【(4)取組みと結果:どのように取り組んだのか?取組みの結果はどうだったのか?】 ガクチカ 2020.6.4 【例文あり】ガクチカで部活の経験をアピールする!書き方・まとめ方について ガクチカ 2020.6.27 ガクチカでアルバイト経験を活かす!他の学生との差別化から文章のまとめ方までを… ガクチカ 2020.1.11 こんなガクチカは嫌だ。 日本郵船の本選考ES一覧はこちらから日本郵船は海運業界の全体シェア39.8%を占める大手企業です。世界のあらゆる国々と取引をするため、... 「ESでどんな長所をアピールすればいいのか分からない。」「そもそも強みってありのまま書いていいの?」上記のような悩み・疑問を持っている... ガクチカ完全攻略記事一覧1.そもそもガクチカって何?2.ガクチカがない人の対処法3.ガクチカの書き方を徹底解説4.ガクチカの例文を紹介... 損保ジャパン日本興亜の本選考ES一覧はこちら3大メガ損保の一角であり、「野武士」と称されるバイタリティあふれる社風のもと自動車保険など... 志望動機完全攻略記事一覧1.志望動機とは2.志望動機の書き方3.面接時の志望動機の考え方4.インターンにおける志望動機の書き... ガクチカ完全攻略記事一覧1.そもそもガクチカって何?2.ガクチカがない人の対処法3.ガクチカの書き方を徹底解説4.ガクチカの... 自己PR完全攻略記事一覧1.【まず初めにこれを読もう!】自己PRとは?基礎知識を理解2.自己PRすべき長所の見つけ方3.自己... 挫折経験はエントリーシート・面接での頻出質問ですが、「挫折経験なんて特にないよ」「ESや面接で挫折経験を聞かれた際にはどうす... 広告代理店完全攻略記事一覧電通や博報堂を始めとした広告代理店は数多くの就活生にとって憧れの業界です。クリエイティブさや華やか... シンクタンク完全攻略記事一覧高学歴就活生から高い人気を得ているコンサルティング業界。高度な論理的思考力や幅広い知識、高年収な... コンサル業界完全攻略記事一覧コンサルティング業界では、他業界への転職や独立といった多様なキャリアプランを描きやすいため、「な... コンサル業界完全攻略記事一覧「リサーチにもとづいて国家の政策、企業の経営戦略を支援する」というハイレベルな業務を行うシンクタ... 就職活動において、「年収」を気にする学生は多いのではないでしょうか?年収ランキングを見ると、上位のほとんどが総合商社や大手マ... みなさんこんにちは。unistyle編集長の郡山隼人(@unistylehyt)です。いつもunistyleのご活用並びにT... ※本記事はLINEオープンチャットの特集記事になります。昨今、就活における情報収集の手段として"SNSを活用すること"が一般... シンクタンク完全攻略記事一覧皆さん経験があると思いますが、コンサルについて調べていると「コンサル・シンクタンク」でまとめられ... パスワード変更のためのメールを送信致します。 取組み:全ての部員から課題を抽出すること、チーム課題をメニューに導入すること 結果:チーム課題を導き出し、練習の質を高めることで、関東学生選手権で準優勝することができた 部のリーダーとして関東5位と低迷したチームを立て直したこと Copyright © The Asahi Shimbun Company All Rights Reserved. 編集長の「就活のポイント講座」や話題・注目の会社の「企業人事担当者対談」を動画で配信, 「私の就活こうやった」 「この会社に決めたわけ」みなさんの代わりに根掘り葉掘り聞きました!, 1950年代に徳島県の鳴門高校野球部マネジャーで、卒業後、徳島バスに就職し、鳴門市議を4期勤めた斉藤達郎さん(取材後の10月30日に78歳で急逝)は、「マネジャーをしたから私の人生がある」と語りました。「休みは正月とお盆だけで、どっぷりと3年間つかった」という発言も載っています。高校時代の貴重な時期に打ち込んだ経験は、何物にも代え難い人生の宝物です。 ※「就活割」で朝日新聞デジタルの会員になれば、すべての記事を読むことができ、過去1年分の記事の検索もできます。大学、短大、専門学校など就職を控えた学生限定の特別コースで、卒業まで月額2000円です(通常月額3800円)。お申し込みはこちらから。, ※就活割に申し込むと、月額2000円(通常3800円)で朝日新聞デジタルが読めます。. 特になし 企業に「ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)」を聞かれたら、どんなエピソードを選べばいいのでしょうか。そこで、内定者500人にアンケートを実施。先輩たちがエントリーシートや面接でガクチカとして答えたエピソードtop3と企業に伝えたポイントを紹介します。 →「ガクチカで重視される4つの評価項目」について解説している記事になります。ガクチカ作成の基本的な部分になりますので、まずはこの記事を確認していただくことをオススメします。, また、「経験自体のインパクト」が高いことも高評価に繋がりますので、インパクトのある経験や著しい成果を残した場合は、冒頭の文章からそれが伝わるよう強調しておくといいと思います。, 採用側は、この項目から「就活生がどのようなことに熱意を向けられるのか・モチベーションの源泉」を知りたいと考えています。なぜかというと、学生時代の経験で感じたモチベーションが仕事上のそれに通じるという考えが根底にあるためです。, 入社してからもモチベーション高く働いてくれる人材だと見極められるために、その業界・企業の仕事に通じる動機を示すことが求められます。, 下記の参考記事でも述べていますが、動機は"価値観に根ざした動機>主体的な動機>受動的な動機"の順番で評価されるため、そのことを理解して書き進める必要があるでしょう。