ネットで調べた... vimを意識して使うようになってから、ブラウザでも j, k キーでスクロールできたら練習にもなるし、マウスに手を伸ばさずに操作できるから便利かなと思い、調べてみると、ちゃんとあるんですね。 オレオレ証明書を使うと、CAに認証されていない証明書なのでブラウザにセキュリティの警告がでる. 最近は、SSL化をしないWebサイトは、ブラウザで保護されていないことが強調されるようになりましたね。, しかし、最近では、Let’s Encryptという認証局が無料で使用できるので、レンタルサーバーや、VPSなどでもSSL化に困ることがありません。, Let’s Encryptでも、証明書を発行する際に、ドメインの存在確認をするので、ローカル環境では取得できないんです。, この記事では、自己発行証明書をブラウザに設定して、ワーニングが出ないようにする手順を紹介します。, ドメインの管理権限を持っているかを確認する「ドメイン認証型(DV)」、サイトを運営している組織の実在を確認する「実在証明型(OV)」、さらに厳密に組織の実在を審査する「実在証明拡張型(EV)」があります。, 認証局が審査して証明書を発行するのに対し、自分で証明書を発行するのが自己発行証明書になります。, 言うまでもなく、だれでも発行できてしまうので、SSL通信(プロトコル httpsで通信)しても、安全な通信とは言えません。, 確かに、通信は暗号化されているので、サーバーを中継している途中のコンピュータで盗聴されてデータを盗まれてしまうっていう危険性はありませんが、銀行のふりをして実は、フィッシングサイトだったりすると、相手のサーバーに、銀行のログイン情報を盗まれて、アクセスされてしまうなどの被害が考えられます。, ということで、ローカル環境に作った仮想マシンでWebサーバーを公開したとき、ブラウザでhttps通信するためには、手動で証明書を登録する必要があります。, というのは、安全な認証局として登録された認証局が発行したのではない証明書は、ブラウザが危険と判断して、接続しないからです。, 下図のように、証明書の認証機関が無効というエラー(ERR_CERT_AUTHORITY_INVALID)が発生してます。, 下図のように、「詳細設定」を押して、「xxxにアクセスする(安全ではありません)」をクリックするとウェブの内容を表示することができます。, でも、赤で「保護されていない通信」とでて、いかにも、「動作NG」といった見た目ですよね。, 「△保護されていない通信」をクリックして、「証明書(無効)」をクリックすると、証明書の状況が表示されます。, 「信頼されたルート証明機関のストアに存在しないため、このCAルート証明書は信頼されていません。」と表示されています。, さらに表示される「このサイトへの接続は保存されていません」ウィンドウで、「証明書(無効)」をクリックします。, 「証明書」ウィンドウが開くので、「詳細」タブで「ファイルにコピー」をクリックします。, 証明書がエクスポートされます。完了を押して、確認ウィンドウで「OK」を押して終了します。, 「証明書をすべて次のストアに配置する」にチェックをいれて、「参照」をクリックして証明書ストア選択ウィンドウを表示します。, 「証明書ストアの選択」うぃんどうでは「信頼されたルート証明機関」を選択して「OK」を押します。, 「セキュリティ警告」ウィンドウが表示されますが、今回はちゃんとわかってやってるので「はい」で進みます。, で、Firefoxでは、サーバー証明書をインポートできず、サイトを例外として追加する対応になってるっぽいです。, 警告画面の「詳細」をクリックして、下に表示される「危険性を承知で続行」をクリックします。, ※知らないサイトではやらないでください。自分が立ち上げた仮想マシンのサーバーだけでやりましょう。, 鍵アイコンをクリックすると、サイト情報が表示されます。「接続」には安全ではありませんと、注意書きがあります。, 「接続」の右矢印をクリックすると、サイトのセキュリティ情報の詳細が表示されます。サイトがセキュリティ例外として追加されたことが書かれています。, オプションタブが開くので、左メニュー 「プライバシーとセキュリティー」 →項目「証明書」の「証明書を表示」をクリックします。, 「証明書マネージャー」ウィンドウが開くので、「サーバー証明書」タブを開くと、セキュリティ例外を設定したサーバーのホスト名の一覧を見ることができます。