や育成方針そのものを大きく変える変更だったと思う。 富野由悠季監督の7作品の主題歌・サントラがサブスク解禁!79歳の誕生日を迎える 79歳の誕生日を迎える 投稿日 2020年11月6日 11:00:08 (GUNDAMLOG) 「Gジェネ クロスレイズ」における最強キャラ(パイロット)をランキング形式で掲載しています。どのキャラが強いか知りたい人は参考にしてください。, 覚醒のステータスを持つキャラは、ニュータイプ枠です。ビットなどニュータイプ専用武器は覚醒値によって、POWERや射程が変動します。, ニュータイプ専用武器がない機体に搭乗させる場合は、覚醒の数値は関係ありません。搭乗する機体によって、使い分けましょう。, リーダーとマスターの指揮範囲は、指揮のステータスで広さが決まります。リーダー機には指揮値が高いキャラを搭乗させましょう。, Gジェネレーションのオリジナルキャラ以外は、入手にキャピタルとクエスト達成が必要となります。最初から持っているキャラの中で強いキャラを掲載しています。, Gジェネシリーズ以外のパイロットはクエストを達成すると、スカウトリストに登録されます。スカウトリストに登録されると、キャピタル(お金)を消費して雇うことができます。, 当サイトの利用において発生した不利益、被害については、当サイト管理者は一切の責任を負いません。, 当サイト上で使用しているゲーム画像、システム名、商標権、その他知的財産権は、それぞれのゲーム会社・運営会社に帰属します。. 「gジェネ クロスレイズ」の攻略情報を掲載しています。ストーリーの攻略情報、機体やパイロットのデータ、効率よく攻略する方法などをまとめています。 「Gジェネ クロスレイズ」に登場する「ガンダム・バエル」の入手方法や性能を掲載しています。「ガンダム・バエル」から開発できる機体や、「ガンダム・バエル」から設計で入手できる機体も紹介しています。, 後継機の開発は、基本的にレベル4以上から解放されます。機体を強くしたいなら開発解放レベルが一番高い機体がおすすめです。レベル2で開発が解放される機体は「1世代前の機体」なので、性能が下がります。レベル3で解放されるのは「同世代の機体」です。, 「フェニックスガンダム(能力解放)」と「アヘッド近接戦闘型(サキガケ)」があれば、設計から「ガンダム・バエル」を生産リストに登録できます。, 「アヘッド近接戦闘型(サキガケ)」は、「ガンダムキュリオス」と「ティエレン地上型」の2機から設計できます。, 『厄祭戦』の英雄にして、ギャラルホルンの創始者であるアグニカ・カイエルが搭乗していたガンダム・フレームのMS。 300年前の厄祭戦末期に開発された72機のガンダム・フレーム採用機の1機で、エイハブ・リアクターを2基搭載し、これを並列稼働させることで膨大な出力を得ることができる。 背部に翼状のスラスターを持ち、重力圏内での飛行能力を備えるが、機体構成はスタンダードなものとなっている。 武装は刀身に希少金属が用いられている二振りの『バエル・ソード』と、スラスターに内蔵されている『レールガン』のみである。 参考:https://ggcr.ggame.jp/character/orphans.php, 当サイトの利用において発生した不利益、被害については、当サイト管理者は一切の責任を負いません。, 当サイト上で使用しているゲーム画像、システム名、商標権、その他知的財産権は、それぞれのゲーム会社・運営会社に帰属します。.