shark.sociology.ricky@gmail.com, サメ初心者やサメ好きの方のプラットホームを目指していくサイトです。今後ブログ以外のコンテンツも充実させていきます。. Summary of Pacific sleeper sharks, Somniosus pacificus Bigelow and Schroeder, 1944, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=オンデンザメ&oldid=76947362. 日本では1999年4月19日に函館市南部30km地点の最大水深68mの定置網で捕えられた1.75m程の個体を魚類学者・仲谷一宏がおたる水族館に寄贈し約1週間程度の飼育したものが最初である。この個体はおたる水族館の予備水槽で飼育を試みられていたが、摂餌した餌を吐き戻し、以降無摂餌状態が続き4月26日に死亡した。 オンデンザメ Somniosus pacificus (隠田鮫、英: ... 近縁の深海性ツノザメと違い ... 近縁種のニシオンデンザメは5メートルになるのに400歳±100歳という分析があるため、当該種も同様であると予測されてい … 4. pp.105-106. 【基本情報】 こんにちは!ラブカ君です♪   今回は、みんな知らない「ラブカの真実」 について深くお話ししていきたいと思いま ... こんにちは!ラブカ君です♪   先日、「深海魚と地震は無関係?」 という記事を公開しましたが、 またまた面白い ... こんにちは!ラブカ君です♪   今回は、不気味な深海魚「ラブカ」について、 詳しく紹介していきたいと思います。 ... こんにちは!ラブカ君です♪   今回は、不気味な深海魚「メガマウス」について 詳しく紹介していきたいと思います ... こんにちは!ラブカ君です♪   今回は、不気味な深海魚「チョウチンアンコウ」について 詳しく紹介していきたいと ... こんにちは!ラブカ君です♪   今回は、綺麗で面白い深海生物「ユメナマコ」について 詳しく紹介していきたいと思います。   この記事で分かる事深海生物「ユメナマコ」とは?何目何科に分類されるの?深海生物「ユメナマコ」の一番の特徴って何?それ以外の特徴や面白い生態は?深海生物「ユメナマコ」の餌は?捕食方法は?深海生物「ユメナマコ」は深海何mに生息し、世界の分布はどうなっているの 深海生物「ユメナマコ」とは?何目何科に分類されるの? ナマコというのは円筒状で左右対称の体形をした無脊椎動物で ... こんにちは!ラブカ君です♪   今回は、不気味な深海魚「メガマウス」について 詳しく紹介していきたいと思います。   この記事で分かる事深海魚「メガマウス」とは?何目何科に分類されるの?深海魚「メガマウス」の一番の特徴って何?それ以外の特徴や面白い生態は?深海魚「メガマウス」の餌は?捕食方法は?深海魚「メガマウス」は深海何mに生息し、世界の分布はどうなっているの? 深海魚「メガマウス」とは?何目何科に分類されるの? ネズミザメ目メガマウスザメ科に属するサメで 巨大な口が名前の由来である ... こんにちは!ラブカ君です♪   今回は、不気味な深海魚「ミツマタヤリウオ」について 詳しく紹介していきたいと思います。     この記事で分かる事深海魚「ミツマタヤリウオ」とは?何目何科に分類されるの?深海魚「ミツマタヤリウオ」の一番の特徴って何?それ以外の特徴や面白い生態は?深海魚「ミツマタヤリウオ」の餌は?捕食方法は?深海魚「ミツマタヤリウオ」は深海何mに生息し、世界の分布はどうなっているの? 深海魚「ミツマタヤリウオ」とは?何目何科に分類されるの? ミツマタヤリウオはワ ... こんにちは!ラブカ君です♪   今回は、不思議な深海魚「ミズウオ」について 詳しく紹介していきたいと思います。   この記事で分かる事深海魚「ミズウオ」とは?何目何科に分類されるの?深海魚「ミズウオ」の一番の特徴って何?それ以外の特徴や面白い生態は?深海魚「ミズウオ」の餌は?捕食方法は?深海魚「ミズウオ」は深海何mに生息し、世界の分布はどうなっているの? 