, →「なぜそれに取り組んだのですか?」という質問を通して面接官は何を評価しているのでしょうか。本記事では、動機の評価ポイントを内定者の回答と合わせて確認していきます。, 取組における目標を通じて、「あなたの志の高さ及び何を目指しているのか、そのモチベーションの源泉は何か」を見極めようとしています。, 目標設定に関しては、妥当な目標よりも自ら高い目標を設定する方が評価は高くなります。, というのも、あくまでも極端な例にはなりますが「自ら高い目標を設定し、その目標の達成に向かって本気で努力した人」と「他の人と同じような妥当な目標を設定し、そこそこ努力して目標を達成した人」では、確実に前者の方が「採用したい!」と面接官は考えるためです。, 「なぜその目標を設定しようと思ったのか、その目標の難易度はどの程度のものなのか」を、具体的且つ根拠を示しながら伝えましょう。, また、目標達成するうえでの困難、つまり「どの程度のことを困難と感じるのか」という質問を通して、仕事上でも困難を乗り越えられる人材かを見極めようとしています。, あなたが感じる困難について面接官が共感できなければ、取組自体がアピールにならない可能性があるため注意が必要です。, 困難に関する質問では、"困難のレベル(どの程度の物事を困難だと思うのか)・その困難の背景・乗り越えるまでのプロセス・乗り越えた結果"といった項目全てが重要となります。, どんな困難なのかという事実だけでなく、「なぜそれを困難だと考えたのか」などを具体的に伝えましょう。, 下記の記事でも述べていますが、困難は"困難を伴う主体的目標>主体的目標>受動的目標"という順番で評価されると言われているため、こちらも意識していただければと思います。, →面接においては、「物事に取り組む上でどのような目標を設定したのか、その中でどのような課題があったのか」について深く掘り下げられることが多いです。この質問に関する評価ポイントと内定者の回答例について詳しく説明しています。, 上記で述べた目標・困難に対して、具体的に取り組んだ内容について記述するようにしましょう。, この場合、必ずしも目標を達成したエピソードについて述べる必要はありませんが、「どこに問題の本質があったのか・なぜそのアプローチを取ったのか」について考える必要があります。, 以下の記事にあるように、"状況把握のために行ったこと→困難の根本的な原因→原因の解決のために実行したこと"の順番で行動を記述することで、いわゆる「ファクトベースのガクチカ(活動内容が時系列に沿って書かれているだけのガクチカ)」になるのを避けることができます。, →目標や困難に対する姿勢を見ることで、その就活生の人柄が分かるため、採用担当者は「目標や困難に対してどのように取り組み、またどのような結果が得られましたか?」という趣旨の質問を往々にして繰り出してきます。本記事では「どのように取り組んだのか」という質問における面接官の意図と、評価される回答例について詳しく説明していきます。, そのためにまずは周りの信頼を得るため、雑用係を全うした。その姿勢から練習への参加が認められたが、週5日の厳しい練習に何度も挫折しかけた。しかし、その度に自分の課題について優先順位をつけるなど分析し、本や先輩からのアドバイスによって解決策を導くことで妥協することなく日々実践し続けた。例えば、私は左足のキックが苦手だったため、フォームなどを先輩から学び、左足キック200本以上を2年間毎日継続した。また、改善点などを適宜ノートにまとめてそれを毎日振り返った。その努力の結果、レギュラー奪還という目標を達成し、天皇杯にも出場してプロと対戦することもできた。, 取組みを説明し、経験自体の記述を完結させたら、「その経験においてどのような人柄が発揮されたのか」について書きましょう。, 同じ状況に直面しても、それに対しどう行動するかは人によって異なり、人柄がその選択を決定付ける一要素だという考えから問われています。, 人柄はその人の立ち振舞いといった印象を構成するものであり、面接ではESで述べたキャラクターと乖離がないかどうかを確認されます。取組内容との整合性はもちろん、面接の場での印象との整合性も意識しておくべきでしょう。, 上手くアピールすることで企業と自身とのマッチングの良さを伝えられたり、「一緒に働いてみたい!」と思ってもらうこともできます。, →面接では、就活生の人柄に関する質問がよくされますが、多くの就活生はそれを想定していません。本記事では多くの就活生が無視しがちな「人柄」に関する質問について、評価項目と具体的回答例について詳しく説明したいと思います。, 単なる気付きや感想ではなく、「社会に出てからも活かすことができる学びであるかどうか」が見られています。, 評価としては、以下の記事にあるように"組織としての方法論>個人としての方法論>個人の単なる気づき"の順番で評価されます。, 今回は、unistyleに寄稿されたESの中から以下の3つを抜粋し、解説していきたいと思います。, ※今回解説している3つの例文はそれぞれ「設問形式・指定文字数」が異なります。そのため、「フレームワークの6つの要素をすべて満たしているES」ではありません。ESの解説に関してはフレームワークに基づいて記載していますが、「フレームワークの6つの要素を全て満たしているESでなければ評価されない・選考は通過しない」というわけではないことを認識していただければと思います。, この就活生は、「部のリーダーとして低迷したチームを立て直すまでの過程」を書いています。, 設問が4つに分かれているという特殊な設問ではありますが、各設問への回答が非常に具体的に書かれているESとなっています。, 【(1)結論:何に取り組んだのか?】