ロードバイクで、フレーム素材といったら、アルミやカーボン、クロモリが上げられますね。, 今回は、その中でも人気のある、カーボンとアルミについてご紹介しましょう。カーボンは寿命が短いといわれていますが、アルミと比べるとどうなのでしょうか?, カーボン自転車の寿命を延ばすためのメンテナンス方法についても、ご紹介していきます。. バイクの 圧縮圧力が弱い ... 空冷エンジンの場合は、オイルの漏れ、水冷エンジンの場合は、冷却水の漏れがあります。ボルトの緩みだけでは済まない場合が多いでしょう。 多くの場合、エンジンの熱によるシリンダーヘッドのゆがみが発生し、その為隙間が出来てオイル漏れや冷却水の漏れ� い物ができます, エンジンオイル屋>バイクメンテナンス用品>バイクメンテナンス>圧縮圧力が弱い原å›, 誰もおしえてくれなかったエンジンオイルの秘密おしえます エンジンオイル屋. カーボンのメリットは、なんといっても軽いことですね。 カーボンは樹脂で出来ているため、衝撃に弱いとされています。 しかし、アルミかカーボン、寿命の長さでいったらどちらが長いとは、はっきり言えないところです。 あなたの通勤手段は何ですか?電車ですか?電車の場合、朝の通勤ラッシュはストレスがたまりますよ... サスペンションという言葉をご存知ですか?自転車の中でもMTBに乗っている方は、サスペンション... こんにちは、じてんしゃライターふくだです。世間にはびこる噂、本当のこともあれば、嘘のこともあ... 補給食は、ロングライドにはかかせない物の一つです。ただ、市販の補給食は高くて、味の合わない場合も... 痩せたいと思ったら、ダイエットするしかないですよね。そこで、ダイエット専用の器具を購入して、意気... ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。補助ブレーキの存在をご存知でしょうか?... 朝、勤務先に向かう途中、自転車に乗っている人を多く見かけるようになりました。颯爽と漕ぐ姿が決まっ... 現在は、「チューブラー」と聞いてもピンとこない人の方が多いでしょう。チューブラーはロードバイ... スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロックがかかって滑ってしまうことがあります。... 「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうにかしたい」と、身体の悩みを抱える方は多い... 愛知県は、観光できる名所が数多くあり、賑わっております。最近ではロードバイクに乗って、観光スポットを... サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。シグマのサイコンは、性能は良いのですが... こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ロードレーサーで出掛けてご飯でも食べようという時に困る... マウンテンバイク(mtb)は、安定感がとても優れており、自転車に不慣れな方にもおすすめです。... ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。フレーム・ホイール・タイヤ・サドル... カーボン製の自転車は何といっても、軽いというところがポイントです。車体が軽いと持ち運びが簡単になりますし、坂道も楽に上ることができます。, カーボンはクロモリやアルミと比較すると、軽さだけではなく、衝撃を抑え込みやすいという利点も備えています。, そのため、フレームは別の素材を使っていても、フロントフォークはカーボンで作っている自転車も珍しくありません。, 衝撃吸収率ならクロモリも優秀ですが、悪路を通った際の細かい揺れは乗り手に伝わることが多いので、それらを考えるとカーボンに軍配が上がります。, また、カーボンは好きなように加工することができるため、剛性を高めてみたり、長距離走行に向いている性能にしてみたりと、理想のフレームを生み出せます。, 難点は、一点にダメージが集中するとあっさり壊れてしまうので、寿命はそこまで長くないという点でしょうか。, ですが、慎重な運転と、こまめなメンテナンスを怠らなければ、いくらでも延ばすことができます。, カーボンとは、炭素を編み込んだ繊維と強化プラスチックを混ぜ込んだ黒鉛のことです。金属ではないため、とても軽く、それでいて十分な強度を持っているので、自転車のフレームの素材として人気を集めています。, ですが、コストパフォーマンスはあまり良くないため、アルミやクロモリよりも値段は高くなります。, そのため、フロントフォークなど一部分のみをカーボンで作ることが多いようです。