深海魚「ミズウオ」とは?何目何科に分類されるの? ヒメ目ミズウオ科に属する硬骨魚類の一種で大型の魚で1.5-2.5mまで成長します。 ... こんにちは!ラブカ君です♪   今回は、面白い深海生物「マッコウクジラ」について 詳しく紹介していきたいと思います。   この記事で分かる事深海生物「マッコウクジラ」とは?何目何科に分類されるの?深海生物「マッコウクジラ」の一番の特徴って何?それ以外の特徴や面白い生態は?深海生物「マッコウクジラ」の餌は?捕食方法は?深海生物「マッコウクジラ」は深海何mに生息し、世界の分布はどうなっているの? 深海生物「マッコウクジラ」とは?何目何科に分類されるの? 偶蹄目マッコウクジラ科に分類されるク ... Copyright© ~深海の庭を歩く~ぶらぶらラブカ , 2020 All Rights Reserved. ニシオンデンザメの撮影に成功したのはメモリアル大学のチームが初めてではないが、個体が識別されることは珍しい。 2014年に撮影に成功したのは、ナショナル ジオグラフィックのメカニカルエンジニア、アラン・トゥルチク氏だ。 FAO species catalogue. FAO Fish. ニシオンデンザメは全長4mほどで、最大6~7mにまでなると言われている巨大ザメです。 吻先が丸くて目が大きくてどこかおとぼけた顔をしているのですが、ほとんどのニシオンデンザメの目にはコペポーダ(カイアシ類)という細長い寄生虫がぶらさがっています。 ニシオンデンザメはツノザメ目オンデンザメ科オンデンザメ属に分類されるサメです。多くのツノザメ目のサメが背鰭に鱗が変形してできた鋭い棘をもっているのですが、ニシオンデンザメにはそれがありません。, ちなみに、ニシというのは大西洋のニシです。日本近海にも生息しているオンデンザメというかなりよく似た種がいるのですが、ニシオンデンザメは大西洋版というわけです。ほかにもニシレモンザメやニシネズミザメなど、同じ理由で和名がつけられた子たちがいます。, ニシオンデンザメは全長4mほどで、最大6~7mにまでなると言われている巨大ザメです。吻先が丸くて目が大きくてどこかおとぼけた顔をしているのですが、ほとんどのニシオンデンザメの目にはコペポーダ(カイアシ類)という細長い寄生虫がぶらさがっています。, ある研究によれば、1500以上調べたニシオンデンザメのうち99%の目が寄生されていたそうです。ほぼ寄生されること前提で生きているっぽいです。, 住んでいるのは大西洋北部や北極海など、水温がめちゃくちゃ低い海域です。英名はグリーンランドシャークと呼ばれます。まさに極寒の海に住むサメです。, この水温が0℃になる異常に低温な環境で生きていることが、これから説明する、泳ぐ速さとか寿命の話に密接にかかわってきます。, 【世界一泳ぐのが遅い生物】 Compagno, L.J.V. & Orlov, A.M. 2008. ニシオンデンザメは記録された生物の中で泳ぐのが最も遅い魚類です。, ここで注意したいのが、ニシオンデンザメよりも泳ぐスピードの絶対値が遅い生物がいます。仮にメダカとニシオンデンザメがレースしたらニシオンデンザメが勝つと思います。, そうではなくて、体の大きさの有利不利を差し引いた場合、ニシオンデンザメが一番遅い魚なんです。, 一応解説します。水棲動物は基本的に大きさが大きいほど早く泳ぎます。縦軸を泳ぐ速さ、横軸を体のサイズにしてグラフを描き、そこに色々な動物のデータをプロットすると、おおよそ右肩上がりのプロットになります。この傾向から突出している生物が「大きさの有利不利を差し引いて速い・ないし遅い」わけです。, 上の図はイメージしやすくするために僕がなんとなくで作ったグラフなので何か具体的なデータに基づいたものではないですが、意味は伝わると思います。ニシオンデンザメは、あくまでイメージですが、このグラフで言えば右下のゾーンに位置しているわけです。, 何故ニシオンデンザメはここまで遅いのか。それはニシオンデンザメが水温0度に近いとんでもない低温環境にいることが関わってきます。