【ソニー損保公式】ガードレールとの接触事故を起こした際の、事故発生から解決までの流れをご紹介。事故発生直後はどこに連絡すべきか、ガードレールを破損したことによる罰則の有無、弁償費用やお支払いする保険金について、具体的な事例をもとにご説明。 ガードレールに車体を擦ってしまったらどうしたらいいのか?対処法について紹介してきました。 ガードレールに車体をぶつけてしまったり、擦ってしまったりするのは通常では考えられないようなことです。 しかし、もしもということがあります。 ガードレールにぶつけたら、どこに連絡をするのか?だれに弁償するのか?警察への連絡は?自損事故で免停に?保険は使える?事故を起こし不安になっている運転手さんの疑問点をまとめてみました。 交通事故では人や車だけでなく、ガードレールにぶつかることもあります。単独事故だからといって放置すると当て逃げになってしまいます。ここでは、まずガードレールの所有者が誰なのか、さらにガードレールにぶつかったときの対処法について説明します。 ガードレールにこすった程度の単独事故でも警察に通報すべきかどうか。 はい。報告しましょう。 一見、問題なさそうな物損事故でも報告の義務があります。 あなたがこの記事を見られているということは、 ガードレールに車を接触させ、どうしようと不安になっている方かもしれません。