一見するとメリットばかりにみえますが、実はデメリットも存在します。, 申し分のない強度を誇っているカーボンですが、衝撃が一点に集中すると、あっさり壊れるという弱点を抱えています。, これには車体の軽さも関係しており、・風で倒れたせいでフレームが折れた・転んだら調子が悪くなった・木の枝や小石が突き刺さった, などという、些細なことが大きな傷となってしまい、乗り手の怪我や事故にも繋がることがあるのです。, カーボンは自転車の素材として人気ですが、とても脆いので、そのぶん寿命も短いといわれています。, 一般的な自転車に使われていることが多いアルミと比較すると、硬さに関してはカーボンの方が高いのですが、強度はこれだけで決まるものではありません。, 靱性とは素材に含まれる粘り気のことで、これが高ければ、衝撃をクッションのように柔らかく受け止めてくれます。, 荷物を載せたときの負荷には耐えられても、衝突や転倒による衝撃には弱いということになります。, カーボンが愛用されている理由は、樹脂でコーティングされているため、金属よりはずっと軽くなります。, メンテナンスを行えば寿命も延ばせますし、乗っている時には何処かにぶつけないように気を付ければ、長持ちさせることも出来ます。, 要は、使い方によって変わるため、カーボンの寿命が短いとは決して言い切れないのです。, つまり、注意しながらメンテナンスをすれば、カーボンフレームの寿命を延ばすことができるのです。, まず、カーボンはウレタンを塗ることで、樹脂を湿気から守っています。これが剥がれてしまうと、空気中の水分を吸い込んでしまい、強度が下がってしまいます。, その状態で気温の低いところにいくと、樹脂の中に溜まった水分が凍り付き、そのまま壊れてしまう可能性があります。, 頑丈ではあるのですが、1ヶ所に強い衝撃を受けると、そこから自転車全体に影響を及ぼすかもしれないのです。, もしもどこかにぶつけたり、転倒させてしまった場合は、カーボンが剥がれていたり、ひび割れが入っていないかをしっかりと調べて下さい。, また、カーボンは金属よりも衝撃が伝わりやすいため、傷のない部分もダメージを受けていることが珍しくありません。, 異常が見当たらなかったとしても、念のために専門店で点検してもらうことをおすすめします。, カーボン製の自転車の寿命を延ばすには、まず基本的に直射日光の当たらないところに保管して下さい。経年劣化を遅らせることが出来ます。, また水分も金属で作られたパーツが錆びる上に、自転車本体の劣化を早めてしまうので、掃除や雨などで濡れたらフレームの中の水を抜いて、しっかりと乾燥させて下さい。, カーボンは衝撃がひとつの部分に集中すると一気に壊れるため、縁石などの近くには置かないようにしましょう。, 安定させられないのなら、いっそのことディレイラー側を上にして寝かせておいた方が安全です。, 乗る前には自転車を10cmほど持ち上げてからそのまま落として、がたつきやネジの緩みなどを思わせる異音がしないか確かめて下さい。, 自分では判断しにくいのなら、専門店に持って行って、プロに点検をお願いしましょう。力加減などもついでに教われば、今後役立ちます。, カーボンで出来た自転車は高価というイメージがありますが、最近は10万円以内で買えるものも増えてきました。, アルミよりも人気が高いと言われているカーボンですが、ひと口にカーボンと言っても性能はピンキリです。, 例えば、組み上がった状態で18万円のロードバイクの場合、フレームのみを売るなら10万円ほどになります。しかし、この価格のものは素材の品質があまり良くないため、フレームが大きくしなります。, ペダルを踏み込んでも手応えを感じませんが、路面から伝わる揺れを抑えやすいので、乗り心地は意外と悪くないことが多いようです。, 定番素材として使われるアルミは、カーボンよりも安く、寿命もそれなりにあり、フレームがあまりしならないので、ペダルを踏んだときの感触がはっきりと伝わってきます。, ただし重量はカーボンよりもありますし、でこぼこした道路を走るとそれが乗り手にもそのまま伝わるので、乗り心地は微妙です。, どちらの素材もメリットとデメリットがあるので、あとは乗り手との相性で決めるしかありません。, カタログのデータだけを見て判断するのではなく、なるべく試乗を行ってから購入して下さい。, カーボンのメリットは、なんといっても軽いことですね。カーボンは樹脂で出来ているため、衝撃に弱いとされています。, しかし、アルミかカーボン、寿命の長さでいったらどちらが長いとは、はっきり言えないところです。, フレームの素材選びも重要なポイントですが、自転車選びに一番大切なのは、自転車との相性です。.