開封したばかりの頃の酸っぱいにおいが消えて、森の土のようなにおいに変わってきたらガス抜き完了です。, カブトムシの成虫にとっての適温は25~30℃。 カブトムシ(成虫)を飼育するときの注意点 「ちょっと暑いかな?」がカブトムシには最適 カブトムシの成虫にとっての適温は25~30℃。 湿度もホダオガやチップが湿り気を帯びるくらいが最適です。 人間からすると「ちょっと蒸し暑いかな」くらいがカブトムシにとっては最適な気候。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free".  実は飼育する目的によって、使う「土」が変わってきます。, ひと夏だけカブトムシを観察したい場合、腐葉土などの「土」は使いません。 昨年、カブトムシの雄と雌を一匹ずつもらい飼育していたところ、土の中にメスが産卵し30匹弱のカブトムシの幼虫が生まれました。そして、幼虫を育て始めた昨年の8月から約10か月。成虫となったカブトムシがどんどんと姿を現すようになってきました。 その時に、この商品を見かけたのですが、「ん~。かくれ家か。いらないだろ」と思って、購入しませんでした。 その数日後、とある特徴が出てきまして、水分やゼリーの交換するためにかごを開けると、カブトムシが土にもぐっているんですね。 あ。  カブトムシを飼う際の、目的に合わせた土選びのポイントと、飼育の注意点です。, 成虫になってからのカブトムシの寿命は1~3か月くらい。  せっかくですから少しでも長生きさせてあげたいですよね。, そこでこの記事では、カブトムシを飼育するときの「土」についてまとめました。  飼育ケースは家そのものです。, あまり狭すぎると、カブトムシの寿命が縮んだり、2匹以上で飼育しているとケンカの原因にも。  人間からすると「ちょっと蒸し暑いかな」くらいがカブトムシにとっては最適な気候。, チップやマットの表面が乾いていたら、霧吹きで湿らせてあげましょう。 腐葉土でも育ちますが、必ず農薬など、カブトムシにとって有害な化学物質が使われていないことを確認してください。 飼育ケースは、幼虫2匹であれば飼育ケース(中~大)がよいです(大きいに越したことはないです)。 3袋入り, そして、次に大事なのは、マットです。これも、子供の頃は、外で拾った土を少し入れていた程度でした。それじゃあ、ダメですよね。, カブトムシは、普段は土の中で生活しています(寝ています?)。ですから、最低でもカブトムシが潜れる程度の深さが必要です。容器の3分の1から2分の1程度の深さにしましょう。, マットですが、土ですと、ダニが発生したり、コバエが沸いたりしてしまいます。匂いも気になるところです。そこでお勧めなのが、おがくずのマットです。, 水分補給も大事ですので、マットを霧吹きなどで湿らせてあげましょう。また、カブトムシはひっくり返ると自分で起き上がることができずに死んでしまうということもあるので、木の枝や枯葉などを入れてあげるとよいでしょう。, しかし、産卵させるためには、おがくずのマットではダメです。産卵させたいときには、幼虫飼育用のマットが売っていますので、腐葉土のような土のようなマットに変更しましょう。アイキャッチ画像のカブトムシに使用したのが、下の育成幼虫マットです。, この時に注意しなければならないのが、コバエなどの発生です。コバエは卵を産み付けると、二日で成虫になり、どんどん増殖するようです。そこで、コバエが入り込まないような容器を用意する必要があります。, カブトムシの幼虫のエサは、マットです。幼虫は基本的に涼しい場所で放置しておけばいいだけなのですが、しばらくするとマットがカブトムシの糞だらけになってしまいます。ですので、マットの交換が必要です。我が家では3回マットを交換しました。, この時は育ち盛りだったのか、マットの消費が早く、9月にもう一度マット交換をしました。, 幼虫にも水分が必要ですので、軽く握ると塊になるように水を混ぜます。マットの消費が激しかったので、容器を3つに増やし、マットもたっぷりと入れました。, 3回目のマット交換は、12月でした。前回に容器を増やし、マットの量も増やしたため、長持ちしました。, そして、最後のマット交換が4月でした。幼虫は動きが鈍くなっており、もうそろそろさなぎになる準備をしなくてはいけません。糞だらけのマットを新しいマットに交換し、新しいマットでさなぎ、そして、成虫になるのを待ちます。, 現在のところ、オスが7匹、メスが4匹生まれたのが確認できました。幼虫のうちに数匹、あげていますので、それを考えると半分くらいはもう成虫として姿を表しています。, まだ動きが活発になる時期ではないので、土を掘り返すともう何匹か出てくるのだろうとは思いますが、かわいそうなのでそっとしておいてあげています。, ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||, 昨日は、終日お客様のオフィスでの仕事でした。色々とあった一日でしたので、家に帰ってカブトムシを見ると、心が落ち着きました(笑), それにしても、子供の頃は頑張れなかった生き物の飼育が大人になると飽きずにできるのはなぜでしょう。そして、子供に見せるため、といいつつ、一番楽しんでいるのは自分なのでしょう。カブトムシを育てるのにも小学生のおこずかいでは足らないだけの投資は必要ですしね。. 新年を迎え、気持ち新たに「今年こそは〇〇しよう」と考えている方も多いのではないで ... ※ 隅田川が台風の影響により増水している様子 2017年10月22日。何だか色々 ... 本日(2020年8月17日)でブログを開始してから4年が経ちました。平日毎日更新 ... パソコンを使い始めて20年弱。 使い始めた当初、Yahoo!を愛用しており、Ya ... 電車が運転見合わせになると、色々と困ったことが生じてしまいます。 会社に遅刻して ... 開業以来、「ひとり税理士」ということで人を雇わずに仕事をしてきましたが、仕事量が ... 「林君、若いんだから税理士のほかに社会保険労務士でもとったらどう?」 こんなアド ... 税金は払いたくないものですが、払わなければいけないもの。払うたびに痛税感(つうぜ ... 忙しい経営者が時間をマネジメントするためのツール~TaskChute Cloud(タスクシュートクラウド) & Googleカレンダー~, amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="yskconsulting-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width ="auto"; amzn_assoc_height ="auto"; amzn_assoc_default_search_category =""; amzn_assoc_default_search_key ="";amzn_assoc_theme ="light"; amzn_assoc_bg_color ="FFFFFF";