, 以前にホホジロザメの泳ぎの速さを解説する動画でも少し触れましたが、早く泳ぐには尾鰭を速く動かす必要があります。そしてそのためには筋肉を速くに動く必要があり、更にそのためには化学反応が活発に起こる必要があります。そして化学反応は分子のぶつかり合いであり、それが活発に起こるためには体温が高いほど有利です。, ところが、ニシオンデンザメはとてつもない低水温に適応した生物なので、代謝速度がとてつもなく遅いのです。それによって筋肉を動かすにも異様にゆっくりになり、結果とてつもなく泳ぐのが遅くなるわけです。, ニシオンデンザメが尾鰭を一振り、つまり左から右に振ってまた左に戻して、という風に尾鰭を一回に振るのに、なんと8秒かかります。イメージがつかない方は僕の動画で観るか、水族館で実際にサメを観察するなどしながら、8秒間数えてみてください。ニシオンデンザメがどれほどまでにのんびりした動きなのかが分かると思います。, 尾鰭の一振りに8秒間というある意味驚異的な動きの結果、ニシオンデンザメの遊泳速度はたったの時速800m。5mクラスの巨体が、人間が普通に歩く速度の6分の1程度で動いているわけです。, ちなみにニシオンデンザメと同じくらい大きいイタチザメが時速2.5㎞ほど、サイズが同じくらいでかつ体温も高いホホジロザメが時速8㎞ほどなので、サメの中でもかなり遅いことが分かります。, 【世界一寿命の長い脊椎動物】 No. 2019年3月21日には宮城県の仙台うみの杜水族館に生きた状態で搬入されたが、展示されることはなくその日のうちに死亡した[9]。また、同水族館では同年3月27日にも石巻沖で捕獲された全長1.2mほどの若い別の個体を搬入し3月29日の朝まで展示した[10][11][12]。, 極めて長寿であることが分かっており、成熟するのに約150年掛かると考えられている。. 125, vol. 理由はもう1つあります。 それは、「寿命」です。 オンデンザメの寿命は、 なんと 「400年前後」 と言われてい … 今回は以前に動画でも紹介したニシオンデンザメについてです!とにかくこのサメは最高に面白いです。, 「ニシオンデンザメ」という名前を初めて知った人のためにざっくりまとめると、こんな生物です。, YouTube受けしそうな高スペックな生物です笑。実際ニュースやまとめサイトでも数多く取り上げられています。サメが人を襲った以外の理由でここまで一般の話題になるのもなかなか珍しいかもしれません。, 推定寿命400年以上、水温0度の極寒の海で暮らす巨大ザメはどんな生物でしょうか。動画で話した内容を一部補足しつつ深堀していきます。, 目次: 深海魚「オンデンザメ」の寿命は?何歳まで生きるの? オンデンザメが深海の王と呼ばれる. 。2001年にその飼育例の詳細が論文としてまとめられている[6]。 【世界一泳ぐのが遅い生物】 shark.sociology.ricky@gmail.com, YouTubeでもサメや他の生き物について情報発信を行っているので是非ご覧ください!, お問い合わせはコチラ↓ Sharks of the world. 最初の記録はアメリカのもので、1988年12月1日にモントレー湾の水深600mの中層トロールで採集した約66cmの個体をモントレーベイ水族館が飼育したが、同年12月9日に死亡[4]。 同年5月25日にも定置網に入網があり、6月7日まで臼尻町にある研究所で飼育されていたが、継続飼育が難しくなり同様におたる水族館に寄贈された。おたる水族館では6月7日から6月16日まで展示水槽にて飼育を行った。同個体は5日間の無摂餌状態、輸送時にできた擦過傷の悪化など徐々に衰弱し状況改善が難しいと判断されたため放流された。こちらの個体は研究所での飼育期間を含め約3週間飼育された[4][5] Synop. 一言で表せば「寒すぎてデカすぎる」。これが理由です。, 先ほども言った通り、ニシオンデンザメは超低温環境に住んでいます。ここで生物が進化を通してとる対策は極端に分ければ二つです。, 一つはバクバク餌を食いまくったり羽毛とか熱交換システムなどの体内構造を発達させて体温を高く保つ方法です。