ガラスフィルムの浮きに対し、空気が入っている場合には指で押す、ガラスフィルムを貼り付ける前にスマホ画面の汚れ、ゴミを落とすというのは浮きへの対処法として理解もしやすいでしょう。 ガラスフィルムを取り付ける際に、ドライヤーを使用して気泡を消す方法が2つあります。まずは1つ目、ガラスフィルムを取り付ける前に行う方法です。この使用方法は、気泡の中にホコラヤ糸くずが入らないようにするためにも有効です。 今回は、「ガラスフィルムの気泡の抜き方」をテーマに、保護ガラスの貼り直しや消す方法についても併せて紹介していきます。また、ホコリの取り方やドライヤーを使った方法についても紹介していくので、スマホのガラスフィルムを貼る際の参考にしてみて下さい。 ガラスフィルムの浮きはなぜドライヤーで直す事が出来るのか. ガラスフィルムを貼り付けた時に入ってしまった気泡の抜き方を知ってみませんか。本文では、スマホのガラスフィルムに出来た気泡の抜き方を始め、ガラスフィルムの剥がし方や水で洗う方法、保護フィルムの貼り直し方等について紹介します。 この記事では、ドライヤーを使ったガラスフィルムの浮きの直し方や、ガラスフィルムと保護フィルムの違いについてご紹介しています。また、スマホの端にできた浮きの対処の方法についてもご紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。