, 仮想マシンでSSL接続のテストをするため、通称オレオレ証明書と言われる自己サーバー証明書を使ったサイトを、ブラウザに認証させるやり方を紹介しました。, 結果として、Firefoxではかなり残念な表示結果のままになってます。まあ、最終的には主要なブラウザでのチェックが必要ですが、でも、開発初期では、chromeを使って表示を確認する限りは、これで事足りると思います。, Firefoxであまりに残念な結果だったので、次回、認証局までエミュレートするオレオレ認証局の方法を紹介したいと思います。, 認証局をブラウザに登録することができれば、自己認証局(オレオレ認証局)が署名したサーバーの証明書は全てOKとなるはずです。, 自己認証局(CA)が、サーバーの証明書に自分のサインして発行するというところが、サーバーが自分のサインをする自己証明書と違ってきます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, プログラマに必要なスキルが身につく情報をメルマガで配信しています。登録してみてください。, PHPを実践レベルで使いこなし、バックエンドの仕事まで受注できるようになる講座、開催中。, 「あなた専用カリキュラムと3ヶ月のサポート」で、もっと稼げるプログラマになれる講座、開催中。, 「プログラマとして独立したい」、「転職してプログラマとしてもっと給料をアップさせたい」と考えているのであれば、以下より詳細を御覧ください。, 小学3年のときにMSXでプログラミングを始めて、いつの間にか数十年たちました。 大学ではc++を使いスパコンの研究、就職してからはcで自動車のエンジンやモータなどのパワープラント制御をやってました。, 使用してきた言語は、c, c++, java, perl, javascript, php, ruby, scala など・・・, 表計算・文章作成・プログラミングの解説やデスクワークから身体を守るグッズなどを紹介してます. サイト側が有効期限切れに気づいていない、もしくは申請したもののまだ発行されていないという可能性があります。, 通報されたフィッシング詐欺サイトなど、悪意ある人物の作成した不正なサイトであり、ブラウザ側に表示をブロックされているケース, あなたのWebサイトのセキュリティ対策は万全でしょうか?このページではWebサイトのセキュリティに関する情報を掲載しています。有効に活用して頂けると幸いです。. ここには履歴から、ウェブページのリンクが自動で生成されてたり、手動で追加もできるのです... こんにちは。 他のブラウザではOKなので、Chrome固有と見て少し静観していましたが、気持ち悪い状況なので、今回GWを利用して解消。, 通常、私は以下の手順で自己証明書を作成~署名しています。 オレオレ証明書を使うと、CAに認証されていない証明書なのでブラウザにセキュリティの警告がでる, これが出ないようにするには、今までは自分のマシン上でその証明書を信頼するように設定するだけで良かった, この手の記事はすでにたくさんあるが、Chromeの仕様が最近変わり、今までのやり方では足りないので最新のやり方をまとめてみました。, Chromeでは仕様が変わり、現在ではアクセスするドメイン名の証明書の一般名(CN)を判定せず、SAN(Subject Alternative Name)のDNS Nameの値でアクセスするドメインとの一致を判定する動作になっている。 2016.09.12 What is going on with this article? お決まりの手順なので、バッチで済ませているのですが。, 手順はこのままでOKなんですが、confの記述を一部変更が必要でした。 I’m gonna watch out for brussels. 最近はLet’s Encryptを使用する事で、HTTPS環境を整えやすくなりましたが、ローカルの開発環境や、社内サーバー構築時では、自己署名証明書(通称:オレオレ証明書)を使いたいシーンはまだあります。今回はそんなオレオレ証明書を使用した場合に、ブラウザで警告が出ない環境を作成する手順を紹介します。, また、作成したサーバー証明書をIISで使用する場合は、以下のコマンドでpfx形式に変換します。, 1の手順で作成したルート証明書(ca.crt)をクライアントにインストールします。 どこに追加してもOK, この設定の後で、オレオレ証明書を発行する。