ペンギンなどがこの方法をとっているので、ここでは仮にペンギンスタイルと呼びましょう。, もう一つは体温を無理に上げようとせず低温環境に体を適応させて代謝をグッと落とす。これをニシオンデンスタイルと呼びます。, 前者のペンギンスタイルはエネルギーがかなり必要で大変ですが、その分早く成長して、早く成熟できます。後者のニシオンデンスタイルは、エネルギーは少なくて済むのですが、成長にとてつもない時間がかかります。先ほど見た通り、成熟まで150年近くかかるんです。, 大きい生物が成熟するというだけでまず時間がかかるのに、加えて超低体温のため細胞レベルで体の働きが遅くなって成長に時間がかかり、結果かなり長生きになります。もちろんまだ研究途中のはずなので確実なことは言えませんが、特殊な未知の酵素などで長寿を獲得しているというより、ただ単に成長に時間がかかりまくって400歳になっているということのようです。, ただ、「400歳生きる!」と寿命だけで考えると、「ニシオンデンザメ長生きで羨ましい~」なんて思うかもしれません。果たしてそうなのか・・・。, 時間と言われると、宇宙全体を通して共通の絶対的なもののように感じます。「時間だけは平等だ。1日はみんな24時間なんだからお前も頑張れ」みたいなことを言われた人もいるかもしれません。, 人間は1個体ずつ、一般的な言い方をすれば一人一人を大事にする社会にいるので「産まれてから老衰で死ぬまで時間」を寿命と呼んで大切にします。ただ、僕たち個体はあくまで遺伝子が自己複製するための乗り物でしかないのです。冷徹な言い方をすれば、個体が長生きするかどうか、まして幸福を感じるかどうかなど関係ありません(無論「幸福」という概念を持つ生物がどの程度いるのかも謎です)。, しかも自然界で老衰死する生物なんてまずいません。弱った時点で食われる容赦のない世界です。仮に老いて動けなくなるまで生きられても、自然死する前に他の生き物の糧になります。, そのため生物にとって最も意味のある時間で、かつ議論しやすいのは、産まれてから子孫を残すまでの時間(世代時間)、ということになります。, ちなみに念のため言いますが、不妊症患者や同性愛者、その他恋愛に関心がないなどの理由で子孫を残さない方への差別的意図は一切ありません。本当に念のためですが、一応断言しておきます。, この子孫を残すまでの期間、世代時間は、その動物の大きさと体温(正確に言えばその体温に影響される代謝量)によって影響を受けます。, 詳しい理論を説明すると恐ろしいことになるのでざっくり話しますが、体の大きな生物ほど成長に時間がかかるし、代謝速度が速い生物の方が早く成長するのです。なので、同じくらいのサイズであれば、恒温動物の方が変温動物よりも早く成熟します。また、変温動物でも、水温が高い海域の魚の方が早く孵化したり育ったりします。, 深海ザメの代表として人気の高いラブカは妊娠期間が3年にもなるということで話題になっていますが、あれも深海の低水温が原因の一つではないかと言われています。, 体の大きさと体温により、生物によって世代時間が異なるのであれば、その生物にとっての時間の重みはかなり異なるはずです。体重が増えて体温が高くなると、その生物の時間の重みというのは増します。逆に体温が低く体が大きくなれば世代時間が延びるので時間の重みが少なくなります。, この記事を読んでいる方が成人以上なら共感される気がするのですが、子供になると濃厚だった時間が、大人になると薄っぺらくなってどんどん時が過ぎていくように感じないでしょうか。あれは、子供から大人になっても体温が大して変わっていないのに体のサイズが大きくなって、しかも代謝量も落ちているので起きる現象らしいです。もちろん社会的な立場などによる感じ方の違いもあるかもしれないですが、一応科学的な裏付けがあるわけですね。, そうなるとニシオンデンザメの時間の感覚ってなかなかなことになりますよね。全長6m、体重1トンで体温0℃に近い巨大ザメは、とてつもない時間感覚で生きていることになります。, 実際に体重60㎏、体温36℃の人間と比べたとき、時間の濃さは47倍の差があるそうです。僕たちの1日が、ニシオンデンザメの1か月分くらいの重みがあるわけです。, ただ単純に年齢だけ比べると長い方がいいってなりますが、生物学的な視点で見つめなおすと、色々考えさせられますよね。, ニシオンデンザメが仮に高度な知能を持っていたら、僕たちは47倍速で動き回ってすぐに死んじゃうはかない存在に見えるはずです。逆に僕たちの1日がニシオンデンザメの1か月に相当するって思えば、1日を無駄せずに頑張ろうって思えるかもしれないです。, 【まとめ】 【世界一寿命の長い脊椎動物】 オンデンザメと特徴がよく似ていて北極海域に生息する唯一の鮫であるとされています。 さらに、体長が一番大きかった個体の年齢は推定392歳(±120年)だとわかったそうです。, 普段は人の泳げない低温海水域に生息しているので人間に直接害を及ぼすことは無いです。, 氷の下に巻き、そこで誘い出されたニシオンデンザメを捕獲し利用していたとの報告もあります。, 日本の研究チームがニシオンデンザメにカメラを取り付けて調査を行なっているそうです。. オンデンザメ Somniosus pacificus (隠田鮫、英: Pacific Sleeper Shark)は、ツノザメ目オンデンザメ科に属するサメ。, ツノザメ目では近似種のニシオンデンザメと並ぶ最大種であり、体長は雄で440 cm、雌430 cm[2]が捕獲最大記録となっているが、これまでに深海で推定7 m以上の巨大な個体が撮影されたことから[3]、最大全長はさらに大きなものが存在する可能性も否定できない。成熟サイズは雌3.7 m[3]、雄全長397 cm以下[1]。, 体型は流線形で、太く重量感がある。体色は黒色がかった灰色。2つの背鰭はほぼ同じ大きさで、やや後方に位置する。臀鰭はない。近縁の深海性ツノザメと違い、体に比べて目が小さく、鼻孔穴は大きい。口は大きく、上顎の歯は、下顎の歯よりも伸び、下顎の歯は中心を境に左右対称の鋸状になっている。胸鰭や背鰭も体の大きさに比べてやや小さい。皮膚は鮫肌特有のザラザラ感があるが、その身体は深海魚らしく、ぷよぷよとしており、柔らかい。, 北太平洋の温帯から寒帯海域、日本、バハ・カリフォルニア(メキシコ)からベーリング海にかけて分布。生息水深帯は0(海表面)〜2,000 m付近まで[3]。, 寒い海域では海洋表面にもみられるが、暖かい海域では表面には出現せず、もっぱら深海の海底付近で生活する。駿河湾ではしばしば本種が確認され、観察されている事でも有名。, 肉食性で、表層から大陸棚付近の海底に生息する動物を捕食する。貪欲で口に入るものは何でも食べ、魚類やイカ、タコなど頭足類、甲殻類、海産哺乳類に加え、生物の死骸も食する[3]。サメであることと、身体の大きさから深海生態系の頂点に立つと思われ、人間以外には殆ど天敵もいない。, 妊娠雌は確認されていないため繁殖様式は不明であるが、おそらく卵黄依存型の胎生である[3][1]。, 極めて長寿であることが分かっており、成熟するのに約150年掛かると考えられている。[要出典]近縁種のニシオンデンザメは5メートルになるのに400歳±100歳という分析があるため、当該種も同様であると予測されている。, 体に寄生性カイアシ類がよく付いている。同じツノザメ目のダルマザメの攻撃も受けており、ダルマザメに体表を傷つけられた跡を見られる場合もある。, 種々の漁業で混獲されるが、普通は捨てられる[1]。肉は食用には適さないが、肝臓は肝油の原料となる。しかし、深海性であるために漁獲高は低く、大型種とはいえ、日本では産業的にはそれほど重要種ではない。, 深海性であるために直接人間と関わることはほとんどない。特に、大きさの割に筋肉が少なく泳ぐことが遅いため、人を襲うことはない。もちろん、体の大きさと食性を鑑み潜在的には危険である可能性もあるが、実際のところ、浅い海に引き揚げられた際には自重に比して少ない筋肉量により、漁獲されると激しく暴れる浅海の他の大型のサメと比較して、殆ど暴れることなく漁獲される。, 深海に住むため、水族館での飼育記録は数えるほどしかない。