ここまでに設定ファイルで文法エラーがあれば、opensslコマンドでエラーがでるはず。, 生成されたcertificate.pemをローカルに持ってきて、ダブルクリックします。ポップアップが開くので、詳細設定で「常に信頼」されるようにする。, https://stackoverflow.com/questions/21488845/how-can-i-generate-a-self-signed-certificate-with-subjectaltname-using-openssl Many people will be benefited from your フレンドリ名を入力>OK 3. ブラウザ. Chromeの拡張機能に、Vimium という... さっき、嫁から、新しくブログを作りたいといわれたので、さくらインターネットにワードプレスをインストールしました。 Chromeのメッセージ:このサーバーのセキュリティ証明書はまだ有効ではありません, サイト運営側がセキュリティ証明書の申請時に「中間証明書」というデータをインストールし忘れると、この表示が出てしまいます。, IEのメッセージ:このWebサイトで提示されたセキュリティ証明書は、信頼された認証機関から発行されたものではありません。, サイト側に適用されているセキュリティ証明書が正しい認証機関からのものでない場合に表示されます。, IEのメッセージ: このWebサイトで提示されたセキュリティ証明書は、別のWebサイトのアドレス用に発行されたものです。, サイト側が、別のサーバー用のセキュリティ証明書を流用した場合に表示される警告です。, 通報されたフィッシング詐欺サイトなど、悪意ある人物の作成した不正なサイトであり、ブラウザ側に表示をブロックされているケースです。, フィッシング詐欺とは、実際のサイトそっくりのログインページをつくり、そこに利用者を誘導してログイン情報を入力させることで、ログイン情報を盗むという手口の詐欺です。くわしくは以下の記事で解説しています。, アクセスしようとしたサイトが、セキュリティソフトの「問題のあるサイト」と認識する、なんらかの条件を満たしている場合です。, セキュリティソフトの設定によっては、問題ないサイトも誤検出して警告を表示する場合があります。, なんらかの原因で閲覧者側の日付設定が狂ってしまうと、エラーとして警告文が表示されてしまうことがあります。, この警告はとくに不正なサイトでなくても、証明書の期限切れが理由で表示されることもあれば、はたまたサイト改ざん、悪意ある人物の作成したフィッシング詐欺サイトで表示される場合もあります。, むやみにアクセスするのは控えたほうがよいと思われますが、それでもアクセスしたい場合は自己責任で以下の方法を試してみてください。, たとえばInternet Explorerで警告が表示されて閲覧できないサイトも、FirefoxやChromeでは問題なく閲覧できる場合があります。, 日付設定が狂ってしまっている場合、正しい日付に直すことで、問題なくページが表示される場合があります。, セキュリティソフトの影響で閲覧できていない可能性があるときは、ソフトの常駐を一時的にオフにする、リンクスキャナなどの機能を無効化する、などを試してみてください。, 閲覧者側でなく、自身で運営しているサイトで警告が表示されてしまった場合、出ないようにするための対処方法を解説します。, 警告の原因が期限切れの場合、更新をおこなう必要があります。前述のように、セキュリティ証明書はすぐ発行されません。, 警告が表示されることによって、サイトへのアクセス数や売り上げなどに影響を与える場合があるので、早めに認証機関へ申請することをおすすめします。, SSLの設定に漏れがあると、一部のページだけしかSSLが適用されなかったり、httpでアクセスできてしまったりします。このような場合は、サイトの設定を実施した担当者に確認してください。, セキュリティ証明書の設定に問題があり、別サーバー用のものを使っている、正しい認証機関の証明書ではない、という場合は正式な機関から正しい証明書を取得する必要があります。, セキュリティ証明書の警告は、サイト閲覧者のセキュリティソフトが原因で表示される場合もありますが、多くはサイト運営者側のミスで起こってしまうものです。, セキュリティ証明書が正しく適用されないと、セキュリティ上のリスクがあるので、運営者は期限切れや設定ミスがないように注意してください。.